お誕生会

ドイツでは子供の誕生会は日本以上のビッグイベント。ビッグ過ぎて私には負担以外の何物でもなく、我が子の成長を喜ぶ余裕が皆無orz。幼稚園では自宅に友達を招いて祝う家庭がほとんどですが、小学校に上がると外の施設で祝う家庭が増えていきます。うちの子供達がこれまで招かれたのは、屋内遊技場、家具屋の託児スペース、屋内サッカー場、ボーリング場、屋内ロッククライミング、農場。子供達がいろいろ遊べて楽しそうなのは大いに結構だし、親としても自宅に招くより楽ですが、商業主義に走り過ぎている感があり、私はあまり好きではありません。

今年はたまたま、長男の9歳の誕生日が日曜日で、市のファミリーセンターが主催するハイキング行事(片道5km)と重なったため便乗し、お友達7人を一緒に連れて行きました。途中の公園で、市役所青年課の職員がアクティビティを提供してくれるのが有難い。ゴール地点の公園では皆でピクニックをしてバースデーケーキを食べました。
c0076387_19264442.jpg

一週間後には次男7歳の誕生会、こちらは自宅でお祝い。家に足を踏み入れた瞬間から山ザル集団が大はしゃぎ。バースデーケーキを食べて、プレゼントを開けて、外で宝捜しもどき、公園遊び、そして夕飯。
c0076387_19264778.jpg

小学生という生き物(特に男子)はとにかくエネルギーが有り余っており、ハイキングだろうが宝探しだろうが、とにかく大暴走しやがるため、途中で一人見失いかけてかなり焦りましたが、ちゃんと(?)こちらから姿の見えない所で待っていました。そしてうちの子供達はまだ従順に指示に従う方だという事がよくわかりました。別に「指示に従う子=良い子」だとは思いませんが、「良い子か悪い子かはど~でもいい、とにかくこの数時間は無事でいてくれないと困るんだー!」という私のような立場の人間にとっては、指示に従う子の方が便利なのは間違いないです。いやはや無事に終わって良かった・・・っていうかコレ、まだ来年も再来年も続くの?いつまで続くの、ねぇ?orz
c0076387_19265088.jpg

誕生日プレゼントに義弟夫婦からもらったインラインスケート。次男の方が上達が早いのはやはり運動神経の差か・・・。
c0076387_19265424.jpg

遅ればせながらの娘の誕生日プレゼントとして、以前から(私が?)欲しいと思っていた木のドールハウスを思い切って買いました! 69.99ユーロ=約1万円でしたが、日本ではこのお値段では買えない気がします。娘と次男が一緒に遊んでおり、私もとても気に入っています。が、しかし。埃を払うのがかなり面倒な代物だという事実に、買ってから気付きました(苦笑)。
c0076387_19282127.jpg

5,7,9歳。赤ちゃんの頃に比べればずっとラクになり、まだママが大好き。今が一番いい時かもしれないなぁ。
[PR]

by penguinophile | 2016-07-07 19:29 | 子供 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/25770701
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31