名付け

三年前に市役所で結婚した際、Stammbuch der Familie(家族登録簿)というバインダーをもらいました。その中に今では結婚証明書や息子達の出生証明書が入っています。教会での結婚式の証明書や子供の洗礼証明書の用紙も準備してあるあたり、ドイツはキリスト教国なんだなぁ、と思わされます(ちなみにうちは無宗教家庭なので白紙のまま)。この2年で出生を記した書類の名前がAbstammungsurkunde(血統証明書)からGeburtsurkunde(出生証明書)に変更され、それに伴って両親の学位に関する記載がなくなったようです。

長男が産まれた時は、一週間の期限内に夫が市役所の戸籍役場(Standesamt)に出生届を提出しに行きました。今回は病院に戸籍役場の職員が出張してきており、出産翌日の朝に出生届の用紙を病室まで持ってきてくれた上に家族登録簿の内容を転記してくれたので、署名して病院受付に提出するだけで済みラクでした。
日本側の出生届は生後3ヶ月以内に日本総領事館に提出。その時点で日本語の名前も正式に決まった訳です。
・・・が。




日本を離れて三年余、あれよあれよという間に二人の男の子の母親になっていた。個人的には二人目はできれば女の子が欲しかったけれど、そもそも遅い結婚にもかかわらず健康な子宝に次々と恵まれた事だけで僥倖な訳だし、たかが二人で性別について文句を言うのは確率的にもおかしい気がするし、同性の兄弟なりの利点もあるだろう。それでも名前選びに関してだけは、女の子の方が簡単で楽しかったろう、と思わずにはいられない。

日本の戸籍は姓と名前が一つずつと決まっているが、ドイツではミドルネームを付けられる事もあり、ドイツ語名と日本語名の両方を持っているハーフの人も多いようだ。しかしうちはシンプルに日独共通の名前を一つだけつける方針にした。ところが実際に名前を探そうとすると、これが全然シンプルには行かない。日本でもドイツでも通用する名前というのが、女の子なら可愛いのがたくさんあるのに、男の子だと全然ない。更に英語の名前ならまだ日本でも馴染みがある物が多いが、ドイツ語名は日本人には馴染みがない上、濁音が多く日本語にすると響きが良くない名前が多い。たとえば「ジョージ」「ヒューゴ」「シオン」など、漢字をうまくあてれば最近なら純日本人でもありそうな名前だが、これがドイツ語になると「ゲオルグ」「フゴー」「ジオン」。しかも夫とその家族は、古臭いゲルマン系の名前が大好きで、ドイツと日本のどちらでも通じそうで私がいいかなーと思った「カイ」という名前は、「北欧の名前だから南独の姓と合わない」という理由で却下されてしまった。

「いい名前の中から最善の物を選ぶ」というよりは「最悪の名前の中から許せる物を探す」という作業に、一人目ですら既にうんざりしていたのに、二人目に至ってはもうドブさらえ気分。ウキウキワクワクどころか、考えているだけでイライラしてきて、「痛い思いをして産むのは私なのに、純日本男子名をつけてどこが悪い」と夫に当り出す有様。私はもともと読みやすくてわかりやすい名前が好きなので、最近の日本人の名前は懲りすぎに感じている程なのに、自分の子供の名前が読みにくくわかりにくい名前になってしまうのは何だか不本意。外国で育つ予定の半ガイジンだからしょうがないか・・・と諦めモード。

それでも譲れない条件が二つあった。一つ目は日本人にも発音しやすい名前であること。ただでさえ夫の姓が長くスペリングが珍しく日本人には発音しにくいせいで、私は苦労させられているのに、このうえ子供の名前がFriedrichやらJörgやらになったらもう目も当てられない。二つ目の条件は、日本語で変な意味を持つ名前でないこと。例えば「ゲロ」なんて名前のハーフの子が日本の小学校に体験入学でもしようものなら、いじめられる事は目に見えている。「ハゲン」も「禿げ」といじめられそう。大男に育つ事が遺伝的に確実な子供に「ウド」と名付けるのも抵抗がある。

そんなこんなでほとんど消去法で投げやりにつけた二人の息子の名前。漢字はやはり当て字っぽくなってしまったけれども、意味が良く字面が名前らしくなるように選んだつもり。一人目の名前は、日本人には必ず聞き返されてしまう「名前らしくない名前」だが、ドイツでは(古臭いけど)わかりやすい名前で、私の発音でもだいたい一発で通じて、子供にも覚えられやすい名前らしい。私も二年間呼び続けていい加減慣れた。二人目の名前もやはり私にとっては「名前らしくない名前」。ドイツでも珍しい名前のせいか、はたまた私の発音が悪いせいか、「えっ?」と聞き返される事も多いのだが、たまたま出産に立ち会ってくれた女医さんの息子さんと同じだったので、「これも縁かな」なんて思って納得してみたのである。しかし根っから日本人の私は、短縮して呼んでみたり、「スケ」をつけて呼んでみたり、という有様なのであった。
[PR]

by penguinophile | 2009-09-15 15:43 | 子供 | Trackback(1) | Comments(28)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/12350982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 流されて、めんそーれ♪ at 2009-09-15 23:40
タイトル : ドイツのマー坊(たち)。
ドイツにいた頃のドイツ嫁入り撫子仲間、penguinophileさんが 最近生まれたお子さんの名付けの話を書いていらして 興味深かったので、ワタシもちょっと思いつくままにドイツ人の 名前のことを。 ドイツ人の名前で"-mar"で終わる名前と言うのがいくつかあります。 思いつくままに挙げてみますと、 Elmar(エルマー) 「エルマーとりゅう(龍)」っていう子供の本もありますね。 Waldemar(ヴァルデマー) ドイツ第一テレビのスポーツ解説にWaldemar Hartm...... more
Commented by toramutti at 2009-09-15 18:56
十月十日お腹にかかえ、食べたいもの、飲みたいものがあってもお腹の子供のために我慢し、産みの苦しみ、へたしたら命を落とすことだってありうることを経たのは、母ペンだよねぇ。父ペンは・・そりゃ、xxxをxxx(伏せ字)したとこか、「がんばれ」とてを握ったとかあるかもしれないけど。そこんとこ、主張して当然でっせー。

長男くんの名前、日本だとお侍にありそうな感じでいいですよー。こちらだったら確かに新しい名前じゃないけど60になってもおかしく響かないし、どんな名字にもあいます。ほら、いつか結婚してツマの名字の方がらくだから、ってなるかもしれないし。
ちなみに夫の姪甥(母日本人)はSara(hなし)、Barbara,Davidです。日本のご両親がちょっとおかんむりだったみたいよ。
Commented by akberlin at 2009-09-15 22:26
ほうほう・・・子供がいないもんで「ははぁ」と感心しながら
読みました。そうそう、ウド。比較的多い名前だけど、古風だよね。

>大男に育つ事が遺伝的に確実な子供に「ウド」と名付けるのも抵抗がある。

大笑い。確かにウドの大木を地でいくようになっては・・・。

カイくんは日独ペアの両親の子供ではスゴくポピュラーな名前だから、そういう会にいくと必ず一人や二人や三人は海、快、櫂、開くんがいます。だからかえってよかったかもよ?

ウチの相方も北欧名前、見てくれ(容姿)はなぜかイラン人、トルコ人に見えてるらしいけど、名字は・・・シュレジア地方?のらしいです。ま、相方は三男でだいぶ両親も気が抜けて・・・あ、いや、言わんとこ。
Commented by akberlin at 2009-09-15 23:41
あ、ワタシも名前関連の日記を書いたので、
TBさせていただきました。よろしくお願いしますです。
Commented by toramutti at 2009-09-16 00:11
横レス、akberlinしゃん、へぇ、ドクの名前、北欧系なんですか。猪の生徒にけっこういるのよ、あの名前。猪の名前こそ、まさにゲルマン&古くせぇ、ですよね。なんたって生徒達に、うふうふ、xxxxxxxxだって、って笑われちゃうんだから。
Commented by duke togo at 2009-09-16 01:11 x
こんにちは(こんばんは)
私は男二人兄弟ですが、母は(やはり)女の子が欲しかったようです。
兄のほうは逆に娘が三人なんですが、三人目は男の子希望だったみたい。(四人目に期待するのはやめたらしい)
そういや実験系でいろんな有機溶媒を使ってたり、強磁場を使ってたりすると女の子が産まれやすいという話もありますが、Pさまのご主人は理論家ですよね。私の兄も有機系の研究室にいたので、何だかこの話もあながち間違いではないような気がしてきます。

そっかー、ただでさえ悩ましい名付けもハーフだとさらに考えることが多いんですね。伝統的ゲルマン系の名前ってどんなんでしょう。ハンス、ヨハン、オットー、リヒャルト、ジークフリート?う~ん日本語にするのは難しそう。。。そういや森鴎外の子孫はだいたい横文字の名前に漢字を当ててますが、長男が於菟(オト)ですね。ちょっと字が難しいなあ。
Commented by penguinophile at 2009-09-16 03:04
toramuttiさま:
いやぁ今回の出産時に私が握っていたのは、夫の手ではなく天井からぶる下がっていた布。そして終わってから夫は「relativ einfach」とか言いやがりました。そりゃーアンタは見てるだけだったから簡単だったでしょーけどさっ!アタシはマジに痛かったんだよっ!

・・・って話がずれましたが・・・

長男の名前、褒めて頂いてありがとうございますー。なにせ苗字が長いから二人とも名前は短めにしときました。

「サラ」ちゃんだと綺麗な漢字が当てられるし、日英ハーフにも多そうですが、ドイツ語だともしや「ザラ」になっちゃうんでしょうか!?Davidも「ディビッド」だと日本人にも馴染みがあるけどドイツ語だともしや「ダビット」?

次男は母にヘンな名前だとか言われちゃいましたよ。「だってしょーがなかったのよっ」とキレた私。
Commented by penguinophile at 2009-09-16 03:12
akberlinさま:
これで苗字が大木だったら・・・身長2m近い男が「大木ウドです」と自己紹介したら一発で覚えてもらえるかもしれないけど。ウケ狙ってどうするよ。

日独ハーフにカイ君が多いのは、いかに名付けに苦労している親が多いかという証ですなぁ。私は陸に上がった河童、じゃなかったダイバーだから、「海」にしたかったんです。でも名前って慣れるもんで、今ではうちの大黒様に「カイ」なんてハイカラな名前(?)は似合わないような気もしてます。

へぇ、あのお名前も北欧系なんだー。そりゃ知りませんでした。私は第二子ですけど、父親の名前から一文字取って子をつけただけの名前なんで、結構もう気が抜けてたんじゃないかと(笑)。
Commented by penguinophile at 2009-09-16 03:13
akberlinさま:
TB、どうもありがとうございます♪
TBなんか久しぶり過ぎて存在を忘れかけてたわ(笑)
Commented by penguinophile at 2009-09-16 03:19
toramuttiさま:
うちの息子は猪之助様より更に一世代下なのに、めっちゃゲルマン&古くせぇー。将来笑われたらごめんねって感じですが、まぁ古臭いとーちゃんとドイツ語がわからないかーちゃんの間に生まれたのがキミ達の不幸だ、諦めたまえ、みたいな(笑)。
ちなみに次男はさしずめ「熊之助」(の短縮形)らしいんで、熊次とでも呼んでやっておくんなさいまし(半ばヤケ)。
Commented by penguinophile at 2009-09-16 03:41
duke togoさま:
夫は理論系ですから溶媒も強磁場も扱っていません。団子三兄弟でも三姉妹探偵団でも、子供は授かり物ですからねー。不思議なもので、今ではもう「二人目が女の子」という状況が想像できません。なにせ顔が大黒様だし、長男に手荒に扱われてるんで、男の子で良かったかも(--;。

ジークフリートって湖の脇で踊りそう(爆)。「於菟(オト)」、さすが森鴎外と言うべきか、懲り過ぎてて凡人のアタシには読めませーん(^^;。実はOttoは最終候補に挙がっており、その場合の日本語名には「乙人(オツト)」を考えていましたが、音としては結構違いますよね。
Commented by toramutti at 2009-09-16 04:21
母ペンさん、Ottoは猪之助の15年以上のギム教師人生で、まだ一人もいなかったそうです・・。長男君の名前は東ドイツ出身のスケート選手にいましたぜ。あと、私が大学で日本語教えていたとき学生にいたわ、二十代半ばではげてた・・・。次男君の名前、今度メールでおせぇてねん。
Commented by オミ at 2009-09-16 04:42 x
名前は、一生付き合うものだから思いあぐねますよね。うちも名前は一つだけです。流行りすたりのない昔からある名前をつけましたが、子供達が大きくなったら、どう思うやら。確かに男の子の名前だと、難しいかもしれませんね。

下の記事のペンギンの映画を子供達に見せたら喜ぶかもしれないなと思い、予告編をみたのですが、集中して聞かないと子供向けといっても難しいんですね・・・。(拙写真を掲載くださってありがとうございました。)
Commented by akberlin at 2009-09-16 09:52
横レスの横レスですみませんが、虎ママしゃん、ドクの名前、あれ、ノルウェーとかデンマークとか、スウェーデンにもよくある北欧の英雄の名前とか。・・・英雄?と名前負けなのはまあ、しょうがないけどさ。

とある国際学会でたった一人、北欧から来ていたセンセイが
「このXXX(←相方の名)って名前の人、どこの人、どこのヒト〜?」
ってもしや、自国の人かとずいぶん聞いていた、とか。ドイツ人でがっかりしてた、とも・爆。

相方の学年には学校で二、三人、同じ名前がいたそうですが、最近ドイツの高速道路のパーキングエリア売店でキラキラした名前入りキーホルダー、っていうのを見た時には入ってなかったな・・・もうあんまり流行らない名前なのかもしれない。でも猪之助しゃんの生徒さんにも多かったってことはあの地方で多い名前?北欧から遠い南西ドイツでなぜ?
Commented at 2009-09-16 11:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lechat at 2009-09-16 15:39 x
ううむ、日独ハーフ君の名づけは大変なのですねえ。うちの純日本男でも相当悩みましたが。。。でもお二人とも、日本人でも読みやすく覚えやすい、とても良いお名前だと思います。長男君は漢字を見ただけでは読めないけれど。。。

「スケ」とか短縮形、親しみがこめられてて良いと思います。うちも、名前を短縮して「坊」や「ちゃん」をつけたりしていますよー。
Commented by chibininn at 2009-09-16 21:11
うーん、確かに女の子だと日本でも西洋でも共通で違和感のない、可愛い名前が多いけど、男の子だとあんまり思いつかないですねぇ。命名やお洋服のかわいらしさから、私は絶対女の子がいいなーと思ってましたけど、友人曰く(2人の男子の母)、「ジャニーズ系の美少年をマザコンに育てる喜びには代えられない」そうで、男児の方が絶対いいんですって。最近会っていないので、その友人宅の息子たちがジャニ系に成長しつつあるかどうかは知りませんけど・・・。
Commented by penguinophile at 2009-09-18 05:32
toramuttiさま:
それってOttoがものすごく古臭い名前だって事でしょうか!?なんか昔の王様みたいな名前だなーっとは思ったんですけど。まぁ息子達の名前も負けず劣らず古臭いのかもしれませんけど(爆)。
別途メールします♪
Commented by penguinophile at 2009-09-18 05:36
オミさま:
あまり流行りの名前だとクラスに何人かいて混乱しそうですよね。「流行りすたりのない昔からある名前」はうちもそうですが、夫の感覚が既にすたっているという話も(笑)。オミさまの末っ子ちゃんのお名前を伺った時、やっぱり女の子は日独共通の可愛い名前があっていいなーっと思いましたよ。

私は「ハッピーフィート」をドイツ語で観てストーリーを把握しきれなかった前科ありです。トホホ。まぁ実際、ドイツ語レベルが子供以下なんだからしょうがないんですけどさ。
Commented by penguinophile at 2009-09-18 05:38
akberlinさま:
北欧の英雄の名前かぁ。なんかかっこいいっすね。北欧と言えば、長男の同級生にKnut君がいたりしないんだろうか・・・と密かに期待している私です。
Commented by penguinophile at 2009-09-18 05:39
鍵コメさま:
嫌がらせ歓迎(笑)
近い!惜しい!
・・・だけじゃあんまりなんで別途メールします♪
Commented by penguinophile at 2009-09-18 05:43
lechatさま:
全く自由に好きな名前をつけていいよーっという状態だとそれはそれで悩みそう。うちは逆に規制が強すぎましたけど(笑)。
息子達の名前、褒めて頂きどうもありがとうございます。長男の名前、前半はむしろ中国人の方が正しく読めるかもしれません。
お坊っちゃんの一字目は「坊」や「ちゃん」が似合いますよね。そういえば関係ないけど男の子っていつまで「ちゃん」でいつから「くん」になるのだろう・・・。
Commented by penguinophile at 2009-09-18 05:49
chibininnさま:
そう、男子名だと思いつかないでしょう?真面目に探してもないんですよ、これが!
名前と洋服は絶対女の子が勝ちますよねー。お友達のお子様、ちびにんさんの冷静かつ客観的判断がどうであろうと、母親の主観バリバリ親馬鹿目線でジャニ系なら家庭内円満でよろしいのでは。うちは・・・マザコンに育ってもおかしくない環境だと思うのに・・・まだ二歳なのに・・・近所のおばさんと遊ぶ時は既に「かーちゃん邪魔だから帰っていいよ」と言わんばかりです。ナゼ?

少年老い易くジャニ成り難し(お粗末)
Commented at 2009-09-18 09:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penguinophile at 2009-09-18 15:32
鍵コメさま:
これは思いつかないですよね、っていうかそもそも知りませんよねぇ。でも「スケ」が似合うでしょ?(←自慢?になるのか?)
うちは夫の苗字がおそろしく長いので、名前は短めです。
長男を妊娠中に友達に買って来たもらった「世界に通じるこどもの名前」とかいう本があって、確か「クルト」だか「カアト」だかも入っていました。名付けの際にその本に載っている男子名を参考にさせて頂きましたが、父親が日本人だったらはなから考えもしない「名前らしくない名前」「当て字」のオンパレードでした・・・。
Commented by duke togo at 2009-09-21 15:20 x
冒頭を読んでふと思ったのですが、Pさま市役所で結婚なさったんですか?
結婚した時に市役所でもらったという話かな〜とは思うのですが、ひょっとして独逸では市役所婚なるものがあるのかも知れないという文化を知らない故に生じる的外れかも知れない疑問も少し(^^;;
いや、ホントに的外れでしたら失礼しました。
Commented by ちえ at 2009-09-22 08:04 x
そっか、ウドだとうちの苗字とも内容的に相性がよくないんだ。うちの苗字のこと忘れてた。字画の相性は色々考えてたんだけど。
私は会社のEメールに C を最初につけられるので、意味的に逆転してしまいますが。
Commented by penguinophile at 2009-09-23 00:02
duke togoさま:
はい、的外れでした(笑)。ホントに市役所で結婚しましたよ。所変われば・・・ですよね。宗教色は皆無の、人前結婚式、いや役人前結婚式と言うべきか?日本と違って「葬式仏教徒でもチャペルで挙式しちゃお♪」という訳にもいかないし、不信心者がお手軽に挙式して一応のけじめをつけるには便利だったかもしれません。
Commented by penguinophile at 2009-09-23 00:06
ちえさま:
「大木」じゃないから苗字との相性はあんまり気にしなかったけど、やっぱり大男にウドはちょっとねぇ。長男の時はいちおう字画も気にしたけど、今回はもう無視して、字面の方を重視しましたよ。
cがつくと、そうか、なるほどね。
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30