親馬鹿日誌・1歳9ヶ月の言葉

息子は現在1歳9ヶ月。1歳を過ぎてからは身長・体重の成長はぐっと緩やかになりましたが、いろいろな事がどんどんわかるようになり、意思を明確に表現するようになり、歩くのみならず走るようになり、スプーンとフォークが使えるようになり、言葉を使い始め・・・と、なんだかすっかりヒトらしくなってきました。2年前はまだお腹の中にいて、1年9ヶ月前は「寝る・飲む・泣く」しかできなかった生物が、目の前でどんどん進化していきます。何だかスゴイ。

息子の発達は、全体的には標準並みだと思いますが、言葉に関しては遅い方。それでも1歳7ヶ月で、口真似ではなく自主的に「のんのんなー(いないいないばぁ)」を使ったのが確認できました。今では日独合わせて30程度の単語をしゃべりますが、意味がわかっているのか怪しい物もあり、赤鬼もヨン様も「パパ」扱い(笑)。最も情熱を持って語られる言葉は「ぐあー(ご飯)」で、私が台所に立つと「ぐあー!ぐあー!」と哀れっぽく叫んでプレッシャーをかけます(^^;。

家庭内の言語環境は、母子間は日本語、父子間はドイツ語、夫婦間はドイツ語(にしようと努力している・・・)。外野の意見は様々で、「家庭内の言語が統一されていないのは問題だし、ドイツで生きていく上で何の役にも立たない日本語で子供に負担をかけるのは望ましくない上、ドイツ語が遅れる」と批判する人もいる一方で、「二ヶ国語を身につけるいい機会」と肯定的に捉える人もいるし、「両親が英語で会話をすれば三ヶ国語を身に付けられる」という意欲的な意見を述べる人もいます。「母親が子供に向かって母国語で話しかける」という極めて自然な行為に対して批判を繰り返されると、国際結婚の宿命かとため息をつきたくなる事もありますが、「立場が違えば意見が違うのは当たり前」と割り切って聞き流せる(というか「あなたの意見は理解できますが、私の意見は違います」と言い返した)程度に頑固な私です。

国際結婚と聞くと「じゃあ子供はバイリンガルになるのね!羨ましいなぁ!」と気軽に言う人がいますが、本当のバイリンガルはそう簡単に育つものではないでしょう。日本語を使う相手は母親だけで近くに補習校もないという現状で、息子がネイティブ水準の日本語を身につけるのは、正直かなり難しいように思われます。日本や日本語に関する知識の浅い私が、息子に何をどれだけ伝えられるのかも疑問です。「役に立たない」日本語に対して息子が反発する事も十分考えられます。しかし、例え息子本人や周囲の人間が何を望もうと、母親が日本人だという事実は絶対に変わらず、本人も「生粋のドイツ人」ではありえません。それ故に差別を受けるような事があっても、自分の背景を疎むのではなく愛する気持ちがあれば、差別に負けずにいられるのではないでしょうか。そのためにも、日本を「外国」ではなく「祖国の一つ」、日本語を「外国語」ではなく「母国語の一つ」と思えるよう、今から慣れ親しんで欲しい、と私は思うのです。
[PR]

by penguinophile | 2009-03-17 05:35 | 子供 | Trackback | Comments(28)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/11117449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akberlin at 2009-03-17 15:46
おお!坊ちゃん、ご両親が聡明な方々ですし、数カ国語取得も夢ではない
と思われますが、本人の意思がはっきりしてくるころからが難しいのでしょうね。でもお母さんの情熱をぜひぜひわかってほしいっ!!

今、日本では両親が日本人でもインターナショナルスクールに
入れるのが一部の流行りらしいです。でも、それだけで英語が
出来るようになるだろうか・・・と思ってしまう。もっとも、ワタシは
「土曜日が休みだ」と聞いて以来、自分がインターナショナル
スクールに憧れた過去があります・笑。ウチの経済状況、また
自分の語学力では無理だったのですが、いつか入れるように
なるかも、と英語を頑張った、という経緯も・・・「休みが多い」と
いうだけで転校したいと思っていたナマケモノの夢は叶わず・・・
でしたが。
Commented at 2009-03-17 16:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-03-17 17:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by stanislowski at 2009-03-17 18:32 x
わたしも真面目に考えなくちゃかしら。暢気な母です。
夫婦間は3ヶ国語の夫婦だけが理解できるめちゃくちゃなオリジナル言語だし。苦笑。ただ、今後、日本語学習できる環境を作りたいと考えています。近所のママ友と協力しながらね。
「現地語は現地で勝手に覚えてくれ~」と、手助けできない母。
Commented by ちえ at 2009-03-17 20:34 x
批判の先鋒はあのお人か...
まったくねえ
何もできませんが、頑張ってね。
せいぜい私の持って行った日本語の CD をいっぱい聞かせてあげてください。
Commented by penguinophile at 2009-03-17 22:06
akberlinさま:
ナマケモノ生活に憧れて勤勉に勉強したなんて・・・親にしてみればラッキーって感じ?(笑)
インターナショナルスクールで得られる物は英語力だけではないんでしょうけど、子供を国際的に育てると海外在住になって寂しい思いをする羽目に陥ったりするので要注意だと思います(^^;。いまどきは幼児英語教室とかもあるらしいですけど、「母国語に不安を持っていないからできる事だよなぁ」なんて思っちゃいます。
Commented by penguinophile at 2009-03-17 22:27
鍵コメ2009-03-17 16:56さま:
今はまだまだ単語レベルですからお気楽なもんですけど、そのうち先輩方に相談したい事が山ほど出てきそうです。読み書きは日本に住んでいる子供でも漢字テストをたくさんやって覚える物ですから、難しいですよね。でもせめてあまりストレスなく日本語でコミュニケーションが取れるようにはなってもらいたいものです。母子の会話を父親が理解できないのは望ましくないとは私も思います。でもだからと言って家庭内言語をドイツ語に統一しようとは思わない・・・いやたとえ思ってもできないケド(^^;;;
Commented by penguinophile at 2009-03-17 22:35
鍵コメ 2009-03-17 17:02さま:
おぉーっ!おめでとうございますっ!まだまだお体大事になさって下さいね。いいなぁ、女の子。何がいいってまず名前と洋服が可愛いし、大きくなってからも仲良く出来そう(もっとも世の中には私のような親不孝娘もいるが・・・)。そしてガールズトークはやはりできれば日本語で!(笑)
家を一歩出れば全てドイツ語の世界ですから、夫婦間の会話も日本語にできればそれにこした事はないような。うちはそれだと夫婦間の会話が挨拶だけになっちゃいますが。「フロ、メシ、ネル」家庭?(^^;

一番近いスーパーが徒歩15分くらいのところにあるEDEKA系の店なので、GUT&GUENSTIGシリーズにはお世話になりまくりです。
Commented by penguinophile at 2009-03-17 22:40
stanislowskiさま:
実はなんか真面目に考えても考えなくてもなるようにしかならないような気もしたりするんですけど。どうなりますやら。
オリジナル言語、うちも結構あるのでわかります(苦笑)。stanislowski家は、現地語がまた別だし、もともと両親揃って仏語スキーだし、お嬢様は目指せトリリンガルかな。近くに協力できる日本人ママ友がいるか否かって大きな違いだと思います~。
Commented by penguinophile at 2009-03-17 22:48
ちえさま:
先鋒っていうか批判しているのは今のところ一名のみです。まぁ他の全部を合わせたよりも声は大きい人ですが(^^;。じゅげむじゅげむ・・・
Commented by ちゃこ at 2009-03-18 16:34 x
この間、間違って行った・・・(笑)
「ヒッポクラブ」って処では、7ヶ国語を話そう!がテーマだったけど、そこでは7ヶ国語のCDを、子供のように音で聞いて遊びながら覚えよう!って事だったよ。

子供は、外国語の音は聞いて間隔で覚えたものがいつか、その音と意味が重なり、解るようになるらしい???


って事は、日本語・ドイツ語・英語を今から聞き続ければ、きっといつか3ヶ国語はマスターするよ!ガンバレ~
Commented by duke togo at 2009-03-19 13:51 x
私の前のボスは、自分の子供が言葉を覚える頃にずっと英語で話しかけていましたが、どうも何年かで断念したようです。おっしゃるように、バイリンガルというのはそう簡単になれるもんじゃないでしょうね。ちまたの語学に堪能な方々は、どっちかというとある時期に集中的に一つの言語を使うことで身に付けたんではないかと想像します。小学校の時に数年外国で暮らしたとか。
それはともかく、Pさまがそうして子供に接することはすばらしいと思うし、何の役にも立たないとはずいぶん乱暴ですね。(すんません、外野の私が)
そういや私の学生時代の研究室の助手(当時)が独逸人ハーフでした。彼は子供の頃日本に移ってきたんだと思いますが、完全にバイリンガル(英語を入れると三か国語)でした。こないだの蘭国出張でたまたまホテルが一緒だったのですが、セッションのない日に独逸の従兄弟に会うと言って出かけていくのを見て、ちょっとうらやましかったです。
Commented by penguinophile at 2009-03-21 00:47
ちゃこさま:
「ヒッポクラブ」、名前だけは聞いた事があるけど、七ヶ国語ってのはすごい。「子供のようにCDを聞いて覚える」のが大人の学習方法として効率的かはさておき、異文化体験として楽しければそれが一番大切だよね~(^^)。しかし「間違えて行った」というのはいったい(笑)

日本で子育てをしていたら「早いうちから英語を」とか思ったのかもしれないけど、「とりあえず英語はどうでもいいから日本語」という気分です。ドイツ語話者にとって英語はとっつきやすい言語のはずだし、ネイティブ並に話せる必要もないから、後から外国語として習っても遅くはないと思うんだよね。
Commented by penguinophile at 2009-03-21 01:04
duke togoさま:
日本に住んでいる日本人が家庭内で英語を使うのはかなり不自然な行為ですから、よほど強い動機がないと続けられないように思います。それでも日本で英語ができれば受験や就職やビジネスに有利かもしれませんが、ドイツで日本語ができても役に立たないのは事実だと思います(^^;。でも息子の場合、「役に立たない=意味がない」とは思えません。

「ちょっと従兄弟に会いに」いいですねー。日独ハーフのバイリンガルに「どうやって身につけたの?」と聞いたら「覚えてない」と言われました。そりゃそうか・・・。日本語モノリンガルの私にはバイリンガルの頭の中ってどうなってるんだか正直謎です(笑)。
Commented by どいつりす at 2009-03-21 02:59 x
私は南米に数年間暮らしたことがあります。
日系人(両親とも日本人の場合)の家庭の子供の日本語習得状況はいろいろです。
2世くらいだと、家庭内では日本語、外ではスペイン語と使い分けるのですが、子ども自身の能力や親の熱心さで日本語習得の差が出てきていて、興味深かったです。
一つ屋根の下に育った3兄弟でも、それぞれ日本語能力が違っているのですよ~
Pさんの息子さんはどのくらい日本語を習得できるか、楽しみです。
お母様の上手なご指導で、たくさん話せるようになりますように!
Commented by 東風 at 2009-03-21 04:44 x
私の知り合いに墺日カップルの間に生まれたハタチすぎの男子がいます。教育はドイツ語圏ですべて受けていますが(今は大学生)、19歳まで週末は補習校へ通っていたとのこと。両親はなるべく日本語で、父子はドイツ語で、母子は日本語で会話していたそうです。彼と私達との会話は原則は日本語(特に流暢というわけではない)。でも、どうしても単語が出てこなくなるとドイツ語や英語が混じります。書くのは苦手で、会話レベルから数段下がります。彼は自分が日本語を学ぶことで、たまにしか会わない親戚とも意思疎通ができる、というメリットを意識しているように思いました。
将来のために、という視点で子供のうちから外国語教育をする家庭が増えていますが、うーん、役立つ役立たないという親の発想で語学習得をするのは、不健全かも。やっぱり、母語の違う人と話をして通じ合いたい、という人間としての原始的な願望がないと、ムツカシイのではないでしょうか。
Commented at 2009-03-21 05:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penguinophile at 2009-03-22 05:30
どいつりすさま:
一般的には一人目の方が親のみと過ごす期間が長い分、日本語のみにふれる期間が長そうですね。
親の熱心さ・・・どうも成り行き任せのダレ母になりそうな私にはいまいち自信がありません~。放置しておいたら日本語はどんどん弱くなっていくだろうし、さりとてあんまり熱心に押し付け過ぎても反発されそうだし、けっこう難しそうなぁ。
Commented by penguinophile at 2009-03-22 05:35
東風さま:
お知り合い男子の日本語、補習校に行っていても書くのはやっぱり難しいのでしょうね。たまにしか会えない親戚との意思疎通、という意味では日本語はすごく大事で、例えば息子は日本語ができないとお祖父ちゃんとは全く話ができなくなっちゃうんですよ。実の孫と共通の言語がないのはすごく悲しい事だなーと思います。
Commented by penguinophile at 2009-03-22 05:43
鍵コメ2009-03-21 05:17さま:
私も正直ノーテンキというかお気楽だなーとか思ってちょっと羨ましかったりして(笑)
ううーん、確かに母国語だって結局のところ子供時代のいろんな体験を通じて身につけていくんですよね。人の思考は言語に囚われるというか、ある言語でちゃんといろいろ考えておかないと、難しい事を考えられない頭になっちゃう、みたいな話を聞いた事があります。だから余計にバイリンガルの頭の中ってどうなってるんだろう?と思うわけですが。
いやぁホントに長いマラソンですよね。応援ありがとうございます。どうなる事やら。私のドイツ語がへたくそ~なのがかえって吉に・・・ってのはいくらなんでも甘いか。単に実子との意思疎通ができない結果に終わったりして(--;
Commented by suigyomatsu at 2009-03-24 23:59 x
はじめまして。

ドイツの片田舎に、ドイツ人の夫と、1歳11ヶ月の息子と住んでいます。

始めてお邪魔して、しかもタイムリーで身につまされる話題に、思わずコメントさせていただきました。

うちの場合は、片言で話す言葉のほとんどが日本語なのと、大勢のドイツ人に囲まれると母親である私のところへ逃げ込んでくる様子が、外野の心配と(日本語のみで接している私への)批判を誘うようです。

私も、将来も含めて、役に立つ役に立たない、の問題ではなく(日本語なら将来の就職に役に立つかも、という考えで賛成してくれる方もいますが、違和感を感じます)、彼のアイデンティティを守る(?)ためにも、日本語を学んでほしいな、と思っています。

おっしゃるように、バイリンガル(多言語)教育は周りが思うより気楽なことではないなあ、といまさらながら実感している次第です。

言語だけにしばられず、日本や日本の文化を好きになってくれて、自ら学ぶ意欲を持ってくれたら、親としては最高なんですけれどね・・・。

目標は高く(といっても、うちも三言語は目指しませんが)、時には柔軟に、お互い頑張りましょう♪
Commented by lechat at 2009-03-25 21:22 x
ごめんなさい、気軽に「バイリンガル、いいなあ」と言ってしまった口です。確かに実際はいろいろ悩みがあるのですね。でも、やはり自分の子どもとは母国語で話したいというのは自然な気がします。ドイツ語はご主人やご親戚との会話、テレビ、大きくなればお友達や学校で習うでしょうから、やはり日本語習得は大変だろうなあとお察しします。

全然参考にはならないですけど、うちの子の言葉(もちろん日本語)の発達を見ていて、親との会話で覚える言葉ももちろん多いけれども、夫婦間の会話を第3者的に聞いて覚える言葉が非常に多かったりするので、日本人のママ友や日本のご親戚との会話を積極的に見せることができる機会があると良いのかなと思ったりします。あとは経験上、本人が喜ぶのであれば、日本語の歌(童謡)とか日本語の本の読み聞かせも良いかなと思います。そういうのは意味もわからずに文章を丸暗記して記憶に刻んでいるようなので。
Commented at 2009-03-29 11:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penguinophile at 2009-03-30 06:52
suigyomatsuさま:
はじめまして、こんにちは。
>ドイツの片田舎に、ドイツ人の夫と、1歳11ヶ月の息子と住んでいます。
何だか非常に親近感を覚えるプロフィールです(笑)。

個人的には一歳児が母親のところに逃げ込んでくるのはごく正常な行動で、言葉の問題がなければ「恥ずかしがり屋さんなのね」で済まされる気がします。うちも最初はドイツ語が遅れるでしょうが(というか既に遅れているかも)、所詮まだ非言語コミュニケーションが強い年齢ですし、どうせ幼稚園に行き始めたら逆転するのは目に見えているので、外野の心配や批判は無視しようと腹をくくっています(それでも実際に批判されると面白くないんですけど)。

日本語が役に立つ職業なんてドイツではごく限られていますから、期待しても無駄に終わる可能性が高いような(^^;。それよりまずは日本で私の家族や友達の子供と普通に遊べるようになって欲しいなぁ、と思っています。自分から日本に興味を持ってもらいたいものですよね。きっかけが「MANGAってクールだよね」レベルでも喜べちゃいそう(^^;。

はい、お互いぼちぼち頑張りましょう!同士からのコメント嬉しかったです。ありがとうございました。


Commented by penguinophile at 2009-03-30 07:04
lechatさま:
そうなんです、やっぱり自分の子供とは母国語で話したいんですよ。まぁそもそも他に満足に話せる言葉もないんですけどさ。

へぇー、子供って両親の会話からも結構拾うものなんですね。日本人ママ友、まだまだ募集中です(涙)。最近やっと小さいお子様がいる日本人家庭とお知り合いになったんですが、駐在さんだと滞在期間が限られている事もあり、本当はプレイグループが組めるくらいの人数がいるといいのになぁ、と夢想してみたり。日本語の本は日常的に読んでいて、息子より先に私が暗誦できる本が増えてきちゃいましたが、童謡はもっと聞かせた方がいいかな。
Commented by penguinophile at 2009-03-30 07:28
鍵コメさま:
今週は東方面に出かけていたのですが、桜どころか雨・雪・雹にまで降られてしまいました。写真はまだ整理してませんがたぶんやたら暗いですわー。

前にNHKで見た赤ん坊の言語習得に関する番組では、ビデオでは効果がなく人が直接接しないと覚えないのだとか。大人ならビデオでもいいのかもしれませんけど、CDだけだと少なくとも私には無理です。「聞き流すだけである日突然わかるように!」とかいう教材も、効果がある人も世の中にはいるかもしれませんが私には絶対ありえな-い、と思っちゃいます。教材を使ってその場で何をやるのかにもよるでしょうが、まぁ本人の目的次第かな。出張や留学準備では速やかかつ効果的な言語習得が最優先でしょうが、異文化に触れるのが目的なら楽しめる事が重要であって言語習得上の効果は二の次三の次でも問題なし!?
Commented by suigyomatsu at 2009-04-01 21:36 x
penguinophileさま

親近感を抱いていただいて光栄(?)です(笑)。残念ながら、私の住んでいるのはドイツの南東部なのですが。今回いただいたコメントにも、非常に(言語習得への腹のくくり方など!)親近感を感じました。私はというと、ごまかせるうちに日本語の根をできるだけ多くはやしておこう・・・と、前向きなんだか後ろ向きなんだかの姿勢のときが多々ありますが。気長に、諦めずにいきたいですね♪

これからも、長くお付き合いしていただけたら幸いです。

lechatさま:
「第三者の会話を聞いて・・・」で納得したことですが、最近、うちの息子(1歳11ヶ月)は肯定の「うん」を言葉にするのですが、息子に対して使った覚えはないので、きっと夫に使っているときの言葉を耳にして憶えたんでしょうね。普段の会話、気をつけなくっちゃかしら。息子にとっては、日本語の丁寧語を耳にする機会が現在のところほとんどないのも、いささか心配ですが、望みだしたらきりがないのですよね・・・。
Commented by penguinophile at 2009-04-02 04:36
suigyomatsuさま:
ごまかせるうちに・・・は語学に限らず他にもいろいろあるかも(笑)。
家庭の内と外では使う言葉が違いますから、家庭だけで習得した日本語にはどうしても手落ちが出てしまい、「外国育ちだから」と相手に大目に見てもらわざるをえなくなる部分は多々あるだろうな、と思います。敬語なんか典型的な例ですが、まぁ実際にはそんな高度な悩みを持てるようなレベルに達せるかどうか怪しいもんだったりして(^^;。

悩みつつ前進を試みる母同士!?、こちらこそ今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31