2016年 12月 03日 ( 1 )

ノーベル賞受賞者講演会

今週はひょんな事から日本出身の偉人と言葉を交わす大変貴重な機会に恵まれました。何をもって偉人と呼ぶかは、意見の別れるところでしょうが、庶民の一般感覚としては、ノーベル賞を取った人は偉い人とみなしていいでしょう。

私が住んでいる町には、総合大学が一つあります。その大学の光電子工学・光通信学センターが設立十周年記念講演会を開くに当たって、2014年に青色LEDでノーベル物理学賞を受賞された中村修二先生が招待されました。これは是非とも聞きに行かねば、と隣人にベビーシッターを頼んだ私。すると当日になって「中村教授の講演の前に、研究センターについてドイツ語で紹介するので、中村教授に日本語で説明してくれないか」というメールが届いたではありませんか!

私のドイツ語力では、初めて聞く内容をウィスパリング同時通訳するのは到底無理ですから、この依頼は荷が重過ぎます。でもそのメールには、「nette Geste」英語にすれば「kind gesture」と書いてあったんです。そもそも中村先生ではなく聴衆を対象にした紹介だからドイツ語で話す訳ですが、来賓である中村先生にわからない言葉を使うに当たって「スタッフの身内に日本人がおりますので、お手伝いさせて頂きます。」と言えた方が、主催者としては感じがいいのは事実。そして私は中村先生と直接お会いできるまたとない機会を得られる。よし、やろう。ガンバレ、私。

会場で中村先生に紹介され、満員で立ち見も出ている大ホールの最前列にノーベル賞受賞者と大学教授達に挟まれて座る場違いな私。いきなり出没したおじさんからブロマイド写真にサインを頼まれ、その枚数の多さに驚きつつ、自分の顔画像の真上にも黒マジックで淡々とサインをする中村先生。
私「いろいろと大変ですね。」
中村先生「大変ですよ。変な人がたくさんいますから。」
ブロマイド写真を準備してサインをねだるおじさんなんて、無害で可愛い方なのかもしれない。

講演会の最初は副学長による挨拶でしたが、案の定、私には通訳できませんでした(涙)。かろうじて中村先生に対する「講演を楽しみにしています」という箇所を伝えただけ。わかっちゃいたけどやっぱり情けないなぁ。次の研究所紹介は、幸いパワーポイントファイルを事前に送ってもらえたので、そのプリントアウトに日本語あるいは英語訳を手書きで加えた物を先生にお渡ししました。先生は前方のスクリーンと手元の紙を照らし合わせていらっしゃったので、少しは参考になった・・・と思いたい・・・。いちおう主催者側の人には「横でごちゃごちゃ言うより、あのやり方が一番良かった」と言ってもらえました。残念ながらほとんど役には立てませんでしたが、主催者側のnette Gesteは示せた(と思いたい)し、少なくとも私のミーハー心は確実に満たされました(^^;。

続いては中村先生の講演。専門家と素人が混在している聴衆は、研究内容だけでなく、ノーベル賞受賞者の人となりにも興味があるでしょう。どちらも飽きないよう、技術的な話と個人的な体験を組み合わせての講演でした。「私は日本で一番小さい島の出身。徳島大学は日本の大学ランキングではず~っと下の方で、博士課程はなかった。」「BMW車のヘッドライトを開発したら、新品をあげると言われて喜んでいたら、プレゼントは車じゃなくてヘッドライトだけでガッカリ。」などと自虐ネタも織り交ぜてしっかりと笑いも取り。さすがだなぁ~っと、おそろしく的外れな感心をしていた私。要するに研究内容に感動するには理解が足りなさ過ぎたのですよ。トホホ~。なにせ青色がないと白色が出来ない事すら初めて知った超素人ですから!でも科学者を目指す若者達には良い刺激になった事でしょう。

中村先生がオバマ大統領と会った際、「あなた達の研究についてはよくわかりませんが、LEDはよく知っていますよ。」と言われたそうです。私達の日常生活は、無数の科学技術者の発見や発明によって支えられています。けれども私達が、彼らの名前や顔を意識する事は、ほとんどありません。私が中村先生の名前を初めて聞いたのは、日亜化学工業との訴訟に関するニュースでした。中村先生は講演の中で、日亜に入社した折の写真を示され、当時の社長への感謝の言葉を述べられました。「小川社長は、10年も研究成果を出せなかった私を常に支持し、予算打ち切りの危機から守ってくれた。小川社長なくして、私の研究の成功はあり得なかった。」

中村先生のわが田舎町へのご訪問は、欧州講演ツアーの一環かと思って尋ねたら、目的地はここだけとおっしゃられたので驚きました。遠路はるばる二泊三日ドイツの旅で、LEDヘッドライトを含む自動車部品を製造している会社を訪問し、市庁舎でVIP専用サイン帳に記帳し、講演会、会食、その他もろもろ、大変お疲れ様でした。

思いがけず得がたい経験をさせてもらいましたが、これも外国の田舎町暮らしだからこそですね。中村先生が東京やベルリンで講演会をなさったら、私は隣に座るどころか半径50m以内に近づけそうもありません(笑)。「ノーベル賞受賞者と会う」のは、私の日常生活とは余りにもかけ離れているので、講演会から二日経った今となっては「あれは現実?それとも夢?」という感じ。だからこの記事を目にした人に、全て私の妄想だと思われても無理はありません。でも講演会自体は夢でも妄想でもありませんよ。ローカル新聞記事にもなっています→リンクはこちら。さすがにプロの仕事だけあって、講演内容を美しくまとめた記事ですので、読んでみてください。ドイツ語ですが(^^;。私はこの記事写真の右側2mほどの場所に立っており、慌てて後ずさりしたら「そこまで下がらなくても写らないから大丈夫ですよ」と誰かに突っ込まれた・・・ってのも妄想かもね?いい夢を見させて頂きました!w(^o^)w
[PR]
by penguinophile | 2016-12-03 08:31 | 徒然 | Trackback | Comments(2)