カテゴリ:徒然( 168 )


Weihnachten 2014

クリスマスは例年通り義両親宅で過ごしました。義両親がクリスマスで最重視しているのは「歌」らしく、日帰りで訪れる義弟夫婦も一緒にピアノでクリスマスソングを歌うのが定番。子供達が小学校や幼稚園で習った曲を一緒に歌えるようになり、義両親達も嬉しそうでした。ちなみにプレゼントは40年物の玩具(!)が屋根裏から発掘されて登場し(LEGOの汽車とか今でもちゃんと走るし互換性があるから偉い)、クリスマスツリーは庭に立っている裸の落葉樹に電飾、食事は普段通りなので昼はスープで夜はパンとチーズ、おやつにはシュトレンやクッキーといったクリスマスらしいお菓子を頂きます。これがドイツの標準ではないような気がしますが、余計な事にお金や手間をかけない主義の義両親らしいクリスマスの過ごし方です。

この二週間ほどずっと「どんより空に霧雨」といった冴えない天気でしたが、クリスマスを過ぎた頃になって雪が降りました。私はどちらかというとコタツで丸くなっていたい猫型なのですが、子供達は当然喜んで庭を駆け回る犬型な訳で、私までまだ雪の降る中で外遊びをする羽目になりました~。
c0076387_6332542.jpg

c0076387_6332887.jpg

義両親宅での生活は、日頃の家事育児から開放され上げ膳据え膳で快適そのもの・・・と言いたいところなのですが、やはりヘタレ嫁にとって義理実家はいらぬ気を遣ってしまい居心地がいいとは言えません。なにしろトイレに座っている時ですら、義母が追いかけて来てドアの外から「年明けのセールで夫の冬靴を買いなさい!」などと指示を飛ばしたりするもので、一瞬たりとも気が抜けないぃ~。そんな訳で三泊の滞在を終えて出発した時は、内心「ヤレヤレ」状態だったのですが、高速道路の入り口から100mほど走ったところで、なんと渋滞のため車が完全にストップ(--;。どうやら前方で事故が起こったばかりらしく、パトカーや緊急医出動車が急行します(日本の教習所では「路肩は緊急車両通行のために空けておく」と習ったような記憶がありますが、ドイツの緊急車両は走行車線と追い越し車線の間を走るらしく、渋滞中の車がごそごそ動いて、三車線道路の左側一番目と二番目の間に場所を空けていました)。そしてそのまま1mmたりとも進まないまま2時間半(--;。子供達の忍耐力が限界に近付き、私も男子の立ちション機能が羨ましくなってきた頃になって、やっと動きがあり・・・全ての車がパトカーの誘導でUターンし、100mほど逆走(!)して、高速道路から降ろされました。車とあまり縁がない私のこれまでの人生でも、何10kmといった長い渋滞には何度か出会いましたが、高速から強制的に降ろされたのは初めてです。その頃には既に暗くなっていたし、今から迂回路を探して帰宅するのは無理という話になり、再び義両親宅にリターンorz。

私が義両親宅に行くのは年二回程度ですが、「いったん出発したもののすぐに戻って一泊延長」コースは既に二度目です(一度目は車の不調)。翌朝になったらまた新雪が積もっており、義母が「雪が降っている間は出発できないわね。」と言った時は、何かの呪いにかかっているんじゃないかと青ざめましたが、昼前には主要道路の雪も融け、24時間遅れの本日夕方、無事に帰宅いたしました。「来て嬉しい 帰って嬉しい 孫の顔」と言いますが、五日間に渡って長男一家にこき使われた義両親も、さぞやホッとしている事でしょう。

c0076387_6424869.jpg

上の写真はサンタさんからのプレゼントなので40年物ではありません(笑)。
私は明日は掃除と買い物とミニ掃除、明後日はおせち料理作りに忙殺されるかな。大掃除は今年も出来ないまま終わる気配が濃厚(^^;;。
どうぞ良いお年をお迎えください。Ich wünsche Ihnen einen guten Rutsch ins neue Jahr!
[PR]

by penguinophile | 2014-12-30 06:36 | 徒然 | Trackback | Comments(0)

待降節(der Advent)2014

待降節に入りました。今年もお隣さんからカレンダー、キャンドルリース、クッキーの三点セットが届きましたよ~。
c0076387_6411177.jpg

第一アドヴェントを迎えた昨日、リースに最初の蝋燭を灯しました。
c0076387_641727.jpg

今年は私にもアドヴェントカレンダーを開ける(正確には「こする」)楽しみが♪夫のベルリン出張土産(正確には「型番指定して請求した誕生日プレゼント」)のアンペルマンのマグカップで、毎日一箇所スクラッチ!初日の今日は、橇に乗ったアンペルマンが出てきましたよ。
c0076387_6402228.jpg

先週は登校登園時に「寒い!」と思ったら、街頭の温度計が0℃を表示していました。日がどんどん短くなり気温が下がって行く今の時期のドイツは、やはりどうしても苦手で、気分が暗くなりがちです。長くて暗いドイツの冬の始まりに催されるクリスマス市やアドヴェント関連行事は、異教徒の私にとっても暗闇の中のかすかな灯火のように思える事があります。
c0076387_640446.jpg

c0076387_6411511.jpg

[PR]

by penguinophile | 2014-12-02 06:36 | 徒然 | Trackback | Comments(2)

森の遠足

次男と娘が通う幼稚園では、定期的に森への遠足があります。ドイツには園舎を持たない「森の幼稚園」がある位だし(この町にも最近新設されたらしい)、遠足程度はほとんどの幼稚園で普通にやっていそうです。しかしどうもうちの幼稚園では最近、先生の数が足りず、突然中止になったり、連れて行く園児を急遽減らしたり、という事態が相次ぎました。これではさすがにまずいと幼稚園側も思ったのか、「園児全員を一度に連れて行きたいが、スタッフの数が足りないので、保護者のボランティアを募集します。」というお知らせが。これまで未就園児がいるのを理由に、幼稚園行事をあまり手伝ってこなかった罪滅ぼしと、自分の好奇心を満たすため、娘の記念すべき第一回の遠足日に私も同行してみました。

普段の登園時間は7:30~9:15ですが、この日は8:30までに全員登園し、貸し切りバスで森に向かいます。今回は園児53名が参加し、年齢別の3グループに分かれて出発!

虫のホテル↓
c0076387_88837.jpg

隠れ家!?↓
c0076387_8946100.jpg

「赤ずきんちゃんの森」(by先生)↓
c0076387_895820.jpg

c0076387_8102345.jpg

c0076387_8121755.jpg

牛さん、こんにちは~。↓
c0076387_8122522.jpg

このピンクの花は中国からの外来種がはびこっているのだそうな。↓
c0076387_8123115.jpg

私が同行したのは3~4歳児15人のグループでしたが、途中で小休憩を一回はさんだものの、全行程2時間半、みんな泣かずにちゃんと歩けました!偉いなぁ。でもさすがに疲れたんでしょう、帰りの車中では眠っている子がいました(笑)。それにしても、車でたった10分走れば森に着いてしまう田舎だからこそ、普段の保育日の午前中だけで気軽に行けるんですよね。東京23区内ではまず無理だろうなぁ。
[PR]

by penguinophile | 2014-10-03 08:15 | 徒然 | Trackback | Comments(4)

日本語の読み聞かせ

9月26日は「欧州諸言語の日(英European Day of Languages, 独Europäischer Tag der Sprachen)」でした。と言っても私はこれまで名前を聞いたことすらありませんでしたが、私が住んでいる郡では、この日にちなんで様々なイベントがありました。息子が通う小学校でも外国語の読み聞かせ会があり、読み手として保護者にお声がかかったので、私も参加する事になりました。ちっとも欧州言語じゃないんですけどね~。

読み聞かせた本は、『かさじぞう』(絵・ひらてるこ、文・古藤ゆず)と『にんじゃしゅぎょうはたいへんだ』(作・垣内磯子、絵・せべまさゆき)の2冊。手元にある本の中から、日本らしさが味わえる本、そして日本語のわからない小学生でも飽きないよう、絵が大きくて文章が少ない本を選びました。以前仲良くさせて頂いた駐在家族が、日本の幼稚園で定期配本されていたのを、帰国に当たって譲って頂いた物です。

日本語の読み聞かせだけなら準備は不要ですが、さすがにドイツ語でも説明しないと余りにも不親切。とは言え私のへっぽこドイツ語では、その場ですらすらと翻訳ができる自信は全くない。という訳で、自分の勉強も兼ねて、前もって全文を訳しておきました。そして夫に添削してもらったところ、真っ赤に訂正されました・・・。予想外に苦戦したのが感嘆詞。「うわーっ!」「あぁ」「えいっ!」などを、いちいち「驚き」「がっかり」などと夫に説明して訳しました。しかし「すきあり!」なんていったいどー訳せばいーんだか。辞書を見ながら“Chance!“と書いたら「それは”確率”。」と夫に却下され、結局“Sukiari!“になっちまいましたよ。

当日は、小1~4年生15人程度を相手に、30分の会でした。日本語は私が読み、ドイツ語訳は長男とその友達が読んでくれました。お友達は“Jizou“を苦しみながら「いーつぉぅ」と発音していましたが(^^;。子供達は、日本語の響きが面白いのか、最初はくすくす笑っていましたが、静かに聴いてくれましたよ。時間が少し余ったので、『漢字えほん』(とだこうしろう)を使って、象形文字から漢字の意味を類推させるゲームをしたら、結構盛り上がりましたね。

日本にいる時は知りませんでしたが、実はドイツはかなりの移民大国です。私が住んでいるような田舎町でも、外国人は決して珍しくないどころか、長男のクラスでは1/3程度が外国人の親を持つようです。出身地もイギリス、カナダ、ウルグアイ、トルコ、シリア、ベトナム、アルメニア・・・と様々。地域の小中学生を対象とした母国語としてのロシア語、スペイン語、ポーランド語の教室も開かれており、他の学校の子供たちも通っているそうです(週一回平日午後90分、学校が運営し、費用は市が負担)。思わず「羨ましい!日本語もやって欲しい!」と思いましたが、肝心の生徒数が全然足りません・・・。

私は夏休みには日本の小学校で6年生を相手にドイツの紹介をして、今回はドイツの小学校で日本語の紹介をして、いかにも海外在住日本人らしい「草の根国際交流」と言えるかもしれません。もちろん、ドイツの子供達が、日本に興味を持ってくれるのは、大歓迎。ついでにうちの子供達が、日本や日本語あるいは「日本語ができる自分」に対してポジティブなイメージを抱く一助となれば、とっても嬉しいな。
[PR]

by penguinophile | 2014-10-03 07:29 | 徒然 | Trackback | Comments(6)

蒸気機関車

週末にうちのすぐ近所を蒸気機関車が通るというので見てきました♪ホームページはこちら。結構すごい音で迫力!
c0076387_80253.jpg

帰りは後ろ向きに連結されて走っていたので、一瞬別の車両かと思っちゃいましたよ(笑)。
c0076387_862342.jpg

[PR]

by penguinophile | 2014-09-23 08:06 | 徒然 | Trackback | Comments(8)

馬術競技会

肌寒かったり蒸し暑かったり、日が照っていると思いきや突然ザーザーゴロピカドン、と何だか落ち着かないお天気が続いています。だんだん日も短くなってきたものの、まだまだ屋外イベントシーズン。先日は馬術競技会を見物してきました。

子供達はポニー引き馬でゴキゲン♪↓
c0076387_745185.jpg

他にも遊具を集めたスペースがあったので、チビ共はそこで放し飼いにして、夫と私は競技会を見物していました。会場整備にトラクターが活躍している間に・・・↓
c0076387_747526.jpg

出番を控えた騎手達が、障害物間の距離を歩数で測っていました↓
c0076387_747087.jpg

どの馬も美しくて惚れ惚れ~。
c0076387_74913.jpg

c0076387_7492880.jpg

c0076387_7494390.jpg

c0076387_7495545.jpg

決められたルートをなるべくハードルを落とさずになるべく速く走れば良い、という程度しかわからなくても十分楽しく見られました。予選を一位突破したペア(と言うのか?)は、素人目に見ても「人馬一体」でエレガントでしたね。

日本人選手も出場していましたよ~。Koki Saito選手。↓
c0076387_7473131.jpg

c0076387_7462449.jpg

ちなみに去年の大会では、杉谷泰造選手が出場していたとか。オリンピックに5回連続出場した馬術界のプリンスだそうで、乗馬が趣味の日本人は「馬界の超有名人が跳ぶのをたまたま見られて超ラッキー!」と喜んでいました。

以前に日本で一度だけ競馬に行った時も思ったのですが、馬の名前ってなかなか独創的で面白いですよね。今回も「テキーラ」「アブラカダブラ」「クオリティタイム」「ヴァンパイア」なんて笑ってしまいました。そして一番いいなと思ったのが「ベリーナイス」。観覧席に座っていた人達も気に入ったらしく「ベリーナイス」「ベリーナイス」と口々につぶやいていました(笑)。

この日の晩は英国軍による音楽イベントもありました。エジンバラ城のミリタリータトゥーを懐かしく思い出しましたよ。
c0076387_7504644.jpg

c0076387_750542.jpg

c0076387_7512177.jpg

c0076387_7512597.jpg

c0076387_751299.jpg

音楽だけではなく軍事演習デモも。
c0076387_7524484.jpg

c0076387_7524839.jpg

この町には英国軍が駐留していますが、あと数年で撤退する予定です。軍事的な背景はわかりませんが、私はスコットランドのバグパイプのちょっと切ない音色がとても好きなので、それを聴く機会がなくなってしまうのは残念です。子供の頃にスコットランド出身の女性から英語を習った事がありましたが、当時の私はUKとEnglandの区別がついておらず、何度も訂正されました。学生時代にはスカイ島まで一人で旅行したし、これまで知り合ったスコットランド人は皆いい人達だしで、スコットランドは何となく親しみを感じる好きな土地です。スコットランド独立の是非を問う住民投票は否決に終わりましたが、あの先生はどっちに投票したのかな~。
c0076387_7535043.jpg

[PR]

by penguinophile | 2014-09-23 07:54 | 徒然 | Trackback | Comments(6)

お一人様の新学期

8月中旬にドイツに戻りました。東京では真夏日と熱帯夜続きだったのに、降り立ったデュッセルドルフ空港は昼間なのに15℃・・・さむっ(><)。それでも誰も体調を崩す事無く、子供たちは翌日から早速、小学校と幼稚園に通っています。登校登園時の気温は9℃・・・さむっ(><)。8月に暑さにうだるならまだしも、寒さに震えるなんてトホホ。まぁさすがにまだ昼間は暖かくなる日もあるし、このまま冬に突入する訳ではないよう(だと思いたい)ですが。

長男は小学校2年生に進級しましたが、クラス替えはなく、担任の先生もそのままで、なんと教室まで去年と変わらず。ただし同学年を再履修する生徒がいるため、クラスメートは何人か入れ替わりました。小学校低学年で落第なんて、日本では病気による長期欠席など余程の事情がない限りあり得ませんが、ドイツでは結構フツーの事らしいです。まぁ人生全体で見れば1~2年の遅れは大した問題ではない訳で、無理に進級して苦しむよりも実力に合った学年で授業を受けた方がいいのかも。

次男は幼稚園でカンガルー組に進級しました(話がそれますが、幼稚園のクラス名に使う動物の名前が「ネズミ」「カエル」「カメレオン」とは、日本の感覚とはかなり違いますよね)。そして既に三回もお誕生会に招かれています。これまでなぜか招いてくれるのは女の子ばかり、行ってみると招待客も次男以外は全員女子でしたが、この週末には憧れの男子お誕生会を初体験(笑)。郊外の会場までパパに車で連れて行ってもらい、馬車とポニーに乗った!とゴキゲンで帰宅しました。

そしていよいよ娘も入園。最初の数日は「ママに一緒にいて欲しいの」と言われ、私も園内で待機していましたが、今ではママがいなくても午後まで楽しく過ごせるようになりました。頼もしい!・・・が、残された私はプチ空の巣症候群気分?(^^;。なにせこの7年以上ずぅ~っと、チビを1~3匹ぶる下げているのが常態だったもので、お一人様状態に慣れない。独身時代には旅行も映画館もラーメン屋も一人で平気で行っていたワタクシが、24時間一緒にいて人目も構わずいちゃついて愛を囁き合う相手がいなくて寂しいなんて!まぁ娘にも「ママはもう大きいお姉ちゃんになって、ずいぶん重くなったんだから、一人でも泣かないで頑張って。ママがすぐに迎えに行くから。」と励まされていますので、(大きいお姉ちゃんどころかいい年したおばさんだし体重は関係ないし誰も迎えに来ないけど)一人でも泣かないで頑張って、少しずつ子離れに努めたいと思います。まずは家の中の整理とヘッポコドイツ語への活入れから始めなければ。
[PR]

by penguinophile | 2014-09-01 16:52 | 徒然 | Trackback | Comments(10)

暑中見舞い

夏休みを利用して里帰り中。子供達は短期間ですが日本の小学校と幼稚園に通っています。
c0076387_17215395.jpg

c0076387_17223094.jpg

c0076387_17223524.jpg

c0076387_17223993.jpg

c0076387_17221788.jpg

c0076387_17271322.jpg

[PR]

by penguinophile | 2014-07-15 17:29 | 徒然 | Trackback | Comments(2)

ピエロ

隣町で電車に乗っていたら、途中駅のホームに三人のピエロを発見!?
c0076387_8365035.jpg

不動パフォーマンスの意図は不明。
[PR]

by penguinophile | 2014-06-29 08:37 | 徒然 | Trackback | Comments(0)

Fronleichnam

表題は10日ほど前の祝日の名前。キリスト教の祝日だとはわかっていたけれど、そういえばイエス様が昇天した日はもう過ぎたはずなのに、いったい何の祝日だっけ?と思って夫に聞いたら「イエス様を思う日」。そ、そうですか、それで?みたいな。ちなみに日本語では「聖体の祝日」と呼ぶらしいです。聖体をあがめる祝日と説明されてもやっぱりイマイチよくわからんのですが。

今年はうちの前の通りにも祭壇が設けられ行列が通りました(順路は毎年変わるらしい)。
c0076387_8182384.jpg

c0076387_8172244.jpg

c0076387_817225.jpg

c0076387_817378.jpg

ドイツの祝日は全国一律ではなく地域によって異なるのですが、私の住んでいる州ではキリスト教関連の祝日が多く、やっぱりここはキリスト教国だなぁ、と思わされます。「仏舎利をあがめる祝日」が日本にあったら・・・と想像するだにすごい違和感。ちなみに日本で「山の日」が制定されたというニュースは、ドイツでも報道されたらしく、私はドイツ人から聞きました。ドイツ人にしてみれば、海やら山やらが祝日になる方が不思議なのかも。いいんだよ、八百万の神なんだから!?
[PR]

by penguinophile | 2014-06-29 08:18 | 徒然 | Trackback | Comments(0)
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30