夏、真っ盛り。

ここ一週間ほど「盛夏」という表現がぴったりの気候のドイツです。とは言え、熱帯夜の寝苦しさとは無縁なので、東京あたりの不快指数爆発状態とは比べ物になりません。もっとも、2年前にフランクフルト駅前の某有名四つ星高級(のはずだが冷房設備はない)ホテルに泊まった時は、寝苦しいほど暑かったので、都会と田舎の違いもあるかもしれません。お天気は変わりやすく、今朝は買物に出ようと思ったら大粒の雨が降ってきたので、諦めて家の中に戻ったらゴロピカドン。先週の土曜日は夕方に集中豪雨があり、たった一日で7月平年値の2~3倍の降水量が記録されたそうです。雨の前には雹(der Hagel)も降り、ベランダに落ちた雹には直径2.5cmくらいの大きな粒もありました↓
c0076387_0443391.jpg

ドイツでは夏はバーベキューが人気で、庭先で家族や友人が集まってジュージュー焼いているのを見かける事があります。Y君、H君、Mちゃんが住んでいるアパートの中庭でバーベキューができると聞きつけ、肉とサラダとスパークリングワインを担いで押しかけました♪
c0076387_045533.jpg

ポータブルのBBQグリルではなく、ずいぶん立派な「釜」でした。夫に言わせると、ドイツのBBQは「肉、ビール、サラダ、パンまたはジャガイモ」の4つが定番だとか。でも考えてみたら、肉とかビールとかジャガイモとか、BBQに限らずいつでもどこでも定番のような気もします。この日、一番笑ったのは、H君のオムツ交換姿に感激した(?)Mちゃんが、カレの大事なところに手を伸ばして触ろうとした事!幸いこの逆セクハラ事件は周囲の説得により未遂に終わりました。

もう一つ、老若男女を問わず多くのドイツ人が大好きなのがアイスクリーム(das Eis)。テイクアウトのアイスクリームは1玉50セント(約84円)、パフェは3~5ユーロ(約504~840円)程度↓
c0076387_0473033.jpg

ドイツ語では、アイスクリームが主力商品の喫茶店はdas Eiscafe、コーヒーフロートはder Eiskaffee。いわゆる「アイスコーヒー」は、デュッセルドルフ日本人街以外では見かけた事がありません。Eiscafeは、店も経営者もイタリア風の名前が多く、アイス自体もどちらかと言えばさっぱり系のイタリアンジェラートっぽいかも。

ドイツの夏は短いので、せっせと息子に夏らしい服を着せています。私の従兄から出産祝いに頂いた甚平♪↓
c0076387_049844.jpg

うちのガイジン夫はこの金魚柄を見て「Koi」と言いました(違)。ちなみにドイツ語で鯉はder Karpfenですが、錦鯉はKoiの名で親しまれており、愛好家もいるようです。
[PR]
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/9327705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chibininn at 2008-07-30 16:01
金魚の甚平さん、可愛い~。お坊っちゃまんの栗色の髪のせいか、でも、甚平っぽく見えないっす。

アイス1玉50セントって安い!ミュンヘンだと最低80セント、普通1ユーロくらいするかも。
Commented by nyf1403 at 2008-07-30 16:04
ちびにんさんに賛成。甚平っぽくみえません。
それから、アイス1玉50セントは安い。HNで一番安いのが60セント、あとは、70、80です。州首都は1ユーロ以上しています。私が初めてデュッセルドルフで食べた20数年前は50ペニヒでしたわ。。
Commented by どいつりす at 2008-07-30 23:18 x
アイスの値段比べですか!
ふふふ~
ここも、一番安いのは50セントです~

姪、甥にやはり甚平を贈ったことがあります。
そうか、一瞬しか着ることができないのですね・・・
かわいいお姿、一瞬だけ~

夫も私も肉やビールに興味がないので、ここでバーベキューを経験していません。
雰囲気だけでも味わいたいのだけど・・・・
「夫は肉を食べない」と言うと、招かれないのです・・・
とほほ・・・
Commented by penguinophile at 2008-07-31 00:57
chibininnさま:
甚平っぽくありませんか?実は「ガイジンオヤジの温泉浴衣姿っぽい」という説もあり・・・(^^;;
あれれ、50セントは田舎価格なのね!(笑)それにしても倍もするとは違いすぎです。私にとってアイスクリームはユーロ高の今でも日本円に換算しても激安に感じる商品なのに。
Commented by penguinophile at 2008-07-31 01:00
nyf1403さま:
チャンスがあれば前からの姿をお見せしたいところですが・・・生で見てもやっぱり温泉旅館のガイジンオヤジ客っぽかったりして(笑)。
最低60セントとは、やはり徒歩圏内に外国人局がある町に微妙に負けましたわ。いや負けて大いに結構なんですけどね、アイスの価格に関しては。そして州都はやはり2倍の1ユーロかー。
Commented by penguinophile at 2008-07-31 01:07
どいつりすさま:
あっ、50セントの声が!さては田舎在住仲間でしょう!?(笑)しかし田舎度がアイスの価格で測れるとは気付きませんでしたわ。
甥っ子・姪っ子ちゃん達、甚平はお気に召したのでしょうか。この暑さがしばらく続けば一瞬ではないでしょうが、いつまた涼しくなるかわからない上に来年はもう小さ過ぎるかもしれないので。
うーん、ビールはともかく、肉を食べられない人は、バーベキューには誘われにくいでしょうねぇ、確かに。でも雰囲気だけでも味わいたい気持ち、わかります!誘ってもらえたら魚とサラダを持参して参加しますか?
Commented by duke togo at 2008-07-31 23:20 x
ヒョウがでかい!
アパートの中庭も広い!
パフェも食べでがありそう!

この季節、うちの最寄の駅は毎週末大勢の若者でごったがえしてます。こんな小さな駅なのに、広い河原があるのでBBQ客で大賑わい。
私は上記メニューの他にザワークラウトでもあったら嬉しいです。箸休めにはうってつけ。そちらのみなさんはひたすら肉を食うという感じなんでしょうか。

ちびPさんの金魚かわいいっすね~。金魚すくいみたいな遊びはさすがにないっすかね。欧州でも観賞用のはあるみたいですが。
Commented by stanislowski at 2008-08-01 19:38
うちも金魚柄甚平持っているので、次回デートの時はこれを着せて行きますぅ~。晴れるといいな。
Commented by ちえ at 2008-08-02 02:59 x
懐かしいアイスの写真が...。
あと甚平頑張って日本->アメリカ->ドイツと運んだかいがありました。別に大した重みではなかったけれど。
12年こちらに住んでいて雹は一回しか経験していません。ちなみに英語では hail といいます。そういえば東京の前のうちで雹が降って、おばあちゃんが窓を閉めたのをなぜだかはっきり覚えています。あの時も夏だったような。
Commented by penguinophile at 2008-08-02 18:17
duke togoさま:
「ヒョウがでかい!」というのを読んで「豹?」と思ってしまった(笑)。BBQをやったアパートは結構大きくて中庭も子供が走り回るには十分な広さがあるんですよ。パフェ、食べ応えがありますよー。お腹一杯の時に注文するもんじゃありません。
ザワークラウト、確かに箸休めにさっぱりしていいかも。あとピクルスとか。去年インターナショナルクラブのBBQに参加した時は「自分の食べる肉と、皆でシェアするサラダを持参」でした。
金魚はドイツに来てからまだ見てません。お祭りの屋台で金魚すくいにちょっと似てるなーと思ったのが「アヒル釣り」。円形水路をぐるぐる回るアヒルの玩具を磁石で釣り上げると商品がもらえるらしい。
Commented by penguinophile at 2008-08-02 18:19
stanislowskiさま:
お、いいですね、甚平デート!まぁお天気次第ですが。ホントはママ達も浴衣で決めて集まれたら素敵でしょうが、幼児連れじゃ無理ですなぁ。
Commented by penguinophile at 2008-08-02 18:23
ちえさま:
そうそう、左上のスパゲティアイスの写真、発掘しちゃいました。もしかしてちえさまのカメラで写した画像だったっけか?
雹はドイツに来てから何度か降っていますが、ここまで大きい粒を見たのは初めて。以前に千葉~筑波方面でひどい雹が降って、同僚の車が被害を受けたのを思い出しました。
Commented by glueck at 2008-08-04 02:39 x
母ペンさん、ご無沙汰しております。
子ペン君の甚平姿可愛い~。

だいぶ下の方の記事へのコメになりますが、
休日のランチ時に、レストランでパパと赤ちゃんの二人連れを
見かけ、シングルパパ?と思いました。
たまにはママを解放させてあげるべく、パパが育児を引き受け
たまでは良かったが、ご飯までは作れないから・・・
ということだったのですね。
Commented by penguinophile at 2008-08-04 18:03
glueckさま:
こんにちは!
息子と二人でレストランに入った事はまだありませんが、子供がぐずった場合を考えると・・・うーん、大変だぁ~。お留守番パパにとって一番簡単なのは、お散歩に出たついでにベビーフードとホカ弁(あ、ドイツにはないか)を買ってきて、おうちで食べる方法でしょうかね。
私はハイデルベルグに遠征した時は二食分の離乳食を作って出かけましたが、先日ママ友とランチした時は夫にまかせたところ、二人でGrießbreiのミルク煮を食べたそうです。つまり子ペンに付き合って父ペンも流動食を食べたらしいです(^^)
by penguinophile | 2008-07-30 00:49 | 徒然 | Trackback | Comments(14)