親馬鹿日誌・3ヵ月

早いもので、息子が産まれて3ヶ月が経ちました。「最初の3ヶ月は特に○○に気をつけましょう」などという記述を何度か読んだ記憶があるので、まずはこの日を無事に迎えられた事に感謝!

ほんの3ヵ月前には胎児に毛が生えたようなもの(?)だったのに、今ではすっかり立派な「赤ちゃん」になり、体重倍増、手も足もぷくぷくです。
最初はブカブカだった洋服が、今ではもう小さ過ぎて入らなくなっています。最初は目もよく見えていなかったのが、今ではあちこちキョロキョロ。片方の口角を上げる程度の微笑だったのが、機嫌がいいとよく笑うように。扱うのが怖い程ふにゃふにゃだったのが、首が座ってきてずっしり。豚のような音しか立てなかったのが、「あう」だの「えお」だのおしゃべり。
新生児時代はもう二度と戻っては来ないと思うと、早くも懐かしむ気持ちが芽生えてきちゃったりして。

かなり甘ったれの腹ペコ坊主で、空腹時はもちろんの事、抱っこをせがんで泣く事も多くなりました。「愛してもらいたいという欲求は、ほとんど先天的なものなのかなぁ」などと思ってみたりもします。
一人にするとすぐに泣き出してしまうせいで、私は授乳や抱っこをしながらできる事が増えました。自分の食事を取りながら同時に息子に授乳する私を見て、夫は「フードプロセッサー」と笑います。

息子はやはり夫に似ていると言われる事の方が多いようです。私自身は「そうかなぁ?」と思っていたのですが、夫の実家にあったアルバムを見たら、夫や義弟の赤ちゃん時代の写真が、呆れるほど息子に瓜二つだったので、観念しました(?)。
「パパにそっくりね~」と言われると、夫は何やら得意げな様子ですが、お腹を痛めて産んだ私としてはいまいち面白くない。
「まぁまぁ、君の子供なのは間違いないんだから」・・・そりゃそうでしょう(私の腹から他のオンナの子供が出てきたら驚くわい)。
「でも何かの間違いで僕のクローンだったりして」・・・ってオイオイ!



姉が遊びに来てくれた時の息子へのお土産↓
c0076387_3243915.jpg

すごい量でびっくり・・・ちなみに個人的ヒットはプーさん帽子でした(耳つきがツボ)。
[PR]

by penguinophile | 2007-09-13 03:37 | 子供 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/6934928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まき at 2007-09-14 01:18 x
おねえちゃん、やさしいなぁ。本は重くてとてもこんなに持っていけなかったよ。やっぱり家族はありがたいよね。
そうか。私はハンサムな人と付き合ってた時は、相手に似るといいなぁと思ってたなぁ。相手にも寄るよね(笑)でも、こないだTVドイツ語見たいな番組にでてきた神奈川のドイツスクールにいた子たちはみんなだんだんオリエンタルの血がはっきり出始めていたよ。どんどん変わって2倍楽しめるね。
Commented by chibininn at 2007-09-14 04:01
昔、貝割れ大根を育てていたとき、秒単位?で大きくなるのがわかって、すごく楽しかったです。人間も生まれてからの数ヶ月は、貝割れ大根並みの成長率なのかな(って、失礼な表現かしら?すみません)。どんどん、すくすく大きくなって、ドイツと日本の両方のいいところをあわせもったイケメンに成長してくれることでしょう。

じゅげむまで持ってきたお姉さん、やっぱり日本語も堪能なお子に、という日本のご家族のお気持ちがヒシヒシですね。
Commented by ちえ at 2007-09-14 04:25 x
プラス、サンタロサまで往復車で4時間かけて本家シュルツ・ミュージアムまで買いに行った、赤ちゃんより大きいスヌーピーのぬいぐるみがあったということを付け加えておこう。
日本の本や CD の類いのほとんどはアメリカで手に入れたので値段が5割増だった事も...。
Commented by 東風 at 2007-09-14 14:27 x
ドイツ人と日本人の親をもつ子供はとってもかわいいんだよーと私がドイツ語を習い始めた頃、同じクラスの日本人女子たちが言ってました。今はパパ似でもじきにママに似た表情になったりしますって!
子ペンギンちゃん、日本語はお母さんから習うことになるので、女の子言葉になってしまうかも。でもpenguinophileさんが男言葉を使うわけにもいかないですものねー。
Commented by penguinophile at 2007-09-14 21:06
まきさま:
実は他にも私へのお土産(日本食材!)がたんまりあり、なんだか半端じゃない荷物の量でした。よく超過料金取られなかったね!?みたいな。
いや、別に自分の顔が夫の顔より綺麗だから自分の方に似て欲しいとか思っている訳では全くないのですが、「西洋人顔だ」と言われると、「頑張れニッポン!」みたいな?(笑)
Commented by penguinophile at 2007-09-14 21:17
ちびにんさま:
貝割れ大根って秒単位で成長するんですか!それは負けたわ。っていうかそんなスピードで成長されたらこっちの足腰がもたないが・・・。でも日あるいは週単位では確実に成長してますから、見てて面白いですね。
「日本語であそぼ」は時々観ていましたが、CDになっていたとは姉にもらうまで知りませんでした。
Commented by penguinophile at 2007-09-15 02:27
ちえさま:
ごめーん、スヌーピーが抜けてました。それだけで荷物一つに数えられる重要人物だというのに(笑)。追記しようかと思ったけど、ついでにシュルツ博物館の写真まで発掘したら懐かしくて載せたくなったので、別記事にします。
そう、5割増・・・高い!しかしデュッセルドルフの本屋で見た価格はだいたい元値の3倍、つまりアメリカの2倍。同じ海外なのになんでそんなに違うんだろう~(涙)
Commented by penguinophile at 2007-09-15 02:31
東風さま:
中学校の時に同じクラスだったアメリカ帰りの男の子で、女の子言葉が時々出ちゃってからかわれてた子がいたのを思い出しました。でも多少おかしかろうが、日常会話をこなせるレベルにまでなれば御の字ですわ。どうなることやら・・・
Commented by ちゃこ at 2007-09-30 18:52 x
私的には「じゅげむ」がヒット♪渋~い(笑)
やっぱ~パパも親バカなのね。
Commented by penguinophile at 2007-10-02 01:38
ちゃこさま:
「じゅげむ」、私は「じゅげむじゅげむごこうのすりきれ」までしか知りませんでしたけど、長いのねー。「グーリンタイのポンポコピーのポンポコナー」とか(笑)。ちゃんと落語で聞いてみたいですわ。
パパ、親バカ入ってると思います、はい。
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30