親馬鹿日誌:祝!長男入園

長男は先週から幼稚園に通い始めました。以前の記事で幼稚園への願書提出について書きましたが(過去記事参照)、その後4月初旬に「一番近いカソリックの幼稚園」と「少し遠めの市立幼稚園」の二つから入園許可をもらいました。迷った末、近所で評判が高く宗教色のない、市立の幼稚園に決めました。6月に保護者向け説明会、夏休み前の6,7月に二回ほど親同伴で幼稚園に遊びに行き長男が担任の先生に慣れる機会があった後、9月第2週から入園。入園と言っても別に式がある訳でもなく、ごく普通の一日からスタートです。ドイツの幼稚園のグループは年齢別ではなく縦割りが普通ですが、たまたま長男の割り当てられた緑組は2,3歳の「若手新人」ばかりを集めたグループで、そのため人数も通常の半分以下の11人。そのためスタッフにもスペースにも余裕があるようで、ラッキーだったかな、と思っています。午前+午後の週35時間保育ですが、今のところ午前中だけ通わせています。

子供が園に慣れるまでは親も幼稚園に残るように、と言われていたので、先週は午前中ずっと付き合う覚悟でいたのですが、月曜日の朝に1時間ほど残っただけであとはお役御免になり、火曜日以降は送り迎えのみ。それでも全く問題なく機嫌良く遊んでいるそうです。私が迎えに行くと、嬉しそうに飛んできて「楽しかった!」と言います。そして何をして遊んだのか聞くと、必ず「ショベルカーで遊んだの」と言います(笑)。こんなにスムーズなスタートが切れたのは、これまで体操教室に週2回通って親と離れ先生や友達と遊ぶのに慣れていたお陰でしょうし、6,7月に遊びに行きポジティブな印象を持ったのも良かったのでしょう。

そんな長男も、約1年前に体操教室に通い始めた頃は、親がいなくなると泣いてしまい、私は電話で何度も呼び出されました。先生にも匙を投げられかけ、「この子には集団生活は早過ぎるのだろうか。幼稚園や学校ではないのだから、本人が嫌がるなら無理に行かせる必要はないけれど、親がいれば楽しそうに遊んでいるし・・・」と迷っているうちに、男性スタッフと仲良くなったのをきっかけに、楽しく通えるようになりました。今年6月、長男の誕生日のため体操教室にケーキを持参したついでに、久しぶりに居残って様子を観察しましたが、時々私と次男がいる方を見て確認するものの、すっかり先生や友達の中に入って遊べるようになっており、その逞しい成長ぶりに感心したものです。体操教室を卒業する時には、先生にも「この一年ですごく成長したわ!幼稚園でも楽しくね!」と言ってもらえました。これから三年間の幼稚園生活が、長男にとって思い出に残る、楽しい物になりますように。放任主義子供の自主性を尊重するドイツの幼稚園の事ですから、ショベルカーで遊ぶだけで三年間が過ぎてしまうのかもしれませんが、まぁ本人が楽しければそれでもいっかぁ、とちょっと思ってしまうあたり、既に教育ママ落第のワタシ。
[PR]

by penguinophile | 2010-09-14 17:07 | 子供 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/15121574
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ○さん at 2010-09-15 03:53 x
どうなってるんだろうな~ って思ってたの。
順調そうでよかった。うちの上も2歳になった途端お友達と遊べなくなっちゃって(何故だかはわからないんだけど)その一年は何も習い事に通えないという暗黒の時代がありましたが・・・・子供の成長ってすばらしいよね、足を引っ張られたときがあるほどその成長振りをみる親の感激もヒトシオだと思う。親もそれに便乗して成長していっているはず?だわよ!!(笑
また幼稚園の報告楽しみにしてますね!
Commented by penguinophile at 2010-09-15 07:25
○さんさま:
気にかけてくれてどうもありがとう!そちらも新しいスタートですね~。○さんの小学校&幼稚園送迎初日ドタバタ劇は、読んでるこっちまで目が回りそうになりましたよ。「明日は我が身」と思うと特に(^^;。
お姉ちゃん、2歳頃に突然遊べなくなったとは、同年代の子供を本当に意識し始める頃で、心の中で葛藤があったのかなぁ?子供の成長は階段状というか、「アレ?いつの間にできるようになったの?」という事が多いような気がしますが、単に私の観察不足か?未熟な私にとって、親業は精神修行だと思う事が多々あれど、修行の成果として成長している気はあまりしない・・・というか三歳児と同レベルで喧嘩しちゃって自分の大人気なさを痛感する日々ざんす。
Commented by toramutti at 2010-09-16 06:09
大きくなったのですねー。おなかにいるときから知っているナタリーおねえちゃんですよー。
うーん、私が40代前半にしりあったのねー。ぎりぎり40代前半のとき、、、。
Commented by penguinophile at 2010-09-25 05:46
虎ママさま:
いやぁ、本当に大きくなりましたよ。たまに「赤ちゃんだったのに、それどころかお腹の中に入っていたのに、こんなに大きくなっちゃって!」と思ってしまったりします。もっともまだオムツマンなんですけど、さすがに私がアラフィーにさしかかる前にはパンツマンに進化してくれるはず(笑)。
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31