ユースホステル/die Jugendherberge

8月末から9月頭にかけての一週間、義両親の休暇に便乗する形で、4年前に訪れたNorderney島を再訪しました。過去記事では「ノルデルナイ島」と書いてありますが、私の耳にはむしろ「ノーダンナイ」に聞こえます。「お年寄りのディズニーランド」とまで言ったら失礼かもしれませんが、療養目的の滞在客からの収入で潤っている雰囲気の島。幸い4年前よりはお天気に恵まれ、と言っても水温も気温も20度以下でしたが、ほんの少しだけ海水浴の真似事も出来ました。お盆をすっかり過ぎた頃だからでしょうか、浜辺にクラゲが打ち上げられていて、大丈夫?という感じでしたが、刺されずにすみました。
c0076387_912546.jpg

c0076387_91084.jpg

c0076387_911595.jpg

前回は義両親の滞在するFereienwohnung(リゾートマンションあるいはコンドミニアム?)に居候しましたが、家族が二人増えた今回は、私達5人はユースホステルに泊まりました。ドイツはユースホステル発祥の地だけあって普及しているのか、夫が生徒だった頃に学校から行く旅行ではだいたいユースホステルに宿泊したそうです。一方ワタシは今回が初めてのユースホステル利用。既に全然ユースじゃないけど、うちは超うら若い人達が過半数なので、平均年齢では青春真っ盛り(笑)。
c0076387_912496.jpg

ユースホステルの施設は、飾り気はないけれど清潔で機能的。「ユースホステル=ドミトリー形式でトイレやお風呂は共同」という私のイメージは有難い事に覆され、自分達だけでシャワー・トイレ付きの部屋を占領できました。子連れ客も結構いたので、気を遣わずに済みましたし、子供達はすぐに仲良くなって一緒に遊んでいました。夕食後にサッカーもどきをしたり、廊下から食堂への窓を使い人形劇の真似をしたり(上写真右下)。
c0076387_91053.jpg

写真の左上が朝食で、あとは夕食。ちなみに義両親を夕飯に招いた時の料金は一人あたり6ユーロでした。おかわり自由でしたし、特に塩辛くもなかったので、(ドイツ飯としては)十分合格ラインというか、予想より良かったです(期待値が低いと幸福度が上がる?)。ドイツの伝統では昼食が一番のご馳走で、夕食はパン、ハム、チーズといった冷たい食事ですが、この三食付ユースホステル三食付では、夕方に温かい食事が出ました。昼食は朝食バイキングから自分で作るサンドイッチ、チョコバー、ミネラルウォーターです。朝食と昼食が全く同じ内容という状態が一週間続いたので、最後は正直ちょっと辛かったです。もっとも日本人の多くが苦手な堅くて酸っぱいドイツパン以外の選択肢があったのは、私にとってまだ幸いでした。そして予想していた事ではありますが、島に一週間滞在した間に食べた魚は酢漬けニシンのみ。「一度くらいお昼はサンドイッチをパスしてレストランにお魚を食べに行きませんか?」なんて、肉食倹約命独逸人一家に提議したところで、圧倒的多数で否決されるのは火を見るより明らかなので、我慢。まぁ外食したところで新鮮な舟盛が食べられる訳じゃないしね(涙)。

ユースホステルの料金は、5人で一泊あたり110ユーロ程度でした。その他にユースホステルの年会費やタオル使用料が別途かかりましたが、それにしても三食付で11,000円程度は安いですよね(為替相場のせいで円換算すると4年前よりお得感が増している)。ラブラブカップルの旅行にはお勧めできませんが、大人数で安く旅行したい若者グループや、マナー最悪の幼児連れでも肩身の狭い思いをしたくない家族にとっては、合理的な選択肢かもしれません。

おまけ:乗換駅Emdenで、今回は蒸気機関車を見るだけではなくミニ列車に乗れて、息子達は大喜び♪夏の日曜日だけのイベントだったので、往復とも日曜日の移動でラッキーでした。
c0076387_90592.jpg

おまけ2:北海の小島の道端で野ざらしにされた仏様・・・葬式仏教徒のワタシは一応手を合わせてみたものの、なんだかものすごく違和感を覚える光景でした・・・。
c0076387_905276.jpg

[PR]

by penguinophile | 2012-09-16 09:08 | お出かけ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/18458943
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-09-18 14:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penguinophile at 2012-09-20 04:44
鍵コメさま:
この更衣室、昔は本当に馬で引いたんでしょうね、たぶん?
あ、これ、同じシリーズの別の本を本屋の手芸本コーナーでみかけた事がありますよ!表紙が普通に可愛い絵だからてっきり日本産かと思ったら違うから驚いたんですよ。「あまりに美しい」とまでは感動しませんでしたが。
Commented by ちゃこ at 2012-09-29 17:45 x
日本のは、ユ-ス=ドミっぽいよ(笑)
北海道も寒いが、ドイツも寒そうだね!
Commented by at 2012-10-01 22:27 x
ご無沙汰してます。みなさん元気そうでなによりですね。
ユースホステル、探せばいいところがありそうですね。わが家もこどもたちが大きくなり、ホテルなどは2部屋予約しなくてはならなかったり、wohnungを借りると食事の支度がついて回る…
こういうユースホステルなら解決できるかも!
Commented by penguinophile at 2012-10-05 00:55
ちゃこさま:
ほほー、日本では今でもドミトリーなんだー。今時の若者相手でも商売になるのかね。
あれ?今また北海道?北か南の端が好き?(笑)
ドイツはもうすっかり秋突入かなー。と言っても実は今まだ暑い場所にいる私なのでした。
Commented by penguinophile at 2012-10-05 01:00
麻さま:
お陰様でうちは元気過ぎて手に余ってます?
そちらはもう皆さん人間らしい行動ができるお年頃なので、わざわざユースホステルでなくとも・・・とか思ったりもしますが、食事付でお手頃価格という意味では一度試してみる価値アリかも。
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30