予防接種/die Impfung

先週末から今週末にかけては、夫が10日間に渡って出張していたため、プチ母子家庭状態でした。私が学校に行っている間に子供の面倒を見る人がいなかった訳ですが、先生に事情を話したところ「連れてくれば?」と言われたので、調子に乗ってホントに子連れで通学してしまいました。模試をやった日はぐずってしまいダメダメでしたが、普通の授業の日はいい子にしていてくれたので、先生やクラスメートに助けられつつなんとかクリア(^^)v。来週と再来週は秋休みです。ついこのあいだ新学期が始まったばかりなのにもうお休み!?って感じですが。

月曜日には、学校を休んで小児科に行きました。息子にとっては生まれて始めての予防接種を受けるためです。太ももに注射針を刺された時はさすがに泣き叫びましたが、抱いてあやしたらすぐに落ち着き、服を着せてキャリアに入れたら速攻で爆睡。その後、発熱などの副作用が出るかもしれない・・・とドキドキしながら観察していたものの、何の症状も出ずにすみ、ホッとしました。

その時にもらった予防接種手帳↓
c0076387_113530.jpg

日本では、大人の予防接種は、海外旅行で僻地に行く場合を除けば、人によってインフルエンザを受けるという程度ですよね?ドイツでは、大人でも標準的に受ける予防接種があるらしく、夫も同じような予防接種手帳を持っています。というか逆に、私が予防接種の記録ノートを持っていないと知った夫は、すごく驚いていました。標準的な予防接種は、私も受けた方がいいのでしょうが、気付いたときは既に妊娠していましたし、婦人科の医師によると母乳育児中もやめたおいた方が無難らしいので、受けられるのはまだちょっと先になりそうです。

さて、今晩は夫が久しぶりに帰宅します。夕飯は何を食べさせてあげようかな~、などと良妻らしい考えが頭をよぎったものの、出張先のフランスで美味しいものをたらふく食べていやがったと判明したため、ドイツ式の夕飯(=パン、チーズ、ハムなど)に決めました。ホラ、外食が続いた後は、子供の頃から慣れ親しんだ食べ物の方が嬉しいでしょうからね~(う~ん、なんか言い訳っぽいな・・・)。

<メモ>
今回の予防接種(6種)の内容
・破傷風(独・英Tetanus)
・ジフテリア(独Dyphtherie、英Diphtheria)
・百日咳(独・英Pertussis)
(以上三種混合DTaP)
・ポリオ(独・英Poliomyelitis)(IPV)
・B型インフルエンザ(独・英Haemophilus influenzae b)(Hib)
・B型肝炎(独・英Hepatitis B)
以上6種は、満2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月、11-14か月の計4回投与。
[PR]

by penguinophile | 2007-09-23 01:13 | 子供 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/7028581
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 東風 at 2007-09-24 11:00 x
子ペンギンちゃん、おりこうさんですね!そして母子家庭ご苦労様でした。
この手帳、子供っぽいデザインじゃないところがガッチリ私の心を掴んでます!一生使うもの、と言う感じがします。私も欲しいです。冗談ゴトではないのです。
初夏に日本を襲った「風疹」騒動。職場から予防接種記録を確かめておくようにと言われ、実家に電話をしたところ、弟の記憶とゴッチャになっている母に「お金がかかる予防接種が風疹だったかしら?」と逆に確認された私。「大泣きした、しない」ぐらいしか覚えてない親御さんって多い気がします。学校で接種したものに至っては・・・。その時、ああ、母子手帳じゃなくて、これからは、個人が一生持つ手帳が必要になるだろうなあと。今後、しばらくは予防接種が自由意志の世代が社会に出るようになりますからねー。それに、海外で生活をする人も増えていくでしょう?この一冊に、年金のことも、税金のことも記帳できるようにしておくことができたら・・・。なんでも終わったらすぐに忘れる母の娘より。
Commented by nyf1403 at 2007-09-24 23:29 x
破傷風は大人も予防接種をするべきなんですよね、ドイツでは。確か10年ごとに新しく、って。でも、猪之助やってないし、私も。薬局で、「自転車乗るんでしょ、やっておいたほうがいいですよ」とは言われていますがね。
この手帳、うちの若旦那ももっておりますよー。
Commented by penguinophile at 2007-09-25 05:19
東風さま:
確かにこの手帳は一生モノらしいです。夫の手帳も、途中で違う形式に切り替わったらしいですが、赤ん坊の時からの予防接種記録が記載されているそうな。息子の手帳、なくさないようにしなくちゃ(^^;
実は私も、親に聞いて「えーと、どうだっけ?」となった経験があります。かかった事のない病気の名前なんて、いちいち全部覚えていられないし、ましてや時期までは絶対無理。おまけに年金や税金まで記載できる手帳なら、立派な身分証明書になりそうですねー。
Commented by penguinophile at 2007-09-25 05:21
nyf1403さま:
あー、大人がやるべきなのは破傷風でしたか。って実はよくわからないまま書いてたアタシ(笑)。せめてお互い怪我をしないように気をつけましょう!?
えっ!猫にも予防接種手帳があるんですか!?でも考えてみたら、人間より出入国の手続きが面倒な分、必要性も高かったりして。
Commented by はなはなマロン at 2007-09-25 12:41 x
6種混合? しかも太ももに注射? やっぱりドイツはスケール(!?)が違う・・。 日本は3種混合もちまちまと回数を重ねていかないといけないし、それ以外にもポリオのワクチンを飲ませたり、と何度も通わなければならないのです。そしてこ~んなに小さいのにインフルエンザワクチンを打つ、というのも驚き! 国によって医療に対する考え方は全然違うんですね。
Commented by まき at 2007-09-25 14:41 x
肝炎って予防接種効くの?初めて知った。 夫は相変わらず留守がちなのね…。大変だねえ。日本の友達のお腹からも男の子が出てきたよ。早いなぁ。あっという間だわ。
Commented by penguinophile at 2007-09-26 00:57
はなはなマロンさま:
日本の事情を知らないワタクシ、はなはなマロンさまのコメントを読んで初めて、ドイツのやり方が日本よりワイルドだと知りました・・・うーん、うちの息子、半分日本人なんだけど・・・大丈夫か?まぁ強く育ってくれ、みたいな(^^;

最後に1行加筆しましたが、今回と同じ注射は、これから一ヶ月おきにあと2回、そして1歳になる頃にあと1回受ける予定です。
ポリオは経口用の生ワクチン(OPV)ではなく、不活化ワクチン(IPV)を使っているようです。
B型インフルエンザ(HiB)は、普通のインフルエンザとは別物らしいですが、日本では実施していないそうな。
Commented by penguinophile at 2007-09-26 01:21
まきさま:
学校のお休みも結構多いのに、夫の出張とはなぜかぶつからない。ちっ。
お腹から出てくるまでも早いけど、出てきてからの成長はもっと早いよー。他人の子供は(たまにしか会わないから)成長が早いと思っていたけど、自分の子でも十分早いです。この洋服もう小さくなっちゃったのーっ!?、みたいな。
Commented by cleyera at 2007-09-29 12:50 x
日本で破傷風の予防接種をやるところもあるみたいです。私が昔つとめていた会社のある地域は、風土病に破傷風があるそうで、新入社員全員が予防接種を受けました。ドイツもそうなのかもしれませんね。
医療記録に関する手帳があるとはいいですね。予防接種・既往歴・薬へのアレルギーなどまめに記録しておくと、後々助かりますよ。医者への説明もらくになりますしね。言葉で説明するの大変でしょうから。
Commented by penguinophile at 2007-09-30 05:05
cleyaraさま:
日本でも破傷風の予防接種が標準的な地域があるんですね!知らなかったー。
言葉で説明するのは・・・無理です(爆)。実は今回の予防接種、医師に種類を説明されたものの一部よくわからないまま受けちゃって、うちに帰ってから予防接種手帳を見ながら辞書を調べました。って我ながらかなりアバウトな母親だ。大丈夫か?(^^;
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31