おわりの六月。

四年ほど前に「はじまりの五月。」という記事で、「日本語プレイグループを始めました!」と書きました。「資本金ゼロプロジェクトなので三日で潰れても問題なし」という非常に大雑把な見切り発車で始まったこのプレイグループ、三日どころか四年間に渡って週に一回ずつ続けてきましたが、今年の六月でついに終了となりました。これまでこの町には、日本の大企業の事業所があったお陰で、駐在家族が入れ替わりつつも常に数家族はいました。しかしこの事業所の撤退が決まり、全ての駐在家族が転勤あるいは帰任でこの田舎町を離れる事になったため、プレイグループも参加者が確保できなくなり、活動終了となりました。
c0076387_19303082.jpg

正直とても寂しくて、「F社さんってばなんで撤退しちゃったの~、カムバーック!」と叫びたい気持ちですが、叫んだところで状況は変わらない。プレイグループを始めた時の記事には、「子供達が一緒に楽しく遊びながら日本語や日本の文化に親しみ、大人達も気軽に情報交換やおしゃべりを楽しめる場ができたらいいな」と書きました。手前味噌ながら、この目的はある程度は達成できたと思っています。少なくともうちの子供達は、日本語プレイグループに行くのをいつもとても楽しみにしていましたし、私自身も日本人ママ友さん達と良いお付き合いをさせて頂いた事を、深く感謝しています。近郊に住む国際結婚家庭や帰国した駐在家庭の皆さんとは、今後も違う形でお付き合いを続けていきたいと思っています。
[PR]

by penguinophile | 2016-07-07 19:25 | 子供 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/25770693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30