猫またぎ缶報告

先日の倫敦土産soft cod roes、夫にうながされて重い腰を上げ、週末に挑戦いたしました。缶を開けたらこんな感じ↓
c0076387_195085.jpg

う~ん、やはりタラコじゃなくて白子でしたね。わかっちゃいたけど残念!
生で食べる勇気はなかったので、湯通ししてから、オリーブオイルやガーリックやハーブと炒めて、トマトと一緒にパスタにからめて、頂きました。そこまでやったらさすがに生臭さも消え、美味しいとまでは言えませんが、普通に食べられました。しかし、台所には生臭い臭いが残り、しばらく窓を開放しておかねばなりませんでした(ヘッポコ換気扇はこれだから困る!)。
しかし、せっかく(いちおう)白子(の端くれのハズ)なのに、こんなに気合を入れて風味を消してしまったのは、なんだかもったいなかったような気もします。実はもう一缶あるのですが、さてどこまで冒険したものやら、目下検討中です。

翌日曜日は張り切ってベアラウフ(行者ニンニク/クマネギ)入りの餃子を作りました!
・・・ってたかが餃子ごときで騒ぐのも大袈裟ですが、私は皮から自作するのは初めてだったのです。ニラに似た風味のベアラウフが朝市に出回っているうちに一度は餃子で食べたくて、「皮が売っていなければ作るしかない」状態。しかしなにぶん不慣れなもので、やたらと時間がかかり、皮を作っている途中で飽きてきちゃいました(ちなみに包むのは夫におまかせ)。出来上がりは、とっても美味しかったです♪・・・が、もしや単に空腹だったせい?(^^;
ベアラウフの匂いが、前に買った時よりだいぶ弱かったのが、残念でした。これはもうシーズン終了間近だからでしょうか?来年はもっと早い時期に挑戦すべきかもしれません。
[PR]

by penguinophile | 2007-05-16 01:19 | 徒然 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/6097638
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ラメ at 2007-05-16 02:37 x
ぅおっ(`д´;)
白子はなかなか迫力の写真ですね。
でもやっぱり猫またぎな感じだったんですね…。
うーん、どうやったらおいしく食べられるんでしょうか。。
また挑戦したら報告して下さい♡
Commented by nyf1403 at 2007-05-16 03:02
うーん、迫力です。みなさんは、どうやって召し上がるんだろうか・・。ご主人様の感想はいかがでしたか?
ベアラオホ、庭に自生しています。近かったら摘みに来ていただくのになー。ハイルブロンに転勤させちゃえー。
Commented by raquel_2006 at 2007-05-16 04:24
このさいポン酢(なければおしょうゆと酢をまぜて)に浸してそのままいってみてはいかがですか?(他人事なのでなんでも言える)

餃子の皮は自作するとおいしいですよね。でも、わかります、飽きるっていうの。うちはもちろん包むのを手伝ってくれないので、具を作って皮をつくって伸ばして具をつめているうちに、なんでこんなことまでして・・・王将でテイクアウトしたい!って辛くなりますよ。
Commented at 2007-05-16 04:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by まき at 2007-05-16 11:04 x
餃子の皮はつくる方が断然おいしいですよねー。あー、よだれ。
「白子×レシピ」で検索すると、意外と洋風なものが多いんですね。ビックリ。リンク先は、素材もありそうで美味しそうでしたよ。

週末に北海道へ行ったのですが、エゾ山桜が見頃、行者にんにくも食べ頃でした。でも、アスパラはまだ。ドイツよりも寒いんですね。旦那様のばあちゃんが白アスパラ工場に勤めてた話をきいて驚きましたわ。
Commented by penguinophile at 2007-05-17 00:12
ラメさま:
この写真、私のPCだとほぼ実物大かそれ以上かも・・・ちょっとコワイかも・・・(^^;
最悪を予想していたので、思ったよりマシという感じではあったんですが、美味しいとまでは行きませんでしたねぇ~。
Commented by penguinophile at 2007-05-17 00:18
nyf1403さま:
缶の写真はそのままクラッカーに乗せて前菜にしてるみたいですが、イギリス人的にはどう受け止められているのやら、謎ですね(^^;。夫は一般的に魚卵は苦手なのですが、今回は大丈夫だったみたいです。実は白子よりタラコのブツブツの方が苦手という可能性はありますね。
自生ベアラウホ、いいな~。転勤申請!
Commented by penguinophile at 2007-05-17 00:22
ラケルさま:
そのままだと抵抗ありますが、湯通ししてからレモン醤油で・・・というのが「冒険バージョン」かな、と思っています。

私は料理に凝る方では全くないので、王将と言わずスーパーのお惣菜コーナーか冷凍食品でも、あればそっちに流れちゃいますわ~。
Commented by penguinophile at 2007-05-17 00:23
鍵コメさま:
あれれ、そんな事になっちゃいましたか、いや別に大した事は書いていないんですが。了解です~
Commented by penguinophile at 2007-05-17 00:27
まきさま:
リンクどうもです。ムニエルは「安全バージョン」かな・・・いやでも「中身とろ~り」が楽しみなようなコワイような、何やら微妙な線ではあります(--;

行者ニンニクって日本ではお目にかかった事がない(と思う)んですが、北海道では普通に流通していんですか。どうやって食べているんだろう?白アスパラも日本では缶でしか見た事がありません。
Commented by anthonberg at 2007-05-18 03:22
お久しぶりですー。白子美味しいですか?!
私食べた事ないかも…。とても高級食な気がして一度も食べた事も料理した事もないです。
penguinophileさん、料理上手なんですね。
トマトと一緒にしたら白子の味がトマトになっちゃいません?ってか本当に白子の味を知らないので想像がつきません。(^^;;;

うちもニンニク一杯使う(今日も大量)のですが、寝室のドアを閉めておかないと大変な事になります。(^^;;;
でも日本にいた時も換気扇だけでは駄目だったから窓を開けていたので今もあんまり変わらない気がします。比べるとデンの換気扇はあってないようなレベルのものだなと思います。
Commented by chibininn at 2007-05-20 04:51
猫またぎ、って言いますが、実際には猫はグルメで食い物に、非常にうるさいですよぉ。私が見てもおいしそうな猫缶、跨れまくってますから~。

見た目は立派な白子ですね。鍋に入れるとかはダメですかね。逆に生臭くなっちゃうかな?
Commented by MOMO at 2007-05-20 22:57 x
この白子はえぐいな~。MOMOはダメかも・・・
日本で食べる白子もなかなか自分では・・・どうも、見かけが悪すぎる。ところで、ベアラウホは、加熱すると香りが少なくなります。
生の葉を包丁でみじん切りした状態が一番、ニンニク臭いとMOMOは思うのですが・・・・
Commented by penguinophile at 2007-05-22 05:20
anthonbergさま:
ぼちぼち復帰中ですか~?
白子、日本だと居酒屋チェーンでも置いてありそうな気がするので、高級という意識はありませんけど、私も自分で調理したのは初めてです。タラコを狙ってうっかり入手しちゃった白子、トマトも風味消し大作戦の一環でした。
私は料理は全然ダメダメですよ。もともとやる気ないのに、結婚相手がドイツ人じゃモチベーションが上がる訳なし!・・・ってのは暴言?言い訳?
Commented by penguinophile at 2007-05-22 05:23
ちびにんさま:
この白子缶、お宅のグルメ猫ちゃん達には、またいでも頂けないかもしれません(--;。
猫以下の舌を持つ身としては、二缶目はやはりもうちょっと冒険してレモン醤油か鍋物かなー。
Commented by penguinophile at 2007-05-22 05:28
MOMOさま:
白子、今回はうっかり入手しちゃいましたが、私も自分から進んで買う食材ではないですね。
ベアラウホ、熱を通すと香りが減りますか~。残りを卵とじにした時はそれなりに匂いも楽しめたんですけどね。前に買ったのはビニール袋を開けた途端にプーンと匂ったのが、今回は全然だったんですよ。ちぇっ。
Commented at 2007-05-24 03:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penguinophile at 2007-05-24 19:46
鍵コメさま:
さすがにエキサイトどうしならOKだったみたいですね。そして、可愛いオマケまで♪使わせて頂きます、ありがとうございます!
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31