プラハ ~ユダヤ人地区~

プラハのユダヤ人地区は、旧市街広場からほど近い場所にあります。私達は、ユダヤ博物館として公開されている、4つのシナゴーグ(ユダヤ教の祈りの家、教会)、旧ユダヤ人墓地、および儀式の家を訪れました。私はよくわからないまま入ってしまったのですが、今回訪れたシナゴーグは全て、現在では礼拝には使われていません。チケットは共通券で一人300コルナ(約2100円)。建物内部は写真撮影禁止、ただし旧ユダヤ人墓地だけは追加料金を払えば撮影可でした(が、私はどうも墓地の写真を撮る気になれなかったのでパス)。

最初に訪れたのがピンカス・シナゴーグ。内部は一見空っぽで、建物自体はキリスト教の教会とそう違わないように感じられました。このシナゴーグの壁には、ナチスの犠牲になったボヘミア地方とモラヴィア地方のユダヤ人約8万人の名前等がぎっしりと記されており、その量の多さがとにかく重苦しく、圧倒される雰囲気でした。上の階には、1942~1944年にテレジン強制収容所の子供達が描いた絵が展示されていました。

続いて訪れたのは、1439~1787年に使われていた旧ユダヤ人墓地です。1haの敷地内に、後期ゴシック、ルネサンス、バロック、ロココの様式からなる、約12000個の墓石があるそうです。場所が足りないので、古い墓を土で埋めた上に更に新しい墓を作ったのだとか。たくさんの墓石が幾重にも折り重なっている様子は、何やら異様な雰囲気でした。

ユダヤ人墓地の出口近くにあるのが、かつてゲットーで最大のシナゴーグだったクラウス・シナゴーグ。内部はかなり広く、ユダヤの生活習慣と伝統に関する品々が展示されており、見応えがあります。↓
c0076387_0204441.jpg

クラウス・シナゴーグのすぐそばにある、1912年に建てられた儀式の家(儀式のためのホール、遺体安置所)。病気、死、墓に関する展示が中心。例えば、ユダヤ人社会では埋葬組織が重要な役割を果たしていましたが、なにぶん陰気な役目の組織なので、年に一度は羽目をはずして大騒ぎするパーティーが開かれたのだとか。↓
c0076387_0221229.jpg

かつてプラハで最も古いユダヤ人礼拝所があった場所に1868年に建てられたスペインシナゴーグ。外観がスペインのアルハンブラ宮殿に似ている事からこう呼ばれているそうですが、内装もかなりエキゾチックで、東洋的なアラベスク文様や金装飾が多用され、豪華な雰囲気でした。↓
c0076387_0223884.jpg

マイゼルシナゴーグ。ボヘミア地方とモラヴィア地方のユダヤ人の歴史に関する展示。↓
c0076387_0231311.jpg

最後に、入らなかったので中の様子はわからないのですが、外観写真だけ・・・13世紀半ばに建てられた初期ゴシック建築の旧新シナゴーグ。中央ヨーロッパに残された最古のシナゴーグであり、現在も使用されている世界最古のシナゴーグだそうです。もともとは「新」シナゴーグと呼ばれていたのが、16世紀に他のシナゴーグが建てられてから「旧新」シナゴーグと呼ばれるようになったとか。ここはプラハで今も礼拝が行われている3つのシナゴーグのうちの一つで、ユダヤ博物館の一部ではありません。入場料一人200コルナ(約1400円)。↓
c0076387_0234840.jpg

c0076387_02429100.jpg

私のユダヤに関する知識は、むかーし「アンネの日記」を読んだという程度で、ほぼ皆無。今回、せっかくプラハに来たのだから、とシナゴーグ等を訪れてはみたものの・・・夫と交代で入ったり息子の泣き声が外から聞こえたりで全然落ち着かず、見ごたえのある展示も消化不良のまま終わってしまいました・・・。

ついでに周辺の建物の写真。なんだか豪華!(もし日本で唐突に建っていたらラブホテルみたいかも?^^;)↓
c0076387_0245978.jpg

芸術家の家(ルドルフィヌム)。内部はコンサートホールやギャラリーがあり、プラハ交響楽団の本拠地でもあるらしい。↓
c0076387_0254596.jpg

[PR]

by penguinophile | 2008-10-09 00:26 | お出かけ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pygoscelis.exblog.jp/tb/9888505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by eastwind-335 at 2008-10-10 06:49
気になりつつ、なかなかとっかかりがなかったので、後回しになっていたユダヤ教とその周辺のこと、今回のシナゴーク見学をきっかけに、Q&A本で「お勉強」中です。ああ、見逃したことがいっぱいありそうです・・・。
プラハのユダヤ人街、行きたくなりました。
Commented by penguinophile at 2008-10-11 05:07
東風さま:
旅行がきっかけで興味を持ち後から「お勉強」したら、見逃した事に気付いた・・・というの、私も結構あります。ま、もう一度行けって事ですよね!(^^)
ユダヤに関して興味を持たれたなら、プラハのユダヤ人街は面白いと思いますよー。是非!
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31