江戸っ子的独逸田舎町生活


ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。
by penguinophile
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:お出かけ( 84 )

白雪姫・オン・アイス

うちの子供達はこれまでに地元の絵画コンクールで結構いろいろ勝ち取っています。
一昨年は長男と次男が合同で誕生会(過去記事参照)を、長男がパン工場見学ツアー(過去記事参照)を当てました。昨年は長男が自転車をゲット(過去記事参照)。そして今度は娘が、地元新聞社の絵画コンクールで、“Russian Circus on Ice” による「白雪姫・オン・アイス」ショーの家族チケットを当ててくれました~!まともに買えば大人一人あたり50ユーロ(約6000円)近くするチケット。でかした、娘!(^^)v
「スケート靴を履いた白雪姫と七人のこびと」がテーマだったこのコンクール、栄光(?)の優勝作品がコレ↓
c0076387_21405958.jpg

・・・う~ん、ぶっちゃけ特にうまいとも思えないけれど、一生懸命描いた楽しい絵だね♪的な・・・A4用紙1枚に入りきれずにもう1枚貼り足したのが目を引いたのかも。「ボクの方がうまかったのに!」とぷりぷり怒った長男の作品はこちら↓
c0076387_21412640.jpg

そりゃー5歳児の作品より9歳児の作品の方が「うまい」けど、小人の個性という意味では5歳児の作品の方が楽しいかも。ちなみに次男7歳の作品はこちら↓
c0076387_21415889.jpg

さて、興行一週間前に新聞社から届いた手紙によると・・・

「優勝おめでとう!家族全員分のショーチケットをプレゼントするよ。当日は開演2時間前に会場に来てね。プロデューサーのFrau Wが、君達を出迎えて、ショーの舞台裏に案内するよ。子供達はスケート靴を持って来てね。ショーに出演するアーティスト達と練習しよう!そしてショーのフィナーレで一緒に滑ろう!!」

・・・って、えぇっ?何それ!?うちの子供達、スケート靴なんて持ってないよ!そもそもスケートをやった事すらないよ!(@o@)

という訳で、慌てて友人知人ネットワークやebay Kleinanzeigenを活用しまくり、何とか子供用のスケート靴をゲット。ebayは「オークション形式=難しそう」という印象を持っていたのですが、実はこのebay Kleinanzeigenは、オークションというよりむしろ新聞やスーパーの「売ります、買います」掲示板のインターネット版でした。同じ町の中で「子供が入らなくなったスケート靴、誰か10ユーロで買わない?」という人を捜し、電話してその人の家に行き、試着してOKなら現金で買い取る。お手軽だ。素晴らしい!(日本にもあったらランドセルが欲しい~。)今回はスケート靴3足に計25ユーロ支払いました。スケート場の貸し靴が子供用1足1回3.5ユーロしますから、2、3回行けば元が取れる計算です。

そして週末に家族でスケートリンクに練習に行きました。息子達はインラインスケートが出来るので、コツを覚えるのが少し早いかも?と思っていたらこれが期待以上で、最初からいきなりフツーに滑り始めたのでビックリ(@o@)。「スケートは学校の授業でやった事がある」という夫も一応何とか滑れましたが、娘と私は手すりにつかまってヨチヨチ歩きからスタート(^^;。それでもスケート場を後にする頃までには、娘は「手を引いてもらえば何とか滑れる」程度まで上達し、(最初は「何の修行だよコレ」状態だった)私も前に滑って進むのが楽しめる程度には勘を取り戻しました。

こうして万全の態勢で迎えたショー当日。指定された開演2時間前に会場に着くも、迎えてくれるはずのFrau Wの姿は見えない・・・アレ?受付の女性が電話してくれたものの、電話の相手はロシア語しかわからず、話が通じない(^^;。そのまま入口で待つ事30分、やっとFrau Wの助手だという男性が来て、中に案内してくれました。この男性も元はサーカスのアーティストで、2年前から興行側の仕事に転向したそうです。母国語はロシア語で、ドイツ語は私と同レベルなのでわかりやすい(^^;。

舞台すぐ裏にある、出番の合間に役者さん達が着替えるスペースを見学させてもらいました。白雪姫が仲良くなる動物達のマスクと、話の展開上は必要ない気がするけどサーカス技術を披露するために出番がある蜘蛛のマスク↓
c0076387_21432551.jpg

こんな竹馬スケートで滑るアーティストもいる。↓
c0076387_21434564.jpg

白雪姫のティアラを拝借。気分はプリンセス♪↓
c0076387_2144849.jpg

c0076387_21443234.jpg

そしてリハーサルを見学させてもらいました。↓
c0076387_21451092.jpg

その後、いよいよ白雪姫達とスケートのトレーニング!・・・のハズだったんですが、リハーサルがなかなか終わらず・・・。この日は白雪姫の演目をドイツで初めて滑るそうで、なんと開演の20分前までリハーサルに励んでいました。アーティストの皆さんは開演前に着替えやメークもしなければいけない訳で、無関係なガキ共と遊んでいるヒマなんか当然ありゃしない。それでもリハーサル後の技術チェックの時間に、少しだけ滑らせてもらえました。
c0076387_2145262.jpg

ショーの名前は「on ice」ですが、実はこの氷、本物の氷ではなく、テフロンか何かの人工素材パネルをジグゾーパズルのように組み合わせたもの。だから冷たくもないし、スケート場ではなく普通の劇場で興行できます。そして本物の氷ほど滑らず、上を普通に歩けます。息子達はむしろ滑らな過ぎて「進まない!」と苦労していましたが、娘も安心して遊べたみたい。
c0076387_21454496.jpg

↑特殊効果テストで「雪!雪!」と喜んで駆け寄り、「泡!泡!」と逃げる(^^;。

そしていよいよショー本番スタート!サーカスとスケートとバレエを組み合わせた感じで、なかなか見応えがあり、面白かったです。白雪姫のストーリーに沿ってはいるものの、子供だましではなく、観客も大人の方が多かったです。まぁ木曜日19時開演は、幼児連れの家族には行きにくい時間帯ですよね。終わったのは21時半、娘は途中で寝落ちして、白雪姫の結婚式を見逃しました(爆)。ショーの内容をちょっと覗いてみたいという方は、興行主が公開しているこちらのYouTube動画をご覧下さい。
パフォーマンス中にスマホで動画を撮影している観客が何人かいて、驚きつつもちょっと羨ましかったので、カーテンコールで一枚だけ撮っちゃった。↓
c0076387_21463276.jpg

本当はこのフィナーレにうちの子供達が加わっていたはず・・・なのですが、明らかにド素人の子供3人がここに混じったら場違いも甚だしいので、ボツになって正解だったかも(^^;。白雪姫に手を引かれて滑りたかった娘にはちょっと可哀想でしたが、それでも十分に楽しい経験をさせてもらいました。ありがとう!
c0076387_2148253.jpg

次男の日記↓
c0076387_2240695.jpg


More...本当は怖いグリム童話
[PR]
by penguinophile | 2017-01-31 21:53 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

Bad Salzufler Weihnachstraum

「Bad Salzuflen町のクリスマス市は可愛いよ!」と聞いたのでお出かけしてきました。
c0076387_738658.jpg

c0076387_738144.jpg

c0076387_7381939.jpg

c0076387_7382337.jpg

c0076387_7383279.jpg

c0076387_7383546.jpg

c0076387_7385539.jpg

c0076387_7385815.jpg

c0076387_739153.jpg

c0076387_739468.jpg

c0076387_739883.jpg

c0076387_7392056.jpg

c0076387_7392658.jpg

[PR]
by penguinophile | 2016-12-24 07:40 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

Schwarzwald

10月の秋休みはドイツ南西部の「黒い森(Schwarzwald)」に旅行しました。

More...写真が多いのでたたみます。
[PR]
by penguinophile | 2016-11-21 21:12 | お出かけ | Trackback | Comments(6)

LWL-Freilichtmuseum Detmold (Detmold野外博物館)

今月、長男は修学旅行に行きました。「北海の離れ小島に一週間島流し」という豪華?な旅行を決行する小学校もあるそうですが、長男の学校は「隣町のユースホステルに二泊三日」というお手軽な内容。しかも初日は10時頃に出発して、三日目の昼には戻ってくるという気合の入らなさ。旅行では観光地も訪れたものの、息子が帰ってから話してくれたのは、むしろユースホステルでの様子でした。「“お片付け競争”で、僕達の部屋はE君とP君のベッドが乱れていたので2点減点されて58点。女子二部屋の59点に続く高得点だったけど、景品は小さなチョコレート一つだけだった。」「夜の肝試し散歩(?)に出たら、夜景がすごくきれいだったけど、寝るのが10時と遅くなり、N君は歯も磨かずに寝てしまった。」などと楽しそうに語ってくれました(^^)

二日目に訪れたのは、たまたま5月に家族で行った野外博物館。実は6年ほど前にも知人に誘われて一度行った場所ですが、当時の私は「Freilicht=free+light=自由の光博物館?自由のために貢献した偉い人達の記念館?」という阿呆な勘違いを胸に現地に向かったら、広大な野外博物館だったのでかなり驚いたという・・・「無知だったわ~」と笑いたいけど、未だにこんな勘違いを日々繰り返している気がするので、全く笑えない・・・(--;;;

こちらの博物館は敷地が90ヘクタール(東京ドーム19個分!)とすご~く広い。敷地内には古い建物を移築した村がいくつか入っており、昔の農家の暮らしが覗けるようになっています。

c0076387_20451679.jpg
c0076387_20452505.jpg
c0076387_20450999.jpg
c0076387_20452073.jpg

水車小屋。中の仕組みも見られます。↓

c0076387_20314382.jpg

お墓↓

c0076387_20325585.jpg

庭園↓

c0076387_20331144.jpg

風車小屋↓

c0076387_20333467.jpg
c0076387_20341182.jpg

この風車小屋は土台部分と風車部分に分かれており、風向きに合わせて上半分を回転します。さて、その回転にどの程度の人力が必要かというと・・・

なんと成人男性一人で動かせます!

c0076387_20343268.jpg

鍛冶屋↓

c0076387_20351727.jpg

パン屋↓

c0076387_20354031.jpg

アイスを食べて↓

c0076387_20362693.jpg
羊とラブラブ♪↓
c0076387_20364418.jpg
c0076387_20365294.jpg

さて、修学旅行でここを再訪した長男の日記。

c0076387_20371634.jpg
屋外博物館に関しては「昔の家がたくさんありました」と書かれているのですが、添えられた絵は・・・
c0076387_20430563.jpg

・・・え、これだけ?


意味はあえて書きませんが、どうやらトイレに関する特別展があったらしく、確かにあちこちにありましたよ、この看板。他にもっといろいろ見学しただろうに、そして普段はやたら細かくて情報量の多い絵を描く子なのに、これだけなんだ・・・って何だか一気にずっこけました。結局男子は下ネタ好きって事なのか・・・。


旅行中はちょっとホームシックになったという長男、旅行前日と帰った日の夜は「ママ、今日はボクと一緒に寝たい?」と聞いてきました。自分が寂しいくせにやけにオレ様な聞き方だと思ったものの、いちおうカワイイ女(?)のフリをして「うん、ぶんた君と一緒に寝たいなemoticon-0152-heart.gif」と言っておきました(笑)。


[PR]
by penguinophile | 2016-09-22 20:43 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

夏休み

夏休みは母子で日本に里帰りしていました。

小学校と幼稚園にも、ほんの一週間余りですが、通わせてもらいました。長男は昨夏に先生やお友達が優しく接して下さったお陰で、日本に行く前から学校を楽しみにしていました。次男も初めての小学校で新しい友達が出来たらしく、最終日は残念がっていました。他のクラスの先生に「普段は現地校に通っているのに、日本の小学校にすんなり通えてしまうなんて、生きる力がすごいですね。」と言われ、そうか、実はスゴイ事・・・なの、か?も?しれないなぁ、確かに・・・と子供を見直しました(笑)。

リオオリンピックをテレビで観て日本選手を応援して(←12年ぶり?)。

美味しい日本のご飯を食べて。
c0076387_20260189.jpg
遊んで。


More...写真が多いのでたたみます。
[PR]
by penguinophile | 2016-08-29 20:19 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

ミュンスター

今年の復活祭休暇は、例によって義理実家参りを済ませてから、ミュンスター(Münster)に立ち寄りました。同名の町がいくつかあるようですが、私が行ったのは一番大きくて有名な、ノルトライン=ヴェストファーレン州にあるミュンスターです。泊まったのは隣町Telgteのホリデーアパートメント(5人利用で素泊まり一泊あたり105ユーロ=約13,000円)。予約が直前だった事もあり、ミュンスター中心部の宿泊施設よりずっと安かったここに泊まり、バスや電車でミュンスター市内観光に行きました。平日は朝9時以降、土日は終日電車もバスも乗り放題の一日券(9 Uhr TagesTicket 1 Person)は、子供三人まで同行できるので貧乏人の子沢山家庭にはうってつけ。Telgteからは6.10ユーロ(約750円)でした。
c0076387_2114779.jpg

c0076387_2115084.jpg

このバスタブには父子が一緒に入って「温泉みたいー!」と大はしゃぎしてました。
c0076387_2115246.jpg

ミュンスター旧市街観光に一日。スマホを持って行く人は、オーディオガイドのアプリ(ドイツ語あるいは英語)をダウンロードしておくと良いかも。例え現地でネットワークにつながらない状況でも、一度ダウンロードしておけばオフラインでも、観光スポットの解説を音声+テキストで確認できます。私は気付くのが遅くて、訪問した後に説明を読んで「そうだったのか!」と納得していたのですが、その場で読めた方が面白かったでしょうねぇ。

聖パウロ大聖堂(St. Paulus-Dom)。天文時計(die astronomishe Uhr)が有名で、毎日12時には三賢人がマリア様とイエス様に挨拶をするからくりが見られます。
c0076387_2131775.jpg

c0076387_2132061.jpg

青空市場が出る水曜日だったので、行列に並んで魚フライ+パンで昼食。写真だとわかりにくいでしょうが、実物はかなりのボリュームです。
c0076387_21437.jpg

聖ランベルティ教会(St. Lamberti)。塔に吊り下げられた三つの鉄かごは、1536年にキリスト教再洗礼派の遺体を見せしめにさらした物(!)。
c0076387_2143785.jpg

市庁舎(Rathaus)。1648年に30年戦争が終結した歴史的な場所。ウェフストファリア条約の締結に使われたホールは平和の間(Griedenssaal)として有料で見学可。
c0076387_2161016.jpg

Erbdrostenhof。町中にある貴族の館。外から見るだけですが、各種イベントに利用されているらしい。
c0076387_2162223.jpg

中心街から徒歩15分の場所にある城(Schloss)。
c0076387_217635.jpg

この城は今はミュンスター大学として使われていますが、背後にある植物園は自由に散策できます。子供達は竹のトンネルと温室に「冒険っぽい!」と大喜び。
c0076387_217994.jpg

c0076387_2171221.jpg

c0076387_2171590.jpg

旧市街の見どころは中央駅から近く、またコンパクトにまとまっているので、観光しやすい町です。町の雰囲気がいいので、もう少し散策したい気持ちもあったのですが、翌日はバスで動物園へ・・・という訳で次記事に続きます
[PR]
by penguinophile | 2016-04-13 21:08 | お出かけ | Trackback | Comments(8)

パン工場

地元のパン屋チェーンが主催した「ぼくの・わたしの夏休み」絵画コンテストに長男の絵が入賞し、パン工場に招待されました♪応募者数350、入賞者数15の狭き?門。そういえば今年の誕生パーティーも絵画コンテストで当てたし(過去記事参照)、うちの息子ってば画才があるのよね♪と親馬鹿にひたりたいところですが・・・・・・↓
c0076387_1913392.jpg

何というか、親馬鹿目線で見ても、「芸術的価値ではなく情報量の多さで勝負!」みたいな作品だよなぁ、というのが私の正直な感想(笑)。漫画調にコマ割りしてあるのが面白いというか、もしや怪傑ゾロリ本の影響?ドイツでは見かけない手法だから目立ったのが勝因?と分析。

工場の中で、フランスパンのオープンサンドをつまみつつ表彰式。経営者一族(創業者の子&孫&婿)は自社ホームページで堂々と顔を売っているのでボカシを入れる必要性を感じませーん。↓
c0076387_1915148.jpg

c0076387_1915549.jpg

そしてパン工場を見学。材料倉庫↓
c0076387_1921968.jpg

生地を配合してこねて、↓
c0076387_1923276.jpg

成型して、↓
c0076387_1925199.jpg

寝かせて、↓
c0076387_1931032.jpg

焼いて、↓
c0076387_1932477.jpg

支店別に仕分けて発送する。↓
c0076387_1933685.jpg

という流れらしい。私達が行った午前10時頃は従業員も少なくのんびりモードでしたが、朝2時から5時頃はてんやわんやらしいです。早起きを通り越して昼夜逆転の職業かも。
c0076387_194959.jpg

長男は賞品としてLEGOを、弟と妹も便乗して悪魔のぬいぐるみを、そしてお土産にパンをたくさん頂いて帰りました。長男が頑張ってくれたお陰で家族まで楽しませてもらいました。ありがとう!
c0076387_1941781.jpg

↑この日の長男の日記。この環境で小2でここまで書ければ上出来かな、と最後はいちおう親馬鹿で締めておきます。
[PR]
by penguinophile | 2015-10-02 19:07 | お出かけ | Trackback | Comments(8)

ファームステイ

イースター休暇中、車で2時間ほどの所にある農場に三泊してきました。残念ながらお天気には恵まれず、風が強く雨、雪、雹まで降ってくる有様でした・・・。

泊まったのは母屋から牧草地を隔てたこの家。
c0076387_9121389.jpg

1階がキッチン、リビング、ダイニング、シャワー、トイレ。2階が寝室2つという作り。
c0076387_913782.jpg

c0076387_9131112.jpg

c0076387_913175.jpg

家のすぐ前まで動物達が草を食べに来るのがなかなか愉快。
c0076387_9142290.jpg

朝は窓を開けて「メェー!」と羊達に呼びかける子供達の声で起こされました。
c0076387_9142583.jpg


この臆病な小鹿ちゃんのそばに近寄ってはいけません。
c0076387_9151935.jpg

が、小鹿が小屋の中に入っている時は動物達のいる柵の中に入ってもいいと言われていたので、雨がやんだ隙を見て羊、リャマ、アルパカと触れ合いました。ドイツでリャマやアルパカ!?と驚いたのですが、実際に羊と一緒にいる姿は全く違和感がなくて、「あぁ羊の仲間だもんね」と納得したものの、実はラクダの仲間でした(笑)。
c0076387_9174252.jpg

c0076387_9173968.jpg

特にフレンドリーだったのが、茶色のアルパカちゃんで、息子達は仲良くしてもらって大喜びでした。背中に触るとさすがアルパカ100%のふわふわ感(うっとり)。
c0076387_9181281.jpg

c0076387_9181651.jpg

c0076387_9181934.jpg

動物達はとても可愛かったし、子供達が遊べる遊具も小さな公演並みに置いてあったし、宿泊費も安かったし、今度はお天気がいい時に改めて訪れたいものです。
c0076387_9191773.jpg


More...愚痴。
[PR]
by penguinophile | 2015-04-12 09:19 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

Christkindlmarkt Wiedenbrück

先週、うちではおなかの風邪が大流行でした。長男に続き、1~2日おきに長女、次男、夫、私と見事に全員やられ、夫だけは「胃がムカムカする」程度でしたが、子供達と私はかなり吐きました。それでも子供達がほとんどトイレか洗面器で吐けるまで成長してくれたので、「ところ構わず吐きまくり」時代に比べれば私の負担はずっと減りましたし、一日吐けばおさまる程度で医者に行く必要もなかったので助かりました。とはいえ3歳児が自宅で臥せっている時に、5歳児が幼稚園で吐いたから迎えに来てくれと電話がかかり、7歳児はまだ授業中だから午後に改めて迎えに行かなくてはならず・・・・・・という状況になった時は正直かなり困りました。結局ご近所の「代理祖母」にSOSを出し、「そういう時のために私達がいるのよ!まかせて!」という心強いお言葉に甘えて乗り切った訳ですが、これが共稼ぎで親も遠方住まいで助けてくれるご近所さんがいなかったら、さぞや大変だろうなぁ。みんな元気になった今日は、近くの売り場にクリスマスツリーを買いに行きました。今年は小さめのツリーでもいいかなぁなんて思っていたはずなのに、結局2.4mのモミを40ユーロ(約5,800円)で購入し、すごく贅沢した気分。去年と同じおじさん曰く、「お互い元気で、そしたらまた来年会おうね。」

閑話休題。有名どころのクリスマス市には今年も行き損ねてしまいましたが、近場でもいいから一箇所くらいは見たいなぁ~と思い、車を45分ほど(夫に)走らせてWiederbrückという町のクリスマス市を覗きに行きました。
c0076387_0462511.jpg

木組みの家が多い可愛い町でした。
c0076387_0494847.jpg

c0076387_0495189.jpg

c0076387_0495512.jpg

c0076387_0495864.jpg

c0076387_050298.jpg

c0076387_0493256.jpg

クリスマス市に入って・・・
c0076387_051405.jpg

c0076387_0532521.jpg

c0076387_0533045.jpg

冬によく見かけるケールのスープ(Grünkohleintopf)。↓
c0076387_0521239.jpg

屋台定番の焼きソーセージ(Bratwurst)↓
c0076387_0522846.jpg

アンティークのオルゴール↓
c0076387_053771.jpg

イガイガ君は冬になるとよく見かけるデコレーション↓
c0076387_0545350.jpg

蜜蝋ろうそくのお店。蜂蜜入りホットミルクが美味しかった♪↓
c0076387_0552164.jpg

こんな日用品も売っています。↓
c0076387_0561842.jpg

小さな町ですから、クリスマス市も小規模でしたが、夕方からはかなり賑わっていました。子供向けの「一緒に歌って踊ろう!」プログラムもあり、子供達はすごく楽しそうに参加していました。
c0076387_0572124.jpg

c0076387_0573915.jpg

c0076387_0575315.jpg

c0076387_058620.jpg

最後にクリスマス市とは関係ないのですが、ドイツの赤ちゃん人形がリアル過ぎて怖いのにはもう慣れましたが、、、
c0076387_0582234.jpg

いくら何でもこんなに怖い表情をしなくてもいいんじゃないか!?
[PR]
by penguinophile | 2014-12-22 00:58 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

Hermannsdenkmal

10月第2,3週は、学校が秋休みでした。夏休みが終わって一ヶ月半でもう休み(笑)。学校が再開して軌道に乗ってきた先日、私は腰を痛めてしまいました。ぎっくり腰は三年ぶりでしたが、今回は特にさしたるきっかけもなく、いきなり「あれ?なんだか腰が重いような?」と思っているうちに、みるみる痛くなり動けなくなってしまいました。以前に整形外科の先生に「今度やったらすぐに受診しなさい。注射をしてあげるから。」と言われましたが、トイレまで行くのも大変なのに、医者なんてたどり着けない(orz)。こういう時は注射よりまず安静だろう、と子供達がいないのを幸い、家事も堂々とサボって寝ていました。寝返りもままならない有様で、手に届く範囲にあるのがドイツ語教材だけという状況だと、やたらと勉強がはかどる事に気づき、「怪我の功名」と喜んでいたのも束の間、子供達が帰ってくるとおちおち寝てもいられず。三年前、私がグキッとやり身動きできない隙をついて風呂場を水浸しにしやがった長男は、「ママの調子が悪い時くらい協力して。」という母の願いに「じゃあ元気な時は協力しなくていいんだね。」とへらず口を叩けるほどに成長し、当時まだ寝たきりの赤ん坊だった娘は、立て続けにミルクとお茶を床にぶちまけるほどに成長しました(--;。腰を痛めている時に、四つん這いになって床掃除をするのは結構キツイ(T_T)。顔を踏まれても腰が痛いなんて、人体は不思議。

閑話休題。秋休みに家族でハルツ山地へ旅行してきました。日本人には馴染みの薄い地名でしょうが、ヴァルプルギスの夜に魔女が集まる地域です・・・ってやっぱりわかんないか(^^;。往路にDetmold市近郊にあるHermannsdenkmal(Wikipediaドイツ語版)という記念碑に立ち寄りました。この記念碑は、ローマの占領に抵抗したドイツの国民的英雄であるアルミニウス(Wikipedia日本語版)の像です。

記念碑の建設に執念を燃やした頑固親父の小屋と像↓。予算が途中で打ち切られたり、かなり苦労したようですが、1875年になんとか完成した翌年に亡くなっています。
c0076387_19323479.jpg

そしてこれがアルミニウスの像。彼の敵はローマ軍だったはずですが、像は建設当時の仮想敵国(?)のフランス方面を睨んでいます。↓
c0076387_19362686.jpg

とりあえず真似してみる三匹・・・。
c0076387_1937011.jpg

上にも登れますよ~。眺めが良くて気持ちいい。
c0076387_1937645.jpg

c0076387_19371197.jpg

完成式典にはドイツ皇帝ヴィルヘルム1世も来たらしい(ピースサインが妙に日本人っぽい三匹・・・)。↓
c0076387_19371577.jpg

像の近くにはかつて砦を守った柵が再現されていたりもします。↓
c0076387_19371928.jpg

が、長男は考古学的興味から柵を検証している訳ではなく、こちらのブナの実(die Buchecker)を集めていたのでした。↓
c0076387_193722100.jpg

手で剥いて食べられ、味はヘーゼルナッツに少し似ています。次男が「ママのため」にたくさん剥いてくれました。「なんて優しい子!」と一瞬感激しましたが、次男はナッツ類が苦手で、剥くのは楽しいけど食べられないだけでした・・・。
[PR]
by penguinophile | 2014-10-27 19:40 | お出かけ | Trackback | Comments(4)
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
ちえさま: えらい長々..
by penguinophile at 05:30
5歳児でかした!美大出の..
by ちえ at 22:33
Mさま: 返信が遅くな..
by penguinophile at 05:03
安いですねえ。こちらの感..
by M at 23:38
Mさま タブレットで書..
by penguinophile at 20:40
これはPCで書いてるんで..
by M at 09:22
鍵コメさま: そう、1..
by penguinophile at 07:42
ちえさま 出来合いの黒..
by penguinophile at 07:21
おせち、すご〜い!私がア..
by ちえ at 14:07
はなはなマロンさま: ..
by penguinophile at 08:29
お気に入りブログ
外部リンク
検索
記事ランキング
ブログジャンル