日本語の読み聞かせ

9月26日は「欧州諸言語の日(英European Day of Languages, 独Europäischer Tag der Sprachen)」でした。と言っても私はこれまで名前を聞いたことすらありませんでしたが、私が住んでいる郡では、この日にちなんで様々なイベントがありました。息子が通う小学校でも外国語の読み聞かせ会があり、読み手として保護者にお声がかかったので、私も参加する事になりました。ちっとも欧州言語じゃないんですけどね~。

読み聞かせた本は、『かさじぞう』(絵・ひらてるこ、文・古藤ゆず)と『にんじゃしゅぎょうはたいへんだ』(作・垣内磯子、絵・せべまさゆき)の2冊。手元にある本の中から、日本らしさが味わえる本、そして日本語のわからない小学生でも飽きないよう、絵が大きくて文章が少ない本を選びました。以前仲良くさせて頂いた駐在家族が、日本の幼稚園で定期配本されていたのを、帰国に当たって譲って頂いた物です。

日本語の読み聞かせだけなら準備は不要ですが、さすがにドイツ語でも説明しないと余りにも不親切。とは言え私のへっぽこドイツ語では、その場ですらすらと翻訳ができる自信は全くない。という訳で、自分の勉強も兼ねて、前もって全文を訳しておきました。そして夫に添削してもらったところ、真っ赤に訂正されました・・・。予想外に苦戦したのが感嘆詞。「うわーっ!」「あぁ」「えいっ!」などを、いちいち「驚き」「がっかり」などと夫に説明して訳しました。しかし「すきあり!」なんていったいどー訳せばいーんだか。辞書を見ながら“Chance!“と書いたら「それは”確率”。」と夫に却下され、結局“Sukiari!“になっちまいましたよ。

当日は、小1~4年生15人程度を相手に、30分の会でした。日本語は私が読み、ドイツ語訳は長男とその友達が読んでくれました。お友達は“Jizou“を苦しみながら「いーつぉぅ」と発音していましたが(^^;。子供達は、日本語の響きが面白いのか、最初はくすくす笑っていましたが、静かに聴いてくれましたよ。時間が少し余ったので、『漢字えほん』(とだこうしろう)を使って、象形文字から漢字の意味を類推させるゲームをしたら、結構盛り上がりましたね。

日本にいる時は知りませんでしたが、実はドイツはかなりの移民大国です。私が住んでいるような田舎町でも、外国人は決して珍しくないどころか、長男のクラスでは1/3程度が外国人の親を持つようです。出身地もイギリス、カナダ、ウルグアイ、トルコ、シリア、ベトナム、アルメニア・・・と様々。地域の小中学生を対象とした母国語としてのロシア語、スペイン語、ポーランド語の教室も開かれており、他の学校の子供たちも通っているそうです(週一回平日午後90分、学校が運営し、費用は市が負担)。思わず「羨ましい!日本語もやって欲しい!」と思いましたが、肝心の生徒数が全然足りません・・・。

私は夏休みには日本の小学校で6年生を相手にドイツの紹介をして、今回はドイツの小学校で日本語の紹介をして、いかにも海外在住日本人らしい「草の根国際交流」と言えるかもしれません。もちろん、ドイツの子供達が、日本に興味を持ってくれるのは、大歓迎。ついでにうちの子供達が、日本や日本語あるいは「日本語ができる自分」に対してポジティブなイメージを抱く一助となれば、とっても嬉しいな。
[PR]
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/22706288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ちゃこ at 2014-10-07 18:20 x
今でも、日々”勉強”してるんだね~(笑)
さすが、才女!
Commented by penguinophile at 2014-10-14 00:27
ちゃこさま:
脳味噌はもうすっかり退化しちまいましたが、確かに未だに日々勉強ざんす(><)。
Commented by ちゃこ at 2014-10-20 22:55 x
いやいや、やることに意義がある!!
Commented by penguinophile at 2014-10-21 15:15
ちゃこさま:
まぁ日々ドイツ語で苦労してると、ボケ防止になるかもね(^^;;;。
Commented by ちゃこ at 2014-11-04 15:59 x
私なら・・・ボケ防止の前に、頭が噴火するな!(笑)
年末年始は、戻って来ないの?
久々、正月の寒~い内地に戻ろうかと。(怖)
Commented by penguinophile at 2014-11-19 20:03
ちゃこさま:
頭、がっつり噴火してます。ボケ防止にはなっても寿命は縮んでそう。
お正月は実家で過ごす予定?いいねー。寒いと言ってもドイツよりずっとマシよー。気候的には夏はドイツので冬は東京の方が過ごしやすいし、お正月は日本が恋しくなるけれど、学校の長期休みは夏だけなので、長めに滞在しようと思うとどうしても夏になってしまいます。
by penguinophile | 2014-10-03 07:29 | 徒然 | Trackback | Comments(6)