Conclave / Robert Harris

コンクラーヴェ(ラテン語: Conclave)とは「教皇選挙」を意味する言葉で、カトリック教会においてローマの司教たるローマ教皇を選出する選挙システムのこと。Conclave とはラテン語で "cum clavi" (「鍵がかかった」)の意である。(Wikipediaより引用

図書館の英語本コーナーで見つけて読んだ本。Robert Harris氏の本を初めて読んだのは“Fatherland(邦題『ファーザーランド』)“で、以後、追いかけてはいないが機会があると読む作家さん。“Pompeii(邦題『ポンペイの四日間』)“は読んだ。“The Ghost(邦題『ゴーストライター』)“は記憶にないが記録にある。“Archangel(邦題『アルハンゲリスクの亡霊』)“は読んだような気がするが記録にない。

2016年発刊のConclaveは、近未来の世界を舞台に、ローマ教皇が亡くなってから枢機卿団が後継者を選出するまでの話である。舞台はバチカン市国内で、全世界から集まった枢機卿団が選挙中に住むCasa Santa Martaと選挙が行われるSistine Chapelを行ったり来たりする。外界から遮断された状態で枢機卿団が行う選挙が題材なので、登場人物のほとんどが50台から80歳までの男性。名前を覚えるのが苦手な私は途中で混乱してしまい、9人の名前と役職をメモに書いて読み進めたが、基本的にはすいすい読める本だった。

始めて覚えたローマ教皇はヨハネ・パウロ2世(在位1978-2005)、という世代の私が、Conclaveという単語を私が初めて知ったのは、たぶんDan Brownの“Angels & Demons“(邦題『天使と悪魔』)だと思う。トム・ハンクス主演の映画も観たが、今回“Conclave“本を読んでふと思ったのは、「ユアン・マクレガーはCamerlengoにしては若過ぎたんじゃないか!?」という事だった。別に年齢制限がある役職ではないらしいが、それにしても若い。“Conclave“を忠実に映画化したら、30台の若造が出る幕はほとんどないような気がする。まぁ80歳間近ではパラシュートで舞い降りるのはちと厳しいか(^^;。

この本では、有力な候補者達にスキャンダルが発覚して失脚していくが、最終的には適任者が見つかって予定調和の大団円、に終わるかと思いきや、最後数ページでやたらと現代的で思いがけないスキャンダルが持ち上がってどんでん返し。なんだかびっくりしてる間に本が終わった。ともあれ、絶対に一生目にする機会のない、超伝統的な儀式の舞台裏を覗き見る楽しさがある一冊だった。

ちなみに今年の10/31と11/1は宗教がらみの祝日で連休だった。10/31は宗教改革記念日(独Reformationstag)で、マルティン・ルターが宗教改革を始めたことを記念する日。私が住んでいるのはカトリック寄りの州なので、プロテスタントの祝日は通常適用されないのだが、今年は500年祭なので特別に祝日だったらしい。カレンダーを見ても関係ないと思ってスルーしていた上に、学校が秋休み中だった事もあり、危うく気付かずに当日を迎えるところであった。ちなみに翌日の11/1は諸聖人の日(独Allerheiligen)で、こちらはカトリックの祝日なので、毎年お休み。ドイツでは日曜祝日はお店が開いていないので、冷蔵庫が空っぽのまま連休を迎えると結構マズいのである。

この祝日のせいもあり、夫と珍しく大人の会話をしていたら、「鎖国時代の長崎にオランダだけが出入りを許されたのは偶然ではない。カトリックの国は布教目的で日本に近付いたが、オランダ人はプロテスタントで、商売だけに興味があり、布教をしようとしなかったから、交易を許された。」と夫に教わってしまった。もともと社会科が大の苦手な上に日本史を習ってから何十年も経っているとはいえ、日本や歴史の専門家でもないガイジンにそんな指摘をされて「えっ、そうだった!?」と驚くのは、さすがにかなり恥ずかしいものがあった。キリスト教宗派や欧米諸国がみんな十把一絡げの私が、なんだってこんな所に住んでいるんだかねぇ~。

宗教つながりで最近面白いと思ったのがこちらのリンク先の記事
『「クリスマスと正月が同居する日本」に世界の宗教家が注目! 寛容の精神に見る、宗教の本質とは』
中でも妙に腑に落ちたのが、
『日本人の宗教観というのはBelieve in somethingではなくて、Respect for somethingもしくはRespect for others、こういうスタイルが日本人の宗教観です。』
という表現。
以前、「ぐりとぐら」で有名な作家の中川李枝子さんが講演会で勧めていた『一〇〇年前の女の子』という本を読んでみたら、田舎の四季を過ごす主人公の日常の中に、神様を敬う行動様式が当然のように組み込まれており、「これは人の心に神様が生きていた時代だなぁ」と思った。
そもそも日本の神様はおそろしく人間臭い。怒って閉じ篭った太陽神を何とかして外に出そうと八百万の神様が集まって裸踊り、騒ぎが気になって外を覗き見た太陽神を引っ張り出して一件落着。などというまるで庶民オヤジ宴会における余興のごとき逸話を聞いて、親近感を覚える人はいるだろうが、神々の偉大さや素晴らしさに感動してひれ伏す人はあまりいないだろう。ギリシャ神話の神々も結構人間臭いかも。山の神や海の神に敬意を払う(respect for)メンタリティは、全知全能の唯一絶対神を信奉する(believe in)メンタリティとは、かなりかけ離れている気がする。神に畏れを抱くという点は共通しているかもしれないが。

以前日本で住んでいたイギリス人女性が、「日本に来てから地震が怖くて不安で仕方なかったが、キリスト教を信じるようになって、平気になった。」と語っており、「なるほど、この人にとって、宗教は確かに必要な物なのだなぁ。」と思わさせられた。その一方で、「キリスト教徒は行動の指針を神に託しているが、日本人はいったい何を根拠に判断して生きているのか?」と尋ねられた私は、返答に窮した。単に私が苦労知らずなのかもしれないが、日常の判断をいちいち神様に委ねる必要性はあまり感じない。逆に「いくらキリスト教徒でもそうしょっちゅう天啓に打たれる訳でもないだろうし、全ての問いに対する具体的な答が全て聖書に載っているとも思い難いが、いったいどうやって神様に判断してもらうんだ?」という疑問を後になって抱いたのだが、答がこの本“Conclave“にあった。

’No one who follows their conscience ever does wrong, Your Eminence. The consequences may not turn out as we intend; it may prove in time that we made a mistake. But that is not the same as being wrong. The only guide to a person’s actions can ever be their conscience, for it is our conscience that we most clearly hear the voice of God.’ (”Conclave”, p.296)

なるほど。しかしこれだと結局のところ「自らの良心に従って行動する」訳で、神様を信じない人でも大差ないような・・・と思ってしまうのは、やはり私が異教徒だからか。キリスト教国に住んでキリスト教に一定の敬意を払ってはいるが、私自身が「信じる者は救われる」と心から信じられる日が来るとはあまり思えない。


[PR]
# by penguinophile | 2017-11-02 07:37 | Trackback | Comments(0)

お葬式

書くといって書かないまま既に忘れそうになっていますが・・・(^^;;;
隣人が亡くなりドイツではじめて出席したお葬式の話。

日本でお通夜や告別式に出席する場合、まず気になるのが喪服とお香典。
そもそもちゃんとした喪服は持っていないのですが、「これは喪服として通用するだろう」という黒の上下は日本から引っ越した際に持って来ていたのですが・・・11年という歳月と3回の妊娠の結果、ウエストが入らなくなっていました・・・orz。幸い今年の春に展示会での仕事用に買ったスーツも黒。ビジネス向けのスーツで喪服ではありませんが、元々服装にユルいドイツならおそらく大丈夫だろう、と判断。結局、故人の身内を含め参列者は皆「とりあえず濃い目の色の服を着てきました」という雰囲気だったので、正解でした。

もう一つの懸案事項であるお香典・・・ってそもそもそんな習慣がドイツにあるのか?というレベルなんですが、私(^^;。夫に聞いてみたものの「祖母の葬式しか参加した事がないからよくわからない」という答が返ってきて、「え、いいトシしてそんなもんなの?」と思う。という訳で、社交性があり社会経験が豊かな年上のドイツ人の友人お伺いを立てたところ、以下のような返事が返ってきました。

===
お悔やみカード(eine Trauerkarte)はだいたい書く。故人との関係が深かったかどうかによって、お金を添えたり添えなかったりする。親族の場合は、Urnenbestattung(火葬で骨壷に入れた場合?)以外は、リース(ein Kranz、高価)、アレンジフラワー(ein Gesteck)、または寄せ植え(ein bepflanzte Schale)を買う。うちの近所で誰かが亡くなった場合は、一人5~10ユーロ程度を集め、カードと一緒に贈る。葬式の案内状に花ではなく現金を贈るように指定してある事もある。
===

故人の奥様には大変お世話になっているけれど、現金を渡したら絶対にかえって気を遣わせてしまいそうなので、結局お悔やみカードだけを贈る事にしました。夫にそれらしい文句を書かせ、家族全員が署名した後で、上下逆転している事に気付くorz。時間切れのため気付かなかったふりしてそのまま使っちまいましたー!ちなみに二軒隣の奥様は、花束を持参していました。

お葬式は墓地内にある礼拝所で行われました。故人とその奥様の希望で、近しい身内と隣人だけを招いた、こじんまりした式でした。入学式でもお葬式でも、式次第ではなく賛美歌の楽譜が配られるのがドイツ式?神父さんのお説教とプロ歌手の歌を聴き、参列者で賛美歌を歌って式は終了。厳かで落ち着いたお式でした。

翌日には故人の故郷の町でお葬式があるそうで、棺はそのまま。参列者は湖畔のレストランに移動し、軽食とケーキを頂きました。そろそろお開きという頃に、故人の奥様が私のところに来て「ちょっと待って下さいね。今、残ったケーキを包んでもらってるから、子供達に持って帰ってね。」って、おいおいこの奥様、旦那様のお葬式の日にまでうちの子供達の心配をしてくれてるよ!と思わずのけぞりそうになりました。

お葬式の前に、二軒隣の奥様が「あの棺の中に故人がいる気がしない」とおっしゃっていましたが、実は私も「棺は空で、隣のおじさんは自宅でくつろいでいる」ような妙な気がしていました。故人とはあまり交流がなかっただけに、今でも道や裏庭にいるおじさんを見かけそうな気がしています。

[PR]
# by penguinophile | 2017-10-03 20:05 | 徒然 | Trackback | Comments(0)

入学式の日(後編)

8/31(木)、娘の小学校入学式。すぐ隣の幼稚園から仲良し女子グループ5人がまとめて同じクラスに入れたし、担任も去年度までお兄ちゃんがお世話になった先生でアタシの希望通りだし、お兄ちゃん達の送迎や入学前プログラムで建物だってもう知っている。緊張というよりワクワクばかり!で迎えた入学式でした。末っ子がもう小学生かぁ(しみじみ)。
c0076387_22242703.jpg
この日の私は、2時間おきにバラバラの場所へ3人を交代に送迎し、その合間に入学式に出席して幼稚園に挨拶に行き昼食を作って子供に食べさせる、とかなり忙しい予定だった。ちなみに車は長期間使わなかったせいでバッテリーが上がり動かない(まぁ車が動いてもほぼペーパードライバーなんだけど)。町はずれのショッピングセンターで、新入生がお店を回るといろいろオマケがもらえるイベントがあり、娘を連れて行きたかったが、とてもそこまで手が回らない。気合を入れて一日をスタートしようとした矢先に雨が降り出した。ワンピースを着た新入生と雨の中を自転車で一日走り回るのか・・・しかも紙製の大きなSchultüteまであるよ・・・(>_<)

そこで、困った時にいつも頼りになるお隣のS夫人に「お兄ちゃん達を学校に送る間、娘を預かってくれないか」と頼むと、快く引き受けてくれたばかりか、入学式の送迎とショッピングセンターのイベント付き添いまで申し出てくれたので、渡りに船とばかりに甘える事にする。入学式の内容については過去記事参照(リンク)。去年から宗教色がなくなったはずの学校だが、礼拝の習慣は変わらない。そして前日が半年振りの登校だった次男が、既にちゃっかり学校のコーラス隊として当たり前のような顔で歌っているのに驚く。それにしても、親も子供も先生も、スーツ姿は一人たりともいない。母親が卒園式や入学式で着るためのスーツが女性ファッション誌で取り上げられるどこかのお国とは大違いだ。入学式を終えてから、娘と幼稚園へ挨拶に行ってしばし談笑してから、迎えに来てくれたS夫人に娘を託す。

そんな訳で、その日のS夫人は「代理孫」を預かって右往左往させられていた。ショッピングセンターではたくさんのお店を回ったし、駐車場で車をこすられて警察が来るまで1時間も待たされたし、全て終わったのはもう夕方。代理孫を無事に隣宅に送り届け、やっと自宅に戻ったところで、ふと異変に気付く。終日在宅予定の夫S氏(80歳)のために準備した昼食がそのまま残っていたのだ。寝室に様子を見に行ったところ、S氏はまだベッドの中にいたのだが、何やら様子がおかしい、というか全く動かない。とにかくかかりつけの家庭医に電話するも、2週間の休暇中(さすがドイツ)。代診の先生に往診を頼むが、待合室が満員で手が離せず、救急車を呼ぶように言われる。救急隊員に続いて救急医もやってきて、S氏の死亡が確認された。しかし死因がはっきりしない。S氏は何年か前から高血圧の薬を飲んでいたが、他にこれといった持病もなかった。「死因不明→不審死の疑い」となり、警察が呼ばれる。警察はS宅を隅々まで調べあげ、S夫人に質問する。
-いったいどうして夕方まで夫の死亡に気付かなかったのか?
-S氏が昼頃まで寝ている事はよくあるし、今日は隣の子供を連れて外出していた。
S夫人の当日の行動を確認するために、第三者の証言が必要だと判断された。

そこでS夫人が行動を共にしていた娘の自宅、つまりウチのチャイムが鳴らされた。インターホンを取ったらいきなり「Kriminalpolizei」ですよ。私服刑事が身分証明として見せたのは、金属製の大きなキーホルダーみたいな物だった。たぶんコレ(リンク)。刑事さんは感じのいい若い男性で、開口一番「今日入学したのは誰?キミか!おめでとう!」と娘と握手。子供抜きで話したいと言われ、子供とぬいぐるみ軍団をまとめて寝室に放り込む。学用品の名前書きの真っ最中で散らかった部屋に人を通すのは恥ずかしかったが、犯罪捜査課の刑事ならもっとすさまじい現場を見た経験があるだろう。そして刑事さんの口から、隣宅のS氏が亡くなった事を聞かされ、今日のS夫人との接触、最後にS氏を見たのはいつか、などと尋ねられた。なにせその日はS夫人に娘を三回も預け、私自身も2時間おきの約束に追われていたから、一連の行動とその時間についてはかなり正確に話せたつもり。こういう時、ドイツ語も英語も全く出来なかったらどうなるのだろう?とふと思った。S氏の遺体は翌日、検死解剖されたらしい。死因が判明したのかは聞かなかったが、遺体はすぐに遺族に返されたから、事件性はないと判断されたのだろう。

S夫人はこの日の事を一生忘れないと思う。私はこれまで、「自宅で就寝中にぽっくり」を理想的な死に方だと思っていた。しかし、家族の立場に立ってみると、何の前触れもなく身内の死体を発見したショックも覚めやらぬうちに、自宅が殺人現場のように扱われ、自分が殺人犯のように扱われる事になる。S夫人は「Sehr unangenehm(非常に不愉快)」と表現していたが、これは確かにかなり厳しい経験で、警察に対して「80歳の普通の老人が自宅の寝床でひっそり息を引き取ったのだから、そっとしておいて欲しい」という気持ちになっても無理はない。とはいえそんな死が不審死としてきっちり調査されるのは、ドイツが豊かで平和な国だという一つの証なのかもしれない。

という訳で次回はお葬式の話。


[PR]
# by penguinophile | 2017-09-15 22:28 | 子供 | Trackback | Comments(4)

入学式の日(前編)

8月下旬にドイツに戻り、すっかり錆び付いたドイツ語に鞭打って、まずは慌てて子供達の教科書や学用品を揃える。
c0076387_17154793.jpg
こんなリストが3枚。厄介な事に、リスト上では別名だが実は同じ商品や、名前だけでは何を指すかドイツ人でもわからない物があり、文房具屋の店員さんに相談しなければミッションは達成不能。在庫切れや買い忘れで複数の店を渡り歩く羽目になり、「お客さん、昨日も来ましたよね。」「はい、実は一昨日も来たんです~(^^;。」なんて会話も。

8/30、まずは次男が3年生に進級。クラスは持ち上がりなので、懐かしい友達の輪に戻って嬉しそう。ただし先生は変わった。夫も私もほとんど知らない先生だが、去年度に教室で葡萄を踏んで転倒し、大腿骨を骨折して長期休業したという、気の毒だけど笑いを誘ってしまう話だけはちゃっかり伝わっていたりする。

次男を学校に送ってから長男のギムナジウム入学式に向かう。ドイツの学校制度については過去記事参照(リンク)。この過去記事を書いてから、多くの州でギムナジウムの年数が9年から8年に短縮された。ただし将来的にはまた9年に戻るらしいとか、いささか迷走気味の感は否めないが、制度の基本的な枠組は変わっていない。州によっては少し違うようだが、誰でも平等に行く学校は最初の4年間だけ。そして小学校4年生時の内申に基づいて進学先が振り分けられ、将来の道がかなり決まってしまうという、世にも恐ろしい制度である。敗者復活戦も不可能ではないが、例えばギムナジウムと基幹学校では、履修教科数も学習内容も違うので、後からのし上がるのはそう簡単ではない。その一方、ギムナジウムの最初の1~2年で成績がふるわないと、ドイツでは小学校から結構フツーにある再履修すら許されず退学となり、ギムナジウム以外の学校で受け入れ先を探さなくてはいけないという厳しさ。長男の場合は、学校の推薦と本人の希望が一致してギムナジウム進学が決まり、私としては大変有難かった。私の印象では、4年生のだいたい1/3程度がギムナジウム推薦をもらっていたようだ。同じ小学校からはあと二人が同じギムナジウムに進学した。さてそんなこんなで迎えた登校初日、教会で1時間の入学ミサがあっただけで、子供達はすぐ授業に行ってしまった。私達の日本滞在中に、新入生を招いての歓迎行事があったらしいが、入学当日はあんまりあっさりし過ぎて、長男の写真を撮る機会すらなかった。しょうがないのでとりあえず教会の写真だけは撮っておいた。
c0076387_17155218.jpg
学校創立はなんと西暦799年だというが、それって「鳴くよウグイス平安京」の時代じゃないか!とはいえ当時はあくまでも宗教活動の一環としての教育機関だったはずで、ギムナジウムになったのは1612年らしいが、それとて家康の時代だから、やたら古臭い・・・もとい、伝統的なギムナジウムと言えるだろう。在校生曰く「建物がハリポタの舞台みたいだと言われますが、魔法は習いません。」でもラテン語必修という事実だけで既に、私にとっては魔法の世界と大差ない。「今時ラテン語なんて」とこのギムナジウムを敬遠する親も結構いる。確かにかつて学校で習った古文や漢文が、今の私の生活で役に立っているとは言い難い。しかしもしかしたら、クラスメートの中にはそっちの進路に進んだ人がいるかもしれないし、日本の古典を理解できる日本人がいなくなるのは残念だし、私自身いつか突然「源氏物語を読みたい」と思わないとも限らない。「すぐに役に立つとは限らないけど、社会や人生を豊かにしてくれる(かもしれない)」、教養なんてそんなもんだろう。

私にとってギムナジウムは始めての経験で、勉強面でも生活面でも長男をサポートできるか甚だ疑わしい。時間割も未定なのに給食は週何回食べるか申し込めとか、午後のクラブ活動の内容も曜日も未定なのにいつ参加するか一年分を決めろとか、かなり無茶な要求に手探りで答えている有様。入学翌日には長男が「ラテン語のことわざを親に教わる」という宿題を持ち帰った。オイオイ親がラテン語を知っているのが前提かよ!と微妙に差別を受けたような気持ちになったが、お陰で私はトリビアが増えそう。例えばドイツの化粧品ブランド「ニベア」は「雪のように白い」というラテン語が起源だそうな。日本の化粧品で言えば「雪肌精」みたいな感じ?でも一般的にドイツの化粧品が美白を目指しているとも思えないので、ニベアクリーム自体が雪のように白いという意味かも。こんなトリビアも教養と言うのだろうか。

8/31、娘の小学校入学式。こちらは勝手知ったる学校なので余裕。ピッカピカの一年生と迎えた平和な朝。まさか夕方に犯罪捜査課の刑事に事情聴取を受ける事態に陥るとは、予想だにせず・・・・・・

<続く>

[PR]
# by penguinophile | 2017-09-04 17:23 | 子供 | Trackback | Comments(4)

デコ弁デビュー

これまでキャラ弁やデコ弁という世界からは無縁の、安定の昭和感あふれる弁当を提供してきた私。しかしついに娘に要求されて挑戦する羽目になった。

c0076387_13022969.jpg

作ってみると結構楽しくて、今度はキャラ弁にも挑戦してみたくなった!

・・・・・・ワケはないが、一度作ると今後もリクエストされるような気がする(^^;

ちなみに弁当箱はこちら↓

c0076387_13023660.jpg

購入時期は昭和40年代と推定されます。つまり姉と私が子供の頃に使っていたアルミ弁当箱。一周回ってレトロ可愛い?少なくともうちの女子は気に入っている。実は息子達も幼稚園時代に使わされていたという代物(中身重視で柄はあまり気にしていなかった模様)。


おととい、長男は10歳になりました。いや~よく育ちました。靴のサイズはなんと23.5センチ。それってもう日本人成人女性のサイズじゃないか。運動会でも周りの子供達より頭半分大きいから見つけやすくて便利だった(^^;。そして私もママ業10年選手になった。

c0076387_13024275.jpg

ハーフ成人式(って何だよ!)の年齢を迎えた翌日、事故発生。いや流血事件?

雨で外に出られず、家の中で騒いでいた子供達。次男が飛んで来て興奮気味に言うことには、「ぶんたのパンチで、はなこの歯が抜けた!」驚いて行ってみたら、娘は口からダラダラ流血しつつも平然、長男は悔し涙を流さんばかりの勢いで怒っていた。どうやら「泥棒と警察」ごっこで、警官(次男と娘)に取り押さえられた泥棒(長男)が必死の抵抗で繰り出したパンチが婦警(娘)の顔に命中した衝撃で、しばらく前からグラグラしていた2本の前歯(下左右1番)が抜けたらしい。「早く抜けるといいね」なんて言っていた歯だったからホッとしたが、それにしてもワイルド過ぎる。

ずいぶん人間らしくなったと思っていたのに、なんだかまだまだ動物だな、こいつら!と思った出来事でした。


[PR]
# by penguinophile | 2017-06-14 13:03 | 子供 | Trackback | Comments(0)

ある日、次男(7歳11ヶ月)と娘(6歳1ヶ月)が目をキラキラ輝かせて言いました。

「ねぇママ、知ってる?ママが世界で一番可愛いんだよ!」

女なら一生に一度は言われてみたい(ような気がする)台詞をアラフィフになって言われるとは、人生捨てたもんじゃない!?もちろん真に受けて自分が可愛いと思い上がった訳ではありませんが、愛を感じてちょっと幸せになったワタシ。

が、しかし。
その一週間後、ホームセンターで買ったカーテンを見た次男曰く、
「このカーテンは世界で一番可愛い!」

・・・・・・つまり何かね?ワタシはホームセンターのカーテン並みに愛されているって事かね・・・・・・orz。

もうすぐ10歳の長男は、さすがに現実が見えているので、こんなぶっ飛んだ褒め言葉を聞いても苦笑しているだけです。でもたまに朝早く一人で目が覚めた時など、私の布団に潜り込んで抱きついてくる事があるので、まだまだ可愛いもんだなぁと思っています。

[PR]
# by penguinophile | 2017-06-11 17:18 | 子供 | Trackback | Comments(0)

眺めのいい部屋

c0076387_12371175.jpg
部屋というか...男子小用です(爆)。右側のやかんを傾けると水が流せます。ゴールデンウィークに行った碓氷峠「しげの屋」さんにて。ウチの男子チーム大興奮の報告を受けて(他の利用者がいない隙に)思わず激写しちまったけど、そもそものお目当てはもちろんトイレではなく「峠の力餅」。うんま~い(^^)。
c0076387_12373600.jpg
(やっぱり写真がアップロード時に勝手に回転する!どうにかならんのか~(--;)
5月初旬の軽井沢はまだ桜が咲いていたので、二回花見が出来て得した気分でした。
c0076387_12374685.jpg
c0076387_12375562.jpg
c0076387_12380274.jpg
地ビール
c0076387_12381075.jpg

[PR]
# by penguinophile | 2017-06-07 12:45 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

運動会

先週末は小学校の運動会がありました。私達が子供の頃の運動会は秋、10月10日体育の日あたりだったと思うのですが、今は春に開催する学校が多いらしいですね。その理由を受験準備のためと聞いてビックリ。公立小学校が受験を気にして1年間の半分は行事を控えるなんて馬鹿馬鹿しい!しかも準備はほとんど授業時間内に行われるのに!・・・と思ってしまったのは、私が受験戦争のない国に慣れた浦島花子だからでしょうか。本気で受験モードの親御さんは、土曜日の塾を休ませたくないし、子供が浮き足立つのも困るのかな。

c0076387_12492155.jpg

ン十年ぶりに参加した小学校の運動会は、日の丸と君が代に始まり、花笠音頭、綱引き、騎馬戦、リレー、応援合戦、玉入れ、ソーラン節、組体操、大玉送り・・・という由緒正しきニッポンの運動会(?)で、何だか懐かしかったです。子供が二人参加していると結構出番があるので見る方も退屈しませんね。4年生の長男は、リレーの選手に選ばれて朝や放課後の練習に駆り出されていたので、転ばずに無事に走りきる事が出来てホッとしました。短距離競争は事前にタイムを計って、実力が近い人が一緒に走る「俊足は俊足どうし、鈍足は鈍足どうし競い合う」方式。大差をつけられてのビリっけつゴール常習犯だったトラウマが残る私としては、大変素晴らしい方式だと思いました!長男は大江戸天下祭、次男は花笠音頭を踊りましたが、4月から体育の授業がほとんど運動会の練習だったというだけあって、みんな振り付けも完璧でしたよ。

そして見事なまでにきちんと揃ったお遊戯(?)を見たガイジン夫いわく、

「コレをドイツの小学校でやってる光景、想像できる?」

・・・・・・できない。全くできない。想像すら出来ない。

「ドイツでは体育祭があっても個人対抗。皆で力を合わせて“赤勝て、白勝て”(←この表現だけ日本語。この日に覚えたらしい)の団体戦は絶対にあり得ない。」

先生はもちろん上級生も大会の運営にもかかわって、かなりの数のプログラムが粛々と進行して行く。

「Sehr gut organiziert.」

戦後復興とか高度成長を支えた底力はココから生まれたのだろうか・・・これからの社会ではどうなんだろう・・・とたかが運動会に妙な感慨を持つワタシ。個人主義のドイツ社会で生まれ育つ息子達にとって、非常に貴重な体験だったのは間違いありません。

c0076387_10044572.jpg

c0076387_12533294.jpg
6年生の組体操を見た三匹の豚児は早速サル真似(爆)
c0076387_10043069.jpg
c0076387_10043681.jpg
ブログの編集画面が新しくなったらしく、画像が勝手に回転されてしまうわ、フォントが勝手にMS明朝になるわ、意味不明の余計なタグがたくさんついちまうわ・・・ナンダコレ状態なんですが(--;;;


[PR]
# by penguinophile | 2017-06-02 12:56 | 子供 | Trackback | Comments(2)

格安SIM

ドイツでは人並みにスマホユーザーの私だが、そのままだと日本では使えないし、ローミングするとやたら高くつきそう。そこでこれまで里帰り中は、実家ではWiFiを使い、友達との待ち合わせの時は親の携帯電話を借りていた。一ヶ月程度ならそれでもさして不自由しなかったが、今回は数ヶ月と少し長めに滞在する事になり、いささか不便に感じるようになってきた。自分が不便なだけならともかく、子供達が小学校や幼稚園にいる時間に、親が連絡が取りにくい状態になるのは、どうも居心地が悪い。プリペイド携帯を新たに契約するという手もあるが、そもそも私のスマホは電器店で本体のみ購入し、電話会社から別途送られてきたSIMを挿して使っているのだから、SIMフリーに違いない。ならばこの本体に日本の格安SIMを挿せば、日本でも使えるのではなかろうか?実は去年の夏にも同じ事を考え、mineoという会社のSIMを購入してみたが、結果として使えなかった。ヘルプデスクに電話してみたが「その機種は動作保証していません」と相手にされず。私のスマホは日本の電波を拾えない機種なのかもしれないが、はっきりわかった訳ではないので、もう一度試してみたいと思い立った。

その頃たまたまSoftbankショップの前を通りかかったので事情を話してみたところ、「大型電器店に行った方がいい」という、営業意欲のカケラもない正直な回答を頂く(でも私はペッパー君と初めて日本語で会話ができたので満足!)。そこで新宿のヨドバシカメラで「格安SIM」と書いているカウンターを訪れる。実はFREETELという会社のカウンターだったらしいが、対応してくれたのはなぜかSo-netの男性で、接客より技術が得意そうなタイプ・・・というのは失礼な偏見だが、結果的にはこれで大いに助かったのだ。
私「SONYのXperiaですが、日本では発売されなかった機種です。使えるでしょうか?」
店員さん「プラチナバンドと呼ばれるBand**やBand**は無理かもしれませんが、普通のBand1やBand**は使えるんじゃないかと思います。」
私「契約する前に、実際に使えるかどうか試す事はできますか?」
店員「まぁ・・・いちおう、出来ない事は、ない・・・です。」
と歯切れの悪い答をしつつも、おもむろにSIMカードを取り出して設定してくれたら、音声通話もデータ通信もあっさり使えるようになった!素晴らしい!去年あれだけ苦労してもダメだったのに。周波数の相性なのかな。

とは言えその時は幼稚園のお迎え時間が迫っていたので、契約はせず。帰宅してから料金プランなど調べているうちに、月末より月始めに契約した方がお得かもしれないと気付き、5月になるのを待ってまたヨドバシへ。今回対応してくれたのは、研修中という札をつけたFREETELの女性。
店員さん「お客様がお持ちの機種は動作保証しておりませんので、契約しても使えないかもしれませんが、それでもよろしいですか?」
う~ん、なるほど、これが正式な対応か。去年の失敗例があるから、最初からこれを言われたら多分契約しなかっただろうけど、先日So-netのお兄さんが試させてくれたもんね~。お兄さん、ありがとう!と心の中でつぶやきつつ、契約する。契約事務手数料として約3000円を支払い、審査が終わる30分後に再訪して設定を済ますと、見事に使えるようになりました!ちなみに私が選んだのは、通話+SMS+1GBデータ通信=月1199円プラン。データ通信のみならもっと安くあがるけど、学校や幼稚園の連絡用にはやはり電話番号があった方がいい。2年縛りはないので、ドイツに戻る時に解約すればいい。

なくても何とかなるけど、使えるとやっぱり便利なケータイ。ヘビーユーザーではないので、あまり高いお金を払う気にはなれないけれど、初期費用(契約手数料、SIM発行料)約3500円+月々1200円程度なら納得です(^^)v。

[PR]
# by penguinophile | 2017-05-18 12:17 | 徒然 | Trackback | Comments(4)

間に合った

四年ぶりに日本の桜を堪能できました♪
c0076387_11364029.jpg

c0076387_11365066.jpg

c0076387_11372032.jpg

c0076387_11372442.jpg

c0076387_113726100.jpg

c0076387_11373018.jpg

c0076387_11373329.jpg

c0076387_11373585.jpg

c0076387_11373891.jpg

c0076387_11374353.jpg

ドイツにも桜はあるけれど、花見の文化はありません。だから開花情報と天気予報をチェックして、日程を調整して、レジャーシートとお弁当を準備してお花見にGO!・・・というわくわく感はない。
c0076387_11452421.jpg

↑ドイツの桜。綺麗なだけに下でピクニックが出来ないのはもったいない&悔しい・・・なんて思うのはやっぱり私が日本人だからなんでしょうねぇ。
[PR]
# by penguinophile | 2017-04-10 22:40 | お出かけ | Trackback | Comments(0)