日本庭園

9月中旬、ビーレフェルド独日協会の日本祭を覗きに行ってきました。内容的には独逸人向けの日本紹介といった感じでしたが、会場の日本庭園に一度行ってみたかったのです。ドイツで日本庭園に行くのは三度目です(過去記事参照その1その2)。ビーレフェルドの日本庭園は小ぶりながら正しく日本で嬉しかったです♪
c0076387_2330394.jpg

c0076387_2330332.jpg

華道↓
c0076387_23304783.jpg

武道↓
c0076387_23305254.jpg

c0076387_23305339.jpg

武道デモンストレーションはでんぐり返しと勘違いしたうちのチビ共にオオウケで、帰宅後は玩具の刀を使ったチャンバラごっこと相成りました。そして脇差を枕元に置いて眠る二歳児・・・侍魂?
華道と武道、どちらも師匠、生徒共にみんな日本人ではありませんでした。出番を待つ生徒さんの脚を横に崩した座り方が妙に気になってしまった私はやっぱり日本人。他にも書道、折り紙などのデモンストレーションがあり、なかなか興味深かったです。

ところで、お祭りとは関係ないのですが、日本庭園で見かけた男性のジャケットの背に・・・
c0076387_23304764.jpg

c0076387_23305566.jpg

「Superdry極度乾燥」の文字を発見!いや、実はこのブランドは近くのお店で見かけ、「極度乾燥(しなさい)」という中途半端にまとも怪しげな命令口調の日本語が気になってはいたのですが、実際に着ている人に初めてお目にかかりました。ブランドのホームページはこちら。大阪Tシャツに「会員証な」と書いてあったりといろいろ意味不明だけど、読める漢字なだけマシかもしれない。
[PR]

by penguinophile | 2011-10-07 23:35 | お出かけ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/16945405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ちえ at 2011-10-08 14:11 x
色々あれでも、お華はちょっきん先生の折り紙付きで良かったです。
映画「戦場のメリークリスマス」の原作、Laurence Van Der Post の "The Seed and the Sower"(邦題「影の獄にて」)の3つのうちの最後のストーリーの最初が、クリスマスの夜に戦時中日本の捕虜収容所で知り合った友達同士が、男の子は刀を女の子はお人形を枕元に置いて眠っているのを見ているというシーンから始まっていた、のを思い出してしまった。イギリスの話だけどさ。
でもよくドイツでおもちゃの脇差しが手に入ったね。
Commented by ○さん at 2011-10-10 23:20 x
あちゃ~ ってロゴ、いっぱいあるものね。幼稚園のあるお母さんが「東京」ってロゴが入ったTシャツを来ていたので「日本が好きだった?」と聴いたら変な顔をしてました。Super Dryってビールのことじゃないのね???
Commented by penguinophile at 2011-10-12 23:23
ちえさま:
いや別にケチをつける必要はないけど特に折り紙も付けてないです・・・
玩具の刀は駐在の方がカーニバル仮装用に日本で購入し帰国する際に下さったものです。大小2振り頂き、長い方が長男用で短い方が次男用になっています。
Commented by penguinophile at 2011-10-12 23:27
○さんさま:
東京Tシャツ、着ているご本人は日本という意識ナシですかい(笑)。漢字がカッコよく見えるから商品に使われているんでしょうけど、夫に「この漢字はどんな意味?」と聞かれても「いやこれはナンチャッテ漢字であって漢字ではないよ」という場合も多々あります。
そう、スーパードライと言えばビール!・・・だと思いきや、実は極度乾燥(しなさい)でした。なんかお肌乾燥しそうでイヤ。
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30