棚ボタベビー&子供用品

子供が産まれると何かと物入りになりますが、うちの場合は今のところ棚ボタ式に入手した物がほとんどです。それを可能にしてくれたのは、お祝いやプレゼントを下さった方々、子供や孫の古着を貸したり下さっりした隣人・知人の方々、そして地域の女性ネットワークです。

この女性ネットワークでは、月に2回、子供服や子供用品のリサイクル活動を行っています。料金はなんと無料、ただし寄付は歓迎。最初に行った時はまだ妊娠中で、ちょっと様子を見るだけのつもりが、たまたま一番上に置いてあったベビー服がペンギン柄だったため引っ込みがつかなくなり(笑)、数着いただいて小銭を置いてきました。その後、ベビーカー、チャイルドシート、オムツ交換台までゲット♪

「子供には新しい物、良い物、可愛い物を与えたい」という親心もあるかと思いますが、私はむしろ「ベビー服なんてすぐに着られなくなるし、赤ちゃん本人は訳わからないので、お下がりで十分」と考えてしまう超現実派(ただしペンギン柄なら必要なくても買っちゃうけど←親心とは全く関係ない)。

このように、我が家にとっては実に有難い女性ネットワークではありますが、その正体は!・・・私もよくわかっておりません(笑)。
ノルディックウォーキング等の(健全ではあるがどこが女性向けなのやら不明な)活動の他、家庭内暴力等に悩む女性達の相談窓口にもなっているようです。私が最初に行った際には、「『夫に虐げられている哀れな悩める外国人妊婦』と誤解されるような態度を取らないように!」と夫に釘を刺されました(^^;。
[PR]

by penguinophile | 2008-11-18 02:32 | 徒然 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/10156967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30