カテゴリ:徒然( 169 )

ノーベル賞受賞者講演会

今週はひょんな事から日本出身の偉人と言葉を交わす大変貴重な機会に恵まれました。何をもって偉人と呼ぶかは、意見の別れるところでしょうが、庶民の一般感覚としては、ノーベル賞を取った人は偉い人とみなしていいでしょう。

私が住んでいる町には、総合大学が一つあります。その大学の光電子工学・光通信学センターが設立十周年記念講演会を開くに当たって、2014年に青色LEDでノーベル物理学賞を受賞された中村修二先生が招待されました。これは是非とも聞きに行かねば、と隣人にベビーシッターを頼んだ私。すると当日になって「中村教授の講演の前に、研究センターについてドイツ語で紹介するので、中村教授に日本語で説明してくれないか」というメールが届いたではありませんか!

私のドイツ語力では、初めて聞く内容をウィスパリング同時通訳するのは到底無理ですから、この依頼は荷が重過ぎます。でもそのメールには、「nette Geste」英語にすれば「kind gesture」と書いてあったんです。そもそも中村先生ではなく聴衆を対象にした紹介だからドイツ語で話す訳ですが、来賓である中村先生にわからない言葉を使うに当たって「スタッフの身内に日本人がおりますので、お手伝いさせて頂きます。」と言えた方が、主催者としては感じがいいのは事実。そして私は中村先生と直接お会いできるまたとない機会を得られる。よし、やろう。ガンバレ、私。

会場で中村先生に紹介され、満員で立ち見も出ている大ホールの最前列にノーベル賞受賞者と大学教授達に挟まれて座る場違いな私。いきなり出没したおじさんからブロマイド写真にサインを頼まれ、その枚数の多さに驚きつつ、自分の顔画像の真上にも黒マジックで淡々とサインをする中村先生。
私「いろいろと大変ですね。」
中村先生「大変ですよ。変な人がたくさんいますから。」
ブロマイド写真を準備してサインをねだるおじさんなんて、無害で可愛い方なのかもしれない。

講演会の最初は副学長による挨拶でしたが、案の定、私には通訳できませんでした(涙)。かろうじて中村先生に対する「講演を楽しみにしています」という箇所を伝えただけ。わかっちゃいたけどやっぱり情けないなぁ。次の研究所紹介は、幸いパワーポイントファイルを事前に送ってもらえたので、そのプリントアウトに日本語あるいは英語訳を手書きで加えた物を先生にお渡ししました。先生は前方のスクリーンと手元の紙を照らし合わせていらっしゃったので、少しは参考になった・・・と思いたい・・・。いちおう主催者側の人には「横でごちゃごちゃ言うより、あのやり方が一番良かった」と言ってもらえました。残念ながらほとんど役には立てませんでしたが、主催者側のnette Gesteは示せた(と思いたい)し、少なくとも私のミーハー心は確実に満たされました(^^;。

続いては中村先生の講演。専門家と素人が混在している聴衆は、研究内容だけでなく、ノーベル賞受賞者の人となりにも興味があるでしょう。どちらも飽きないよう、技術的な話と個人的な体験を組み合わせての講演でした。「私は日本で一番小さい島の出身。徳島大学は日本の大学ランキングではず~っと下の方で、博士課程はなかった。」「BMW車のヘッドライトを開発したら、新品をあげると言われて喜んでいたら、プレゼントは車じゃなくてヘッドライトだけでガッカリ。」などと自虐ネタも織り交ぜてしっかりと笑いも取り。さすがだなぁ~っと、おそろしく的外れな感心をしていた私。要するに研究内容に感動するには理解が足りなさ過ぎたのですよ。トホホ~。なにせ青色がないと白色が出来ない事すら初めて知った超素人ですから!でも科学者を目指す若者達には良い刺激になった事でしょう。

中村先生がオバマ大統領と会った際、「あなた達の研究についてはよくわかりませんが、LEDはよく知っていますよ。」と言われたそうです。私達の日常生活は、無数の科学技術者の発見や発明によって支えられています。けれども私達が、彼らの名前や顔を意識する事は、ほとんどありません。私が中村先生の名前を初めて聞いたのは、日亜化学工業との訴訟に関するニュースでした。中村先生は講演の中で、日亜に入社した折の写真を示され、当時の社長への感謝の言葉を述べられました。「小川社長は、10年も研究成果を出せなかった私を常に支持し、予算打ち切りの危機から守ってくれた。小川社長なくして、私の研究の成功はあり得なかった。」

中村先生のわが田舎町へのご訪問は、欧州講演ツアーの一環かと思って尋ねたら、目的地はここだけとおっしゃられたので驚きました。遠路はるばる二泊三日ドイツの旅で、LEDヘッドライトを含む自動車部品を製造している会社を訪問し、市庁舎でVIP専用サイン帳に記帳し、講演会、会食、その他もろもろ、大変お疲れ様でした。

思いがけず得がたい経験をさせてもらいましたが、これも外国の田舎町暮らしだからこそですね。中村先生が東京やベルリンで講演会をなさったら、私は隣に座るどころか半径50m以内に近づけそうもありません(笑)。「ノーベル賞受賞者と会う」のは、私の日常生活とは余りにもかけ離れているので、講演会から二日経った今となっては「あれは現実?それとも夢?」という感じ。だからこの記事を目にした人に、全て私の妄想だと思われても無理はありません。でも講演会自体は夢でも妄想でもありませんよ。ローカル新聞記事にもなっています→リンクはこちら。さすがにプロの仕事だけあって、講演内容を美しくまとめた記事ですので、読んでみてください。ドイツ語ですが(^^;。私はこの記事写真の右側2mほどの場所に立っており、慌てて後ずさりしたら「そこまで下がらなくても写らないから大丈夫ですよ」と誰かに突っ込まれた・・・ってのも妄想かもね?いい夢を見させて頂きました!w(^o^)w
[PR]
by penguinophile | 2016-12-03 08:31 | 徒然 | Trackback | Comments(2)

待降節(der Advent) 2016

待降節に入りました。クリスマス市も先週から始まりました(まだ通りかかってもいないけど)。今年のキャンドルリースとクッキーはこんな感じ。
c0076387_1931898.jpg

提供はもちろん隣に住むドイツの模範的主婦であるS夫人です。本当は娘と一緒に先週お手伝い(と言う名の邪魔)をする予定だったんですが、肝心の娘が上から下からいろいろ出てきた上に熱まで出てきて、それどころじゃなかった・・・。

アドヴェントカレンダーは今のところこの二つ。
c0076387_19312085.jpg

ユニコーンFillyは、ドイツではそれなりに人気があるキャラのようです(が、いかにもドイツらしいバタ臭さが個人的には苦手)。知人の知人が「たまたまもらったけれど、独身男の自分には不似合いだから」と娘にくれました。ペンギンのアドヴェントカレンダーは子供用品バザーで入手した物で、24日分のミニブックが入っています。

第一アドヴェントの昨日は、娘が朝食をリバースしたので私はまたプチ家篭りでしたが、男子チームは町のイベントに出かけて、Weckmann(過去記事参照)をもらってきました。
c0076387_19311663.jpg

やっぱなんか宇宙人っぽいな・・・(ぼそっ)

待降節とは関係ないけど、昨日息子達がKAPLAで作った「乗り物博物館」
c0076387_1931223.jpg

Liebe Wünsche zum Advent!
c0076387_19312682.jpg

[PR]
by penguinophile | 2016-11-28 19:33 | 徒然 | Trackback | Comments(0)

Jack-o‘-lantern

この週末はドイツ統一記念日のため三連休でした。とは言え遠出はしませんでしたが、近くの園芸店のイベントを覗きに行き、ハロウィンのカボチャJack-o‘-lanternを初めて作りました♪

会場で貸してもらった道具。10ユーロ程度で買えるらしい。↓
c0076387_06240070.jpg
右から順に、カボチャに印をつけるコロコロ(裁縫道具のルレットに似ている)、カボチャの中身を掻き出すプラスチックへら(普通の金属スプーンの方がむしろ使いやすかった)、小さい糸鋸(これは便利、ただし曲がりやすい)。

まずはルレットで蓋を描き、糸鋸でくり抜きます。蓋の形はギザギザ星型にすると可愛い(と五歳児に言ったけど無駄でした)。蓋は表面部が大きくなるように切断面を斜めにしておくと、蓋が中に落下しません(作業後に気付いた^^;)。↓
c0076387_06312530.jpg
最初は手で(手袋推奨)、最後はへらやスプーンを使い、中身(種とわた)を出します。↓
c0076387_06314930.jpg
c0076387_06315532.jpg
ルレットで顔を描き(最初に蓋と一緒に描いてもOK)↓
c0076387_06323813.jpg
顔をくり抜きます。↓
c0076387_06325751.jpg
切断面を綺麗に整えて、出来上がり!↓
c0076387_06331640.jpg
作業時間は一時間あまり。飾っているうちに中から傷んでくるので、中を少しずつスプーンで削るといいそうです。室内より気温の低いベランダに飾る方が長持ちするとか(とはいえウチはベランダに飾っても誰も見ないので意味がない・・・)。

日曜日に夫と子供達が行って作ったところ、次男のカボチャは目と口の間隔が狭すぎて貫通してしまいました。帰宅した次男は私の腕の中で大泣きしてしまい、なかなか泣き止まずにいたら、今度はママを取られた娘まで焼きもちで泣き始め、なだめようのないしっちゃかめっちゃかな赤ちゃん泣きにまでエスカレート。チビ二人のステレオ泣きが余りにも延々と続くので、なんかもう本人達には悪いけど夫と長男と私は笑い始めてしまい、しまいには次男本人まで泣きながら笑い始めました。子供達が0,1,3歳の頃は3D泣きされて途方に暮れた事もありましたが、5歳児と7歳児でもまだステレオ泣きをするんですねぇ・・・しかも5歳児は赤ちゃん泣きだよ。翌日、次男がリベンジをしたいと言うので、今度は母子で挑戦し、3個とも(一応)成功しました。
c0076387_06340697.jpg
全部並べるとそれぞれ個性があって面白いけど、さすがに6個もいらない(^^;。
という訳でご近所さんにお裾分けする事にしました。次男はリベンジして気が済んだのか、自分の成功作はご近所さんにあげると言っています。

ちなみに食用のカボチャとしてドイツで最もよく見かける種類は、その名もずばり「HOKKAIDO」です!写真はWikipediaより拝借。↓
c0076387_06342587.jpg
最近は食用かぼちゃと言えばHokkaido Kürbisというくらい、すっかりメジャーになりました。でも、なぜ「北海道」?何でも幼少期を札幌で過ごしたミュンヘン近郊在住の日本人が、1993年に種を日本から輸入したのが、Hokkaido Kürbisの始まりだとか。
<引用以上>

北海道という名前はついているけれど、こんなオレンジ色のカボチャを日本で見た記憶はない・・・。でも北海道が日本の地名だとは知らなくても、Hokkaidoカボチャを知っているドイツ人は多いはず!ドイツで一番よく見かけるカボチャのレシピはスープで、幼稚園で11月にある聖マルタン祭の提灯行列の後も、先生とお母さん達が皮を剥かずに使えるHokkaidoカボチャで作ったスープがふるまわれます(と他人事のように書きましたが、去年は幼稚園のちっぽけな果物ナイフで丸ごとカボチャを切るのがものすごく大変だったので、今年も手伝う事になったら自分の包丁を持参します)。20年余りですっかり有名になったHokkaidoですが、私は日本のかぼちゃにより近いSweet Mamaを近くのスーパーで見つけて以来、こちらを使っています。値段はどちらも1個2ユーロ(約230円)程度ですが、Sweet Mamaの方が少し高め。↓
c0076387_06345567.jpg
私はもう20年以上も前、イギリスの青空市場でカボチャを買って煮物を作ったところ、甘みもホクホク感も全くなく、「そういえばカボチャって瓜の仲間だったっけね・・・」と思い知った記憶があります。でもこのSweet Mamaは日本のカボチャと同様に使える!と喜んでいたのですが、先日買ったSweet Mamaは甘みもホクホク感もなくガッカリ。どうやら当たりハズレがあるらしい。まだあと半分残っているので、どう使うべきか迷い中。やっぱりスープが無難かなぁ。


[PR]
by penguinophile | 2016-10-04 06:36 | 徒然 | Trackback | Comments(2)

泥棒疑惑

一昨日の昼間、寝室の窓からふと外を見たら、なんと男が二人ベランダに立っているぅ!?えぇーっ、ここ、2階なんですが!?さては数日前に鉢が動いていた原因はこいつらだなー!次男が「泥棒にモルモットのぬいぐるみを盗られたらどうしよう」と悩んでいたけれど、男達は別に押し入ってくる気配でもない。そもそも泥棒だったら数日前に空き巣に入っているはずだよなと思い直し、(何だかマヌケだよなと思いつつ)ドアを開けて「はろ~」と声をかけてみたら、やっぱり泥棒ではなく、ベランダのペンキを塗り替えに来た作業員でした。

大家さん、いくら在宅の必要がない工事でも、前もって教えて下さいよ~。作業の人も、ベランダに梯子をかける前に、玄関チャイムを鳴らして声をかけて下さいよ~。日本ではあり得ない、と思ってしまったけれど、周りの人に話したら驚かれたので、ドイツでもあり得ない状況らしい。私は能天気に声をかけてしまいましたが、用心深い住人に警察を呼ばれても文句が言えない状況でしょう!勘弁してくれ~。
[PR]
by penguinophile | 2016-07-07 19:38 | 徒然 | Trackback | Comments(0)

家活開始?

子供の友達が家に遊びに来た時によく言われて困るのが「○○ちゃんの部屋を見せて!」。親子三人川の字どころか、赤ん坊の頃から個室を与える文化のせいか、「個室はない」と答えても理解できない様子。私達が今住んでいる賃貸アパートは、子供が一人しかいなかった頃にとりあえず入った2LDKなので、3人の子供に個室を与える事はできません。いつかは引っ越さないといけないのだろうなぁ、と思いつつ何もしないまま今に至っているのですが、先日不動産屋さんから紹介され、初めて売り家の内覧に行きました。

立地条件はほぼ理想的で、これ以上の物件には二度と出会えない気がするほど。家は古いけどちゃんと手入れされており悪くない、と私は思ったのだけれど、夫はどうもピンと来なかったらしい。値段は金額が大き過ぎて正直何だかよくわからない(娘が20以上の数が数えられないのと似ている^^;)。大手不動産屋の値段だから、相場と大きくはずれてはいないのだろう、と想定するしかない有様。そして初心者がのんびりしている隙に、市場から姿を消してしまいましたとさ!あ~ぁ。

マイホーム探しは(経験ないけど)婚活に似ている気がします。今の私の状況はさしずめ・・・

初めてのお見合いの相手が、一目惚れとまではいかないまでも、なかなか好条件かつ好印象の青年だった。でも一生の事だし、たった一度のお見合いで決めてしまっていいものだろうか・・・とためらっているうちに、相手は他の女性と婚約してしまった。縁が無かったとすっぱり諦めて次に行くべきだ、と頭ではわかっているのだけれど、生まれて初めて結婚を意識した相手だった上に「逃がした魚は大きい」効果まで加わってしまい、「実は理想の相手だったのに、みすみすチャンスを逃してしまったのでは」と未練が残る有様。あぁ、もっと男を見る目が養ってから出会いたい相手だった・・・(タメイキ)

・・・って感じ?(笑)
とは言えもし柄にもない衝動買いをしたら、それはそれでいろいろと後悔したかもしれません。幸い、人の旦那を借りる訳にはいかないけれど(それじゃ不倫だ)、人の家を借りるのは合法。今はまぁ婚活で言う「一人でも生きていけるけれど、良い人とのご縁があればラッキー」くらいの気分かな?そういう気分でいる時の方がかえってモテたりするものか、肉食女子に変身しないとチャンスを逃してしまうものか、そこのところは婚活も家活もよくわかりませんが。とりあえず、素敵に暮らしているドイツ人のおうちの中を見られたのは純粋にラッキーだったし、なかなか面白い体験でした♪
c0076387_19324960.jpg

[PR]
by penguinophile | 2016-07-07 19:32 | 徒然 | Trackback | Comments(2)

カルトナージュ

c0076387_751754.jpg

近所の日本人ママ友の指導の下、カルトナージュ(厚紙に布を貼って作るフランスの手芸)に初挑戦。PC眼鏡と時計を入れるのにちょうどいいサイズの可愛いトレイが出来て喜んでいたのですが、ちょっとラブリーに作り過ぎた結果、案の定と言うべきか、娘が「はなこの誕生日プレゼントにもらう」と勝手に決めやがりました。「次はあんまり可愛くないのを作らないと、またはなこが欲しがるよ!」だそうな。つまり私は自分用には可愛い物は作れないって事かい(--;;。
[PR]
by penguinophile | 2016-04-22 07:52 | 徒然 | Trackback | Comments(0)

お見舞いの言葉

熊本地震に被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げると共に、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

一般に地震活動は時間の経過と共に収まっていくものだと思い込んでいたもので、震度7の「前震」後に震度7の「本震」が発生したという事実に驚かされました。気象庁が余震の発生確率の発表を取りやめるなど、自然現象がやすやすと人智を越える事を改めて思い知らされます。そして前震や本震を無事に乗り切ったにもかかわらず、その後の避難生活で体調を崩し命まで落とす被災者がいらっしゃるのは、更にやり切れないものがあります。親しい人を突然失う辛さや、「家族と美味しいご飯を食べて、安全な場所でゆっくり眠る」というごく当たり前の事が出来ない辛さは、察するに余りあるものがあります。

今回の地震はドイツでも報道されてはいましたが、大きい扱いではなく、特に周りの人から声を掛けられる事もありません。五年前の東日本大震災では、地震→津波→原発事故と続いたためにドイツでも連日報道が続き、私も周囲の人から気遣う言葉をかけられました。その時に何度か言われて反応に困ったのが、

「あなたは安全なドイツにいられて良かったね。嬉しいでしょう?」

という言葉。悪気がないのはわかりますが、こんな風に聞かれて、「はい、危険な祖国ではなく安全な外国で暮らせて嬉しいですよ。」と笑顔で答えられる人がいるんでしょうか?
当時の私は、三歳と一歳の幼児を抱え、更に第三子の出産を間近に控えていました。そんな私が被災地にいたところで、何の役にも立たないどころか足手まといになるのは明らか。それでも「同胞が苦しんでいる時に自分は呑気に普段通りに暮らせている」という事実に、感謝ではなくむしろ罪悪感を覚えて歯痒い気持ちを抱いていたのです。「家族が生きていて自分が安全ならハッピー、祖国で何が起こっても関係ない」などという単純なものではないのです。(ちなみに義母からは、この言葉に続いて「日本からの食料品は絶対に買うな」と命令されました。愛する息子や孫の食の安全を心配する気持ちはわかるので黙って聞いていましたが、正直あまり後味の良くないお見舞い電話だった事を、今でも覚えています。)

今のドイツには、祖国に帰りたくても帰れない難民がたくさんいます。幼稚園に玩具を持参する際にも、難民の子供達への影響を配慮すべく、玩具のピストルなど武器類は禁止されています。平和ボケした日本人の私が、戦争から命からがら逃げてきた人達の心の痛みを想像したところで、真に理解する事など出来はしない。だからこそ、ドイツに来た経緯を安易に尋ねたり、「安全な国に来られて良かったね」と無神経に言ったりはすまい、と心に決めています。
[PR]
by penguinophile | 2016-04-22 07:36 | 徒然 | Trackback | Comments(6)

学校と宗教

息子たちが通う小学校(Grundschule:1~4年生)は、市立ながらカトリックの学校(katholische Bekanntnisschule)ですが、保護者による投票の結果、来年度からは宗教的に中立なコミュニティ学校(Gemeinschaftsschule)に変わる事になりました。

More......無駄に長くなったのでたたみます。
[PR]
by penguinophile | 2016-03-26 04:24 | 徒然 | Trackback | Comments(0)

Riisipiirakka

c0076387_131929.jpg

夫のヘルシンキ出張土産。
Riisi=米、Piirakka=パイ。お米をミルクで甘く煮たフィリングのパイです。お米をミルクで甘く煮た物はドイツ(Milchreis)にもイギリス(Rice pudding)にもありますね。いわゆる白米の感覚とはだいぶ違うせいか、日本人は苦手な人が多いようですが、私は大丈夫。でもドイツ人みたいに食事として食べるのはちょっと厳しいです。でも次男はこのパイは嫌がりました。好き嫌いをあまりしない次男ですが、アーモンドと砂糖で出来たマジパンも嫌い。マジパンも私は好きですが、苦手な日本人が多い。妙なところが日本人らしい次男です。
c0076387_132316.jpg

写真左上のプリクラ、じゃなかったPuikulaは全粒粉ライ麦パン。フィンランドは長くスウェーデンに支配されていたため、今でもフィンランド語とスウェーデン語の二つが公用語になっています。フィンランド語だとちんぷんかんぷんですが、スウェーデン語はゲルマン語派なのでドイツ語と少し似ています。このパンにはFullkornsrågと表記されており、Fullkorn=独Vollkorn(全粒粉)、Råg=独Roggen(ライ麦)と似ています。

写真右上はコケモモのジャム。

写真右下のチョコレートはFazerのGeisha。芸者チョコレートは日本人のフィンランド土産としては定番でしょうね。

写真左下はムーミンのキーホルダー。実は私が10年以上前にフィンランドで買ったキーホルダーが壊れてムーミンのパーツを落としてしまったので、似た商品を探して買ってきてくれたようです。夫にしては珍しく(←とは本人には言ってない)気が利くじゃないか!と喜んだのも束の間、袋から出したら既に壊れてました・・・orz。確かに壊れやすい構造ではあるんですが、いくら何でも早過ぎる・・・残念無念。でも悔しいのでムーミンのパーツを再利用する気満々です。


[PR]
by penguinophile | 2016-02-26 01:04 | 徒然 | Trackback | Comments(2)

Frohe Weihnachten!

c0076387_16383183.jpg

c0076387_16383389.jpg

ドイツ語のWeihnachten(クリスマス)という単語が、weihen(聖別する、ささげる)とNacht(夜)から成っていると今更気付きました・・・キリスト様も出てこないし何だか覚えにくい単語だ!と勝手に憤慨(?)していたおばかな私。

ドイツのクリスマス市は有名で、日本からもツアーが出る程ですが、私が住んでいる町のクリスマス市は昨日23日で終了。先週金曜日の晩に、大聖堂前の広場で音楽イベントがあると聞いて行ってみたら、ものすごい人出でびっくりしました。大聖堂の塔の上で奏でられるトランペットの音色に合わせ、屋台の合間にいる下界の人々がクリスマスソングを歌う、という楽しいイベントでした。
c0076387_7237100.jpg

クリスマスイヴの夕方は、隣人に誘われて、プロテスタント教会の家族向け礼拝に参加しました。子供向けなので、お説教は少なめな一方、歌は多めで、キリスト降誕劇もありました。とはいえ短いお説教の間も思いっきり自由奔放な子供達に牧師様が注意する場面も(^^;。

礼拝が終わった17時頃に少し町を歩きましたが、クリスマス市は終わっているし、イルミネーションもほとんど消灯され、商店はおろかレストランですら営業しておらず、人通りもまばらでした。以前に比べれば敬虔なキリスト教徒の割合は減っているようですが、それでも日本の商業主義的クリスマスとは対照的。東京のクリスマスイヴの17時なんて「夜はこれから!」なので、ドイツに旅行に来た日本人は拍子抜けするかも。恋人と高級レストランでロマンチックなディナーを計画しようにも、そもそもレストランが開いてない(笑)。もっとも観光地なら少しは違うのかもしれませんが。24日の夕飯はポテトサラダとソーセージで簡単に済ませる家庭が多く、クリスマス正餐は25日昼にガチョウの丸焼きを食べる事が多い・・・らしいですが、私は未経験。

ただいま23:20。鳴り響いていた教会の鐘が止みました。0時じゃないんですね。

楽しいクリスマスを!
c0076387_23281948.jpg

c0076387_23282218.jpg

[PR]
by penguinophile | 2015-12-24 16:50 | 徒然 | Trackback | Comments(4)