ハロウィーン飾り

c0076387_1983227.jpg

・・・にしか見えませんが、実は聖マルタン祭(過去記事参照)の行列に使った提灯です。右から長男の親友S君、長男、次男(と私)が作った提灯。去年は長男と二人で一つの提灯を作るのに二時間もかかった(過去記事参照)のに、今年は長男、次男のみならず娘まで一緒にいて提灯を二つ作らねばならず、大丈夫か?と心配していたのですが、なんと一時間で作業終了。長男が先生に手伝ってもらいながら自分でできるようになったこと、娘がうまく眠ってくれたこと、そして何よりも今年の提灯が簡単だったのが勝因。幼稚園側も去年のデザインは難し過ぎたと反省して今年は簡単な物にしたのかもしれません。このお化け提灯は、風船に紙片を糊で貼り、乾かした後に風船を破裂させて布をかぶせた物です。

ついでにちえさまから子供達に送られてきたハロウィーンカード↓
c0076387_1983456.jpg

長男宛のカードは音が出るので、「お化けのご本」と呼び親しまれて(?)います(本当はお化けじゃなくて吸血鬼とコウモリなんだけど)。次男宛のカードはお化けのホログラム。私が一番気に入ったのは娘宛のカードで、“Happy 1st Halloween to the cutest little pumpkin in the whole patch!“と書いてあります。さすがハロウィーンの本場アメリカ、いろんなカードがあるもんだ!

ドイツではハロウィーンの伝統はないそうですが、今年はうちにも子供が二組やって来ました。お向かいに住むお嬢さんがお菓子をねだる歌を歌った時は問題なかったのですが、ムンクの叫びみたいなお面を被った見知らぬ男子2名にはうちの幼児2名が脅えて固まってしまったので、階下の奥様がお面をはずすように言い渡しました(笑)。
[PR]

by penguinophile | 2011-11-14 19:09 | 子供 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/17093614
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31