カテゴリ:徒然( 169 )

Zahnarzt 歯医者

一昨日、ドイツ歯医者デビューを果たしました。
そもそもは、年一回の定期検診は健康保険でカバーされ自己負担ゼロだというので、夫の定期検診の時期に合わせて私も一緒に、と予約を取りました。歯医者は当たりはずれが激しいのでちょっとコワイけど、検診だけなら大ハズレという事もないだろうから偵察にはちょうどいいし、なにせ言葉が不自由なので医療関係は特に夫と一緒の方が心強いし・・・とか思っていたのです。
が、しかし、なんと!予約を取ってから当日までの間に、詰め物が1つはずれてしまいました。しかも確か渡独直前に治療してもらったのと同じ歯。つまり4ヶ月もたなかったという・・・ヤレヤレ(--;。

医院自体は日本と大差なく、あの独特の匂いとリクライニングシートが私を待っていました。強いて言えば、歯医者さんがTシャツ&Gパン姿だったり、歯科衛生士さんが可愛い制服を着ていなかったり、という程度。治療も「削って詰める」という意味では同じ。ただし噛み合わせのチェックが超適当で「これでいいのか?」とは思いました。
料金は診察料(四半期に一度の支払いなのでむしろ初診料?)10ユーロ(=約1500円)のみで、治療費自体は自己負担額ゼロでした。ただしこれは私が詰め物の材質にデフォルトの合金を選んだからで、プラスチックや金を選ぶと差額は自己負担になるらしいです。

 

More...ドイツの医療保険
[PR]
by penguinophile | 2006-09-14 21:36 | 徒然 | Trackback | Comments(8)

VHS

・・・と言ってもビデオの話ではなく、Volkshochschuleの略称です。辞書をひくと「市民大学」とありますが、自治体主催のカルチャーセンターという感じでしょうか。プログラムを見ると、教養、職業訓練、外国語、スポーツ、文化など、様々な分野の講座が開催されています。で、その中の「外国語としてのドイツ語」講座に、先週から通っています。このブログを見ると、なんだか私は遊んでばっかりいるようですが、いちおう少しは勉強もしてるんですよん(って誰に向かっての言い訳?)。

受講生は20人以上と結構多くて驚きました。平日午前中のクラスなので、ほとんどが主婦です。出身は(聞き取れた限りでは)ロシア、ポーランド、ケニア、イラク、マケドニア、キューバ、アルバニア、スリランカ、イタリア、カザフスタン、ブラジル、コソボ、ソマリア、トルコ、ビルマ、フィリピン、中国、日本(自分)と超多彩。人種も黒、黄、白と各種取り揃えております(?)。講座の副題はIntegrationsgrundkursで、単なる教養講座ではなく、外国人統合プログラムの一環として提供されています。授業料は、100講義(1講義=45分)で208ユーロ(約31000円)。ただし収入等に応じた割引があり、私の場合は統合プログラムの対象のため100ユーロ(約15000円)。

受講前に受けた筆記テストで、これまでの自宅学習(あるいは山勘?)が功を奏し、完全な初心者クラスではなく、1つ上のクラスに振り分けられました。嬉しいような不安なような、ビミョー。生徒の半分強は、下クラスからの継続受講生です。「これは前のクラスでもうやりましたね」とか言われると、やっぱりちょっと不安だし自信が持てないので、初心者クラスの教科書も買って自習する事にしました。「先生の話がわからない事があり、話すのも苦手だけど、文法問題はついていける」という、受験戦争をくぐり抜けてきた日本人にありがちのパターンに既にはまっているような気がする今日この頃・・・頑張りマース(^^;
[PR]
by penguinophile | 2006-09-04 22:07 | 徒然 | Trackback | Comments(8)

ベリーを摘みに

週末にブラックベリー(Brombeere)のジャムを作りました。まずは材料の調達から。うちから自転車で15分も走ればこの景色↓(都会!)
c0076387_4431587.jpg

去年1人で7kgも収穫した夫によると、今年は去年よりずっとベリーの出来が悪いとか。きっと8月が寒かったせいでしょう。熟していない赤い実が多く、黒く熟している実も小さいのばかりです↓
c0076387_4481036.jpg

2人がかりでトゲと闘うこと2時間弱、本日の収穫は1.5kg↓
c0076387_451261.jpg

洗って水切りした後、ブレンダーで細かく砕きます↓(粒々っぽく仕上げたければこの工程は省略)
c0076387_4542869.jpg

鍋を火にかけてかき混ぜ、ゼライス入り砂糖を重量比「ベリー2:砂糖1」で加えます。沸騰後、更にかき混ぜながら3分↓
c0076387_51657.jpg
c0076387_51216.jpg

熱々のジャムを空き瓶に入れて、出来上がり♪
c0076387_515253.jpg

[PR]
by penguinophile | 2006-09-04 05:13 | 徒然 | Trackback | Comments(8)

 週末、テレビで「ゴジラ対スペースゴジラ」をやっていました。もちろん吹替えで、柄本明や小堺一機がドイツ語をしゃべってましたさ(--;。

 さて、本日のお題は、好奇心に駆られて買ってみたこの果物です↓(1個0.29ユーロ=約43円)
c0076387_038134.jpg
c0076387_038292.jpg

直訳すると「イタリア産トゲなしサボテンイチジク」。かなりホントにサボテンで(←ヘンな表現)、メキシコあたりが原産だが今は欧州等でも栽培されており、この会社が棘なし種だか棘取り技術だかを開発したらしい。説明書に従い解体してみたところ、身はとても赤く、そして・・・
  「た、食べにくい・・・(--;」
いや、決してまずい味ではないんですよ、思ったより甘みもあったし。でも固~い種が多くて。「面白かったけど、次はスイカを買おうね。」という結論に到りましたとさ。ちゃんちゃん♪
[PR]
by penguinophile | 2006-08-30 01:15 | 徒然 | Trackback | Comments(6)

漫画とキャベツ。

ザルツブルグの写真をアップするハズが、何やら全然関係ない超庶民的極小ネタでスミマセンが・・・

昨日の「ちょっとびっくり」その1:
 日本の"MANGA"は、フツーの本屋でもコーナーが設けられおり、「結構人気あるんだな~」と思っておりました。で、昨日電車に乗ったら、目の前の男性が「SHONEN JUMP'S Yu-Gi-Oh!: TRADING CARD GAME」と書かれたTシャツを着ている。「最近の漫画かな?」と思って見ていたところ、別の男性が彼に声をかけ、いきなり握手したりして意気投合。1人がゲームカードの束(高さ10センチはあった)だのカードファイルだのを出してきて、もう1人が感心するやら羨ましがるやら、大盛り上がり。なんだかよくわからないけど、日本発サブカルチャーが大いに楽しまれているらしく。更に今日、WOOLWORTHのレジ横にこのカードを発見。もしかして(一部で)流行ってるの???

昨日の「ちょっとびっくり」その2:
 焼き蕎麦とお好み焼きが食べたくなり買ったキャベツをサラダにも使ったところ、夫いわく「生のキャベツを食べるのは初めて」・・・へ!?「ドイツ=ソーセージ+キャベツ+ジャガイモ」じゃなかったの??・・・どうやら、ドレッシングであえてしんなりさせた、いわゆるコールスローサラダはあるけど、トンカツの付け合せみたいなシャキシャキ千切りキャベツはないらしい。人参は一本丸ごと齧るくせに、キャベツはなんでそのまま食べないのか、かなりフシギ。
 ちなみにリーダーズ英和辞典で"coleslaw"をひくと、Duと書いてありますから、語源はオランダ語かも。ドイツ語でもキャベツは「コール(Kohl)」ですが、コールスローサラダは"Krautsalat"。"Kraut"は「ハーブ、(特にドイツ南部で)キャベツ」の意。ソーセージの付け合せとして日本でもお馴染みのキャベツの酢漬け「ザワークラウト」は、sauer(酸っぱい)+Kraut(キャベツ)。
[PR]
by penguinophile | 2006-08-26 01:52 | 徒然 | Trackback | Comments(4)

Kohlrabi & Johannisbeeren

先週はあまりに暑くて、火力発電所が冷却水温度上昇に伴い運転停止になるやら、高速道路の表面タールが融けるやら、かなりヤバかったドイツですが、週末あたりから気温が下がり過ごしやすくなっています。代わりに時折すごい雨が降ってますが。
さて本日は、日本であまり見かけない旬の食材を2つご紹介いたしましょう。まずは"Kohlrabi"↓(大きさがわかるようにペンを入れました)
c0076387_441721.jpg
辞書の和訳は「コールラビ、球茎カンラン」・・・???よくわかりませんが、味はカブに似ており、皮を厚く剥けば、生でも浅漬けでも茹でてもOK、葉も茹でれば食べられるようです。価格はずるずる下がってきてぼちぼち底値?これは1つ15セント(約22円)で買いました。
お次は"Johannisbeeren"↓
c0076387_444245.jpg

和名は「スグリ」ですが、むしろ英語の"redcurrant"の方が馴染があるかも。日本でも名前は聞いたことあるし、ジャムは食べた事があるような気がするけど、こんなお姿とは知らなんだ、という食材。最近よく見かけるので、たぶん今が旬。確か500g入り99セント(約145円)で買いましたが、普通はもうちょっと高めかな。スグリって「酸塊」と書くらしいですが、確かに甘酸っぱい。フォークでしごいて実を離し、ヨーグルトをかけて頂きました♪
[PR]
by penguinophile | 2006-08-02 04:06 | 徒然 | Trackback | Comments(4)

祇園の芸者

ARTEというチャンネルで "Die Geishas von Gion - Eine japanische Tradition" という番組を観ました。なにせナレーションが聞き取れないので断言できませんが、かなりよく出来たまともな番組だったようです。舞妓さんや芸妓さんに密着取材し、お座敷の様子、踊りや三味線や生け花やお座敷遊びのお稽古、ヘアメイクと着付、三味線や着物の製作現場、昼はゴルフ場・夜はお座敷と二束のわらじを履くパートタイム芸妓さん?等が紹介されていました。

自分が最近着物を着たためか、着物姿での所作の美しさが特に目を引きました。「襟を抜くのが伝統的で、うなじが艶っぽいとされている」なんてエピソードも紹介されていました(たぶん)。そういえば先日なぜか「着物はタオル等で体型を補正する」という話になり、義母に「そんな事しちゃったら、凹凸がなくなってしまい全然セクシーじゃない!」と言われ、かなりずっこけました。微妙な色気の説明を試みるも徒労に終わり・・・これも一種のカルチャーショックか?

番組の最後の決め言葉だけは何とか聞き取れました。
"Japan ist zeitlos."(日本は時間を超越している)
お褒め頂き恐縮でございます。
[PR]
by penguinophile | 2006-08-01 02:19 | 徒然 | Trackback | Comments(0)

美梦成真

昨日は車で30分ほど走って家具屋に行ってきました。店を探してるうちにベルギーに突っ込みそうになり、店に入ったらこれまた広くて迷いました。レストランや託児所も完備で一日遊べ、結婚間近のカップルが「リビングはこんなイメージでどう?」なんてやるには最適。ちなみに私の場合、もともと夫が暮らしていたアパートに転がり込んだので、購入予定は洋服箪笥のみと、手間隙省けて楽ですが微妙に物足りないカモ。まぁそんな訳で洋服箪笥の売場を歩いていたら・・・おぉっ!日の丸?
c0076387_19373646.jpg
"mit japanischen Schriftzeichan(日本文字付)"と書いてあり、日本をイメージした商品に間違いありません。でも・・・
c0076387_19392511.jpg

惜しい!天地逆転!どうやら組み立てた人が間違えたようです。ところで「美」はともかく「梦成真」ってナニ?
[PR]
by penguinophile | 2006-07-30 20:33 | 徒然 | Trackback | Comments(4)

ビール&ソーセージ&ジャガイモ!もっともうちはどれもそんなに消費しておりませんが、ビールは買い置きしてあります。↓は500ml×6本で1.69ユーロ(約250円)@ディスカウントスーパー。日本のビールの値段はよく知らないけど、これって安いよね?レストランでは「コーラより安いならビールにしちゃうか~」なんて事も。
c0076387_21524626.jpg

c0076387_21531684.jpg←はカールスルーエ周辺からのお土産にもらったビールで、地域限定版。
↓のソーセージはうずまき形が気になり、W杯の時に「サッカー観戦のお供はやっぱりはビールとソーセージでしょ!」とか思って買いました。フライパンで焼いて、Ciabatta(イタリアのパン)と一緒に食べたら結構イケました。
c0076387_21533646.jpg


さて、温度計は35度を軽く超えておりますが、日本からの引越荷物が届いたので、荷解きせねばならない上に、アイロンがけという拷問まで・・・。こんな日の晩はやっぱりビール?それとも私はRadler(ビールとレモネードを混ぜた飲物)かな?
[PR]
by penguinophile | 2006-07-25 22:09 | 徒然 | Trackback | Comments(4)