Schwarzwald

10月の秋休みはドイツ南西部の「黒い森(Schwarzwald)」に旅行しました。



まずは夫の用務先であるSindelfingenに一泊。久しぶりのホテル泊にはしゃぐチビ共。しかしダブルベッドに母子4人は少々きつかった。熟睡できない次男が闇の中でぬいぐるみを数える声が「い~ち、にぃ~、さ~ん・・・ひとつ足りなぁい・・・(すすり泣き)」ってお前は番町皿屋敷のお菊さんかっ!?

夫がベンツの工場を見学する間、私達は町を観光。
c0076387_20403362.jpg

c0076387_20403617.jpg

c0076387_20403950.jpg

子供達と町を歩いて気付いたのは、次男と娘はまだまだ幼児歩きで前に暴走したり後ろに戻ったり上に登ったり下に落ちたりと無駄な動きが多いのに対し、長男は市内地図を見て次の目的地を目指す大人歩きになっていた事。いつの間に!
お昼はIKEAへ。
c0076387_20404220.jpg

子供用のゲームも家具屋っぽいのに感心する。
c0076387_20404576.jpg

実は時間が余ったので子供達をIKEAの託児サービスで遊ばせようかと目論んでいたのですが、年齢制限が7歳まで!長男は預けられない・・・それでも次男と娘は中で遊びたいと言うので預け、長男と私は家具を見ながら「このソファ、いいね」と新婚ごっこ?(^^;

夫も用務を終えて休暇モード。Waldachtalにある農場のホリデーアパートメントに5泊。
c0076387_20433776.jpg

c0076387_2043477.jpg

c0076387_20435034.jpg

c0076387_2043537.jpg

動物がたくさんいて子供達は大喜び。
c0076387_2045543.jpg

c0076387_20451153.jpg

c0076387_20451464.jpg

c0076387_20452716.jpg

c0076387_20453731.jpg

c0076387_20454020.jpg

生後一ヶ月になる三匹の仔豚に自分を重ねて喜ぶ豚児達。とっても可愛いけど、大きく育ったらハムになるのよね・・・(^^;。
c0076387_20454328.jpg

c0076387_2153715.jpg

近くの森を散策。
c0076387_20482814.jpg

家族向けに整備された遊歩道では、カラスの生態を学べるようになっている。森林浴を楽しむと言っても、ただ綺麗な景色の中を歩くだけでは子供達は飽きてしまうが、こういう仕掛けがあると楽しめる。
c0076387_2049372.jpg

保養地税と引き換えにもらえるバス乗り放題カードを活用して、近くにある観光案内所のおばさんお勧めのDornstettenという小さな町へ。名前も知らなかったけれど、谷に挟まれた木組みのおうちがとても可愛い町でした~。
c0076387_20583444.jpg

広場で声をかけてくれたおじさんは、この町で生まれ育った教会のオルガン奏者兼管理人?で、オルガンを弾いてくれ、塔の上まで案内してくれました。
c0076387_20542576.jpg

c0076387_20532829.jpg

c0076387_2054987.jpg

この鐘、ちょうど私が真下を通っている時に鳴った。すごい音量でビックリ(^^;;。
c0076387_2054443.jpg

c0076387_205503.jpg

観光中、次男と娘はお留守番中のぬいぐるみ達に木製スマホ(笑)で状況を逐次報告。
c0076387_20575637.jpg

郷土博物館。ここも(暇を持て余した?)ボランティアガイドらしきおじさんがみっちり案内してくれる。ほとんどの展示品が触ってOKなので、親は気が楽だし、子供達ものびのび楽しめるのがいい。
c0076387_2110256.jpg

c0076387_2111949.jpg

玩具博物館。お金持ちの古いおうちの屋根裏部屋みたい。なんと日本の雛人形と兜が!京都の老舗人形メーカー「島津」の社長自ら届けた寄贈品らしい。
c0076387_21115950.jpg

c0076387_21113055.jpg

この地方では大きめの町、Freudenstadtへ。この町の目玉はドイツ最大の市場広場(Marktplatz)。着いた時は「そんなに大きくないじゃん」と思ったものの、実は広場の中心にバスも通る広い道が十字に走っているので、私が広場だと思ったのは全体の四分の一だったという(^^;。広場の隅にある市役所(Rathaus)の塔から広場を一望できます(鍵は無料で借りられますがデポジットが必要)。
c0076387_212670.jpg

c0076387_2122677.jpg

c0076387_213641.jpg

c0076387_21174752.jpg

町外れまで歩いて行き、Friedrichsturm塔に登る。
c0076387_2134987.jpg

c0076387_214614.jpg

町に戻ってSchwarzwälder Kirschtorte(黒い森のさくらんぼケーキ)を食べる。アルコール入りなので子供は×。横倒しのケーキを撮るのは難しい・・・。
c0076387_2142656.jpg

私がドイツの黒い森について初めて知ったのは、酸性雨の影響で立ち枯れたという悪いイメージでしたが、その後の努力ですっかり回復したようですね。あの頃はまさか国内の家族旅行で訪れる事になるとは思いませんでしたが、人生わからんもんです。
[PR]

by penguinophile | 2016-11-21 21:12 | お出かけ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/26168101
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ちえ at 2016-11-22 06:51 x
ペン次は長期の旅行だけじゃなくて、短期の国内旅行にもぬいぐるみ連れて行っているの?
その上お電話までしちゃうんだ!
う〜ん、ママより愛しているって本当みたいだねえ。
Commented by germanmed at 2016-11-23 06:56
わわわ・・・
Waldachtalは昔の勤務先(リンク先のトップ写真のビルみたいな高い建物)、Freudenstadtは今の勤務先です。
黒い森のさくらんぼケーキ、これは高さが足りませぬ。次回は是非、お声を掛けて下さいね。
Commented by penguinophile at 2016-11-24 00:45
ちえさま:
今回の旅行の参加者は
ヒト 5
人形 1
ぬいぐるみ 8(モルモット4、クマ3、カエル1)
でした・・・
Commented by penguinophile at 2016-11-24 00:45
germanmedさま:
ふふふ、実は黒い森という事でくまさんの現勤務先は事前チェックしてたんです。ご多忙ワーキングマザーを煩わすつもりはないけど、もし病人が出たら乱入してお近づきになろう・・・とか迷惑な事を目論んでいたのに、幸か不幸かみんな元気で(^^;。

でもWaldachtalが旧勤務先とはびっくり!ビルみたいに高い建物なんて一つしかないからすぐわかりました。私達はOberwaldachに泊まり、Krabbenwegを歩いて、病院の前庭を通り、Treff3000で買い物したんですよ。

さくらんぼケーキ、もっと高いんですか!?残念・・・次回はお勧めのケーキ屋さんを教えて下さいね(^^)。
Commented by germanmed at 2016-11-25 05:24
そうそう、因みに私はSindelfingenから車で15分くらいのところに住んでおります!

↓黒い森のさくらんぼケーキ、まとめてみました♪
http://germanmed.exblog.jp/tags/%E9%BB%92%E3%81%84%E6%A3%AE%E3%81%AE%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89%E3%82%93%E3%81%BC%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD/
Commented by penguinophile at 2016-11-28 19:03
germanmedさま:
Sindelfingenの近くにお住まいなんですね。私達の今回の旅行先は、くまさんの生活圏とぴったり!?(笑)

リンクどうもありがとうございます。さすが地元民、たくさん食べてますね~。じっくり見比べて・・・うう~む、確かに私が食べたのは高さが足りない。というかそもそも段数が足りない。次はしっかり事前リサーチした上でリベンジに臨むぞ!

ついでに民族衣装のポンポンの色が未婚既婚で違うとは、初めて知りました。赤の方が可愛いけど、そうか、もう被れないのかー。いや待てよ、そもそも色にかかわらず被る予定ないし(^^;。

line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31