親馬鹿日誌:ちびペン語録「ブルカ」

長男9歳3ヶ月。
出先でこんな写真↓を見て一言、
c0076387_16043516.jpg

「・・・忍者?」

見えるよ、確かに!忍者に!(爆)
難民受け入れでイスラム教徒増加中のドイツですが、この田舎町ではブルカは「一度見かけたかな」という程度なので、長男が知らなかったのも無理はない。

ちなみにドイツ語では「J」は「や行」に近い発音になるので、
 忍者=ニンヤ
 柔道=ユードー
と発音されます。ネイティブ日本語話者が聞いてもわからん日本語。

長男はたまにこういうヒットを飛ばします。数年前、夫の友人がうちに泊まった際に妙に派手な柄パン一丁でうろついていたところ、長男が一言、

「・・・鬼のパンツ?」

と言い放ったので、ツボにはまってしまった私は客人の前で笑いをこらえるのにものすごく苦労しました。いやホントに鬼のパンツっぽい柄パンだったのですよ。写真でお見せできないのが残念です(笑)。

ちなみに他人の家をパンツ一丁でうろつく程度で驚いてはいけません。私達が彼の家に泊りがけで遊びに行った時、彼の娘と息子がノーパンで朝食の席についたので、日本人オバサンは目のやり場に困ってしまいました。ドイツ男子が局部の温度を上げないためにノーパンで寝るというのは聞いていたものの、女子もノーパンで寝るとは知らなかった。いくら子供とは言えそのまま客の前に出てきて親も平気、というのはやっぱりサウナが混浴のドイツならではなのか?いや日本にも混浴はあるけれど、ご飯を食べる時はパンツ履くよなぁ。

・・・って2本続けて下ネタオチですんません(^^;;。

[PR]

by penguinophile | 2016-09-26 16:39 | 子供 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/26013139
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31