カテゴリ:未分類( 1 )


ベビースイミング

ベビースイミングなる代物、興味はあれど機を逸したまま現在に至り、気付けば娘はもう二歳。今を逃したらもう一生機会はないんだわ!といきなり思い立って申し込みました。と言っても「ベビー」コースは満1歳までで、私が申し込んだのは1~3歳の「幼児」が親と一緒に水に慣れるコースです(ちなみに4歳以上は子供だけで参加)。息子達が幼稚園にいる平日の午前中、45分×8回で授業料は65ユーロ(約8610円)。

コースが開催される市内最大の室内プール施設には、50mプール(一番浅いところでも全く足がつかないので結構怖い)、水泳練習用の小さめのプール(学校の授業やアクアフィットネスではここを使う)、屋外ジェットプール、長い滑り台(長男と一緒に滑ったらなぜか全然進まず、後ろの人の声が迫ってきて焦った)、別料金でサウナ、そして乳幼児コーナーに小さいプールが二つあります。ベビースイミングが行われるのは、乳幼児コーナーにある、深さが30cmから125cmまで調整できる8m×4mプールです。乳幼児コーナーは気温も水温(32℃)も高めに設定されているのが、寒がりの私には嬉しい(^^)。

コース初日の本日、集まったのは10組の母子、いや正確には父子も1組いましたが、ママも一緒に来てプールサイドで写真を撮っていました。ママさん達の水着は、競泳用水着が一人、ワンピースが私を含め二人、あとはビキニ(日本よりビキニ率が高いかな?)。コーチはスキンヘッドで刺青入りという、およそベビースイミングのイメージからはほど遠い強面マッチョおじさんでしたが、前もって幼稚園ママさんから良い評判を聞いていた先生です。子供は一歳台が多く、うちの娘はお姉ちゃんの方でした。深さ125cmに設定されたプールで、子供を抱っこやおんぶしたり手をつないだりして歩いたり、プールサイドからジャンプさせたり、浮き具や玩具や腕輪を使ったりの45分。泣いている子もいましたが、娘は私の腰を脚でがっちり挟みつつも怖がる事なく遊び、私自身も楽しめました。ただし娘は途中でいったんプールサイドによじ登り、「ママ、隣のプールに行こう!」状態になっていましたが(^^;。

このプールに行くたび「日本ではありえん」と思うのが、土足エリアと裸足エリアの境界がない事と、ロッカーが男女別でない事。土足エリアと裸足エリアの境界は、自宅ですらはっきりしないのですから、公共施設では当然かも(私もかなり鍛えられて鈍感になりました・・・)。シャワーは(入り口にドアがないから見えそうだけど一応)男女別ですが、シャワーからロッカーまでは男女混合ゾーンなので、バスローブを使っている人もいます。更衣室はいちおう男女別にあり、私は家族用と書かれた大きめの試着室みたいな更衣室を使っていますが、ロッカー前で着替える人もいます。自分のロッカーの近くで男性が素っ裸になっているのを発見し、「オイオイおじさん勘弁してくれよ」ってな気分になっちまう事も。まぁそもそもサウナは全裸混浴が基本のお国(過去記事参照)ですから、気にする方がアホなんでしょうけど。ちなみに去年、義母は北海の波打ち際でフルヌードで子供らと戯れ、見習えなかったワタクシは説教をくらいました。しかし私が公衆の面前で素っ裸を披露できるように成長?退化?した暁には、義母は喜んでも実母は嘆きそうです。まかり間違って北海くんだりまで行く羽目に陥った同朋のために申し添えておくと、私の姻戚は眼中にないようですが、浜辺にはちゃんと無料更衣室が完備されていますから、どうぞご心配なきよう。
[PR]

by penguinophile | 2013-05-18 18:40 | Trackback | Comments(2)
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31