プラハ ~グルメ編~

延々と引っ張ってきたプラハ旅行記、やっと最終回までたどり着きました。最後はやっぱり食べ物!と言っても・・・う~ん・・・いや、決してまずかった訳ではないんですけど、かなり肉々しい料理(特に豚)が多くて大味というか・・・ま、一言で言えばドイツ料理と大差ない感じ?(笑)

朝食。
ペンションの朝食は、手作りの日替わりメニュー。息子にも日替わりで特別メニューを準備してもらって、自宅にいる時よりよっぽど豪華(^^;。↓
c0076387_76393.jpg

c0076387_77479.jpg

昼食。
朝ご飯食べ過ぎ&子連れでレストランに入るのは面倒なので、スーパーで買って公園で適当に済ませていました。庶民の味方ロールパン(Rolliky)は一つたったの2.5コルナ(約18円)♪そしてドイツの酸っぱいパンより美味しい^^;↓
c0076387_774071.jpg

夕食。
到着した日は、ペンションの近くにあるレストラン兼飲み屋で簡単に済ませました。と言ってもなにせ肉々しく分量も多いので、軽いのは気分だけ。チェコで最もポピュラーだという豚肉を頼んでみましたが、要するにドイツのSchunitzelと同じか。↓
c0076387_78641.jpg

ミニ醸造所レストランにも行きました。↓
c0076387_784017.jpg

c0076387_793097.jpg

ここではボヘミアンプレートというメニューを注文しましたが、これまた肉々しいお料理。付け合せの白い団子がクネドリーキ(ドイツ語のKnödelに相当?)。蒸しパンみたいで結構美味しいです。黄色っぽいのはじゃがいも入りだったかな。↓
c0076387_7101313.jpg

夫の同僚と行ったお店にて。右上から時計回りに鴨、豚ロースト、豚骨付きすね肉。付け合せは定番のクネドリーキとザワークラウト(野菜炒めは息子の食べかけ)。夫が注文した鴨がなかなか美味しかったです。↓
c0076387_7112349.jpg

肉々しい料理に胃が疲れた日に食べた野菜のクスクス。ピラフみたいで美味。↓
c0076387_7131243.jpg

この日はお店の奥にある中庭に座ったのですが、なかなか素敵な場所でした。飾ってある車がいったいどこから入ったのか謎。↓
c0076387_714133.jpg

最終日は夫の同僚の希望で天文時計の向い側にある地下室レストランへ。場所柄もあってか、良くも悪くもいかにも観光客向け!という感じのお店でした。しかし、最初に座った席のすぐそばで音楽が始まり慌てて移動したり、息子がぐずっても逃げ場がなかったりで、幼児連れには向かない店でした(--;。↓
c0076387_715418.jpg

c0076387_7161058.jpg

もうすっかりお馴染みの肉+クネドリーキも食べおさめ。↓
c0076387_7165114.jpg

チェコはビールが有名で、一人あたりビール消費量は世界一を誇る(?)とか。ビール派ではない私ですが、暑かったせいもあり美味しく飲めてしまいました。アメリカのバドワイザーも本家はチェコのBudweiser Budvarだとか。下の写真はピルスナーの元祖Pilsner Urquell。↓
c0076387_7172313.jpg

カフェ。
1902年創業の老舗カフェ・ルーブルに行きました。たまたま禁煙席が誰もいなくてラッキー!(なにぶん歩く騒音源が同行しておりますので。)↓
c0076387_7183091.jpg

c0076387_719214.jpg

c0076387_7194990.jpg

名物(?)のはちみつケーキとココアを注文。このココア、むしろチョコクリームと呼びたくなるほど濃厚で、飲み物というより食べ物!?美味しいけど喉が渇いてしまい、夫のコーヒーに付いてきた水をもらって流し込みました。↓
c0076387_7202535.jpg

結論:チェコの料理は肉食動物向き。
でも・・・実はSUSHIも人気!?スーパーでも売っていましたよ、「SHISU」が。しかし「CHINA FUSION Restaurant 寿司屋」って言われてもなんだかなー。↓
c0076387_7212025.jpg

プラハ旅行記、これにて終了。長々とお付き合い頂き、どうもありがとうございました。ぺこり。
c0076387_9175341.jpg

[PR]

by penguinophile | 2008-11-16 07:31 | お出かけ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/10143875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akberlin at 2008-11-16 17:25 x
ぺこり、な子ペンちゃんにやられちゃいました~!!

あのカフェはカフェ・ルーブル、っていうんだったか・・・ワタシも
たぶん、行きました。オペラ座かなんかのお向かいくらいじゃ
なかったっけ?

Commented by penguinophile at 2008-11-17 17:31
akberlinさま:
親馬鹿画像を気に入ってくれてありがとう~。

おぉ、さすがプラハカフェ巡りの達人(?)、カフェ・ルーブルもいらっしゃいましたか。オペラ劇場より国民劇場の方が近かったかな?スーパーTESCOのすぐそばでした。
Commented by chibininn at 2008-11-17 22:09
可愛いぺこり~が前転になり、前宙になる日も近い?ドイツにジャニーズ事務所があったら、すぐスカウトされそうです。

チェコ料理、隣の芝生効果か、私はおいし~と思ったんです(変?)。いや、基本肉メインなんで、ドイツと大して変わらんのは、その通りだと思うのですが。たまたまプラハ在住の猫渡航仲間に連れて行っていただいたお店があたりだったのかも知れませんが、そのお店のトロトロになるまで煮たザウアークラウト(すっぱすぎず、ほんのり甘かった)が絶品で、もう一度あれを食べたいな、と今でも思います。
Commented by penguinophile at 2008-11-18 01:20
ちびにんさま:
「ぺこり」、実際には頭が持ち上がらずに止まってしまった状態なので、前宙はまだまだ、といいうか私に似て運動音痴になっちゃったら一生無理です。

チェコ料理、おいし~でしたか!?それはやっぱりお店が「当たり」だったのでは(←チェコに失礼?)。ザウアークラウトって場所によって味が違いますよね。私も絶品のが食べたいなぁ。
Commented by duke togo at 2008-11-20 13:55 x
もうダメだ(^^)
どんな旅雑誌よりも旅心をくすぐる記事にやられまくりです。
プラハに出張でもないかな〜、でも仕事だと観光できないので
何とか休暇で行きたいな〜。

クネドリーキというのは何にでもついてくるんですね。
クスクスってアフリカ料理(ってまた大雑把な(^^;;)ですよね。スパイシーでおいしそう。ヨーロッパというのはどこに行っても肉が主体なんですかねえ。こないだ同期のHさんがアルゼンチンに行ったのですが、非常に肉肉しい食事だったと言ってました。海に近くないとなかなか魚は食わんのですかねえ。
Commented by penguinophile at 2008-11-21 07:19
duke togoさま:
褒めても何にも出ませんよ~(笑)。プラハで歩き回る時間がなく会議場に缶詰だとストレスたまるかも・・・

クスクス、私もかなり大雑把にアフリカ料理としか認識していません。それ自体は特に味はないけど結構好きです。お湯をかけるだけでOKなので、「しまった、ご飯炊いてない!」という時や離乳食にも便利♪

アルゼンチンはステーキ食べまくりの気合で行くべきか?ドイツは北海に浮かぶ島の市場のお魚でさえいまいちでしたからねぇ。つくづく肉食人種の国です。しくしく。もっとも都会はSUSHIが進出しているので多少は変わってきているのかもしれませんが。
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30