疑惑のウマグリ

一昨日、また歯医者に行ってきました。と言っても今度は検診や治療ではありません。夫と私が加入している医療保険では、検診に行くとポイントが得られ、一定のポイントが貯まるとグッズがもらえる、ちょうどお店のポイントカードや航空会社のマイレージのようなシステムがあります。治療費を削減する目的で、予防的措置を奨励しているものと思われますが、利用者にとってもちょっと嬉しいシステムですよね。そんな訳で、歯医者さんで検診時にもらい損ねた「確かにこの日に検診を受けました」証明スタンプを、改めてもらいに行ってきました。

その帰り、道端で栗らしき物がたくさん転がっているのを発見。でもイガがちょっと違うような・・・?↓
c0076387_22343243.jpg

ちなみに写真はほぼ実物大です。中の実は大きさも色も栗そっくりですが、チャームポイントのキューピーヘアがありません↓
c0076387_22345132.jpg

夫に聞いたりネット検索した結果、たぶん「セイヨウトチノキ」、別名「マロニエ」だろう、という結論に到りました。ドイツ語では Rosskastanie、英語では horse chestnut、そして日本語でも直訳「ウマグリ(馬栗)」の別称があるそうです。「マロニエの並木」だとそこはかとなくお巴里~のお洒落~な雰囲気が漂いますが、「ウマグリの並木」だと一気に興醒めというか、そこはかとなく馬糞の香りが漂いそう。
歩いてる時にこのイガが頭上に落ちてきたらかなり痛そうです。人や車への被害を防ぐため、東京ではクレーン車まで出動してトチノキの実を叩き落しているらしいですから、結構オオゴト。

夫には「馬は食べるかもしれないが、僕は食べない」と言われましたが、日本ではトチノキは栃餅にして食べますよね。でもどうやら苦味が強く、あく抜きがすごーく大変で、水につけたり煮沸したり木灰汁に漬けたりで数週間もかかるみたいです。そんな根性、ございません。
[PR]

by penguinophile | 2006-09-28 22:49 | 徒然 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/4640339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by anthonberg at 2006-09-28 22:54
私も家の目の前で栗発見!人間は食べないと言われました。
目の前に拾った栗がありますが、どう見ても同じ!
私達の言う栗じゃないって事ですね…。
しかしその栗は疑惑だったんですか!?(爆)
Commented by nyf1403 at 2006-09-29 05:10
今、うちの近くの公園にも転がっています。
子供が集めて、馬にあげるのに売ったりするようです。
マロニエ・・ウマグリ・・・マロニエの並木にしましょう。

私もリンクさせていただいてよろしいでしょうか?
Commented by penguinophile at 2006-09-29 17:24
anthonbergさま:
クリはブナ科クリ属、トチノキとマロニエはトチノキ科トチノキ属だそうです。こんなに似てるのにねぇ。
夫は「たぶんhorse chestnutだと思うけど断言できない」と言うし、食用か否か疑惑だったんですよ~
Commented by penguinophile at 2006-09-29 17:27
nyf1403さま:
子供のお小遣い稼ぎになるなんて、なんだかちょっと微笑ましいですね。そしてやっぱり馬は食べるのか~。ずいぶんアクが強そうなのに渋くないのかなぁ・・・馬の味覚はわからん。

リンク許可、ありがとうございます。私の方ももちろん歓迎です。
Commented by nyf1403 at 2006-09-30 23:46 x
届きました!!!
リンク、ありがとうございます。これからもよろしく〜。
Commented by penguinophile at 2006-10-01 02:48
nyf1403さま:
あ、結構早いもんですね。ガールズ旅行から帰ったらイケメンがお出迎え?(笑)
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31