サンタクロースへの手紙

昨日はついに初雪が降ってうっすら雪化粧となり、夜には道が凍結しました。小学校と幼稚園まで約2kmの道のりを、これまではいつも自転車で通っていたのですが、凍結した道で転倒する自転車も見かけたので、背に腹は替えられず車で送迎。私のヘボ運転だとどっちの方が危険なのやら微妙なところですが(--;;;。子供達を車に詰め込むだけでも一仕事で、結局のところチビ三匹連れの移動は、徒歩でも自転車でも車でもバスでも電車でも大変なんだよなぁ、と改めて実感している今日この頃です。

ドイツの冬はどうしても好きになれませんが、クリスマス市が始まる今は、イルミネーションが綺麗な時期ではあります。去年の今頃は日本にいて、息子達が「クリスマスプレゼントのリクエストの手紙をサンタさんに書く」と言い出しました。さてどこに送ったらいいのだろう?と考えた時に思い出したのが、独身貴族の頃に女友達と訪れたフィンランドのサンタクロース村。日本語のホームページはこちら。この日本語ホームページは「サンタクロースからの手紙」の注文が中心のようですが、こちらの英語のページにはサンタクロースへの手紙の宛先が書いてあります。

Santa Claus’ Main Post Office, Santa’s Workshop Village,
FI-96930 ARCTIC CIRCLE
FINLAND

本場のサンタクロース村を訪れた際、記念だから試しにと「サンタクロースからの手紙」を注文しました。翌年の12月に手紙を受け取った時はまぁそれなりに嬉しくはありましたが、基本的には大人が自分宛に手配する類の物ではないですねぇ。思いがけずもらったら特に子供はとても嬉しいでしょうが、結構いいお値段なので私個人的には毎年の恒例にしてしまうのは気が進まない上に、いささか商業色が鼻についてしまいます。でもうちの子供達の場合、自分の書いた手紙がサンタクロースに届いて願いが叶えられれば十分な訳で、「サンタクロースからの手紙」は必要ありません。そこで昨年、この住所に子供達が書いた手紙を日本から送付したところ、なんと全く期待していなかった返事がちゃんと来ました!しかも日本語で。
c0076387_7121256.jpg

返事は必要ないと思っていたくせに、もらえるとやっぱり嬉しい(^^)。それをちゃんと覚えていた息子達は、今年はまだ11月だというのに早くもサンタさんへの手紙を書いています。また返事は(ほんのちょっとしか)期待せず、上記住所宛に送る予定です。
c0076387_7112167.jpg

↑次男(4歳5ヶ月)が描いた絵手紙。字の読み書きはまだ日独共に自分の名前程度です・・・。
[PR]

by penguinophile | 2013-11-27 07:13 | 子供 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/21009486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by M at 2013-12-11 19:51 x
サンタさんがドキンちゃんにちょっと似てる気がしますが(^^)、そっちでもやってるんですかね。
Commented by penguinophile at 2013-12-15 06:53
Mさま:
言われてみれば確かにちょっとドキンちゃんっぽいですね~。アンパンマンもドキンちゃんもドイツ社会には進出していないと思いますが、うちでは有名人です♪
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31