2012年7,8月のP

幼稚園の夏休みが終わりました。三週間の夏休みの間に、次男はすっかりパンツマンが板につき(ただし夜はまだオムツマン)、娘はある日を境にいきなり四本足歩行から二本足歩行へと進化しました。夏休み明けの登園初日、新しく来た若い先生と研修生が、園の二軒隣の民家の塀の上に座り、タバコを吸いながらスマホを操っていました。本人達は堂々としたもので、にこやかに挨拶までしてくれたのですが、何だか違和感を覚えてしまった私。これって「ドイツ人って全く・・・」なのか「近頃の若いもんは全く・・・」なのか!?もしや日本の幼稚園の先生でも今時はこれくらい当たり前なのかしら!?

閑話休題。先月と今月に出会ったPのご紹介です。
Aさん宅で見せてもらった飛び出す絵本。ペンギンが一羽ずつ減っていくという結構ブラックな内容ですが、一応ラストはちゃんと救いがあってホッとしました。↓
c0076387_641481.jpg

娘の通ったプレイグループを率いたHさん宅でP発見。↓
c0076387_6413678.jpg

何やら恐ろしく季節はずれな画像で恐縮ですが、地域紹介冊子に載っていた写真。このペンギンはおそらく子供がつかまって一緒に滑れる物と思われます。↓
c0076387_6415529.jpg

児童図書館で借りた本。ドイツ語のしかも宗教絡みの本でも、ペンギンが出てくるなら読む意欲が湧く(笑)。ノアの箱舟を題材にした、とは言え敬虔なキリスト教徒が読んだら「神への冒涜」と憤慨しそうな、脱力ユーモア系のお話でした。↓
c0076387_642949.jpg

真夏日にスーパーで見つけて衝動買いした浮き輪などのセット。確かこの日はあまりの暑さにレジ横のチョコが融けて変形しまくっていました。それでも平気で売るところがさすがドイツ!と思いきや、さすがに売り物にならないと判断されたのか、数日後に子供がタダでもらいました。
c0076387_6415469.jpg

c0076387_6415471.jpg

移動遊園地でメリーゴーランドの屋根にP発見。↓
c0076387_6421126.jpg

夫の親戚の集まりでR伯父さんにもらったPぬいぐるみ。次男は「ママのペンギンさん」と言いながらも、自分が抱っこして一緒に眠っています。ちなみにクマとヒヨコとトラも一緒です。↓
c0076387_6421045.jpg

以上
[PR]

by penguinophile | 2012-08-25 06:49 | ペンギン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/18379491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31