国歌いろいろ

夕飯の支度をしながら、NHKワールド・ラジオ日本を聞く事がよくあります。昨日は「再チャレンジ担当相、イノベーション担当相」というネーミングに、ちとずっこけました。

先週やはりラジオで、「都立学校における式典時の日の丸・君が代の強要は違憲」とする東京地裁判決のニュースを聞きました。それで思い出したんですが、先日パリで会ったフランス人の友達が、「私はフランス国歌の歌詞はサビしか覚えてない、同じようなフランス人はすごく多いはず。」と言っていたんです。「そんな事ってありうるんだ!」と驚きました・・・が、まぁ、日本の国歌がとても短いから、サビだけ覚えてるというのが考え難いせいもあるかも・・・っていうか、君が代ってそもそもどこがサビなんだか?(笑)

ドイツの国歌は、そもそもは200年前後の歴史があるらしいのですが、1番はナチス時代の悪いイメージが定着してしまい、今は3番だけが国歌として使われているそうです。夫もちゃんと覚えているのは3番だけと言っていました。

音楽関係に(も)ものすごーく疎い私ですが、サッカーW杯テレビ観戦時にいろいろな国の国歌を聴いていたら、けっこう威勢のいい「動」の曲が多いもんだなぁ、と感じました。もしかすると、W杯のような場で選手の戦意高揚をはかるには、その方がよろしいのかもしれません。日本の君が代は対照的な「静」で、外国で1人で聞いてたら、ちょっとジーンとしちゃいました。




夫が出張のハシゴから戻ってきました。一週間ぶりに顔を見たら、なんだか妙に照れてしまいました(←アラ、もしかして初めてのちょっと新婚っぽい発言かしら?)。

ハシゴ出張の前半は、ドイツの某有名会社がスポンサーになっている奨学金団体の会合でした。この団体は、ドイツから外国への留学生と、発展途上国からドイツへの留学生に対して、資金援助を行っています。で、夫の話では、外国人留学生の中に「北朝鮮からの留学生」が数人いた、と。その奨学金団体は今、中国では特に北京大学から、ミャンマーおよび北朝鮮では国全体から、優秀な学生を募集して、ドイツへの留学を支援しているそうです。

私は、北朝鮮からドイツに留学している人がいるとは、考えたこともありませんでした。まぁこれが日本だったらもっと驚いたでしょうけど・・・逆に中国だったらそんなに驚かなかったかも。
「他国のお金で優秀な頭脳を育てる分には、国外に出てもOKなんだ!?」とか、「若い優秀な人が、自由な外国の空気に触れたら、北朝鮮に帰りたくなくなるんじゃないかなぁ?」とか、「いやいや、幼少時からしっかり刷り込んであれば、気持ちが揺らいだりしないものかな?」とか、「日本人である私から見れば怖い国でも、彼らにとっては大切な祖国だから」とか、「家族が北朝鮮にいるから、例え亡命したくなってもできないのかも?」とか、勝手にいろいろ想像してしまいました。

北朝鮮の国民一人一人に対して、個人的な恨みを抱いている訳では決してありません。でも正直、初対面の相手が「北朝鮮政府のお墨付き留学生」だとわかったら、偏見だとわかってはいても、心の中で三歩は引いてしまうでしょう(バッチ着用なら更に三歩、将軍様のお話が出たら更に三歩)。そして私は、「北朝鮮からの優秀な留学生がドイツで吸収して祖国に持ち帰る知識が、ミサイル開発に無関係な分野だといいけどなぁ・・・」などと思ってしまったのでした。
[PR]
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/4628833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nyf1403 at 2006-09-27 00:42
私もひいてしまうかもしれません。外に出る許可をもらったということは、あの人に忠実なんでしょうかね〜。

日本の国歌をきくと、私もうるうるとなります。日本ではそういうこと全くありませんでした。でも、あれは、スポーツ開幕にはあまりあいませんね。やはり、フランスの様に、闘いの歌がベスト?イタリアもヴェルディっぽくてよかった。
ドイツのは、曲がいいです。ハイドン作曲で、この曲がテーマになった変奏曲の楽章があります。
Commented by まき at 2006-09-27 12:47 x
君が代も、ナチスドイツに負けないくらい問題抱えてるよね。
実は、君が代は古今集か何かの歌をもとに、宮廷音楽家が曲をつけた
んだけど、そのとき指導に当たったのはドイツ人の音楽家だったんだよ。
この話にはおまけがあって、当初イギリス人がつけた旋律は不評で、
M9年までしか演奏されなかったそうです。なんとなく荘厳な曲を
つけるのはドイツ・オーストリア人の文化っぽくて納得できるのよね。
Commented by anthonberg at 2006-09-27 16:23
私ドイツの国歌密かに好きですよー。デンマークでは大声で言えませんから。(^^;;;
君が代には卒業式の思い出しかないのですが、私の高校時代は君が代も国旗も禁止だったので母国を愛する心を学べないなーと思いました。
Commented at 2006-09-27 16:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penguinophile at 2006-09-28 01:10
nyf1403さま:
おぉ、プロのお出まし♪ ドイツの国歌はハイドンだったんですね。
君が代はやっぱり士気高揚にはちょっと不向きですよねぇ。オリンピックで金メダルを取った後に今までの苦労を振り返りつつ感動するにはよろしいかと思うんですが。

Commented by penguinophile at 2006-09-28 01:18
まきちゃん:
「君」の解釈も多々あるようだけど、GHQ時代をよく生き抜いたよな、と思ってしまったよ。
古今集というのは聞いたことあったけど、曲にドイツ人が関わっていたとはぜーんぜん知りませんでした。実は文明開化の香りがする国歌だったのか!?
Commented by penguinophile at 2006-09-28 01:23
anthonbergさま:
ドイツの国歌、お好きですか。私は聞いた時はいいなと思いましたが・・・既に忘れた(爆)
君が代も国旗も禁止という学校だと、生徒も問題意識を持ちそうですね。私の学校は「君が代も日の丸も当然」という雰囲気だったので、あんまり考えもしなかったです。
Commented by penguinophile at 2006-09-28 01:35
鍵コメさま:
あぁ、もちろんどうぞ!というか逆にこちらこそお願いします。やり方がわかればだけど(笑)。
激励ありがとうございます。元は浅い内容を皆様のコメントが深くして下さっているような・・・有難いお話です。
そういえばブログのメニューはデフォルト設定のまま、全然手をつけてない。リクエスト頂いた件を含め、近いうちにどうにかしますので、しばしお待ちを!

Commented by まき at 2006-09-28 18:07 x
< 私の学校は「君が代も日の丸も当然」という雰囲気だったので
どれを指しているか、わからないが、なぜか爆笑です。
Commented by penguinophile at 2006-09-28 22:28
まきちゃん:
学校=小学校~高校、というつもりで書いたので、たぶん爆笑は当たりです(^^;。大学は全然覚えてないけど、やはり「当然」だったのかも。
Commented by ちえ at 2006-09-29 09:25 x
国歌や国旗に罪悪感を感じるのなんて、第二次大戦で勝った官軍の敗戦国への価値観の押しつけからくるんだと思います。
官軍の国にいるとよくわかる。どこでもかしこでも星条旗よ。特に9/11の後は本当にみんなあちこちに星条旗つけまくって、ステッカーとか売れまくって、愛国心のための戦いとか言ってテレビはキャンペーンするし、ほぼ初めての本土攻撃ということで真珠湾攻撃の話がしょっちゅう出てきたこともあって、あまりの愛国心の高揚によって生まれてくる攻撃性がそばにいる外国人/日本人の私らに向かってくるんじゃないかと、空恐ろしかった。しまいには会社の同僚に「アメリカに住んでいるんだから、お前もアメリカに愛国心を持つべきだ」とか言われて、めっちゃ腹立ったんですけど。いっぱい税金払ってるんだから(給料の半分近くが税金で持ってかれます)それでいいじゃんと思った。
というように官軍は無茶苦茶やっているんだから、敗戦国の日本もドイツもそんなに遠慮することないのに。
私も何度かこっちで君が代にうるうるしちゃったことあります。オリンピック見ながら一人で歌ったり...。
Commented by penguinophile at 2006-09-29 17:43
ちえ さま:
ワシントンDCの官庁街を歩いていて、「強いアメリカ、正しいアメリカ」オーラに眩暈を感じた事があります。アメリカに愛国心ねぇ・・・もし持てたら、税金払っても「お国のため」と思えて腹立たしくないかもよ?

ドイツはかなり罪悪感ムードがあったらしいけど、こないだのW杯でちょっとふっきれたのではないかな?家や車に旗をつけてるのを多く見かけました。未だにそのまま出しっぱなしの家もある。窓から直接べろーんと旗を出すのって日本では見かけないので不思議な気がしました。まぁ横開きのサッシではやりたくても難しいかも。
by penguinophile | 2006-09-26 22:46 | 徒然 | Trackback | Comments(12)