Externsteine

夫の友人一家が遊びに来たので、一緒にバスでお出かけしてきました。行き先はExternsteineという、浸食を受けた砂岩が露出している場所。小奇麗なビジターセンターを訪れ、広いレストランで腹ごしらえを済ませてから到着しました。
c0076387_752362.jpg

大人3ユーロ、小人1ユーロの入場料を払い、登ってみました。
c0076387_7515569.jpg

上の展望台には、水晶?を置き楽器を手に怪しげな歌を歌う集団が・・・。
c0076387_751545.jpg

キリスト教信仰の地として使われた時代や、ナチスのプロパガンダに利用された時代もあったようです。
c0076387_7515799.jpg

階段や柵が整備されているので、展望台の上に登るのは大人が同伴すれば幼児でも大丈夫(むしろ下で勝手にちょろちょろ岩によじ登って遊び出す方が危なっかしかった)。
c0076387_7515818.jpg

横の池は後から人工的に作られた物。
c0076387_752084.jpg

c0076387_7515319.jpg

c0076387_751463.jpg

なかなか興味深い近場のミニ観光地でした。
[PR]
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/22004279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 人鳥堂本舗 ぺん蔵 at 2014-04-15 20:20 x
Irminsulのレリーフが在るところですね!
何となく宇都宮の大谷石採掘場を彷彿とさせる風景です。
Irminsulはザクセン版のYggdrasill(世界樹)ですでが、
Externsteineがゲルマンの聖地なのか?
ケルト人の聖地なのか?
諸説あるようですね。
興味深いです。


Commented by penguinophile at 2014-04-23 06:07
人鳥堂本舗 ぺん蔵さま:
頂いたコメントへのお返事が遅くなり失礼しました。
Irminsulって何?となり、改めてWiki英語版を読みました(^^;。現地のビジターセンターには特に何も書いていなかったような?ナチスがゲルマン聖地としての証拠を探そうとしたけれど見つからなかった・・・とかは書いてあったような(既にうろ覚え、いやもともと理解していなかった?)。
頂いたコメントを読んで、独身の頃に飛鳥石舞台やアイルランドとコーンウォールのケルト石遺跡を訪ねた事を思い出して懐かしくなりました。私はExternsteineはむしろ自然物として見ていましたけど、私が行った時も祈祷集団がいたし、夏至とヴァルプルギスの夜には集まりがあるらしいし、今も聖地として健在なようですね。
by penguinophile | 2014-04-14 07:58 | 徒然 | Trackback | Comments(2)