カテゴリ:お出かけ( 88 )

トラクター博物館という名前の通り、「これでもか!」という位、古いトラクターがとにかくたくさんひたすらいっぱい並んでいる博物館でした。↓
c0076387_554040.jpg

c0076387_562615.jpg

c0076387_565058.jpg

他には旧東独のトラバントとか古いベンツとか。↓
c0076387_572238.jpg

鍛冶屋の再現?↓
c0076387_574378.jpg

ミニカーもたくさん。↓
c0076387_581126.jpg

お子様コーナー。↓
c0076387_584627.jpg

この博物館は、車大好き長男の誕生日記念に行ったのですが、本人の反応はイマイチで「早く出よう」とせかしてばかりでした。私はそもそもトラクターには全然興味がない上に館内に充満したガソリンの匂いで頭痛がしてくる有様で、「大人一人7ユーロも払って骨折り損のくたびれ儲けかよ~」という気分でしたが、夫は「大変興味深かった」と言っていたので、まぁ一人でも楽しんだ人がいて良かったです。たぶんマニアにとっては垂涎物が並んでいたのでしょうが、豚に真珠状態の私の目を引いたモノと言えば・・・
Mieleって洗濯機だけじゃなくて搾乳機も作っていたのか!とか↓
c0076387_59654.jpg

トイレの表示が可愛いし立体的で面白い!とか↓
c0076387_592871.jpg

c0076387_595848.jpg

c0076387_510222.jpg

なんだか全然本題とはずれていたような・・・いくら館内撮影自由だからって、トイレのドアの写真を撮っている私ってどうよ?みたいな。あとはぺものを一つ見つけましたので、次回の月例報告で写真をご紹介します。
[PR]
by penguinophile | 2010-06-25 05:11 | お出かけ | Trackback | Comments(4)

Bad Lippspringe

サッカーW杯、日本第三戦!・・・が、実はうちにはテレビがない(^^;。これまでの二試合は、パブリックビューイング会場で観ていたのですが、今日は乳幼児のねんね時間と重なってしまいました。日本と違ってゴールデンタイムなのに残念。でも子供達が早く寝てくれたので(夜中にツケを払うのか?)、インターネットでテキスト速報を見て「おぉーっ、やった、先制!」とか一人で画面に突っ込んでいます(暗い?)。

ドイツの夏。日が射せば暑く、陰れば肌寒く感じるのは、湿度が低いせいでしょうか。寒くて暗い冬の間はついつい出不精になりがちですが、暖かくなってくると、「うちでボーッとしているなんてもったいないっ!」とお出かけの虫が騒ぎます。祝日に車を10分ほど走らせ、Bad Lippspringeという、湧き水が豊富で広い公園がある気持ちのいい小さな町を訪ねました。ちなみにドイツ語のBadは英語のbathに当たり、これが頭に付く場所は温泉保養地が多いようです。
c0076387_424169.jpg

Lippe川水源。水の色が神秘的ですね。↓
c0076387_431180.jpg

城址↓
c0076387_443214.jpg

飲泉所。ドイツは日本と違って水飲み場やコンビニや自動販売機がないし、日曜祝日は店舗もガソリンスタンドしか開いていないので、暑い日に自由に汲んで飲める水があるのは有り難いものです。無臭ですが、かなり硬い味のする水でした。↓
c0076387_45574.jpg

c0076387_462012.jpg

c0076387_464768.jpg

療養プール。ここは遊び場ではありませんから、大声を出した子供グループが怒られていました。療養のためには、鷺のように一歩ずつ足を出しながら歩くのだとか。水はかなり冷たかったものの、長男は喜んでいましたよ。↓
c0076387_471840.jpg

Arminius公園にあるPrinzenpalais。「王子の宮殿」と訳すとものものしいが、要するに貴族のぼんぼんの狩猟小屋?↓
c0076387_475339.jpg

この公園にある大きな砂場で子供を遊ばせていたら、15時過ぎ頃から水が流れてきました!ミニダムなどもあってなかなか面白い。泥だらけになって大はしゃぎする子供達を見守りつつ、ビーチマットの上でのんびりゴロゴロしている保護者達がいい感じでした。↓
c0076387_49316.jpg

c0076387_4104885.jpg

隣のJordan公園にある水源。ここは静かで水も空気も澄んでいる雰囲気。↓
c0076387_411163.jpg

Kaiser-Karls公園の前には、等身大(?)のチェス盤がありました。こういう大きなチェス盤で実際にプレイしているのを見るのは初めてでした。↓
c0076387_4114647.jpg

Kaiser-Karls公園は、前述した二つの公園に比べるとしっかりと作りこまれた有料の庭園でしたが、ちょうど私達が行った17時過ぎから、出入り自由になっていました。ラッキー♪↓
c0076387_4121520.jpg

温泉保養地で診療所が多いせいか、この公園では、歩行器を押して散歩する高齢者を多く見かけました。このお年寄り達がうちの息子達を見る目つきが、とてもとても優しかったのです。ご自分の子供達や孫達の幼かった頃の姿を投影していたのかもしれません。私が年を取って体が不自由になった時、元気一杯で成長するエネルギーに満ち溢れた「人生これから!」の乳幼児を見たら、まぶしく輝かしく見えるのかなぁ・・・なんて想像したら何だかちょっと切なくなってしまいました。
[PR]
by penguinophile | 2010-06-25 04:21 | お出かけ | Trackback | Comments(4)

農場訪問

先週末はやっと暖かさが戻ってきて、暑いと感じる時すらありました。何を着たらいいのか迷うのは私だけではないらしく、毛皮のコートを着た人とタンクトップの人が同時に視界に入る有様。このまま暖かくなれば、5月に入って新たに出来た霜焼けとアカギレは治ってくれるかな~。

さて、普段は稼働率がやたらと低いうちのSKODA号ですが、先週は珍しく三回も出動しました!
火曜日は夫の出張に便乗してデュッセルドルフへ。夫が用務先を訪ねている間に、私は子供達と和食を食べたり日本の本屋さんやスーパーを覗いたり。帰りに近くに住む義弟とその婚約者を訪ねたところ、彼女に「デュッセルドルフに丸一日いて退屈しない?」と言われました。日本にもブランドにも縁がない一般的独逸人にとってはデュッセルドルフはそういう街なのか・・・。ただし「ハイネマンのケーキは美味しいよね!」という点では意見が一致しました(妙に女子的)。

そして木曜日は、長男の体操教室の遠足で、近郊の農場を訪れました。家を出る時は土砂降りでどうなる事かと思いましたが、到着する頃に止んだのでホッ。
c0076387_7115385.jpg

この農場の建物はほとんどが築250年ほどです。9時過ぎに到着し、まずは元の馬車小屋で、パン、チーズ、ハムなどの朝食を頂きました。朝絞ったばかりの牛乳を一度沸かして作ったというココアも堪能♪
朝食後は動物達に遊んでもらったり↓
c0076387_71098.jpg

c0076387_710361.jpg

c0076387_7111569.jpg

c0076387_7172342.jpg

c0076387_7123141.jpg

c0076387_7181391.jpg

ポニーやトラクターに乗ったり↓
c0076387_7131283.jpg

c0076387_713405.jpg

c0076387_7141357.jpg

c0076387_7184816.jpg

干草の山で遊んだり(ここは寝袋で宿泊もできます)。↓
c0076387_7154030.jpg

ちなみに長男は動物には及び腰で、乗馬も乳搾りもウサギや羊を撫でるのも断固拒否でしたが、トラクターに乗れたのがとても嬉しかったらしく、帰宅してから近所のおばさんに報告していました。私も長男をそそのかして一緒に干草の山に登ったり、次男を抱っこしてトラクターに乗ったりと、子供をダシにして大いに楽しんじゃいましたよ♪乳搾りも初体験でしたが、形や大きさは違うものの何やら妙に身に覚えのある感触(笑)で、「牛さんも私も同じ哺乳類なんだなぁ~」と親近感を覚えてしまいましたとさ。
[PR]
by penguinophile | 2010-05-26 07:30 | お出かけ | Trackback | Comments(8)

Altenberger Dom

5月なのになんだか妙に寒い日々です。昨日は朝っぱらからベランダで鯉のぼりと格闘していたら、息が白くて指がかじかんでしまいました。後から聞いたらなんと2度まで下がっていたらしいです・・・。今となっては信じられないくらい暖かかった、いやむしろ暑いくらいだった4月最後の週末、義両親宅を訪れた帰りに、かつての修道院Altenberger Domに立ち寄りました。その大きさ故にDom(大聖堂)と呼ばれていますが、司教がいる訳ではないらしいです。↓
c0076387_5565086.jpg

c0076387_5571226.jpg

c0076387_5573019.jpg

c0076387_557485.jpg

かつて台所があった中庭では・・・↓
c0076387_558619.jpg

c0076387_5582271.jpg

陶器屋さんの店先で一風変わったバター入れを発見。蓋にバターを塗りつけて水の中に吊るす仕掛けのようです。バターが空気に触れて酸化するのを防ぐために考案された物でしょうか!?冷蔵庫がなかった時代には特に重宝がられたのかもしれませんね。↓
c0076387_559248.jpg

ビール醸造所↓
c0076387_601545.jpg

最後に、修道院とは関係ありませんが、ベンツのクラシックカー。車には興味ないくせに「なんかかっこいいぞ!」と撮っちゃったのでした~。↓
c0076387_604892.jpg

[PR]
by penguinophile | 2010-05-07 06:01 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

結婚式@Schlitz

c0076387_5441699.jpg

Mちゃんの結婚式に出席するため、新郎の実家があるHessen州の小さな町Schlitz(ホームページはこちら)に行ってきました。上の千羽鶴は新婦およびその家族の夜なべの成果(笑)。

ちなみに式の二日前にはPolterabendという独身サヨナラパーティー(?)があったそうです。Polterabendについては、ラケルさんのこちらの記事に詳しいので、リンク先をご参照ください。Mちゃん達はここまで大規模にはやらなかったと思いますが、ちゃんと陶器を割ったそうです(あぁいっそうちの食器棚を占領している丈夫だけが取柄みたいな・・・以下自粛)。

午後2時からはパブレストランでWeißwurstfrüstück。結婚式に「白ソーセージ朝食」!?、と興味津々でMちゃんに訊ねたところ、新郎新婦が今住んでいるバイエルン地方の風習らしいです。しかし、興味津々の割に1時間も遅刻した私達は、町の案内ツアーもパスして、残っていたソーセージやケーキを平らげながら授乳やオムツ交換に勤しむ始末(--;。

午後4時からは教会で結婚式。ちなみにドイツでは、教会で挙式する場合にも、事前に市役所婚を済ませなければいけないらしく、Mちゃん達は当日の午前中に行ったそうです。市役所婚が「事前」に義務付けられているのは、「神様の前で誓えばお役所に誓う必要はない」と思う信心深い人対策でしょうか。
会場となった教会は、元々カトリック教会だったのが、宗教改革後にプロテスタント教会に改造されたようです。外側は工事中でしたが、中はいい雰囲気。
c0076387_5455024.jpg

c0076387_546822.jpg

私は誓いの言葉を交わすMちゃん達に感動してもらい泣き・・・するどころか、「おねーちゃん、きれー!」だの「パパー!」だのと叫ぶ二歳児のお尻を追っ駆け回しておりました(--;。

教会を出たところで用意されていたのは・・・
c0076387_5463479.jpg

なんと「丸太」です!ドイツ版「夫婦初めての共同作業」でしょうか!?ウェディングドレスで鋸を振り回して丸太を切るのは結構スゴイ光景です(笑)。

徒歩でパーティー会場の城館に移動し、食前酒を片手に歓談しつつ子供達の可愛いダンスを鑑賞♪
c0076387_5465660.jpg

c0076387_5472223.jpg

ディナーパーティーは着席ビュッフェスタイルで、お料理はどれも美味しかったです。もっとも高級料理を食べつけないうちの二歳児は「もっとパン!mehrパン!もう1回パン!」とパンばかり食べまくっていましたが。マジックや腹話術のショーあり、
c0076387_5474874.jpg

ウェディングケーキ入刀あり、
c0076387_5481295.jpg

ダンスあり、終始和やかな雰囲気のパーティーでした。・・・とまとめてみましたが、私は最後まで見届けた訳ではありません。なにせ数時間で終わる日本の披露宴とは違い、明け方まで延々続くので、乳幼児連れ一家は途中で失礼いたしました。翌日聞いたら朝4時まで続いたそうです。しかし気合の入った両親はいるもので、会場後方にはマット、毛布、玩具持参で仮眠している子供がいました。

招待客には日本人も比較的多かったので、バイエルン地方の民族衣装(革吊りズボンやディンドルドレス)を着た日本人の子供達、という私にとっては珍しくも可愛らしい姿を見ることもできました。着物姿の奥様も一人いらっしゃいましたが、着物はやっぱり華やかでいいですね。

翌日もお天気が良かったので、Schlitzの町をのんびりお散歩しました。マルクト広場周辺を中心に古い建物がたくさん残っており、中世の雰囲気が感じられる可愛い町でした。
c0076387_5484142.jpg

c0076387_549434.jpg

↑左下の塔は「世界一大きいクリスマスキャンドル」としてギネスブックにも載ったとか(逆光写真ですみません)。
[PR]
by penguinophile | 2009-10-03 05:52 | お出かけ | Trackback | Comments(14)

日本では選挙カーが走り回っている頃でしょうが、私は在外選挙の投票日初日の19日にデュッセルドルフ日本総領事館で早々と投票を済ませました。と言っても実は次男の出生届を提出するついでです。政治的関心の低いふたこぶラクダにとって、デュッセルドルフまで車で片道3時間弱の道のりは遠いのです。遠い道のりの疲れを癒してくれるのが日本食♪妊娠中は生魚を食べられなかった事もあり、超久しぶりのちらし寿司は美味しかった!下の写真は昼の定食12ユーロ(約1600円)。ちなみに長男にはかっぱ巻と納豆巻(各4.5ユーロ)を注文しました(生魚をいつ解禁にしていいものやらよくわからない・・・)。
c0076387_1311595.jpg

出生届については過去記事参照。ついでに在留届の現住所を変更し(←今更!)、同居家族に次男を追加しました。

投票手続きは封筒が多い程度で日本国内と大差ありませんが、投票には旅券と在外選挙人証が必要です。私は三年前に婚姻届と在留届を提出した際に、在外選挙人名簿に登録申請を行い、在外選挙人証を取得しました。今回の投票後に、記載住所を変更するため、日本の選挙管理委員会宛に在外選挙人証を送付しました。
c0076387_1305771.jpg

電動招き猫に「バイバイ!Tchüs!」と手を振り返して向かった先は・・・
c0076387_1315990.jpg

ドイツ『惠光』日本文化センターです(ホームページはこちら)。デュッセルドルフに欧州唯一の日系寺院があると聞き、一度行ってみたかったのです。到着したのは夕方7時近く、お寺の拝観時間は終わっていましたが、日本庭園には自由に入れました。さすがデュッセルドルフ、これは正しく「日本」だなぁ~。さっき買った大福を食べながら、しばし和んでしまいましたとさ。
[PR]
by penguinophile | 2009-08-28 01:32 | お出かけ | Trackback | Comments(4)

日本庭園/Japanischer Garten

さてここはどこでしょう?↓
c0076387_553757.jpg

c0076387_5542332.jpg

c0076387_5545016.jpg

c0076387_5552277.jpg

ケルンとデュッセルドルフの間に位置するLeverkusenという町にある化学会社Bayer構内の日本庭園です。日本庭園と言っても中国風の建物もありますし、東アジアをイメージした空間、という事のようです。4月末に夫の実家を訪れた際に立ち寄りました。ほんの少しだけある桜がほぼ終わっていたのは残念でしたが、持参したおにぎりを食べて和みのひと時を過ごしました。

More...石の上にも三年
[PR]
by penguinophile | 2009-05-29 05:57 | お出かけ | Trackback | Comments(10)

カメラを見に行ったはずの電器屋でクレイアニメWallace & Gromitの新作DVDを購入。帰宅して早速観ようと思ったら、パソコンのDVDドライブが反応しないっ!?そういえばSDカードを入れるとフリーズするという不具合もあり、デジカメをカードリーダーとして使ってしのいでいたのでした。とりあえずパソコン本体は(まだ)大丈夫そうですが、なんだか嫌な感じ(>_<)。

閑話休題。ドレスデン滞在中のお天気がそう悪くなかった日、郊外のお城を訪ねました。路面電車で終点駅まで行き、フェリーでエルベ川を渡ります。↓
c0076387_2354477.jpg

アウグスト大王の夏の離宮だったというピルニッツ城。施工主の趣味を反映した東洋風の建物です。↓
c0076387_2354493.jpg

c0076387_23551612.jpg

3月はまだオフシーズンで城内の公開は週末のみでしたが、庭園内は自由に散策できます。昔はこんな船で優雅にエルベ川を遊覧したのかな。↓
c0076387_23553926.jpg

中国風の東屋↓
c0076387_2356572.jpg

ちょうど公開が始まったばかりの温室PALMENHAUS。一部未完成っぽいせいか?この日はなぜか入場無料でした。↓
c0076387_23563068.jpg

この庭園で最も印象に残ったのは、日本椿でした。オランダ東インド会社に雇われ出島のオランダ商館で医師として働いた植物学者のツーンベリ氏が、1778年にロンドンのキューガーデンに持ち帰った4本のうち唯一現存する1本です。このヨーロッパで最も古い日本椿は、樹齢250年、樹高8.6m、樹冠直径11m近く、樹冠廻り33.6m。冬季は温室に収められており、入場料1ユーロで見学できます。↓
c0076387_2357397.jpg

私がこの城を訪れた日はまだ寒く人影もまばらでしたが、一ヶ月経った今頃は花が咲き誇り、天気のいい週末にはドレスデン市民もくつろぎに来ているのではないでしょうか。ドレスデン旅行記はこれにて終了です。
[PR]
by penguinophile | 2009-04-29 23:58 | お出かけ | Trackback | Comments(4)

先週は息子が嘔吐と発熱でダウン。やたらと泣くから抱っこしてあやしていたら突然吐いたので、私は息子の吐瀉物をもろに浴びてしまいました(前回の教訓から使い捨て手袋など購入してあったのに意味なし)。日頃アライグマかカワウソの如く常にちょろちょろと動き回っている奴がじーっとおとなしく寝ている様子は、何やら哀れを誘いましたが、丸一日眠ったらケロッと治ったようです。

閑話休題。なんだか既に遠い過去のような気がしていますが、ドレスデンで食べた物について。グルメ編と銘打ってみたものの、マナー最低&食い意地最高の一歳児と行動を共にしていたので、現実はグルメとは程遠かったのですが、今になって写真を見るとなんだか結構優雅な食生活を楽しんだように見えなくもないから不思議(笑)。

Dresdner Kartoffelsuppe↓
c0076387_60169.jpg

ジャガイモのスープはドイツではよくありますが、これはドレスデン風・・・らしい。でもどこが?上に乗っているソーセージ?「西洋ではスープって飲むものじゃなくて食べるものだったっけ」と妙に納得させられるような濃いスープでした。離乳食に似ていたせいか息子には食べやすかった模様。

Dresdner Eierschecke↓
c0076387_612055.jpg

Eierは卵(Ei)の複数形、というのはわかっていたんですが、Scheckeを辞書でひいたら「まだらの牛(馬)」!?確かにまだら模様ではある・・・。ケーキは上の方がふわふわしていて美味しかったです。

ちなみにドレスデンの名物として私が以前から知っていたのは、Stollenというクリスマスのお菓子。ケーキというよりむしろパンに近いかもしれません。日持ちするので、去年のクリスマスの余りとおぼしき商品が半額で売られており、日本人の団体さんが買っていました。個人的には「季節感を味わうために年に一度食べられればいいかな」という程度のお菓子なので、そのお店ではラズベリーとマスカルポーネのケーキを食べてみました。↓
c0076387_622039.jpg

こちらはFrauenkircheの近くにある「Kunst-Cafe-Antik」。食べたのはごく普通のドイツ飯でしたが、内装が素敵でした。↓
c0076387_63665.jpg

ヒルトンホテル内の日本料理店「小倉」。お昼に天麩羅定食と海鮮丼定食を注文。どちらも15ユーロ(約1900円)程度だったと思います。↓
c0076387_633994.jpg

街中に怪しいSUSHI屋はいくつか見かけましたが、ここは外看板を見て「まともな日本食っぽい!」と判断して入ってみたら当たりでした。(ただしウェイトレスさんは日本語は通じなかったし、お茶は有料でしたが。)黒板に書かれたお勧めメニューが日本語とそのローマ字表記のみだったのには笑ってしまいました。日本人なら日本語を読むだろうし、“yuan-yaki“と書かれて理解できる外国人がどれだけいるものか。うちのドイツ人は「野菜天麩羅」のローマ字表記を読んで曰く「安い天麩羅?」(爆)
[PR]
by penguinophile | 2009-04-22 06:13 | お出かけ | Trackback | Comments(8)

3月下旬、夫の出張に便乗してドレスデンを訪れました。東ベルリンを除けば旧東独を訪れるのは初めてです。ドレスデンは第二次世界大戦で壊滅的な損害を被った街ですが、今ではすっかり綺麗になっています・・・と言いたいところですが、なんだか妙に工事現場が多かったです。年度末だからという訳はないし、もしやまだ再開発中?でも穴の中を覗いてみたら実はむしろ発掘中???↓
c0076387_0333879.jpg

昔ながらの個人商店はほとんど見かけない一方で、チェーン店が多く、H&Mなんて4軒くらいあったような気がします。旧共産圏では、マッチ箱を重ねたような、いかにも「建材を持ってきてその場でパパッと組み立てました」的な建物が目に付きます。この建物は「文化宮殿(Kulturpalast)ですが、周囲はやっぱり工事中。そしてこの壁画はなんだかすごーく共産主義っぽい気がします。↓
c0076387_0352699.jpg

旧東独デザインと言えばやっぱりこのAmpelmann。女の子バージョンはAmpelfrauと呼ぶのかな?今や私が住んでいる町のデパートでさえグッズが売っているほどの人気者。この信号を見るたびにakberlinさんを思い出していた私です。↓
c0076387_135826.jpg

ドレスデンでの一番の見所は旧市街にあるバロック建築郡でしょう。ツヴィンガー宮殿(Zwinger)。↓
c0076387_0372869.jpg

c0076387_0375872.jpg

c0076387_0383168.jpg

中庭を取り囲む建物は、もともとオレンジ栽培用の温室だったそうで、ガラスを多用した作りになっており、現在では博物館や美術館として使われています。↓
c0076387_0391123.jpg

上画像はラファエロの「システィーナのマドンナ」を使ったポスターから撮りました。下の方に描かれている二人の天使は、ドイツでは雑貨に頻繁に登場しますが、オリジナルがドレスデンにあるラファエロの作品だとは知りませんでした。

大聖堂(Kathedrale)↓
c0076387_0404623.jpg

c0076387_0411612.jpg

ゼンパー・オペラハウス(Semper Oper)。↓
c0076387_0414614.jpg

もしや直前売りチケットが出ていないかな~と尋ねてみましたが、無理でした。でもなんと私達が帰る日のチケットはたった10ユーロで売られていたんです!内部ツアーでも7ユーロする事を考えれば、オペラが観られて10ユーロはとってもお得ですよね。残念!

ドレスデン城。ここも内部は博物館になっています。↓
c0076387_0422182.jpg

ドレスデン城の中庭は、屋根があって広々としており、幼児連れで悪天候時の待ち合わせにお勧め。綺麗に整備されたトイレが無料で使えオムツが交換できるのもポイント高し。↓
c0076387_044734.jpg

シュタールホーフ(Stallhof)外壁にある「君主の行列」は、マイセン磁器のタイルで出来ています。歴代のザクセン王が勢揃いしており、ファッションの変遷を見るのもなかなか楽しい。↓
c0076387_045458.jpg

c0076387_046952.jpg

聖母教会(Frauenkirche)。東西ドイツ統一後に再建された物ですが、内部は白・ピンク・金を多用した装飾でいかにも「バロック~!」という雰囲気でした。↓
c0076387_0471998.jpg

エルベ川に面したテラス。お天気がいい日にここでのんびりできたら気持ち良さそう。↓
c0076387_0474711.jpg

以上、写真を中心に駆け足でご紹介してみました。ドレスデンはコンパクトな街で、これらの見所が全て徒歩5分圏内に集まっています。日本のツアーだったら半日観光で通り過ぎてしまいそうな街ですが、博物館や美術館をゆっくり見たら何日もかかりそうです。
c0076387_142272.jpg

[PR]
by penguinophile | 2009-04-09 00:44 | お出かけ | Trackback | Comments(16)