<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


『ひと月の夏』『アナザー・カントリー』

先週末は3連休でした。何やら最近、妙に連休が多い気がしますが、これはおそらく「イエス・キリストが処刑されてから天国に召されるまでは何かと記念日が多い」ためでしょう(←異教徒ガイジンのテキトー極まる認識なので、あまり信用しないように(^^;)。私にとっては、宗教がらみの休日の存在自体ちょっと不思議ですし、その休日が州によって違うらしいのはもっと不思議ではあります。

連休中に、nyf1403様からお借りしているDVD2本を鑑賞させて頂きました。どちらもnyfさんの愛しの君(?)であるコリン・ファースの、若かりし頃の出演作品です。

一本目は『ひと月の夏』。
第一次世界大戦で心に傷を負った主人公が、ヨークシャーの田舎で教会壁画の修復に取り組む日々を、淡々と描いた作品。大事件が起こる訳ではないのですが、何と言いますか、映画らしい作品だなぁ、と思いました。そして、本当はもっと含蓄のある作品かもしれないのに、自分の見方が浅くて読みとりきれない・・・みたいなもどかしさを感じてしまいました。
映画の内容とは別に、登場人物によってはヨークシャー訛りが結構きつく、私は早々にギブアップして字幕頼り(日本語のみ)。夫も珍しく少々苦戦していた模様。
どうでもいいけどちょっと疑問だったのは、とても小さな町みたいなのに、教会だか礼拝堂だかが幾つもあるらしいのは何故?そしてお説教をするのは牧師さんじゃなくても誰でもいいのか?という事。うーん、よくわかりません。
主演のコリン・ファースも、共演のケネス・ブラナーも、若い若い!そして私は、ケネス・ブラナーの演技を見るとなぜかいつも、躁鬱病の躁状態の人を見ているような気になってしまうのでした・・・。

二本目は『アナザー・カントリー』。
名前だけはずっと前から聞き知っており、「英国パブリックスクールを舞台にした同性愛お耽美映画」と思い込んでいました。で、確かにそういう面もあるのですが、むしろエリート生徒間の権力抗争の方がメインだったように感じました。この権力抗争の意味は、背景知識のない私には、最初なかなかピンときませんでした。実在の人物をモデルにした作品らしいのですが、この映画の後、主人公が売国行為に踏み切るまでの過程が気になります。
パブリックスクールの建物は、オックスフォード&ケンブリッジやハリー・ポッターの学寮と雰囲気がそっくりで、いかにも「おイギリス~」な感じ。しかしそこに描かれている少年達の生活たるや、「この生徒達は、勉強するために学校にいるはずなのに、有益な事は何一つやっていない」(夫談)。確かに!(笑)
この作品のコリン・ファース、『ひと月の夏』より更に若いです。顔も若いけど、声や話し方まで微妙に違うような。夫に到っては、エンドロールを見て「え?これもコリン・ファースが出ていたの?どの役?」と、全く気付いていなかった様子(爆)。主人公を演じたルパート・エヴェレットは、『理想の結婚』で、やけに綺麗な顔をした人だなぁ~と思い、『アナザー・カントリー』の主人公と知って何となく納得した俳優さんでありました。

nyf様、どうもありがとうございました~。

More...あれから1年経ちました。
[PR]

by penguinophile | 2007-05-30 23:18 | 徒然 | Trackback | Comments(16)

ミニオフ会

先週の木~日曜日は夫の仕事も私の学校も4連休でしたので、フランクフルト近郊に住む夫の友人夫妻を訪ねました。フランクフルト中心部から電車で30分ほどですが、こんな↓ハーフティンバーの建物が普通に残っている、なかなか可愛い町でした。
c0076387_19244751.jpg

場所を聞いた時に「あれ、もしや?」と思い確認したところ、どうやらMOMOさんの家の近くらしい。という訳で、お時間を合わせて頂き、ミニオフ会開催と相成りました♪
向かった先はフランクフルト市内の韓国料理店。お店を選んで下さったのはMOMOさんですが、韓国料理をリクエストしたのは私です。うちはそもそも外食率が低い上に、夫は辛い物が苦手なので、辛い物を思いっきり食べる機会が少ないのです。それに、MOMOさんとラケルさんのオフ会の記事を見て、気分がすっかり韓国料理モードに入ってしまっていたのです。
お食事の内容については、MOMOさんの記事をご参照下さいませ。そういえば韓国海苔も久しぶりに食べましたー。

そして月曜日、他の街に住む日本人奥様を通じて連絡がついた、ご近所の日本人女性と初めてお会いしました。
ずいぶん前にお名前だけは耳にした事があったのですが、こんなに小さな町なのに、実際にお会いするまでに何ヶ月もかかってしまったという・・・。そして初対面にもかかわらず、図々しくもお宅に上がりこみ、お昼御飯をご馳走になり、NHKのTVニュースを堪能し(ほぼ一年ぶり。アナウンサーの顔ぶれが同じで妙にホッとした)、更にあれこれと頂いたりお借りしたりした上、ちゃっかりうちまで車で送って頂いたのは、何を隠そうこの私。また、いろいろと有益な地元情報も教えて頂きました。三人の男の子を持つママさんで、私とは比べ物にならないほどお忙しい中、お時間を作って頂いて、ありがたや~、でございました。

そんな訳で、奇しくもドイツ生活の先輩である日本人女性と立て続けにお会いする機会に恵まれたのでした。いろいろと教えて頂けるのも有難いし、ドイツ語だとどうしてもまだまだ不自由でストレスがたまる身としては特に、母国語でのおしゃべりはやはり嬉しいものですね♪今後ともどうぞよろしくお願いいたします。m(..)m

おまけ:フランクフルト中央駅地下にあるアジアスーパーマーケットで帰り際に買ったモノ↓
c0076387_1925911.jpg

中国語:豆鼓紅焼鰻
英語:roast eel with fermented black beans
独語:gebratene Aal mit gegartem schwarze Bohnen

お断りしておきますが、この商品を選んだのは、私ではなく夫です。選択理由は「鰻が好きだから」。ちなみに彼の好きな鰻とは、日本の由緒正しい(?)「鰻の蒲焼」であります。この田舎町でも、朝市の魚屋さんで鰻の燻製が売られていますが、私自身はまだ挑戦した事はありませんし、夫もドイツで鰻を食べた事があるかどうかは記憶にないそうです。
しかしこの缶詰、日本の鰻の蒲焼とはだいぶ違う、超怪しい代物にしか見えないんですけど・・・ううむ、いったいどんな味なのやら?何やら「海産物珍味缶」というカテゴリを設けてもいいような勢いの今日この頃でございます。
[PR]

by penguinophile | 2007-05-24 19:36 | お出かけ | Trackback | Comments(14)

猫またぎ缶報告

先日の倫敦土産soft cod roes、夫にうながされて重い腰を上げ、週末に挑戦いたしました。缶を開けたらこんな感じ↓
c0076387_195085.jpg

う~ん、やはりタラコじゃなくて白子でしたね。わかっちゃいたけど残念!
生で食べる勇気はなかったので、湯通ししてから、オリーブオイルやガーリックやハーブと炒めて、トマトと一緒にパスタにからめて、頂きました。そこまでやったらさすがに生臭さも消え、美味しいとまでは言えませんが、普通に食べられました。しかし、台所には生臭い臭いが残り、しばらく窓を開放しておかねばなりませんでした(ヘッポコ換気扇はこれだから困る!)。
しかし、せっかく(いちおう)白子(の端くれのハズ)なのに、こんなに気合を入れて風味を消してしまったのは、なんだかもったいなかったような気もします。実はもう一缶あるのですが、さてどこまで冒険したものやら、目下検討中です。

翌日曜日は張り切ってベアラウフ(行者ニンニク/クマネギ)入りの餃子を作りました!
・・・ってたかが餃子ごときで騒ぐのも大袈裟ですが、私は皮から自作するのは初めてだったのです。ニラに似た風味のベアラウフが朝市に出回っているうちに一度は餃子で食べたくて、「皮が売っていなければ作るしかない」状態。しかしなにぶん不慣れなもので、やたらと時間がかかり、皮を作っている途中で飽きてきちゃいました(ちなみに包むのは夫におまかせ)。出来上がりは、とっても美味しかったです♪・・・が、もしや単に空腹だったせい?(^^;
ベアラウフの匂いが、前に買った時よりだいぶ弱かったのが、残念でした。これはもうシーズン終了間近だからでしょうか?来年はもっと早い時期に挑戦すべきかもしれません。
[PR]

by penguinophile | 2007-05-16 01:19 | 徒然 | Trackback | Comments(18)

ケルン(Köln)観光

今週の気候は夏から春に逆戻り。今朝は特に風が強く肌寒かったです。まぁそもそもまだ5月なので、むしろこちらが本来のドイツの姿なのでしょうか。

ゴールデンウィークに日本から友人夫婦がケルンまで来てくれたので、久しぶりに再会し、おしゃべりを楽しみました。まずはロマンチック街道やミュンヘンを周遊してからケルンへ向かうという日程だったにもかかわらず、あれこれお願いして運んできて頂いてしまいました。ちなみに食品はこんな感じ↓
c0076387_012523.jpg

このリクエストに友人は、「高菜と塩辛はともかく、コーンスープはドイツにもあるんじゃないの?」と首をひねった様子。不思議に思うのも無理はないですね、クノールは確かもともとドイツの会社だし。しかし実際、日本では最も一般的と思われるコーンスープが、なぜかドイツにはないのです。豆腐や納豆とは違い、保守的なドイツ人にも普通に受け入れられる味だと思うので、販売してくれませんかね、クノールさん(ってこんな所でぼやいても意味ないですが)。
ちなみにクノールやマギーのスープは、スーパーでいろいろな種類が売っています(カップスープもありますが、鍋で作る数人用のタイプの方が多い)。美味しいものもあれば、ものすごく塩辛いものもあり、あたりハズレが激しいように感じます。

待ち合わせ場所に向かう途中、路面電車がトラブルを起こし、遅れるのみならず車内放送もないまま別路線を走り始めたりでヒヤヒヤしましたが、なんとか無事に合流。まずは以前の記事にも書いたレストラン「日光」へ(お味噌汁がちょっと塩辛かった)↓
c0076387_031781.jpg

お断りしておきますが、このレストランを選択したのは、和食に飢えた私ではなく、友人夫婦です。ドイツ飯、決してまずくはないですが、質・量共に「重い」ですから、連日だと旅行で疲れた胃には特に過酷ですよね~。それにドイツ料理は、「ビールと一緒に食べてこそ価値がある!」ような物が多いので、お酒をたしなまれない人にとっては、価値が半減する気もします。

昼食後は、ライン河畔から出る船に乗り、2時間の遊覧コース(10ユーロ=約1600円)に出発しました。しかし、特に「美しい!」と息を呑むような景色でもなく・・・まぁ、船上で心地よい風に吹かれておしゃべりを楽しむのは悪くありませんでしたが。写真を撮りたいと思うような建物もあまりなく、強いて言えばこの程度↓
c0076387_035271.jpg

おしゃべりのお供はクリーム過多のカロリー爆弾↓
c0076387_042136.jpg

ドイツでder Eiskaffee(=das Eis 氷、アイスクリーム+der Kaffee コーヒー)と言った場合、いわゆる「アイスコーヒー」ではなく、上写真にあるような「コーヒーフロート」を指します。ただしデュッセルドルフ日本人街には「アイスコーヒー」があります。
気温が上がるとコーンのアイスクリームを舐めながら歩いている人をよく見かけますが、うちの近所では一玉50セント(約80円)程度で、普通に美味しいです。
ちなみにケーキは、「パティシェが腕によりをかけた」という繊細さとはほど遠い、「おふくろの味」とも言うべき素朴な物にしか巡り会った事がありません。それはそれで別に悪くはないのですが、これまた質・量ともに重くて、途中からは惰性と義務で食べてる、なんて事も。惰性と義務で太るのでは、百害あって一利なし?(^^;

下船後は、大聖堂近辺を散策。そういえばケルン大聖堂の写真を載せた事がなかったので、これを機に載せておきます。しかしなにせ大き過ぎて全景を収めるのが難しい建物で、正面から撮った写真はありませんでしたので、裏からのショットでご勘弁↓
c0076387_044794.jpg

c0076387_05641.jpg

その後は「ドイツ最後の夕飯」という事で、再び胃を奮い立たせ(?)、ビール醸造会社直営レストランFrühでドイツ飯↓
c0076387_05289.jpg

ところでこのケルンという街、ドイツの中では大都市に分類される規模であり、田舎町暮らしの今の私にとっては間違いなく「大都会」ですが、日本人が観光で訪れるにはどうだろう?という気がしないでもありません。大聖堂は、世界遺産になっているだけあって、確かに立派で一見の価値はあると思います。そしてこんなヨーロッパらしい街角も多少はあります↓
c0076387_055553.jpg

c0076387_06152.jpg

でもその他は???
これまで私が訪れた事のある博物館は、ローマ・ゲルマン博物館とチョコレート博物館で、どちらも面白かったですが、「何日いても見きれないっ!」という嬉しい悲鳴をあげるような規模ではありません。ショッピングストリートは、観光客というよりむしろ住民向け。売り場面積国内No.2だというデパートもありますが、新宿や銀座のデパートと違って「あそこに行けば何でも揃う!」訳でもない。歩いているだけで楽しくなるような古く美しい街並みが多く保存されている訳でもない。さりとて大都会特有の魅力に溢れている訳でもない・・・と、どうもイマイチ感が漂います。
私が多くを要求し過ぎなのか、それとも何か見落としている大きな魅力があるのか・・・ってこんな悪口を書いちゃって、日本の友人達に遊びに来る気をなくされても困るんですが(^^;;。日本からのツアーやガイドブックから漏れてしまうのも、正直わからなくもないです。

More...「北」の言い分
[PR]

by penguinophile | 2007-05-12 00:49 | お出かけ | Trackback | Comments(18)

2007年4月のP

日本では今週はゴールデンウィークでしたが、ドイツでも5月1日(火)は祝日(メーデー/Maifeiertag)でした。私は月曜日は授業があり飛び石連休でしたが、夫の職場は月曜日も休みで4連休でした。そうなると、どこぞの国のハッピーマンデー制度より、お休みが一日増えてお得感が増すような気がします。
ドイツでは(と言うよりむしろ「ラインランド地方では」かもしれませんが)、メーデーに男の子が飾りを付けた木を意中の彼女に贈るという、バレンタインデーと七夕を合わせたような風習があるそうです。夫も高校生くらいの頃、数メートルはあろうかという樺の木を買って飾り付け、友達と助け合ってお互いの彼女の家の玄関先まで運んだのだとか。なんだかちょっと微笑ましい風習ですよね。

さて、前回報告以降に出会ったペンギンのご紹介です。またまた他力本願で豊作な月となりました♪

まずはnyf1403「毎度有難うございます」様からの差し入れ三連発です。ジョーとサリー@オーストリア、春とは思えぬ最近の暑さでは、早々と夏モードに入る気持ちもわかります↓
c0076387_19243831.jpg

エンペラーペンギンのラブラブ親子の写真絵葉書。うふふのふ(謎?)。それにしてもエンペラーの雛はぬいぐるみのよう(客観的&個人的にはヒトの新生児より可愛いんじゃないかと)
c0076387_19253394.jpg

そしてこれはつい最近届きました、どうもありがとうございます。どうやら消しゴムらしいですが、とても使えません(笑)↓
c0076387_1926289.jpg

下写真はペンギンではありませんが、実は上の消しゴムはこの「開けてびっくり玉手箱」の一部でございました(感涙)。食通の国・お仏蘭西にはあるのですね、帆立の缶詰が!英国産の猫も逃げるタラ白子缶(=何やら恐ろしい)とは正反対の意味(=もったいなーい)で開けるのがためらわれる一品でございます。和風ドレッシングや昆布出汁や仏蘭西産塩まで入ったびっくりプレゼント箱には、「愚痴ってみるものだなぁ」などと不謹慎な事を密かに思ってしまいました。多謝!↓
c0076387_19271142.jpg

お次はakberlin様から送って頂いたシール。アデリーとエンペラーの典型的ポーズを的確に捉えたデザインと言えましょう↓
c0076387_19283085.jpg

同じくakberlin様ご提供、ケルンにはこんなお洒落な奴がいるらしい↓
c0076387_0123061.jpg

考えてみたら、これまで人様から添付で送って頂いた画像は載せた事がなかったのですが、「街角のペンギン」は特に面白いので、せっかくですから今後はご紹介させて頂ければと思っております。掲載に差支えがある場合は送付の際に一言頂ければ幸いです。

まき様から分捕ったSuica缶。顔だけなのに「ペンギン、かわいー」となるあたり、人間のパターン認識能力は不思議です↓
c0076387_1929757.jpg

映画「ハッピーフィート」関連グッズ。日本公開時のパンフレット(Y様ご提供)とおはなし絵本(まき様ご提供)です。この2冊のお陰で、やはりラストはかなり急&強引&能天気な展開であった事が判明いたしました。そしてパンフレットを見たら「英語版の豪華俳優陣の吹替えで見たかった」気分倍増。まぁDVDを楽しみにしておきます↓
c0076387_19303345.jpg

屏風型グリーティングカード♪(Y様ご提供)↓
c0076387_1931014.jpg

南極観測50周年記念葉書。H様@D会より、切手も同じシリーズでお送り頂きました♪↓
c0076387_19314383.jpg

最後に自力グッズ三点。kinderのPinguiチョコの店頭ディスプレイ用箱の底。スーパーで小銭を切らしてカートが使えなかった際に、購入商品を入れるために使うふりをしてゲット(姑息)↓
c0076387_19322121.jpg

ブルージュで見つけたパンフレット。読めないので内容は不明ですが、南極関連イベントでしょうか↓
c0076387_19324968.jpg

ブルージュのショーウィンドウで見つけた置物。お店が閉まっていたのは、私にとっては痛恨、夫にとっては幸運か↓
c0076387_19331710.jpg

こうして並べてみると本当に他力本願ですなぁ。誠に有難い話でございます。m(..)m
[PR]

by penguinophile | 2007-05-07 00:32 | ペンギン | Trackback | Comments(18)
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31