Frohe Ostern!/復活祭おめでとう!

今週末は復活祭休暇で4連休。うちには不信心者と葬式仏教徒と洗礼も受けていない0歳児しかいないので、キリストの復活を祝う信仰心は持ち合わせてないのですが、春の訪れを祝いたい気持ちになる季節です。
c0076387_0592794.jpg

写真後方に写っている雌鶏&雛は、なんだか幼稚園児の工作みたいですが、週に一度参加しているプレイグループで教えてもらって作った物です。ところで皆さん、卵の殻を割らずに中身を抜いた事はありますか?私は今回が初挑戦でした。工作の本で「穴を開けて中身をストローで吸い出す」と読んだ記憶がありますが、ドイツではサルモネラ菌が心配で生卵は食べていないので、ストローで吸うのはちょっと躊躇。結局、上と下に小さな穴を開けて、楊枝で中をつついて黄身を割り、上の穴から息を吹き込んで、下の穴から中身を出しました。ただし、前もって洗ったとは言え、卵の殻にばっちり口をつける訳で、サルモネラ菌的にはどうよ?という一抹の不安も(^^;。ちなみにドイツで売っている卵にはよく鶏の羽や糞がついているので、買う前に紙製パックを開けて中を覗き、なるべく綺麗な商品を選ぶようにしています。

手前右に写っているのは、卵に色を塗って隠すという復活祭のウサギを模したリンツ(Lindt)のチョコレート。リンツはもともとスイスの会社だと思いますが、ドイツでもよく売られています。ちなみにドイツ語でウサギはKaninchenとHaseの二つがありますが、復活祭のウサギはOsterhase。

手前左に写っているのは、てんとう虫(Marienkäfer←マリア様の甲虫!?)を模したチョコレート。てんとう虫は春の象徴で、他に茶色一色のカブトムシみたいなMaikäfer(コフキコガネ←知らない・・・)のチョコも売っています。てんとう虫グッズは日本ではあまり見かけた覚えがありませんが、ドイツでは幸運のシンボルなのか、よくモチーフに使われるらしく、うちの息子の玩具にもいくつかあります。そういえば馬をモチーフに使った商品も日本より多いような気がしますが、これは乗馬が身近なためでしょうか。川沿いや湖の遊歩道で馬に跨った子供を見かける事もありますし、町角のKioskの前に馬が立っていた事すらありました。

私達は復活祭休暇を夫の実家で過ごします。24時間ドイツ語漬けは(わからない事に)慣れてきたのでいいのですが(←いいのか?)、息子がちょろちょろ動き回るようになったので、何をやらかすやらちょっと心配。更に、寒くて雪の予報も出ているので、夫に「あなたの家族は雪が降っても散歩するの?」と聞いたら、「うん、帽子をかぶって手袋をはめてね」とあっさり。雪中行軍、0歳児も強制参加なのだろうか・・・?
[PR]
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/8489751
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maki at 2008-03-22 13:03 x
まぁ。日本は桜が咲いたというのに。寒そうな。札幌でも、雪祭り時期の雪中行軍は必須です。人手のせいで、インフルエンザが蔓延するんですよね。風邪引かないようにね。
Commented by duke togo at 2008-03-24 19:59 x
出張先から拝見しております。
仏教の行事はそれなりに知っているのですが、キリスト教のそれは由来も何もほとんど知りませぬ。興味はすごくあるのですが、本など読んでも今ひとつピンとこないっす。こんなんでよくマタイなど歌ってたものだ。過ぎ越とか四旬節とか。
イースターはクリスマスの次くらいに大事な行事ですかね。他に暮らしに密着した行事にはどんなのがあるんでしょう。(って質問コーナーじゃないですね(^^;)
雪中行軍するなら、ぜひ八甲田山ごっこをやって下さい(^^)
Commented by penguinophile at 2008-03-25 05:09
makiさま:
いやぁ、雪祭りの札幌でなら私も勇んで雪中行軍するんですが。ちなみにこっちは人混みどころか「森」です(笑)。結局、雪どころか雹まで降る天気の隙を狙って行軍したんですが、お陰様で風邪はひかずにすんだようです。
Commented by penguinophile at 2008-03-25 05:31
duke togoさま:
出張お疲れ様です。
私は仏教行事も神教行事も知らなくてお恥ずかしいばかりですよ。
日本の知名度とは逆ですが、キリスト教ではクリスマスよりもむしろイースターの方が重要らしいです。贖罪は生誕よりも意味が重いという事かな?教会行事上の新年もイースターだとか。あと重要なのは聖霊降臨祭?でも暮らし密着度では見劣りするような気が。(以上はうちの不信心者からの受け売り)
八甲田山ごっこ!コワいこと言わないでくださいまし~。あの映画、ずぅーっと前にテレビで一度見たきりなのに、怖いシーンが2つほど未だに記憶に焼きついているんです・・・(--;
Commented by MOMO at 2008-03-27 02:54 x
卵の中身を取り出すポンプが売っているんですよ~。
MOMOも今年は、卵飾り、作りました。ゆで卵の賞味期限が気になるので、中を取り出した殻だけの飾りに挑戦です!!!
Commented by ちえ at 2008-03-27 03:59 x
復活祭に一番熱心なのがギリシャ正教だそうで、プログラミングのクラスで、グレゴリオ暦とジュリアス暦でのギリシャ正教の復活祭の日にちを計算するプログラムを書かせされた。もし、私のプログラムが間違っていなければ、今年の復活祭は
The Julian day for Orthodox Easter is April 14, 2008
The Gregorian day for Orthodox Easter is April 27, 2008
だそうで、来月らしいです。こんな手作りの復活祭ものもあるのだよということで...。
チビペンに会いたい。でもドルが弱すぎ!
Commented by penguinophile at 2008-03-30 06:11
MOMOさま:
えぇっ!そんなポンプが売ってるんですか!びっくり。実は私、赤ん坊の鼻水吸い用スポイトを流用しようとしたんですが、大きさが合わず断念したという(苦笑)
MOMOさんの卵飾り、拝見しましたが、色も絵も可愛いですね~。市販のゆで卵は結構どぎつい色が多いですよね。夫が車のディーラーでもらってきたのを食べたんですが、中身にまで色が移っていて、無害とわかっていてもなんだかちょっと気持ち悪かったです。
Commented by penguinophile at 2008-03-30 06:17
ちえさま:
え、ギリシャ正教の復活祭は違う日なんだ!知らなかった・・・。なんだか今年はイースターがやけに早かったみたいで、まだ冬の寒さでしたよ。お陰でカーニバルも里帰りと重なってしまったし。
ちびぺん、目を見張る成長ぶりですよん。(でもそっちはまずは箱詰めだよ!)
by penguinophile | 2008-03-21 01:01 | 徒然 | Trackback | Comments(8)