クリスマス市/der Weihnachtsmarkt

暗くて寒いドイツの冬を彩る風物詩、クリスマス市が始まりました。市長さんの開会宣言スピーチによると、この町のクリスマス市はいつも待降節(der Advent:4回の日曜日を含むクリスマス前の4週間)前の水曜日に始まるそうです。以下の画像は去年12月に撮った物が混じっています(去年はつわりと引越と寒さと暗さにメゲて記事を書く気力がなかった・・・)。

市庁舎前には大きなクリスマスツリー。↓
c0076387_22464629.jpg

市庁舎の窓はアドヴェントカレンダーになっており、12月になると毎日一つずつ開きます。↓
c0076387_22471721.jpg

クリスマス市のメイン会場は、大聖堂前のマルクト広場です。↓
c0076387_22474575.jpg

c0076387_2248855.jpg

去年の聖ニコラウスの日(過去記事参照)の前日にクリスマス市で出会った、聖ニコラウスと可愛い天使。↓
c0076387_22484058.jpg

隣家のS夫人から、手作りのder Adventskranz(待降節のリース)とクッキーを頂きました。↓
c0076387_22494514.jpg

クリスマスまでの四週間、一週間に一本ずつ、リースの蝋燭に火をともします。後方右側に写っているサンタクロースはder Lebkuchen、辞書によると「蜂蜜・香辛料入りケーキ」。密度が高くて、ケーキとクッキーとパンの中間みたいな食感の、非常食料に便利そうなドイツらしいお菓子です・・・って褒めてんだかけなしてんだか微妙な記述ですが、別にまずくはありません。アーヘン名物のお菓子Printenとの違いをご存知の方がいたら教えて下さい。お祭りの屋台では、アイシングで「Ich liebe dich!」などと書かれた巨大なハート型Lebkuchenが必ず売られており、首からぶらさげて歩く馬鹿っぽい姿がお約束(?)です。日持ちするお菓子なので、クリスマスまで飾っておくつもりですが、既に二歳児に齧られたらしくてっぺんがちょっと欠けています(笑)。
[PR]

by penguinophile | 2009-11-30 22:54 | 徒然 | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/13110332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akberlin at 2009-12-01 09:49
へぇ〜、こんな立派なクリスマス市がたつんですねぇ。
ドイツってクリスマスマーケットが有名な、っていう形容の町、あちこちにありますが、小さい町は小さい町なりに、大きいところは大きいなりにいろいろですよね。
Commented by penguinophile at 2009-12-01 23:28
akberlinさま:
ここのクリスマス市も、近郊から結構来訪するみたいです。私もそのうちニュルンベルグあたりの「有名」なクリスマス市で、グリューワインをゆっくり飲んでみたいです!
Commented by どいつりす at 2009-12-02 04:24 x
先日、初めてグリューワインを経験しましてその甘ったるい旨さに感動しました。
ウチの街のクリスマス市を見るのは2度目です。
他のも行ったことがないで、比較の仕様がないのですが、勝手にしょぼいのではないかと卑下しております~
去年義母がシュトッゥトガルトのを見に行き大変感動したようです。
ううう・・・
私も行きたい、有名どころのクリスマス市~!
Commented by chibininn at 2009-12-03 03:38
今日州立図書館に行った帰りに、中世風クリスマス市@ヴィッテルスバッハ広場でグリューワインを1人で一気飲みしてきました(オイ)。

アタクシ、いつも感心しておるのです。Penguinophileさんは、必ずドイツ語の名詞を書かれるときに、冠詞der/die/dasをつけておられますよね。えらいなぁ。Adventは男か!と、今日も勉強になりました。
Commented by penguinophile at 2009-12-04 20:33
どいつりすさま:
私も自分が住む町のクリスマス市しか行った事がないのですが、少しだけ大きい町に引っ越したら、クリスマス市も少し大きくなりました。ちなみにアイスクリームも少し高くなりましたよ(笑)。どいつりすさんの家からだとミュンヘンはそう遠くないですよね?隣家のS夫人はミュンヘンに住む息子をたずねクリスマス市に行くのを楽しみにしていますよ。
Commented by penguinophile at 2009-12-04 20:43
chibininnさま:
私はビールは一気飲みしてもグリューワインはちびちび飲みたいなぁ。もっともドイツに引っ越してからほぼ常に妊娠/授乳中で、アルコールは基本的に卒乳後のお楽しみなんですけど(笑)。
ミュンヘンは(ドイツ的には)大都市だから、あちこちの広場で市が立つのかな。中世風の所もあるなんて面白いですね。

お褒め頂き恐縮です。少しでも単語の姓に接する機会を増やそうと・・・って心がけだけは我ながら殊勝なんですけど、実際には「ベビーカー」や「オムツ」の姓ですら怪しい有様です(--;
Commented by duke togo at 2009-12-05 00:06 x
お~、背景がトナカイの切り絵風になってますね~(^^)。
クリスマス市というのは独逸に特有の習慣なんですか?
ちょいと調べてみるとドイツのクリスマス市ばかり出てきます。
そんでグリューワインというものがあるのですか。寒い時期に飲むとあったかくておいしそうですね~。こういう暮らしに根付いた飲み物は良いですね。
Commented at 2009-12-07 01:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ちえ at 2009-12-08 03:13 x
歴史のある国って楽しそうでいいな。
今月のペンギンは?
Commented by MOMO at 2009-12-09 04:40 x
FRA市内のクリスマス市だけでなく、わが村、隣村のクリスマス市にも行ったことがありますよ~。村のクリスマス市は12月のとある週末だけ・・・というものですけど。
去年、一昨年とクリスマス市に行き過ぎたのか、今年は、出不精になっています。
↓記事のビーズ、いいですね~。MOMOも最近、ライオン顔のビーズを作り、携帯電話ストラップに使っています。
Commented by penguinophile at 2009-12-09 08:29
duke togoさま:
クリスマス市、私はドイツのしか知らないです。雰囲気はいいけど、いかんせん寒い(苦笑)。まぁだからこそグリューワインが合うんでしょうね。
Commented by penguinophile at 2009-12-09 08:31
鍵コメさま:
うわぁ確かに懐かしい。歌ったのは身の程知らずでしたが(笑)、華道の仲間と飾ったのもいい思い出ですわ。
そのくらいの年頃の女の子って、おませなくせに行動がまだまだ子供でそのギャップが可愛くも可笑しかったりしますよね。
Commented by penguinophile at 2009-12-09 08:33
ちえさま:
P、あります、書きたいです・・・しかしアライグマが邪魔する(^^;
Commented by penguinophile at 2009-12-09 08:39
MOMOさま:
村の週末だけのクリスマス市って顔見知りに会う確率が高かったりするんでしょうか。それはそれで楽しそう(^^)
私も今年はまだ開会式(?)を覗いただけ。その後は小僧共がハナタレだったりしてまだなかなか。
ストラップビーズ、やっぱりライオンなんだー。雄ライオンなら顔だけでも形になるからいいけどペンギンはイマイチ、と思ったけどSuicaで顔だけのがありますやね。
Commented by ちえ at 2009-12-12 07:14 x
いたずら小僧のことを英語で rascal って言うんだけど、アライグマのラスカルはやっぱりその辺から命名されたんだろうか?
Commented by オミ at 2009-12-13 20:58 x
ご無沙汰しています。昨日、地元の町のクリスマス市があったので行ってきましたが、幼稚園の先生や子供達に会いました。有名どころに比べたると、お店も格段少ないし、メリーゴーランドも小さいですが、鄙びた味わいもあってよかったです。

下の記事のバイリンガル教育、幼稚園に通うようになって我が家はドイツ語が恐ろしいほど優勢になりました。家でも二人の会話はドイツ語で、かろうじて私とは日本語という状態になりつつあり戦々恐々しております。なんとか私との会話はだけは、日本語を死守(悲壮感が漂ってしまいますが)しなければと思っています。親の心がけが大切だなと思いました。
Commented by penguinophile at 2009-12-14 20:01
ちえさま:
ラスカル、言われてみれば確かにそうかも。
Commented by penguinophile at 2009-12-14 20:07
オミさま:
どうもこんにちは。ドローイン、やってますか?私はやってません(←威張るな)。

やっぱり地元クリスマス市は知り合い遭遇率高しですね。それはそれで内輪っぽくて楽しいかも。あまり人出が多いと子供連れはつらいし。

あぁーやっぱり。うちなんか幼稚園まだなのに既にドイツ語優勢で「なぜ?母子コミュニケーション不足?」って感じなのに、先が思いやられます。長男にドイツ語で話しかけられてもわからないふりしたり。でも幼稚園に入ったら、「ふり」をするまでもなくホントにわからなくなりそうですから、死守するしかないですー。
Commented by オミ at 2009-12-15 04:45 x
ドローイン、ご紹介しておいて大変お恥ずかしいのですが、忘却の彼方へといっておりました。いつでもどこでも出来るという便利さがよいと思っていたのですが、ある程度決まった時間にするものでないと私には無理のようです。腹筋だけは今も寝る前にかろうじて少しだけはしています。ただ効果の方は今ひとつのような。まだ少し早いですが、新年の目標はシェイプアップ?
Commented by オミ at 2009-12-16 17:46 x
LebkuchenとAachener Printenの違い、私も気になったので検索してみました。WikipediaによるとAachener Printenは、Lebkuchenの一種ですが、Nuernberger Lebkuchenなどと違って蜂蜜ではなくて砂糖大根のシロップで甘みをつけているそうで、また名称もEUで保護?されているそうです。
Commented by penguinophile at 2009-12-19 03:56
オミさま:
「いつでもどこでも出来る→いつでもどこでもやらない」すごくよくわかります(^^;;;。私はまだお腹が妊娠前よりちょっと出ているような気がするんですけど、洋服がほぼ入るようになったらダレちゃいましたー。でも、、最近どうも体がこってるので、シェイプアップにはならなくともストレッチ程度はたまにやらないと。日々重くなるウェイトでのトレーニングだけでは駄目らしいです~。
Commented by penguinophile at 2009-12-19 04:00
オミさま:
どうもありがとうございます!つまりLebkuchenは一般名詞でPrintenは固有名詞っぽいんでしょうかね。でも蜂蜜と砂糖大根の違いがあるとは面白いですね!確かにあのへんは砂糖大根が名産、かどうかは知りませんが、以前に住んでいたJ市は砂糖工場があり、砂糖大根が生産され工場が稼動する季節になると砂糖大根を積んだトラックやトラクターが行き交っていました。
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30