2016年 12月 12日 ( 1 )


待降節2016(その2)

先生も走る師走、先生でもキリスト教徒でもないくせに、何となくせわしない日々です。先週は次男のクラス(小2)がクリスマスクッキーを焼くのを手伝いました。6人程度の児童グループが交代でキッチンに来て、はしゃぎまくりながらクッキーを作る様は、まぁ、どう控えめに言っても、カオス・・・(^^;;;。「一個食べてもいい!?」という台詞、100回は聞いたぞ!でもちゃんと聞くあたりお行儀がいいですね~。後片付けを含めて3時間みっちり手伝い、「幼稚園や学校の先生ってやっぱり偉過ぎ」と改めて思いました。

クッキー生地は親が前もって準備するのですが、去年少な過ぎたのをみんな覚えていたせいか、今年は余ってしまったので、もらって帰って自宅で焼きました。長男の物心がついた頃からほぼ毎年やっていますが、今年は初めて「自分一人で作業するより子供達と一緒にやった方が速い」という状態に!成長したな~と感動。でも順番争いで喧嘩。ヤレヤレ。

第三アドヴェントの昨日は、次男が教会で歌いました。次男は市音楽連盟と小学校の二つでコーラスをやっており、12月の週末は合唱団の書き入れ時のせいかダブルブッキングで先生に嫌な顔をされる有様(--;。今日行った教会は、町のど真ん中にあるにも関わらず今まで入った事がありませんでしたが、バロック様式が戦後再建された立派な教会でした。Wikipediaの写真を勝手に借用↓
c0076387_9304990.jpg

c0076387_9223567.jpg

私が欧州のそこらへんの教会で無造作に行われる無料コンサートを初めて体験し、音楽芸術の底辺の広さのような物を感じたのは24歳の頃。なのに次男は若干7歳でまさにそういうコンサートに演者として参加し、キリスト教徒でもないくせに当たり前のような顔をして前列ど真ん中で蝋燭を持って賛美歌を歌っている。なんだか不思議だなぁ・・・。
[PR]

by penguinophile | 2016-12-12 09:26 | 徒然 | Trackback | Comments(2)
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31