CeBIT2017

c0076387_21524852.jpg

二月、三月は何かと忙しくしていましたが、そのハイライトは先週のCeBIT。ハノーファーで毎年行われているITメッセですが、今年は日本がパートナー国だったため、日本から100社以上が参加し、阿部首相とメルケル首相も視察に訪れました。現地日本人スタッフ不足から、知人の知人の知人・・・のツテを辿って田舎町に住むオバサンまで駆り出されたため、ハノーファーに遊びに行ってきました。いや一応遊びじゃなくて仕事だったハズなんですが、ドイツに来てからこんなに日本語をしゃべった一週間ははじめてで、ドイツ語を忘れそうな有様(^^;。
c0076387_21561761.jpg

c0076387_2155433.jpg

ITに関してはド素人ですが、せっかくなので休憩時間に会場(ものすごく広くて既に小さな町レベル)をうろうろ見て回りました。素人でもパッと目に付くのはロボット、バーチャルリアリティ、ドローン。ペッパー君がたくさんいたけど、ドイツ語と中国語を話すところしか聞けず残念!ペッパー君が「かわいい」のは、やはり日本生まれだからでしょうか。
c0076387_21531052.jpg

c0076387_2153181.jpg

c0076387_2153561.jpg

c0076387_2154212.jpg

c0076387_21542652.jpg

c0076387_2155213.jpg

バーチャルリアリティは、ドローンに360度カメラを載せて撮影したらしき映像が、「飛んでる!」という感じで面白かったです。
c0076387_21565287.jpg

c0076387_21565746.jpg

c0076387_2157699.jpg

ちなみに自宅からハノーファーまでは2時間半ほどかかるため、この一週間は泊り込みでした。娘とこんなに長く離れたのは初めて!
メッセ期間中はホテルはどこもバカ高いので、一般家庭に部屋に泊まる民泊でした。私が泊まったのは女の子二人がルームシェア(WG: Wohngemeinschaft)で住んでいるアパートで、私のために部屋を空けてくれた住人の可愛い女子大生は、先週は彼氏のところに転がり込んでいたようです。このトシでWGを体験する事になるとは!と驚きつつも新鮮で面白くはあったのですが、何とベッドが「空のダンボール箱を並べた上にマットレスを置いた」代物でした(@o@)。朝になったら段ボール箱が全部潰れてたらどうしよう・・・と不安でしたが、それはさすがなく。気を取り直して住人が買っておいてくれた材料で朝食を・・・と思ったら、彼女が半分食べかけのチーズやハムが置かれており。「金を取って食べかけを食べろって!」と思っちまいました。まぁ別に眠れない訳でも食べられない訳でもないし、もしかしてイマドキの若いドイツ娘の感覚ではこれがフツーなのかな。日本のオバちゃんの感覚とずれているのは当然かもしれません。でも驚いた!
[PR]

by penguinophile | 2017-03-31 22:10 | お出かけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/26546327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31