運転免許証・三度目の正直

12/19の記事で、日本の運転免許証を書き換えたら、バイクの免許が記載されていなかった旨を書きました。以下はその後日談です。結論から言えば、バイクを含む新しい免許を入手する事ができました。が、これまたちょっと不可思議な事態に・・・?

そもそも事の発端は、ドイツと日本の二輪免許区分の違いにあったようです。日本では400ccを境に免許が分けられていますが、ドイツの免許はその区分がない。つまり、私が日本で得た二輪免許(400cc以下)は、ドイツの免許で運転できる二輪の全種類を網羅していないため、記載からはずされてしまった、という訳です。
前回の記事で「おバカなドイツ人のうっかりミス」とか書いてしまいましたが、どうやらそういう訳でもなかったらしい・・・失礼いたしました。でもそれならそれで、受け取りに行った時に説明してくれても良さそうなものですが。

私ならこの事情を聞いたら「あぁそうですか」と納得して引き下がりそうなものですが、実はこのとき電話をかけていたのは夫でした(「こんな複雑な話を電話でするのはまだまだ無理~」と甘えたのです、ハイ)。夫がいったい何をどう主張したのか知りませんが、結果的に交渉が成功し、私は1000ccの大型二輪も運転できる免許をゲット!ラッキー!(と言っても1000ccなんて一生乗る予定はナイ)

それにしても、運転免許の区分が担当者との交渉で決まってしまうなんて、日本ではちょっとあり得ない話で、かなり驚きました。母国語でも交渉下手な日本人がドイツで上手く生き抜くには、語学のみならず面の皮の厚さや自己主張の強さといった面でも、大いなる修行が必要そうです。もっとも何事も過ぎたるは及ばざるが如しで、度を越すと日本人として恥ずかしい人になってしまいそうですが、運転免許の区分のように他の誰が迷惑する訳でもない件では、上手く立ち回った方がいいに決まっていますしね。
[PR]
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/5310690
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nyf1403 at 2007-01-16 01:48 x
こんばんは〜。霧の摩周湖♪じゃない、Heilbronnでしたよ。

>交渉下手な日本人がドイツで上手く生き抜くには、語学のみならず面の皮の厚さや自己主張の強さといった面でも、大いなる修行が必要そうです。
はい、そうです。必要です。ただ、ドイツ人の中には、ちょっとそこまでするか、というところまで自己主張する人間もいまして、そういう風にはぜたいなりたくないです。でも、私は日本人としては、すでに恥ずかしい範囲だと思う事もあります。日本に帰ると感じます。あと、物の言い方がとてもきつくなっています・・・。
権利はあくまでも主張し、獲得して当然。くださるものと待っていてはゲットできないのがドイツですから。
Commented by anthonberg at 2007-01-16 02:12
例の化粧落としを使用してから面の皮が厚くなったという噂を聞いたのですが?(爆)(≧∇≦)
顔を見て話す分には何とかこなせても電話って厳しいですよね?何度も聞き返せないし電話は私も夫にお願いしています。
でも説明をちゃんとしないところがドイツ人っぽいなぁ。多分デンマークでそれをやって『何でそういう事を説明しないの?』と聞けば『聞かないから。』って言われるだろうなぁと思いました。(^^;;;
Commented by eastwind-335 at 2007-01-16 22:59
交渉ごとって大変ですよね。でも無事に関門突破、おめでとうございます。
1000ccのバイクってどんな感じでしょう。
リンク、貼らせていただきます。よろしくおねがいいたします。
Commented by penguinophile at 2007-01-17 01:49
nyf1403さま:
そういえばドイツにきてから、朝の霧は出たことありますが、終日というのは今のところないなぁ。
この自己主張の国で、賢くしなやかに美しく生きるのは結構難しそうですわ~
Commented by penguinophile at 2007-01-17 01:51
anthonbergさま:
面の皮はもともとあの化粧落しにも耐えられるほど厚いんですが(笑)、ドイツで生き抜くにはまだまだ足りませぬ。
電話って音だけでコミュニケーションを取らなくてはいけないから、難しいですよね。
「聞かないから」・・・何事も自己責任ですね(^^;;。
Commented by penguinophile at 2007-01-17 01:54
東風さま:
1000ccのバイクって、たぶん私の場合、一度倒れたら重過ぎて絶対ひき起こせないし腰痛を起こすような感じじゃないかと思います(^^;。もしかしたらコツを掴めば何とかなるのかもしれないけど、まぁ一生縁がないでしょうね。

リンク許可、どうもありがとうございました。こちらこそよろしくお願いいたします。
Commented by MOMO at 2007-01-17 03:15 x
青春の思い出の二輪免許、腰を痛めながら起こしたバイク。
あの青春をドイツでもう一度!!!!とお思いなら、MOMOがお付き合いいたします。
ドイツでは排気量でなく、PS、馬力で免許区分がされているから、
1000ccでも34馬力なら限定免許。400ccでも60馬力なら限定解除ですからね・・・・日本のように、倒したバイクを起こせないと教習をはじめられないという決まりはありませんから、MOMOは自分でバイクを起こしたことがありません。
倒しても、他のドイツ人が手伝ってくれますよ!!!!
ここぞとばかりに周りのドイツ人のおじさんがよってきます。大丈夫です!!!とは言うものの、MOMOも今のバイク、重すぎて、小回りがきかないし、足つきも悪い。結構、つらいです。(泣)
Commented by penguinophile at 2007-01-17 03:52
MOMOさま:
青春の思い出の発掘を決心した際は、是非ぜひご一緒させて下さいな♪
なーんと、排気量区分と馬力区分という違いがあったのですか!全然知りませんでした、どうもありがとうございます。
え?自分で起こせなくても大丈夫?それも初耳です。ドイツ人のおじさん、いいとこあるね!
私が免許を取った時は、古いYAMAHAは自力で起こせず、力持ちの男の子達に羨ましがられながら一人で新しいHONDAに乗っていました。同じ400ccでもHONDAの方が若干軽いから起こせたんで。でもやっぱり重くて、自分で買うなら250ccからかなぁ、と思いましたよ。
Commented by glueck-ss at 2007-01-17 04:51
リンクさせて頂きましたので、ご連絡まで。
バイクといえばドイツはライダーさん、しかも中年おじ様
ライダーが多いですよね。大きなバイクでツーリングして
「金余っているんだなあ」っていつも思います。
Commented by penguinophile at 2007-01-17 05:03
glueck-ssさん:
リンク許可、どうもありがとうございました。
ものすごーく大きなバイクを転がしてるオジサン、確かに見かけます。高速道路が発達しているとツーリング文化も発達するのかなー。
by penguinophile | 2007-01-16 01:18 | 結婚滞在諸手続 | Trackback | Comments(10)