<   2007年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
“Lord Peter”, “Unnatural Death”, “Thrones, Dominations” / Dorothy L. Sayers
東風さんnyf1403さんのブログでミステリーの記事を読んだら、書きかけで放り出してあった記事があったのを思い出したので、今更アップします。

英国の女性推理作家ドロシー・L・セイヤーズの短編集“Lord Peter: The Complete Lord Peter Wimsey Stories”(邦訳「ピーター卿の事件簿」)、長編“Unnatural Death(邦訳「不自然な死」)” 、“Thrones, Dominations(書きかけの原稿をWalshが仕上げた作品)”読了。

ドロシー・L・セイヤーズという作家は、英国黄金期のミステリーの女王とか言われていますが、日本での知名度はアガサ・クリスティやコナン・ドイルに比べてかなり落ちるような気がします。彼女の作品としては、このピーター卿を主人公にしたシリーズが最も有名です。近年、創元推理文庫から新たに訳本が出たようなので、これで少しは知られるようになるでしょうか。推理小説ばかりでなく、ダンテの「神曲」の翻訳も手がけている才媛で、オックスフォード大学の学位を授与された最初の女性の一人です。才媛過ぎて、小説の鍵となる部分にフランス語やラテン語が当たり前に出てきたりするので、へっぽこ読者のワタクシはたまに落ちこぼれる始末(^^;。

シリーズの主人公のピーター卿は、公爵家の次男坊であり、依頼人からお金を受け取るプロの探偵ではありません。探偵業はいわば趣味というか、妻に言わせれば“noblesse oblige”(高い身分に伴う義務/ジーニアス英和大辞典)。ピーター卿も、忠実な使用人のBunter等の脇役も、いい味を出しています。シリーズを通して登場人物が人間的に成長・変化していく楽しみもありますし、謎解きの面白さという点でも個人的にはクリスティより好みです。英語はクリスティより少し難しいかもしれませんが、格調高いような気がします(・・・って実はよくわかってないんだけど、たぶんなんとなく)。

このシリーズ、英国正統派推理小説がお好きな方にはお勧めです。私もまだ全作を制覇した訳ではないのですが、セイヤーズが既に亡くなっており新作が出る事がないので、全部読んでしまうのは寂しいような気もしています。しかしなにせ記憶力が弱いので、読み直しても新鮮な気持ちで楽しめるかも?

More...原著読みのススメ?
[PR]
by penguinophile | 2007-08-30 02:36 | 徒然 | Trackback | Comments(15)
アーヘン(Aachen)
家事や子守を献身的にこなしてくれた母と姉が去り、親子三人の生活(=食事の支度を自分でしなくてはいけない生活)が戻ってきました。
姉が帰る前に、息子と三人でアーヘンに遊びに行きました。到着後、まずは市庁舎のあるマルクト広場へ↓
c0076387_281432.jpg

昼食はザワーブラーテン(酢漬け牛肉のロースト)とマウルタッシェン(ドイツ風餃子?)↓
c0076387_283773.jpg

その後、大聖堂へ。ケルンの大聖堂よりだいぶ小ぶりですが、こちらも世界遺産です。個人的にはケルン大聖堂より味があると思います↓
c0076387_29022.jpg

アイスカフェで一休み↓
c0076387_2105843.jpg

街が城壁で囲まれていた頃の名残の門↓
c0076387_2112334.jpg

アーヘンには温泉水を飲める場所もあります。硫化水素の匂いを嗅いだら、箱根の大涌谷で食べた卵を思い出しました。また、今回は行きませんでしたが、テルメ施設もあります。しかし、薄め過ぎて温泉水らしさを感じないし、水温は低いし、水着を着て入るしで、日本人の私から見ると、温泉というより単なる温水プールというイメージです(←不満!)。

More...OISHII夕食
[PR]
by penguinophile | 2007-08-28 02:13 | お出かけ | Trackback | Comments(12)
命の選択
羊水穿刺検査とは、妊婦のお腹に針を刺して子宮からの羊水を採取し、赤ちゃんの染色体を調べる検査であり、ダウン症など一部の先天性異常がわかります。ただしこの検査には、わずかとはいえ流産などのリスクが伴います。染色体異常児が生まれる確率は、妊婦の年齢が高くなるほど上昇し、35歳で羊水検査による流産の確率とほぼ等しくなるため、35歳という年齢が、検査を行うか否かを判断する際の目安の一つになっています。

個人的には、染色体異常児発生確率と流産発生確率という、全く異なる種類の確率を数値だけで比較する事に、違和感を覚えます。医療行為を行う側としては閾値による線引きが必要でしょうが、数値の解釈は個人で判断すべきでしょう。

ドイツでは、35歳以上の妊婦にこの羊水検査が推奨されており、費用も保険でカバーされます。ちなみに、リスクは低いが結果の確度も低いトリプルマーカーテストは、保険対象外です。
一方、日本では、羊水検査は特に積極的に勧められていないか、あるいは情報提供からして病院の判断にまかせられているのでしょう。日本で最近出産した35歳以上の友人に聞いてみたところ、ほとんど意識していなかったようでしたから、あまり一般的ではないようです。

羊水検査は、胎児へのリスクがゼロではないうえ、悪い結果が出た場合にどう受け止めるか、という難しい問題をはらんでいます。場合によっては、「障害児は育てられないから中絶する」あるいは「出生前後に死亡する病気だから早めに中絶する」という「命の選択」を迫られる、とても重い意味を持つ検査です。
「ダウン症だとわかったら、産まない」と決めている人や、「検査を受けなければ、不安でいっぱいになってしまう」人は、受けた方がいい検査だと思います。でもそれ以外の場合、判断は極めて難しい。

私の場合、既に35歳を超えていますので、最初の定期健診でこの検査を受ける事を勧められ、大学病院での検査の予約を取りました。その後、本やインターネットで情報を収集し、か~な~り~悩みまくった末、検査を受けるのをやめました。
その理由は、
・羊水検査でわかるのは、胎児の遺伝性疾患や代謝異常の一部に過ぎず、検査でシロと出ても、所詮ごく限定的な安心でしかない。
・検査で悪い結果が出ても、今現に私の中で生きている命を絶つという選択は、私にはできない。(ちなみにドイツでは中絶は日本よりずっと厳しく制限されているらしいです。)
・万が一、検査のために流産するような事があったら、私は一生後悔する。

羊水検査を受ける事、受けない事、どちらも勇気のいる選択だと思います。健常児を産み育てた経験すらない私に、どんな子供でも愛して育てられるという確固たる自信があった訳ではありません。それでもじっくり悩んで結論を出した事で、ちょっとは腹が据わったような気がしました。
[PR]
by penguinophile | 2007-08-22 20:03 | 子供 | Trackback | Comments(10)
母子手帳(der Mutterpass)卒業
既に2週間ほど前になりますが、妊娠中にお世話になっていた婦人科の診療所に行き、産後6~8週の検査を受けました。結果は良好で一安心。
c0076387_18562369.jpg

↑この母子手帳も、これでいったん卒業です。ただし、妊娠二回分で一冊になっていますから、もし二人目を妊娠する事があれば、同じ手帳を引き続き使う事になります。

母子手帳はドイツ語ではMutterpass(die Mutter=母、der Pass=パスポート)。婦人科の先生とは基本的に英語で話しているのですが、初めて“your mother’s passport”と言われた時は、「なんでうちの母の旅券が必要なんだろう?」などとおバカな事を思ってしまいました(^^;。

More...妊娠&救急車費用
[PR]
by penguinophile | 2007-08-20 19:11 | 子供 | Trackback | Comments(10)
KIMONO
・・・っていったいどのへんが?↓
c0076387_156139.jpg

やっぱり愛だろ、愛。↓
c0076387_1565790.jpg

[PR]
by penguinophile | 2007-08-16 02:44 | 言葉、亜細亜 | Trackback | Comments(12)
出生届
母とほぼ入れ替わりに訪ねて来た姉を迎えがてら、息子の出生を日本総領事館に届け出るため、久しぶりにデュッセルドルフに行ってきました。

国籍と姓については、以前の記事で書きましたが、息子の場合、当分の間はドイツと日本の二重国籍を持つ事になります。ドイツの市役所には生後一週間以内に出生を届けましたが、それとは別に生後3ヶ月以内に日本国籍を留保する旨を届け出なければ、日本国籍を失ってしまいますので、その届出に行ってきた訳です。

持参した書類
・ドイツの市役所が発行した出生証明書(原本) 2通

領事館で作成した書類
・上記出生証明書の日本語訳(雛形に名前などを記入) 2通
・出生届 2通
・連絡先
・在留届の内容変更

持参したもの
・届出人(通常は父あるいは母)の身分証明書(パスポート)
・印鑑(拇印可)

あらかじめ確認しておいたこと
・出生場所の住所
・出生日時
・人名に使える漢字であること
・本籍地

ちなみに日本の戸籍に記録されるのは日本人のみですから、結婚して親の戸籍を出てから今までは、私一人の戸籍でした。ドイツ人である夫の名前は、私の「身分事項・婚姻」欄に「配偶者氏名」として載っているだけです。今回の届出によって、私の戸籍に息子が加わり、母子二人の戸籍になります。

苗字については、複合姓に関する日独の制度の違いなどから、うちの場合は、
・夫は「シュミット」
・私は日本では「佐藤」、ドイツでは「佐藤-シュミット」
・息子は日本では「佐藤」、ドイツでは「シュミット」
という、極めてややこしい有様になっています(名前はもちろん仮名です)。

また、下の名前については、ドイツではアルファベットを組み合わせて適当に好きな名前を作る事はできず、決まったリストの中にある名前しか認められないそうです。漢字は限られているものの読み方は自由な日本と比べると、自由度は低いかもしれません。日本の名前について、「太郎と書いてハナコと読ませても法的には問題ない」と言ったら、夫は驚いていました。
出生届の用紙には子供の名前の読み方を書く欄があったものの、戸籍謄本や住民票の名前は、漢字のみで記載されています。とすると実は、漢字名を持ちパスポートを持たない日本人の場合、名前の読み方を示す公的な書類はないのか?・・・と、これには私が驚きました。

More...在独者には目の毒かも?
[PR]
by penguinophile | 2007-08-14 03:00 | 子供 | Trackback | Comments(10)
褐炭採掘現場
付き合って2ヶ月になる年下のカレったらぁ、アタシのオッパイが大好きでぇ、夜は寝かせてくれないしぃ、こないだなんかぁ、すっごい激しいキスをするもんだからぁ、アタシの二の腕にぃ、キスマークがばっちり残っちゃったのぉ~・・・みたいな日々のpenguinophileです。ヤレヤレ。

そんな中、町はずれにある褐炭の露天掘りの現場を訪れました。そういえば遠い昔、地理の授業で「ルール工業地帯の石炭」について習ったような記憶がうっすらあるような気もいたします。まさかそこに住む日が来ようとは、当時は想像だにしませんでしたが。

で、その現場がコレ↓
c0076387_18545998.jpg

石炭というと、穴を掘って取るイメージがあったので、露天掘りと言われてもいまいちピンと来なかったのですが、実際に目にしたら規模の大きさに驚きました。画像の中心に写っている掘削機(?)、小さそうに見えますが、実は高さ100m、長さ240mもあるそうです。
ケルン~アーヘン~デュッセルドルフの三都市を結ぶ三角形の中に、このような現場が点々としているそうです。そして、この巨大な現場が新しい資源を求めて少しずつシフトするため、「そこのけそこのけ、石炭掘りが通るぞ」とばかりに道路や川や家が動かされ、景色が変わってしまうそうです。
掘られた褐炭は、写真でも確認できるベルトコンベアーによって、近くにある石炭火力発電所に運ばれます。石炭火力発電所は、この展望台から目視できる範囲内でも2つありました。

そういえば、うちの電気の供給元からの情報にこんな表が載っていた事がありました↓

               市営企業 ドイツ  ヨーロッパ
化石燃料           73.0%  60.0%  54.5%
原子力            13.9%  29.0%  31.9%
再生可能エネルギー   13.1%  11.0%  13.6%
CO2排出[g/kWh]      462    514    455
放射性廃棄物[g/kWh]  0.0001  0.0008  0.0008

市営企業の「化石燃料」の割合が高いのは、近場で採れるこの褐炭による発電のためかもしれません。資源調達から電力消費までの全過程が目視できる範囲で完結しているとは、そのローカルぶりに脱帽です。

ちょっと話がそれますが、こちらで見かける発電所は、冷却塔を使っている所が多いように思います。日本の沿岸部にある発電所とは違い、海水を冷却水として活用できる訳ではないからでしょう。夫が以前に見学した近郊の石炭火力発電所では、冷却塔内に付着する藻へ対処するため、鯉を飼っていたそうです。なんとなくカルガモ農業を思い出してしまいました。
[PR]
by penguinophile | 2007-08-12 07:03 | お出かけ | Trackback | Comments(6)
産後体操教室(Rückbildungsgymnastik)
先日、息子を母に託し、久~しぶりに自転車に乗って、病院に行きました。病院と言っても別に体調を崩した訳ではなく、退院時にお医者様から「産後6~8週経ったら行くように」と言われた、体操クラスに参加するためです。週に1回1時間で、費用は健康保険から支払われ自己負担はありません。

出産前には出産準備教室(Geburstvorbereitung)にも行ったのですが、こちらは私の場合はあまり意味がありませんでした。なにせドイツ語がヘッポコ過ぎてテーマ程度しか理解できなかった上に、早産の可能性があったため自宅安静を医者から命じられたので、ほとんど参加できなかったからです。結局、「パートナーも一緒に」という回に、夫が(不本意にも)一人で参加したのが唯一の収穫(になったのか不明)、という有様でした。

一方、体操のクラスは、言葉がわからなくても周囲の人の真似をすればいいので、かなりお気楽。体力はほぼ出産前の状態まで戻ったと思いますが、以前に参加した妊娠体操教室(Schwangerschaftsgymnastik)に比べると少々きつい内容で、翌日は腹筋が筋肉痛になってしまいました (^^;。
[PR]
by penguinophile | 2007-08-03 19:37 | 子供 | Trackback | Comments(4)
2007年7月のP
先月出会ったペンギンのご報告です。

まずはnyf1403・またの名をナタリー・いつもご協力ありがとうございます・さまより三品。新聞(die tageszeitung, 7./8. JULI)の一面を陣取り、地球温暖化防止を訴えるコンサート「ライブ・アース」を宣伝するアデリーペンギンくん。目がハートになってます↓
c0076387_6335220.jpg

この「ライブ・アース」、日本でも千葉(幕張メッセ)と京都(東寺)で行われたそうですね。芸能関係はとことん疎いワタクシではありますが、YMOがその名前では14年ぶりに演奏したと読んだ時は、ちょっと「へーっ」と思いました。

エンペラーペンギン、アパレルの新聞広告に登場する、の巻↓
c0076387_6343960.jpg

„Kein Scherz“=「冗談じゃないよ!」という感じでしょうか。ちなみにこのC&A、私が住んでいる町には、子供服を扱う店舗のみありますが、店内にオムツ交換スペースがある事に気が付きました。これは赤ちゃん連れにはポイント高いです。

氷山の上でたたずむアデリーペンギン、かと思ったら、裏面の記述(Eisberg mit Zügelpinguinen)によるとヒゲペンギン↓
c0076387_6353920.jpg

日本語のヒゲペンギン、英語のChinstrap(あごひも)ペンギンが、ドイツ語ではZügel(手綱)ペンギンになる、とは新たな発見でした。「髭とか顎紐とか手綱とか、いったいなんのコト?」と思った方は、こちらの写真をご覧頂ければご納得頂けるかと思います。

なお、nyf1403さまからは、「ここにもいる!」とご通報いただきました。ゲージュツを解するフンボルトペンギンです♪

お次はラケルさまよりお送りいただいた画像。フュッセンで見かけたペンギンのソーダメーカーだそうです・・・でもソーダメーカーっていったいなんでしょう?林檎ジュースに炭酸ガスを吹き込んで林檎ソーダにする機械?↓
c0076387_6382081.jpg

ちゃこさまから、またまた感動の手作りのヘアゴム、写真入れ(今は息子の写真を飾っています♪)、追加のよだれかけを送っていただきました↓
c0076387_639467.jpg

ちなみに前回お送り頂いたよだれかけは、順調にデブ化成長しつつある息子の二重あごに、今ちょうどいい大きさです。先日、お昼寝中に裏地の唐草模様が頭に被さり、泥棒っぽくて笑っちまいました(ガイジン夫とは共有できない笑い)。

同じくちゃこさまより、シール↓
c0076387_6393821.jpg

鏡やガラスに貼れるゲルシール↓
c0076387_6395723.jpg

同封されていたこちら↓も、夜中の授乳中につまみ食いさせていただきました。
c0076387_6402960.jpg

なんだか宴会のつまみのような取り合わせだなぁ~っと思われた方、正解です。
ついでに私信>D会の皆様、おつまみセット、どうもありがとうございました。里帰りの折には息子を紹介させて下さいね♪

ベビー服は借り物と貰い物ばかりの我が家ですが、下着が足りなかったので上記広告のC&Aで買ったのがコレ↓
c0076387_641207.jpg

実は密かにペンギン柄が混じっております♪↓
c0076387_6414351.jpg

下着と言えば 、母が日本から航空便で送ってくれた下着が、ついに届きませんでした。郵便事故は発展途上国ではよく聞きますが、ドイツに来てから今まで届かなかったものはない(と思う)ので結構ショックです。新生児用の下着なぞ盗んでもあまり使えない代物だと思うのですが、単なる事故なのか、あるいはベタベタ貼った古切手にマニア魂をそそられた輩がいるのか・・・?

ペンギン柄の哺乳瓶。現在、息子は母乳のみで育っていますが、「何かあった時のために哺乳瓶と粉ミルクを少し準備しておいた方が良い」と言われ、念のため購入しました(←自分への言い訳。なにせ粉ミルクはまだ買ってない(爆)。)↓
c0076387_6525219.jpg

ペンギンファンとはいえ、子供関連の商品についてはこれまで購入を自粛していたのですが、子供が生まれて大義名分ができちゃいました♪息子の周辺をペンギングッズで固め、幼少時からせっせと刷り込みに励もうと心に誓う今日この頃です!?

それにしても今回はかなり物寂しいご報告になるかと思いきや、またまた皆様のお陰で賑やかになりました。いつも他力本願なpenguinophile、心より御礼申し上げます。
[PR]
by penguinophile | 2007-08-03 06:53 | ペンギン | Trackback | Comments(6)
助産婦/Hebamme
出産後に退院してから今日に到るまで、最初は毎日、今は一週間おきに、助産婦さんが自宅に通ってきてくれています。この訪問助産婦さん、婦人科医曰く「お祖母ちゃん代わり」に、新生児の家庭を訪問し、赤ちゃんのお世話や産後の母親の体について一から十まで教えてくれます。実家が半端でなく遠い育児初心者の私には、特に有難~い存在であります。いろいろ教えてもらえて助かるのみならず、子供の生育状況をプロの目で見守ってもらえる事に大きな安心感があります。ちなみに、費用は健康保険でカバーされ、自己負担はありません。

助産婦を選ぶ際は、先輩ママさんに紹介してもらうか、郡事務所ホームページや病院に置いてあるリストから選びます。「出産予定日の○週間前までに決めること」という記述を見かけたような記憶もありますが、私が「もう遅いかも」と思いつつ電話したらいきなり「もう産まれたの?」と聞かれましたし、出産中に病院勤務の助産婦さんをスカウトしている人もいましたので、あまり神経質になる必要はないようです。

私の場合は、出産予定日が7月でしたので、助産婦さんも休暇を取る人が多く、多少苦労しました。結局、先輩ママさんに教えて頂いた、家から近くて英語が堪能な方にお願いしています。通常必要な期間や回数はとっくに超えている気がするのに、未だに面倒を見て頂いています。その上、インターナショナルクラブの会合(2006/10/10記事参照)に連れて行ってもらったりと、助産婦の仕事の範疇から思いっきり外れたところまで、お世話になりまくりの私達です。
[PR]
by penguinophile | 2007-08-01 00:29 | 子供 | Trackback | Comments(8)
  

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。
by penguinophile
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新のコメント
ちえさま: えらい長々..
by penguinophile at 05:30
5歳児でかした!美大出の..
by ちえ at 22:33
Mさま: 返信が遅くな..
by penguinophile at 05:03
安いですねえ。こちらの感..
by M at 23:38
Mさま タブレットで書..
by penguinophile at 20:40
これはPCで書いてるんで..
by M at 09:22
鍵コメさま: そう、1..
by penguinophile at 07:42
ちえさま 出来合いの黒..
by penguinophile at 07:21
おせち、すご〜い!私がア..
by ちえ at 14:07
はなはなマロンさま: ..
by penguinophile at 08:29
検索
ブログジャンル
海外生活
子育て