お見舞いの言葉

熊本地震に被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げると共に、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

一般に地震活動は時間の経過と共に収まっていくものだと思い込んでいたもので、震度7の「前震」後に震度7の「本震」が発生したという事実に驚かされました。気象庁が余震の発生確率の発表を取りやめるなど、自然現象がやすやすと人智を越える事を改めて思い知らされます。そして前震や本震を無事に乗り切ったにもかかわらず、その後の避難生活で体調を崩し命まで落とす被災者がいらっしゃるのは、更にやり切れないものがあります。親しい人を突然失う辛さや、「家族と美味しいご飯を食べて、安全な場所でゆっくり眠る」というごく当たり前の事が出来ない辛さは、察するに余りあるものがあります。

今回の地震はドイツでも報道されてはいましたが、大きい扱いではなく、特に周りの人から声を掛けられる事もありません。五年前の東日本大震災では、地震→津波→原発事故と続いたためにドイツでも連日報道が続き、私も周囲の人から気遣う言葉をかけられました。その時に何度か言われて反応に困ったのが、

「あなたは安全なドイツにいられて良かったね。嬉しいでしょう?」

という言葉。悪気がないのはわかりますが、こんな風に聞かれて、「はい、危険な祖国ではなく安全な外国で暮らせて嬉しいですよ。」と笑顔で答えられる人がいるんでしょうか?
当時の私は、三歳と一歳の幼児を抱え、更に第三子の出産を間近に控えていました。そんな私が被災地にいたところで、何の役にも立たないどころか足手まといになるのは明らか。それでも「同胞が苦しんでいる時に自分は呑気に普段通りに暮らせている」という事実に、感謝ではなくむしろ罪悪感を覚えて歯痒い気持ちを抱いていたのです。「家族が生きていて自分が安全ならハッピー、祖国で何が起こっても関係ない」などという単純なものではないのです。(ちなみに義母からは、この言葉に続いて「日本からの食料品は絶対に買うな」と命令されました。愛する息子や孫の食の安全を心配する気持ちはわかるので黙って聞いていましたが、正直あまり後味の良くないお見舞い電話だった事を、今でも覚えています。)

今のドイツには、祖国に帰りたくても帰れない難民がたくさんいます。幼稚園に玩具を持参する際にも、難民の子供達への影響を配慮すべく、玩具のピストルなど武器類は禁止されています。平和ボケした日本人の私が、戦争から命からがら逃げてきた人達の心の痛みを想像したところで、真に理解する事など出来はしない。だからこそ、ドイツに来た経緯を安易に尋ねたり、「安全な国に来られて良かったね」と無神経に言ったりはすまい、と心に決めています。
[PR]

by penguinophile | 2016-04-22 07:36 | 徒然 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/25535540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chibininn at 2016-04-23 02:32
ドイツはあまり災害のない国だから、ドイツ人は割と無神経な事を言いますよね。(てか、無神経が標準装備?)

311の直後、ミュンヘンでは原発反対のデモが頻発。原発事故処理の不手際や情報の隠蔽など責められる点が多々あったとしてもなんていうか、まだ大勢の人が行方不明で被災者は命からがら、なんとか生き延びているようなときに糾弾されているようで。、日本人は肩身が狭かったです。引っ越した先のアメリカでは、災害も多いし原発推進国でもあるせいか、日本人とわかるとすごく親身に心配され、お見舞いの言葉をかけられるという対照的な経験をしました。
Commented by chibininn at 2016-04-23 02:51
すみません、途中で送信しちゃいました。もう一つ言いたいことがあったんです!お姑さんとのお付き合い、大変ですね。姑のウザさはユニバーサルですね。人種、国籍問わないグローバルな標準装備だな、と。うちは全く違うベクトルのウザさですが、もー、うんざりです。海外暮らしのよかったことの第一位は、姑との距離が遠かったことですわ。上沼恵美子がいってましたよ、嫁姑の距離は、飛行機で8時間位が丁度いいって。
Commented by penguinophile at 2016-04-26 15:38
ちびにんさま:
こんにちは。
無神経、標準装備かも(^^;。もちろん個人差はありますが。
そうそう、あの時はドイツの原子力政策がひっくり返る大騒ぎになっちゃって驚きましたっけ。でも日本はまだ遺体収容の段階でしたから、「政策批判が出来るのはやはり対岸の火事だからこその余裕だよな」と思ってしまいました。

飛行機で8時間、わかる気がする(--;。うちの嫁姑バトルも今年で10年、私も少しはneinと言える嫁に成長したもののまだまだ生ぬるいらしく、嫁仲間(義弟の奥さん)に「もっとちゃんと意思表示しなくちゃダメよ!」と指導されております・・・修行の道は遠い・・・。
Commented by ちえ at 2016-05-04 12:52 x
無神経は別にして対岸の火事はお互い様かと。
今まで常に地震発生率の高い場所に住んできた私ですが、自分の住んでいる国でこの規模の地震が起きたのは初めてで、個人的に結構動揺しました。当事者には本当に申し訳ないのだけれど。
そこで対岸の火事の件ですが、今日本では簡単に英語のメディアを見れるけど、やっぱりほとんどの人は日本語オンリー。
そういった中で、ヨーロッパでまずパリの事件が起きた時、CNNもBBCもパリの事件一色だったのに、日本ではNHKでさえニュース枠の拡大も何もしない。CNN(時間的に同通無しの英語放送)を見ているとどんどんひどい状況の報告が刻々と上がってくるのに、日本語しかできなければテレビでの情報更新はは全くなし。(うちのケーブルテレビのチャンネルはかなり充実しているのに)
ベルギーの件も同様。NY TimesのBreaking Newsは午後6時半にメールが来てたのに、NHKが取り上げたのは7時のニュースになってから。6時頃からずっとNHKを見てたのに。
ケルンの事件も私はたまたま英語スピーカーの友人のFBのポストで1月半ばで知って、日本語でググってみるとそれについて書かれているメディアは元々英語メディアの翻訳版だけ。日本独自のメディアでこの件に触れ始めたのは2月に入ってから。
テレビも新聞もどこのメディアも英語できる人は沢山いるだろうし、今はウェブで簡単に最新の海外の情報を取ってこれるのに何故どこもそれを日本で日本語で伝えないの?ということで私は日本のマスコミが信用できなくなりました。
311の時はアメリカにいて、皆に「津波、津波」と言われて、「いや、問題は地震で、津波は地震のおまけだから」と一々説明するのが面倒くさかったけど、「あなたは安全なところにいてよかったね」とは言われなかった。ていうかカリフォルニアだからいつ同じことがここで起きても不思議じゃないからかな?
別にアメリカを持ち上げるわけなじゃいけど、電力関係者の方はよくご存知でしょうが、第一の悪夢を回避した福島第二のことがハーバードのMBAで危機管理のモデルケースとして取り上げられているらしい。まだ読みかけだけど、リンク送ろうとしたら拒否られた。
Commented by ちえ at 2016-05-04 12:57 x
さっきの続きが長すぎて、拒否られたので以下です。

でも今回の九州の件ではNY TimesではBreaking Newsになっていなかった。マグニチュードがそんなに高くなかったからかな?ていうかその後のプリンスの死はBreaking Newsになっていて、やはり友人のFBのポストで「プリンスありがとう、あなたのおかげで1日メディアがトランプ以外になった」みたいのがあって、九州はプリンス&トランプ以下かい!と思ったのでした。

拒否られたハーバードのレビューは以下をググれば出て来ます。
fukusima daini plant harvard review
Commented by penguinophile at 2016-05-19 20:28
ちえさま:
お返事すっかり遅れてすみません。いやすぐ読んではいたんだけどね、なんかまた黒過ぎてどこから返事したらいいのか止まってしまいましてん。

日本のニュースはもともとほとんど海外を向いていない気がします。NHK19時のニュースは英語音声があるけど、ほとんど国内ニュースばっかり・・・って夫がぼやいており、言われてみれば確かにその通りだなぁと思いました。

いやいや、311の津波は「地震のおまけ」ではないでしょう。もちろん事象としては地震が先に起こったけれど、人的物的被害を起こした災害という意味では、津波の方が影響が大きかったのだから、報道は津波重視になって当然ではないかと。もし地震だけで津波が起こらなかったら、そして原発事故がなければ、海外メディアにとっては完全に対岸の火事で、今回の熊本地震程度にしか取り上げられなかったはず。
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31