2016年3~5月のP

3月から5月に出会ったペンギン、の前に2月の積み残し。カーニバルパレードで出会ったペンギン達。スケートリンクの宣伝P↓
c0076387_0491771.jpg

小学校のパレードP(残念ながらうちの息子達の学校ではない。) 私はP着ぐるみ姿で見ていたもので、やはりP姿の先生?保護者?に「おぉ!妹よ!(いや姉か?)」と声をかけられました~。↓
c0076387_0494197.jpg

次男が学校で作った工作。いくつかパターンがある中からPを作って私にプレゼントしてくれました♪↓
c0076387_052618.jpg

スーパーのチラシに載っていたHARIBOグミ。でも買っていません。だって不味いんだもん!ラクリッツが好きという日本人はいるのだろうか・・・?↓
c0076387_0521972.jpg

長男がKAPLA積み木で創作したペンギン。↓
c0076387_052432.jpg

ついでにPとは全く関係ないけど次男の作品(騎士の城)↓
c0076387_0524841.jpg

と娘の作品。末っ子の成長にはやはり上の子供達の影響が大きいと思う。↓
c0076387_0525320.jpg

長男(小3)のドイツ語の教科書(読本)から。
c0076387_0535433.jpg

日本でも『タンタンタンゴはパパふたり』という絵本で出ている、ニューヨークの動物園での実話を元にした、オスペンギン2羽のカップルとその養子(?)のお話です。ちなみに一つ前のページには、「離婚して母親と暮らす息子が、父親に寂しさを訴えるボイスレター」が載っています。一方、日本の国語の教科書を覗くと、目に付くのは清く正しく人畜無害なお話ばかり。日本の小学生向けの教科書で、離婚家庭はともかく(動物のほのぼの感動話とはいえ)ゲイカップルの逸話が、教科書検定を通るとは思えないけれど、ドイツではもうOKなんだなぁ・・・と考え込んでしまいました。ちなみに長男は既に学校で性教育も受けたらしい!まぁ男子仲間の興味本位のエロ知識から入るよりずっといいんですが・・・そうか、ドイツは8歳でもう性教育か・・・私もいささかぎょっとしたけど、いま増えているイスラム系の親はもっとぎょっとしたのではなかろうか・・・。日本とドイツで現状は大差なくとも、タブー視して子供の目になるべく触れないようにするか、あっけらかんと示すか、大人社会の方針にいささか違いがあるような気がします。

Pからとんだカルチャーショックに脱線(^^;
以上
[PR]
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/25653947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ちえ at 2016-05-30 03:51 x
今考えると「ふたりのロッテ」の両親ってもしかして離婚してたんじゃないかと思って調べてみたら、やっぱりそうだった。ナチスの迫害を受けながら書いていたそうだから、ドイツ(もしくはドイツ語圏)では、その頃から離婚家庭の子供達の話が子供向けに書かれていたってことだね。
ところで、性教育を受けた子供達はナチスドイツについてはもう習ったんだろうか?去年は知らなかったみたいだけど。

ラクリッツってリコリスのこと?日本人の嫌いなドクターペッパーやルートビールの好きな私も、リコリスはダメでした。
Commented by penguinophile at 2016-05-30 18:26
ちえさま:
そういえば「ふたりのロッテ」の両親は離婚してましたね。子供達の活躍により再婚してハッピーエンド、だったかな。
私が思い出したのは、松谷みよ子さんの「ちいさいモモちゃん」シリーズ。モモちゃんの両親は3巻目で離婚しますが、当時の児童文学が離婚を扱うのはかなり珍しかったのではないでしょうか。私は3巻までしか知らなかったけど、その後最終巻6巻ではお父さんが亡くなったらしい。
by penguinophile | 2016-05-30 00:54 | ペンギン | Trackback | Comments(2)