いろんなパンをつくろう。

と言っても今度はあまり美味しくなさそうなパンなのですが、以前に長男の日記を載せたら褒めて頂いたので図に乗って・・・

日本語教室で出された「想像のパン」という課題が気に入ったらしく、帰りの電車の中でも兄弟二人で書き続けていました。ちなみに私は舟を漕ぐのに忙しく、手伝っていません。
長男(8歳)↓
c0076387_22573248.jpg

c0076387_22573649.jpg

次男(6歳)↓
c0076387_22574374.jpg

c0076387_2258115.jpg

c0076387_2258538.jpg

c0076387_2258835.jpg

ドラえもん、ハロウィーン、かたくなったはちみつ。子供の発想は豊かですねぇ。

長男、最近の読み間違い
・こいびと→「小人」(正解は「恋人」)
・じゅうじか→「十人の鹿」(正解は「十字架」)
まだ恋人より小人に馴染みがある年代。キリスト教系の小学校なので、鹿より十字架の方が馴染みはあるはずですが、日本語では知らなかったらしい。ちなみに息子よ、鹿は「人」ではなく「頭」で数えるんだよ。こういうところ、日本語は難しいなと思います。「4」「7」「9」に読み方が複数あるのも、「ひとつ、ふたつ、みっつ」という数え方も、日本に住んでいれば自然に覚えてしまうんでしょうけどね。
[PR]

by penguinophile | 2015-10-28 23:00 | 子供 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/24869178
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chibininn at 2015-10-29 12:00
わー、すごーい!ドイツに住んでいる小学生の書いた日本語とは思えませんよ。すばらしいです。私より上手なんじゃないかしら。長い間PCに頼っているので、簡単な漢字すらかけなくなってしまいました。日本人として恥ずかしいです。
Commented by penguinophile at 2015-10-30 20:38
ちびにんさま:
褒めていただいてどうもありがとうございます!
PCに頼りがちで漢字が書けないのは、今の日本人の多くが抱えている問題のような気がします。PCなど存在しなかった子供の頃に学校の小テストで漢字を叩き込まれた私ですらその有様なので、ドイツの田舎に住むうちの子供が漢字を習得するのが更に難しいのは当然ですよね。だから最終的には読めて選べれば、つまり自分で書けなくてもPCで正しく打てればヨシとしなければいけないのかなーと思ったりもしています。でもこうやって自分から書いてくれるとすごく嬉しいんですけど。
Commented by germanmed at 2015-11-18 05:49
こんにちは。
凄ーい、面白い!「いちごヨーグルトときゅうり」とか、「ハムといちごとなすとマーマレード」とか、是非作ってみて下さい!で、感想を是非♪(他人事です。あはは)
パワーアップパンは、パワーアップする前に甘さに悶絶して倒れそう・・・。
お魚が好きなんですね。魚に「なる」ではなくて「なれる」という辺り、食べるだけじゃなくてなりたいんだー。
Commented by penguinophile at 2015-11-23 17:53
germanmedさま:
いや、絶対作りませんって、こんなもん。でもうちの子供は美味しいと言って食べるかも・・・食卓でとんでもないモノを混ぜて平気な顔で食べたりしますから。パワーアップパンは確かに甘そうですが、組み合わせとしてはまともな方ですよね。オレンジジャムと魚?どうして魚??なりたいからでしょうかねーやっぱり。
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31