倫敦土産

夫が2泊3日ロンドン出張から昨晩帰宅しました。出発直前にお土産リクエストを聞かれた際、とっさに出てきた答は「タラコの缶詰(a tin of cod roe)」。我ながら色気のない事おびただしいおねだりですが、「イギリスにあってドイツにないもの」として最初に思いついたのが、なぜかタラコだったのです(笑)。そして夫が買ってきたお土産がこちら↓
c0076387_129386.jpg

海産物珍味缶詰セット!?(爆)しかしこのcod roe、写真を見ると「ピンクでブツブツ」ではなく「白くてスベスベ」・・・ん?なんか違うんじゃないかい?・・・と思ったら、英語のroeという単語には魚卵だけでなく魚精という意味もあるので、どうやら後者だった模様です(softと付いているので、特に白子の疑いが濃厚)。そもそもタラコの存在すら知らない独逸産夫の落ち度ではもちろんありませんし、他の種類は置いていなかったそうですが、期待がはずれてしまいました。頼んだ時はタラコスパゲティを思い描いていましたが、むしろ鍋物に入れたいような品です。
貝と蛸は、夫の自主的なお買い物。特に蛸はドイツには売っていないから買ってみたそうです。確かに、朝市のトルコ屋台で蛸のマリネを見かけた記憶はありますが、缶詰では見かけない気がします。
ちなみに帆立の缶詰は見つからなかったそうです。しかし、探しているうちにすっかり帆立モードに入ってしまった夫は、中華街で帆立と野菜の炒め物を食べたそうで、少々羨ましいです。

昨晩、夫は夕飯を済ませてくるという話でしたが、私がカレーを食べている真っ最中に帰ってきて、「今日はサンドイッチくらいしか食べてないから、このカレー食べてみようかな~」と言い出しました。辛い物は苦手なのに大丈夫か?と思ったら、案の定「ちょっと辛いね」。そりゃそうでしょう、5段階中4番目の辛口ルーに更に唐辛子を追加した代物なんですから。いちおう完食していましたが、夫にとってカレーはやはり「他に選択肢がない場合に仕方なく食べる物」でしかあり得ないようです。
[PR]
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/5916081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akberlin at 2007-04-19 02:57
白子!ポン酢でもみじおろしで・・・・と夢は膨らんだけど、きっと
違うんだろうな・・・。でも一応、グルメなご主人さまでツボを心得て
おられるようにお見受けしますが。タコだのホタテだの。なかなか
馴染みのない人には難しい買い物じゃないかと。

カレー、ウチの相方は好物です。もっとも私は中辛程度のしか
作らないんですが・・・。ごはんがものすごくすすむので最近、
なるべく作らないようにしてます。これ以上、太らせては
まずかろう・・・。
Commented by nyf1403 at 2007-04-19 03:26
カレー、うちの猪も大好きです。でも、優しいヨメはすこし辛さを控えております。そして、かならずクレームフレッシュを添えています。

優しいご主人様ですね〜。ホタテの缶詰、フランススーパーにはありますよ!
Commented by chibininn at 2007-04-19 03:26
ロンドン、ロンドン、ロンドン、楽しいロンドン、愉快なロンドン、ロンドン、ロンドン♪いいですね、海産物珍味セット~。ドイツではなかなか手に入らないですもんね。

我家では、Larsenというデンマークの会社のたらこクリームのチューブ製品(確かKavier Cremeという誇大な名前で売られていると思います)を活用してます。普通にパンに塗ってもおいしいですが、日本から買ってきた貴重な「たらこスパの素」に、みみっちくこれを足してたらこスパを楽しんでます。

旦那さま、白子、食べられるのですか?昔、香港で行われた会議に出たとき、いきなり初対面のアメリカ人に、「日本人はsperm食うって本当か?」と聞かれました。彼は、すごく気持ち悪いと思っていたらしく、「そうよ。おいしいよ。」と答えた私にドン引きしてました。
Commented by penguinophile at 2007-04-19 22:34
akberlinさま:

私もまさしく「ポン酢で・・・いやでもきっと何かちょっと違うんだろうな」と思いました。結局のところ、開けてみるまで正体不明(笑)。でも実はさっき、某ブログで全く同じ缶が「激マズで猫も逃げた」との評価を受けているのを発見してしまいました(呆然)。

夫はグルメとはほど遠いですが、貝類は好きらしく、東京で寿司の食べ放題に連れていったら、貝はほぼ全種制覇してました。

独欧州殿、カレーは好物なのに、御飯が進みすぎるんですね(--;;。あれ?でも先日拝見した写真では全然太ってなかったような。実はあれは使用前写真ですか?(爆)
Commented by penguinophile at 2007-04-19 22:39
nyf1403さま:

あれ、ここにもカレー好きな独産夫サマが。いやぁ、私も夫が食べると知ってたら手加減したんですけど、なにせ夫の留守中に自分専用に作った物の残りだったんでねぇ。これでますます苦手感を増したことでしょう(^^;;。

ホタテ缶、フランスにはありますか。さすがグルメ王国!実はブルージュでもスーパーを覗いたけど、そこには置いてなかったんです。
Commented by penguinophile at 2007-04-19 22:53
ちびにんさま:
あぁ!キャビアクリームってスーパーで見た事あるような気が・・・実はあれがタラコだったんですね。今度試しに買ってみます!
値段も色もキャビアとはほど遠いブツブツにやはりキャビアという名前がついていたのを見た事があるような気がするんですが、魚卵は全部キャビアなんでしょうかね?海老もカニもKrabbeでいまいち区別ついてないみたいだし。

夫は白子は未体験だと思いますが、基本的に魚卵は苦手なので、白子もダメかも。好奇心が強いので試す気はあるらしいですが、どうやらこれは怪しい缶らしいので、ますますダメかも?
Commented by anthonberg at 2007-04-20 01:46
John Westはドイツで売っていないんですか??デンで売っているからつい売っているのかと思っていました。
私の場合はあんまり用がないんですよね、魚系買えないし。(^^;;;
なのでたらこがあるとは知らなかった!いや、たらこじゃなかったんですね。(笑)
でも実際たらこの缶詰って売っているんですか?
ちょっと興味ありありです。
タコ缶も面白いですね〜。
chibininnさんが書いているLarsenのチューブ知ってる〜!!
でもデンマークも海の国なのに魚を食べる人が少ないので凄い値段なのよね。あの値段なら魚食べないで肉にしようと思うのがわかる気がする。penguinophileさんの旦那さまも魚はあまり食べないんですね。うちも。でも肉食ばかりだとやっぱり血がどろどろな気がしません?(^^;;;
Commented by ラメ at 2007-04-20 02:33 x
海産物缶詰のお土産いいですね♪
でもネコも逃げる程の白子とは……(℃_゜;)
開けたらぜひ感想をお聞かせ下さい。
うちの旦那は、カレー好きじゃないんですよ~
辛いのは好きなんですけどね。
カレーキライだとメニューが困ります。
Commented by raquel_2006 at 2007-04-20 03:35
うちの夫も来週ロンドンに出張です。でも、私達はお互いどこにいってもお土産を買ってこない関係の夫婦なので、黙っていれば土産は期待できませんが。

それでその白子、食べないのですか?ぜひ味の感想をきかせてほしいです。日本で白子のてんぷらみたいなの食べたけどおいしかったよ。生がむりなら調理してみる?つぶしてお好み焼きに入れたりして。そこまで無理して食べることないか!
Commented by glueck-ss at 2007-04-23 02:40
帆立の缶詰、この土曜日のおフランスへの買出しの際に
手に取ったのですが、一缶6.5ユーロというお値段に
また棚に戻してしまった、貧乏人です・・・・。
Commented by ちえ at 2007-04-23 03:52 x
ホタテの缶詰はアメリカにも無いよ。なんかで欲しくて探して、日系のスーパーに行っても無かったか、とんでもなく高かったかのどちらかだと思う。アメリカでそういう東洋系海産物の缶詰は Geisha というメーカーのシリーズが主。なんで娼婦の名前のついた缶詰なのかと思うと二の足を踏んで、未だに買った事なし。他のメーカーの蟹缶は結構安いのでわりとしょっちゅう使っている。
じゃあ、辛口のカレーのルーを持って行ってあげるね。私は韓国のおばさんの作った辛〜いスパゲティーを食べてお腹を壊して数日後に、日本のカレーの辛口を食べたらまたまたお腹を壊してしまった。それ以来辛いものは避け気味。やっぱ年かも。
Commented by penguinophile at 2007-04-23 22:16
John Westってイギリスの会社ですかね?ドイツで見た記憶はありません。でもちょっと検索してみたら、同じJohn Westから出ている"Pressed Cod Roe"はちゃんとタラコみたいです。
うちの夫は、魚卵は苦手ですが、魚は好きですよ。ためらいがちなのはむしろ私の方かも。だってなんだか高いくせにイマイチなんだものー。いつまでも日本の魚と比べてちゃいかんのですがね・・・。
Commented by penguinophile at 2007-04-23 22:21
ラメさま:
猫が逃げる白子って何だかスゴ過ぎですよねぇ。でも最初から「不味い」と覚悟を決めておけば、失望する心配もないので、頑張ります(って何やら修行と化してる?)。
辛い物が好きだけどカレーは好きじゃないドイツ人と辛い物は苦手なのにカレーは大丈夫な日本人・・・ううーん、ちょっと不思議な日独カップルかも?
Commented by penguinophile at 2007-04-23 22:28
ラケルさま:
うちも今回はたまたま聞かれたし頼みましたが、基本的にはお土産ナシが基本ですよ。気になるいい物があれば買えばいいんで、義務みたいに必ず買う必要はないと思っています。

白子、ちょっと(いや、かなり?)意欲と勢いをそがれましたが、必ず挑戦いたします(いつの日か?)。そう、生が無理なら調理するしかないですよね。前もって湯通しすれば少しは食べやすくなるでしょうか。ムニエルのレシピを見かけましたし。つぶしてお好み焼き、なるほどその手もあったか・・・
Commented by penguinophile at 2007-04-23 22:31
glueckさま:
一缶6.5ユーロ!それって約1000円?ダメだ、私も棚に戻しちゃいます。貧乏人仲間ですね。ってそんなお仲間でも嬉しくないか。トホホ~。
Commented by penguinophile at 2007-04-23 22:37
ちえ さま:
帆立缶詰はアメリカでも幻の食材(大袈裟?)でしたか~。ドイツのアジアスーパーでGEISHAブランドのサバ?の缶詰を見た事があります。買わなかったけど面白かったからこっそり写真を撮った記憶が(笑)。ドイツのスーパーで売っている魚の缶詰は、トマトソースやかクリームソース味が多い気がします。個人的にはツナみたいにシンプルな素材缶の方が使いやすいんだけど。
ちえ様は昔から辛い物はあまり得意じゃなかったような・・・レトルトの黒カレー食べてヒーヒー言ってなかったか?
by penguinophile | 2007-04-19 01:45 | 徒然 | Trackback | Comments(16)