ドイツ人、けっこーテキトー?

秋ですね~。ドイツ語で秋は der Herbst。語源は知りませんが、なんとなく英語の harvest(収穫) を連想してしまいます(連想すると、覚えやすいような、かえってスペリングを混乱しそうな?)。
c0076387_17291532.jpg

↑アメリカ式ハロウィーンのデコレーション。でもすぐ脇でクリスマス用品も既に売られていたりします。ちょっと気が早くないか?

閑話休題。
「ドイツのお役所は人によって言う事が違う事がままある」・・・というのが、これまでの私のごく限られた経験から得た印象。まぁ日本でも皆無とは言えませんけどね。

先週の運転免許書換え申請は、へっぽこカタコトいんちきドイツ語もどきを精一杯駆使してなんとか用を足しましたが、それも書類がきちんと揃っていればこそ。実はあらかじめ、手続きについて夫に電話で確認してもらいました。最初に問い合わせた時は、「視力検査と応急処置コースの受講が必要」と言われました。応急処置コースってドイツ語で受けるのぉ?わかる訳ないじゃん、みたいな。

実は最初に「アレ?」と思ったのは、婚姻成立後の住民登録と滞在許可について問い合わせた時でした。市役所に聞くと「外国人局が発行した書類を持って来い」と言われ、外国人局に聞くと「市役所が発行した書類を持って来い」と言われたのです。白ヤギさんと黒ヤギさんの無限ループじゃあるまいし、それじゃ永遠に何もできないじゃん、みたいな。

どちらの場合も、日を変えて何度か電話し、最終的に一番詳しい人をつかまえて満足のいく答えを得られるまで粘って、事なきを得た次第。
ちなみに実際には視力検査も応急処置コースも不要でしたし、電話で言われた手数料は実際に払った金額より高かったです(まぁ安くなる分には大いに結構なんですが)。
それにしてもなんて手間のかかること!・・・いや、手間をかけてくれたのは夫であって、私は別に何もしてないんだけどね~(^^;

もう一点、契約社会と言われている割には、確認書類の類がどうも日本より少ないような気がします。
免許書換えの申請は先週済ませたものの、新しい免許の受け取りは3週間後の予定です。こういった場合、日本だったらいったん申請受理書の類が渡され、後日受け取りに来る際にそれを持参するように言われると思うんです。
でもドイツでは別に何も渡されませんでした。また同じオフィスに行って名前を言えばいいらしいのですが、なんかビミョーに不安。3週間後に「何の話?聞いてないわ。」とか言われちゃったらどうしよう・・・。

そういえば、市民大学でドイツ語講座を申し込んだ時も、クラス決定通知書とか領収書とかの類は、なーんにもありませんでした。
あの時も受付がないのでどこに行ったらいいかよくわからないまま学校の廊下をさまよっていたら、ドイツ語の先生だという人に声をかけられ、そこらへんの空いている教室で筆記テストをやった後、口頭で「あなたのレベルに合ったクラスはXXね。」と言われました。
翌日出直して、テキトーに誰かのオフィスに入り、
「私はドイツ語講座に申し込みたいデス。きのうセンセイに会いました。私は試験をしました。彼女はXXクラスと言いマシタ。」
とか言ったら、別のオフィスに連れて行かれ、申込手続をして、領収書など全くもらわないまま、はい終わり。
なんだか手続きが簡単というか結構アバウトで「ホントに大丈夫なんかい?」と不安になりましたが、クラス初日に教室に行ってみたら、ちゃんと生徒名簿に自分の名前が入っていました。

だからきっと免許証の書換えもちゃんと受理されているのでしょう・・・(と思いたい)。今回は名前の入った領収書がある分、ちょっとはマシかもしれません。
[PR]

by penguinophile | 2006-10-16 17:57 | 結婚滞在諸手続 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/4738542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by anthonberg at 2006-10-16 23:02
同じ国なんじゃないの?と思うルーズぶり。(爆)
いや、ルーズなのかアバウトなのかわかりませんが、物事の進み方、状況などあまりにも似ています。
お互いどっちの国に来ても大丈夫かも?(爆)
私にしてみたらドイツ人の方がまだ神経使ってくれる気がします。
デンマークは能天気な感じするから…。
日本に例えるとドイツ(神奈川)vsデンマーク(大阪)みたい?
ドイツがどこに匹敵するかわかりませんが、デンマークは確実に大阪のノリですね。(苦笑)
Commented by MOMO at 2006-10-17 03:02 x
気が早いクリスマスの商品だとは思いますが、MOMOはすでにクリスマス菓子を購入して食べております!!!
領収書はもらってください。だって、税金対策に使えると思いますよ。
と言いながら、コンタクトレンズの領収書をもらっていないMOMOです。あとで、送るからと言われたものの、5日たってもまだ郵送されていない。
MOMOの手元には支払った証拠の領収書もない。保証書、税金対策のことを考えれば、きつく言って、すぐにでももらったほうがいいですね。
Commented by chima at 2006-10-17 06:45 x
シュトゥットガルトの市民大学はちゃんと領収書兼受講券みたいなものを発券してくれました。同じドイツなのに、地域差があるのですね~。市民大学は2歳児~預かってもらえます。講座を受講していたら、無料で。ありがたいですね~。うちは下の子がまだ1歳児なので、預かってもらえませんが、一緒に体操に通っています。2歳になる前は産後運動などの子供と一緒の講座があるんですよ。
Commented by penguinophile at 2006-10-17 21:24
anthonbergさま:
デンもルーズですかぁ。日本人の一般的なドイツ観って「すっごいキチンとしてる」的なイメージだと思うんですけど、そうでもないような気がする今日この頃。
「デンマーク=アンデルセンの人魚姫」という極めて偏ったイメージしか持っていなかったのが、お陰様で最近現実的になってきたというか、いい意味でガラガラと崩れつつあるんですが・・・ついに大阪と来たか!(爆)
Commented by penguinophile at 2006-10-17 21:30
MOMOさま:
税金対策!?うわ、全然知らなかったです。でも領収書は(もらえれば)結構しつこく取っておく性格なので、手遅れではないはず。教えて頂いてどうもありがとうございます。
コンタクトの領収書、ちゃんと届くといいですね!

Commented by penguinophile at 2006-10-17 21:34
chimaさま:
領収書のみならず受講券まで!素晴らしい!!・・・いや待てよ、それがフツーか?(←期待値が低くなってる・笑)
なるほど、2歳になるまでは親子一緒に参加できる講座を準備し、2歳からは託児所で預かってもらえるという、二段構えになってる訳ですね。なかなか考えてるなぁ~、って感心しちゃいました。同じ年頃の子供を持つママ友達も増えそうでいいですね。
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31