ボウリング/Kegelbahn

夫の職場の忘年会に赤子連れで乱入してきました。正確にはクリスマスパーティーという名目だったのですが、「仕事の後で、ボウリングして、会食して、管理職が今年を振り返り来年の目標をスピーチ」というのは、日本の感覚ではむしろ忘年会ですよね?

個人的に楽しみにしていたのが、聞いた事はあっても見た事がなかった、ドイツ式のボウリング↓
c0076387_2482066.jpg

面白いのは場所。なんとレストランの地下にあるんですよ~。「行きつけの飲み屋」があるドイツ人は多く、常連どうしでカードゲームやボウリングを楽しむというのが一つの娯楽らしいです。

日本のボウリングとの一番大きな違いは、ピンが10本ではなく9本で、三角形ではなく菱形に並んでいる事。また、ボールは小さめで、指を入れる穴はありません。助走部分とレーンの境界には、20~30センチほどの高さに紐が張ってあり、その下からボールを転がします。一度のプレイで3回投球できます。なお、スコアの記録は黒板とチョークでした(原始的!)。

私もちょっとやってみましたが、ボールに指を入れられないのが不便な以外は、日本のボウリングと大差ないように感じました(つまり私はどっちにしろ下手くそ)。ちなみにボールの大きさは2種類あって、私は小さい方でちょうど良かったですが、平均的日本人女子にはそれでも大き過ぎるかもしれません。

ちなみに夫の職場は外国人が多いので、ドイツ語と英語が飛び交っていました。そんな訳で久しぶりにまともに英語を話そうとしたら・・・ドイツ語は英語にひきずられ、英語はドイツ語にひきずられ、どちらもますますヘッポコな自分を発見・・・(--;;;
[PR]

by penguinophile | 2007-12-19 02:50 | 徒然 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/7766762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akberlin at 2007-12-19 18:35
おお、これがうわさに聞くケーゲルバーン!ベルリンにもきっと
あるんでしょうが、ケルンに来てからの方がよく目につきます。
近所のレストランにはなぜか地下に「ボーリング場、有ります」
と書かれたところが多くて・・・。なるほど、こういう感じなんですね。
私たちがやってるボーリングはアメリカに移民したドイツ人が
始めたとかとも聞いた気が・・・。
Commented by nyf1403 at 2007-12-19 20:01
私はまだやったことありません。なるほど、これで忘年会するんだー。職場的には、こうやって統計によるとこうなって、って人もいたんじゃないですかぁ。

いえいえ、ドイツ語も英語も使える自分を発見、と思わなきゃー。ポジティブシンキングこそ、撫子会の会則ですわよ、オクサマ!!
Commented by chibininn at 2007-12-20 18:13
おー、ボーリング場があるんですね。知らなかった。なんかレトロな感じがします。

わかりますー。私も英語がボロボロになりかかってます。かといって、ドイツ語が上達したわけでもなく。悲しい~。
Commented by penguinophile at 2007-12-20 22:11
akberlinさま:
レストラン地下ボーリング場の表示、私も見かけて気になっていたんですが、実物を体験できました~。

ボウリングの歴史、↓を覗いてみたら・・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/ボウリング
>近代のボウリングは、中世ドイツにおいてマルティン・ルターが悪魔払いの宗教儀式を基に作成した。

ルターさんにそんな功績(?)があったとは!更にアメリカで禁止法の穴を抜けるために9本から10本になったとか!かなり驚きました・・・
Commented by penguinophile at 2007-12-20 22:15
nyf1403さま:
統計を取る人はいませんでしたが、立て続けに3球投げたら1球分のスコアになるか、とか実験してる人はいました(笑)。

まぁ確かに質を問わなければ超簡単な会話ができる言語は増えたと言えるか・・・会則の遵守につとめます~。
Commented by penguinophile at 2007-12-20 22:20
chibininnさま:
確かにレトロでしたね。なにせ黒板とチョークだし。ドイツってレトロなものが結構残ってますよね。

うっかりしてると"Today must I Brot kaufen."とか平気で口に出ます。それでも夫にはちゃんと通じてしまうから更にマズイ。下手に半端に似ている単語があるから余計に混乱するのではないかと(--;
Commented by glueck at 2007-12-25 15:29 x
私もドイツではケーゲルンはしたことないです。
ボーリングと同じで倒せば倒しただけ得点になるんですよね?

英語・・・私も副詞を使ったら動詞を主語の前に持ってきたり、
接続詞を使ったら動詞は最後に、といったバイリンガルです。
(撫子会の会則にのっとり、かなり前向きな表現)
Commented by MOMO at 2007-12-30 01:35 x
レストランというと聞こえがよすぎる。ドイツ料理居酒屋といったほうが、いいかも。と言うMOMOはまだ行ったことがありません。日本の大ホールのような、娯楽施設と違うことは、わかっていたし、
土地のおじちゃんたちがビール飲みながら、ボール転がすところと思い込んでいます。
でも、写真をみるかぎりでは、MOMOの想像はかなり当たっていると思われますが・・・・
Commented by penguinophile at 2007-12-30 02:55
glueckさま:
はい、ボーリングと同じで倒しただけ得点になるのだ・・・と思います。なにせ黒板とチョークだったし正式にはよくわかりませんが(笑)。

そうそう、語順が特にひきずられるんですよねー。
Commented by penguinophile at 2007-12-30 02:58
MOMOさま:
ケーゲルバーンを経験した撫子は実は少ないのか!?おっしゃる通り、常連のおじちゃん達がビール飲みながらボールでも転がしとこっかー、という雰囲気です。まぁこのお店はいちおうレストランと読んでもいいくらい小奇麗でしたけど。
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31