三つ子のこぶた

『三つ子のこぶた』
中川 李枝子 (著), 山脇 百合子 (イラスト)
ISBN-13: 978-4931129306


という本を実家から送ってもらいました。今年の夏に日本の図書館で借りて読んだ本ですが、子供達がとても気に入ってドイツに戻っても話題にするもので、手元に欲しくなってしまったのです。

著者らは「ぐりとぐら」で有名な姉妹コンビ。中川さんはとなりのトトロのテーマ曲「さんぽ」の作詞者でもあります。三年前に実家の近くの図書館で中川さんの講演会が開かれたので参加しました。私の母と同世代の中川さんは、執筆活動に携わるようになった経緯や交流の深かった石井桃子さんとのエピソードなどを、飾らない言葉で淡々と語って下さいました。お話からじわじわと伝わってきたのは「子供と本が本当に大好きな方なんだなぁ」という事。保育士時代の経験を語りながら、「でも子供は結局お母さんが一番好きなんですよね。本当にそうなの。」と焼きもちを焼いて拗ねたようにおっしゃる姿は、何とも可愛らしかったです(笑)。ご自身も二人の男の子のお母さんだという事は後から知りました。

この本の主人公であるこぶた達はとても生き生きと描かれており、さすがは子供を知り尽くした保育士が書いた物語だなぁと思わされます。こぶた達は帰宅するなり「おなかすいた」と叫び、仕事から帰ってきたお父さんに飛びつき、誰のジャガイモが一番大きいかでひと悶着。う~む、とても他人事とは思えない「幼児あるある」だ(笑)。うちの三匹の豚児は三つ子ではありませんが、このお話のこぶた達を自分達と重ね合わせ、長男は「ぶんた」、次男は「まきお」、娘は「はなこ」を名乗って「ブウブウキイキイ」言っています。本名で呼んでも「はなこだもん。」と否定される始末。そんな訳で、(かなり今更なのですが)このブログ上で子供達のハンドルネームが必要な時は、この本から拝借させてもらおうかな。
[PR]

by penguinophile | 2015-12-04 08:07 | 徒然 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/25018364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31