お誕生会

先週末は、古い建物を移築して展示してある屋外博物館でのピクニックに参加してきました。迷子になりそうなほど広い園内には、農家や私の好きなハーフティンバー様式の可愛い家などがたくさん展示されており、再現された内装も面白かったですし、今では希少な地域固有の家畜動物が飼われているなど徹底していました。不覚にもカメラを忘れてしまい、記事にできないのが残念です。

閑話休題。
先月、近所に住むCちゃんの三歳のお誕生会に参加しました。Cちゃんのママはメキシコ人、パパはスペイン人で、二人の馴れ初めはサルサパーティーだとか(なんだかとってもラテンなカップルだ!)。パーティー会場はCちゃんママの友人宅のお庭。幸いこの日は気持ちのいい晴天日でした。まずBBQで腹ごしらえをしてから、子供達はメキシコの子供向け絵ビンゴを楽しみました↓
c0076387_6323376.jpg

しばらくすると「良い妖精」が現れて、Cちゃんに誕生日プレゼントをくれました。↓
c0076387_6335277.jpg

プレゼントはCちゃんが欲しかった「シンデレラのドレス」。ちなみにCちゃんはパーティー開始時は白雪姫のドレスを着ていたのです。女の子だなぁ~(そして親は出費がかさむなぁ~^^;)。お城の舞踏会で踊るシンデレラ姫と、パートナーに立候補するインディアン、そして外から指をくわえて見つめるだけの甚平兄弟。↓
c0076387_6341954.jpg

お次は子供たちがピニャータに挑戦。「ピニャータ (piñata) は、メキシコの子供のお祭り(誕生日など)に使われる、中にお菓子やおもちゃなどを詰めた紙製のくす玉人形のこと。(Wikipedia該当ページはこちら)」↓
c0076387_634596.jpg

スペイン語(たぶん)の歌に合わせ、小さい子供から順番に一人ずつピニャータを叩きました。ちなみにうちの長男は、「パパがやるの」と言って自分は参加を拒否したあげく、棒でくす玉ではなくパパを追いかけて叩こうとしやがりました(そのくせ最後にくす玉が割れてお菓子が散らばった時のダッシュはやたらと素早かった)。

パーティーの最後はCちゃんが大きなケーキのろうそくを吹き消し(正確には吹き消す前に風でろうそくが消え)、皆で美味しいケーキを頂きましたとさ。
c0076387_6352126.jpg

いい意味でエキゾチックで、アットホームな雰囲気の中で子供も親も一緒になってわきあいあいと楽しめる、とってもいいパーティーでした。参加者は子供も入れると50人ほどだったでしょうか。ドイツでは大人でもキリ番の誕生会を盛大に祝いますが、子供の誕生会もかなり大掛かりにやるようです。ピエロや妖精に扮装して大活躍のママ友を見て、何やら先が思いやられる私です。

さて、明日はサッカーW杯の準決勝で、ドイツがスペインと対戦します。私はもともとサッカーファンではないし、ドイツチームの応援もお付き合い程度ですが、明日の試合は個人的な理由で是非ともドイツに勝って欲しいと思っています。というのも実は、土曜日の3位決定戦が義弟の結婚パーティーと重なっており、ドイツチームが日曜日の決勝戦に進出してくれた方が、土曜日は心おきなく落ち着いて新郎新婦を祝福できる人が多そうだからです。義弟とその婚約者が結婚式の日取りを決めた時は、W杯の事まで考えなかったんだろうなぁ。はてさて、どうなりますやら?


[PR]
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/14727347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by M at 2010-07-07 16:55 x
このお誕生会、見たことないくらいの大イベントなんですが、ドイツでは普通なんですか?(途中までメキシコかスペイン式だと思ってました。ところどころメキシコのものが入ってますが、イベント自体はドイツ風?)

いやすごいなあ。お誕生会に 50人も集まるのもすごい。
私こういうのに呼んでもらっても作法も何も分からなくて緊張するばかりかもしれない(^^;;。もちろんやるほうはもっと大変そう。

ところで例のタコ君、スペインの勝ちとの予想のようですね。
Commented by ○さん at 2010-07-07 19:43 x
ほほほ~ 大人の誕生日は大人が自分達で楽しみを見つけて礼儀正しく(笑 遊んでくれるからいいけど、
子供の誕生日はそりゃたいへんでっせぇ~!
さすがに50人は呼ばないけど(だいたい子供の年齢と同じ人数を呼ぶのが無難、とされているようです)
、終わった後はまるで嵐の過ぎ去った後のような状態になります(苦笑
だいたい3時から7時くらいまで、が相場で、夕ご飯まで食べさせて帰らせるのが礼儀、だそうだよ。
両親は頭を振り絞ってその4時間の間に子供が楽しんで帰れるように(誕生日会に招待した子供達からの評価はその親に行き渡りますしね(汗)
毎年毎年違った趣向を練るわけでございます。
うちも9月に上の子の誕生日がまた廻ってきます。
そろそろ企画を考え始めないと~!!
Commented by ちえ at 2010-07-08 20:11 x
ドイツ負けちゃったね。義弟君の結婚パーティーがつつがなく行われることを、伯母さん第一号としては祈っているよ。
ところでなんで甚平がお揃いであるの?
Commented by penguinophile at 2010-07-16 05:26
Mさま:
子供の誕生会に出席するのは初めてなのでよくわかりませんが、これは普通より大掛かりだと思いたいです・・・。
出席者のうち半分くらいは作法もへったくれもない乳幼児なので、緊張はあまりしなかったですけどね。池に落ちるな、花壇を踏むな、レベルのお作法?(^^;
予言者タコくん、すごかったですねー。
Commented by penguinophile at 2010-07-16 05:29
○さんさま:
先輩、さすがです。経験者のお言葉、重いというか、読んでるだけで面倒になってきました。トホホ。子供の年齢と同じ人数なら最初は何とかなりそうだけど、4時間は長いなー。男の子の遊びなんて知らんよ。勝手にボールでも蹴っててくれんかね。って今からもう投げやりになってどうするよ、ワタシ。
Commented by penguinophile at 2010-07-16 05:35
ちえさま:
結婚式&パーティーはつつがなく執り行われ、うちの坊主どもに新しく叔母さんができましたよ。
甚平、小さい方はちえさまと地球を2/3周したブツ。大きい方もやっぱりTちゃんからで、次男が生まれたお祝いに大きいサイズを買って母に託してくれたので、長男に先に着せています。とはいえ今年はもう小さめだけど。
by penguinophile | 2010-07-07 06:42 | 子供 | Trackback | Comments(6)