Riisipiirakka

c0076387_131929.jpg

夫のヘルシンキ出張土産。
Riisi=米、Piirakka=パイ。お米をミルクで甘く煮たフィリングのパイです。お米をミルクで甘く煮た物はドイツ(Milchreis)にもイギリス(Rice pudding)にもありますね。いわゆる白米の感覚とはだいぶ違うせいか、日本人は苦手な人が多いようですが、私は大丈夫。でもドイツ人みたいに食事として食べるのはちょっと厳しいです。でも次男はこのパイは嫌がりました。好き嫌いをあまりしない次男ですが、アーモンドと砂糖で出来たマジパンも嫌い。マジパンも私は好きですが、苦手な日本人が多い。妙なところが日本人らしい次男です。
c0076387_132316.jpg

写真左上のプリクラ、じゃなかったPuikulaは全粒粉ライ麦パン。フィンランドは長くスウェーデンに支配されていたため、今でもフィンランド語とスウェーデン語の二つが公用語になっています。フィンランド語だとちんぷんかんぷんですが、スウェーデン語はゲルマン語派なのでドイツ語と少し似ています。このパンにはFullkornsrågと表記されており、Fullkorn=独Vollkorn(全粒粉)、Råg=独Roggen(ライ麦)と似ています。

写真右上はコケモモのジャム。

写真右下のチョコレートはFazerのGeisha。芸者チョコレートは日本人のフィンランド土産としては定番でしょうね。

写真左下はムーミンのキーホルダー。実は私が10年以上前にフィンランドで買ったキーホルダーが壊れてムーミンのパーツを落としてしまったので、似た商品を探して買ってきてくれたようです。夫にしては珍しく(←とは本人には言ってない)気が利くじゃないか!と喜んだのも束の間、袋から出したら既に壊れてました・・・orz。確かに壊れやすい構造ではあるんですが、いくら何でも早過ぎる・・・残念無念。でも悔しいのでムーミンのパーツを再利用する気満々です。


[PR]

by penguinophile | 2016-02-26 01:04 | 徒然 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/25342265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ちえ at 2016-03-12 02:33 x
アメリカではgeishaはハマグリやカニなどの海鮮物の缶詰のブランドで大抵どこのスーパーにもあります。
https://www.geishabrand.com/Products/Seafoods
芸者って要は高級prostituteのことだから、あんまり食欲わかないんだけどと周りに説明していました。というわけで、一度も買ったことなかった。でもチョコならお土産にいいかもね。
でももっと参るのは。kimonoブランドで、いや着せるものとしては正しいだけどね、とし言えんかった。まあ、興味があったら"kimono protection"でググってみてくれ。
下品ですみません。ていうか、下品な名前に使うなアメリカ人!
Commented by penguinophile at 2016-03-26 00:22
ちえさま:
海鮮物缶詰のゲイシャはこっちでも見たことがある。ような気がする。たぶん。
芸者を高級prostituteと訳してしまうのはちょっとまずいんじゃないでしょうか。だってガイジンに京都の舞妓さんをそんな目で見られたらなんか嫌。今だとむしろパーティーコンパニオン?いやこれは和製英語かもしれないけど。

・・・ぐぐった。あんまり知りたくなかった。
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30