待降節(der Advent)

なんだかもうすっかり冬です。寒いだけではなく、まだ(ギリギリ)11月なのに、もう雪が降っています(涙)。先週木曜日は長男が幼稚園でクリスマスのクッキーを焼くというので、珍しく午後も送り迎えをしたところ、帰り道はまだ17時前なのにすっかり「雪の降りしきる夜道」になってしまい、長男と二人で「すごい雪だよ!どうしよう!」とか大騒ぎしながら帰りました(別にどうしようもないんだけど)。ちなみに次男はベビーカーのカバーに雪が積もってしまい、存在感ゼロでした・・・。ついでに母子で風邪までひいてゴホゴホやってます。ヤレヤレ。

さて、いよいよ待降節(der Advent:4回の日曜日を含むクリスマス前の4週間)に入りました。この時期になると、ドイツの良き主婦たるもの、クッキーを山ほど焼いて待降節のリース(der Adventskranz)を準備するのが常識らしい。という訳で、うちの手作りリースとクッキー↓
c0076387_18295187.jpg

ただしうちにはドイツの良き主婦はおりませんので、提供は隣家の模範的主婦S夫人です(笑)。

今年はこんな季節物も導入してみました↓
c0076387_18301332.jpg

キリスト降誕像(die Krippe)です(写真はメーカーホームページから拝借)。ちょうど夫が一つ欲しいと思っていたところに、航空会社のマイレージ特典で交換できたので入手しました。そもそもこういう物を欲しいと考え付くあたりが、いくら教会税を払っていない不信心者とはいえ、葬式仏教徒日本人の私とは違うキリスト教国の人だなぁ、などと思ったのですが、私にしてもこの程度の宗教教育に異を唱えるつもりはさらさらありません。というかむしろ、改めて考えてみれば、「クリスマス=プレゼント、サンタ、ツリー、ケーキ、イルミネーション、パーティー、デート」というイメージでイエス・キリストの影さえ見られない日本の感覚の方がおかしいような。

このキリスト降誕像セットは玩具メーカーの商品なのでいささか威厳には欠けますが、野生動物が二頭ほど闊歩している我が家には、繊細な工芸品など置けませんからね。本当は第一アドヴェントの昨日、箱から出して飾るつもりが、なんだかタイミングが悪くて出しそびれ、まだ箱に入ったままです。しかしずっと飾っておいたらクリスマス当日までに行方不明者続出になるのは目に見えています。迷える子羊が出たところで大勢には影響ありませんが、イエス様が生まれる前にマリア様に家出されるのはかなり困る。また、今年はクリスマスツリーを準備したいと思うものの、一歳児が引き倒してしまいそうで危なっかしい。ドイツの大きな本物の木の方が素敵ですが、日本の小さなイミテーションのツリーの方がむしろ現実的なのかもしれません。子供達にはクリスマスらしい体験をさせてあげたいと思うものの、子供がいるからこそやりにくい事も結構あって、さてどうしたものやら。
[PR]

by penguinophile | 2010-11-29 18:31 | 徒然 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/15533607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ちえ at 2010-11-30 15:18 x
ちょっきん先生はリースを作らないの?
Commented by akberlin at 2010-11-30 16:38
ああ、そういう時期ですね~。そろそろ東京もイルミネーションが派手な地区が出てきました。沖縄の某ショッピングセンターは11月23日の段階で巨大ツリーがお目見えしてました・・・。

たしかドイツ、フランスの教会の生誕再現シーンでは
飼い葉おけに眠る赤ん坊は25日まで飾らないものだったと記憶しておりますが、マリア様にその前に家出されては、星に導かれてくる羊飼いたちも身の振り方に困るでしょうなぁ・・・。
Commented by M at 2010-12-02 13:12 x
欧州に大寒波が来ていて凍死者が出ているとネットニュースに書いてありましたが、そちらは大丈夫でしょうか。
いつも独逸の暮らしや習慣をお届け下さってありがとうございます。その降誕像は子供向けのようですが、大人向けのものもあるのでしょうか(どこのうちでも飾るんですか?)。
私の実家では毎朝仏壇にお供えしてますし、お寺に行く機会も多いので割とまじめな仏教徒なんだと思います。でも次の世代に引き継がれるかは全く疑問で。。。
Commented by penguinophile at 2010-12-03 01:13
ちえさま:
ちょっきん先生はものぐさだから、作ってくれる人がいたら作らないの。
Commented by penguinophile at 2010-12-03 01:15
akberlinさま:
日本だとハロウィン飾りの後はクリスマス飾り、って感じですよね。そう、イエス様は25日までしまっておこうかと思っているんですが、その前に誰もいなくなりそうで(^^;。
Commented by penguinophile at 2010-12-03 01:25
Mさま:
いやぁ、寒いです。マイナス10度とかですよ。冷凍庫並み!?うちは誰も凍死してはいませんが、逆に体温が上がりすぎて・・・って長くなるから次の記事にします。
降誕像はそもそも別に子供向けという訳ではないと思います。どこの家にも必ずある訳でもないでしょうが、義両親宅でもご近所さんでも、子供もいないし特に信心深くもなく教会メンバーから抜けていても、降誕像は飾っていたりしますよ。ちなみに右の検索欄に「降誕像」と入れると、以前に私が教会などで見た降誕像の写真が入った記事が出てきます。
私の実家は全然まじめな仏教徒ではありませんでしたが、それでも「ご飯を炊いたらまず仏様にお供え」でしたね。全然関係ないけど、先日「仏教はもともと先祖崇拝ではないが、日本でそうなった」とか書いてあって、新鮮な驚きを覚えました。言われてみれば確かにお釈迦様はあまり親孝行だったとは言えないような。
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30