<   2007年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
祖国に帰りたいと思えますか?
時事問題への関心が低過ぎる私ですが、今はミャンマーの情勢がとても気になっています。というのも、ちょうど一週間ほど前に、自国の状況を嘆きつつミャンマーに帰国した友人がいるからです。

彼女は、私とはドイツ語教室で知り合いましたが、たまたま夫とも同じ奨学金団体に所属していました。帰国直前にうちに食事に来てもらった時、彼女はとても残念そうでした。

「これまで二年間、ドイツで研究を進めてきて、せめて博士号を取るまでドイツ滞在を延長できるよう八方手を尽くしたけれども、資金や制度の関係から無理だった。ミャンマーに帰国したら、政府高官を相手に自分の研究を説明する事になっているが、その高官の気に入らなければ研究を続けられなくなってしまい、博士号取得のための勉強を続けられる保証がない。ミャンマーは場所によっては電気もインターネットも使えず、研究をまともに進められるような状況ではない。クーデターの時は学校も機能を停止してしまったので、自分達の世代はこれまでに計5年間を棒に振ってきた。」

こんな田舎町のドイツ語教室にすら、旧東側諸国をはじめとする、いろいろな国から来た人がいます。イラクやコソボといった、国の名前を聞いただけで、一般的な日本人よりもはるかにハードな人生を歩んでいそうな人もいます。「なぜドイツに来ましたか?」という質問に対する答えが、「私の国は戦争中だからです。」という、とても重いものだったりするのです。

人は生まれる環境を選べません。たまたま日本に生まれた日本人だという、日本に住んでいればわざわざ意識もしないほど当たり前の事実が、実はとても幸運な事なのだと、外国に暮らしていると気付かされる事があります。

もちろん、日本にも問題は山積みです。永田町や兜町には魑魅魍魎が跋扈しているし、一極集中した首都圏に直下型地震が起きるかもしれないし、テロの脅威もあるし、核をちらつかせる物騒な近隣国もあるし・・・。それでも、政治的・経済的に比較的安定していると言えるでしょうし、国としての地位も決して低くはありません。

私がドイツ国籍取得に興味がない理由の一つに、日本のパスポートの通りがいい事があります。もし私が、ビザなしではどこにも入国できず、パスポートを見せただけでテロとの関与や不法就労を疑われる国籍だったら、違う考えを持っていたかもしれません。

後ろ髪を引かれながらミャンマーに帰っていった友人を、祖国で待っていたのが、今回のデモでした。今はいったいどんな思いでいるのか・・・。彼女の今後の人生に幸多かれと祈るばかりです。
[PR]
by penguinophile | 2007-09-29 06:21 | 徒然 | Trackback | Comments(13)
予防接種/die Impfung
先週末から今週末にかけては、夫が10日間に渡って出張していたため、プチ母子家庭状態でした。私が学校に行っている間に子供の面倒を見る人がいなかった訳ですが、先生に事情を話したところ「連れてくれば?」と言われたので、調子に乗ってホントに子連れで通学してしまいました。模試をやった日はぐずってしまいダメダメでしたが、普通の授業の日はいい子にしていてくれたので、先生やクラスメートに助けられつつなんとかクリア(^^)v。来週と再来週は秋休みです。ついこのあいだ新学期が始まったばかりなのにもうお休み!?って感じですが。

月曜日には、学校を休んで小児科に行きました。息子にとっては生まれて始めての予防接種を受けるためです。太ももに注射針を刺された時はさすがに泣き叫びましたが、抱いてあやしたらすぐに落ち着き、服を着せてキャリアに入れたら速攻で爆睡。その後、発熱などの副作用が出るかもしれない・・・とドキドキしながら観察していたものの、何の症状も出ずにすみ、ホッとしました。

その時にもらった予防接種手帳↓
c0076387_113530.jpg

日本では、大人の予防接種は、海外旅行で僻地に行く場合を除けば、人によってインフルエンザを受けるという程度ですよね?ドイツでは、大人でも標準的に受ける予防接種があるらしく、夫も同じような予防接種手帳を持っています。というか逆に、私が予防接種の記録ノートを持っていないと知った夫は、すごく驚いていました。標準的な予防接種は、私も受けた方がいいのでしょうが、気付いたときは既に妊娠していましたし、婦人科の医師によると母乳育児中もやめたおいた方が無難らしいので、受けられるのはまだちょっと先になりそうです。

さて、今晩は夫が久しぶりに帰宅します。夕飯は何を食べさせてあげようかな~、などと良妻らしい考えが頭をよぎったものの、出張先のフランスで美味しいものをたらふく食べていやがったと判明したため、ドイツ式の夕飯(=パン、チーズ、ハムなど)に決めました。ホラ、外食が続いた後は、子供の頃から慣れ親しんだ食べ物の方が嬉しいでしょうからね~(う~ん、なんか言い訳っぽいな・・・)。

<メモ>
今回の予防接種(6種)の内容
・破傷風(独・英Tetanus)
・ジフテリア(独Dyphtherie、英Diphtheria)
・百日咳(独・英Pertussis)
(以上三種混合DTaP)
・ポリオ(独・英Poliomyelitis)(IPV)
・B型インフルエンザ(独・英Haemophilus influenzae b)(Hib)
・B型肝炎(独・英Hepatitis B)
以上6種は、満2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月、11-14か月の計4回投与。
[PR]
by penguinophile | 2007-09-23 01:13 | 子供 | Trackback | Comments(10)
亀の子だわし
c0076387_318050.jpg

・・・ではなくて、
c0076387_3182923.jpg

ハリネズミ。お散歩中に出会いました。
以前の記事でネタにした動物ですが、今回は写真が撮れたので。
ついでにやはり同じ記事で話題にしたマスクラット↓
c0076387_3192153.jpg

[PR]
by penguinophile | 2007-09-21 23:11 | 徒然 | Trackback | Comments(12)
お祭り4連発
先週の土曜日。うちの前の道を、いきなり正装&ブラバン集団が行進↓
c0076387_172839.jpg

夫いわく、地元の射撃クラブの年中行事だとか。毎年、成績に応じて王様を決めるらしいです。

そして翌日曜日。お城にお散歩に行ったところ、なにやらコスプレめいた方々が・・・?
c0076387_175489.jpg

実はこの日は城址博物館で特別企画があり、その一環として昔のフランス軍キャンプの模様が再現されていたのでした。大砲や銃の実演もあり、私に耳を塞がれた息子は、それでも音にびっくりしてバンザイしたものの、めげずにスヤスヤ眠り続けておりましたとさ。

更に今週の土曜日。買い物に出たら、どこかの政党(←どこだか覚えてないし(^^;)・・・まぁどうせアタシは選挙権ないしぃ~)が主催する家族向けのお祭りをやっていました↓
c0076387_182117.jpg

その翌日の今日。うちのすぐ近くの老人ホームの前を通りかかったら、ブラスバンド演奏やバザーなどのお祭りを開催中でした。

その他にも、春のお祭りだの秋のお祭りだの消防署のお祭りだのに、たびたび遭遇します。どれも超ローカルほのぼのファミリー向けイベントばかり。そしてこういったお祭りに欠かせないのが、ビール&ソーセージとコーヒー&ケーキ。ドイツ人、実はお祭り好き?っていうか実は単なるビール&甘いもの好き???
[PR]
by penguinophile | 2007-09-17 01:11 | 徒然 | Trackback | Comments(8)
チャールズ・M・シュルツ博物館
前回の記事で、姉から息子へのお土産の写真を載せましたが、大物を忘れておりました↓
c0076387_719567.jpg

どのくらい大物かと言うと、息子より大きいです(笑)。
子供の頃、姉妹でお揃いのスヌーピーのぬいぐるみを持っていました。特に私の「スヌーピーちゃん」(←そのまんま)は、可愛がられ過ぎて、汚い&ボロボロ。それでも愛着があって捨てられず、今でも実家に置いてあるはずです(親がこっそり捨てていなければ)。
家にはスヌーピーが出てくる漫画「ピーナッツ」も何冊かありました。親は英語の勉強のためと思って買ったのかもしれませんが、日本語訳ばかりを読んでいたので、覚えた単語は"SIGH"=「タメイキ」だけでした(^^;。

作者であるチャールズ・M・シュルツ氏の博物館がアメリカ西海岸サンタローザにありますが、姉が担いできたぬいぐるみは、そこで購入したもの。右耳の内側に博物館のロゴが入っています。

この博物館が開館したのは、シュルツ氏が亡くなった2年後の2002年夏でした。実は私はたまたまこの博物館を開館直後に訪れる機会に恵まれ、ミーハーにもシュルツ氏の奥様のサインなど頂いた記憶があります。博物館には、原画や遺品などが展示されていました。その時の写真を発掘してちょっと懐かしかったのでご紹介。と言っても博物館そのものではなく、近くにあるスヌーピーズ・ギャラリー&ギフトショップで撮ったもの↓
c0076387_7221690.jpg

c0076387_7223964.jpg

c0076387_723073.jpg

そしてこれも近くにあるアイスアリーナの中で、常連だったシュルツ氏がいつも座っていた席↓
c0076387_7232155.jpg

今回初めて気付いたのですが、「シュルツ」はドイツの名前ですよね。Wikipediaによると、お父さんがドイツ系移民だったそうです。若い頃、第二次大戦のため、ドイツを含むヨーロッパに従軍したというシュルツ氏。直接戦闘に参加する事はなかったらしいですが、自分の祖先の祖国を敵に回して戦う事に葛藤は感じなかったのだろうか・・・などと考えてしまいました。
[PR]
by penguinophile | 2007-09-15 07:23 | お出かけ | Trackback | Comments(8)
親馬鹿日誌・3ヵ月
早いもので、息子が産まれて3ヶ月が経ちました。「最初の3ヶ月は特に○○に気をつけましょう」などという記述を何度か読んだ記憶があるので、まずはこの日を無事に迎えられた事に感謝!

ほんの3ヵ月前には胎児に毛が生えたようなもの(?)だったのに、今ではすっかり立派な「赤ちゃん」になり、体重倍増、手も足もぷくぷくです。
最初はブカブカだった洋服が、今ではもう小さ過ぎて入らなくなっています。最初は目もよく見えていなかったのが、今ではあちこちキョロキョロ。片方の口角を上げる程度の微笑だったのが、機嫌がいいとよく笑うように。扱うのが怖い程ふにゃふにゃだったのが、首が座ってきてずっしり。豚のような音しか立てなかったのが、「あう」だの「えお」だのおしゃべり。
新生児時代はもう二度と戻っては来ないと思うと、早くも懐かしむ気持ちが芽生えてきちゃったりして。

かなり甘ったれの腹ペコ坊主で、空腹時はもちろんの事、抱っこをせがんで泣く事も多くなりました。「愛してもらいたいという欲求は、ほとんど先天的なものなのかなぁ」などと思ってみたりもします。
一人にするとすぐに泣き出してしまうせいで、私は授乳や抱っこをしながらできる事が増えました。自分の食事を取りながら同時に息子に授乳する私を見て、夫は「フードプロセッサー」と笑います。

息子はやはり夫に似ていると言われる事の方が多いようです。私自身は「そうかなぁ?」と思っていたのですが、夫の実家にあったアルバムを見たら、夫や義弟の赤ちゃん時代の写真が、呆れるほど息子に瓜二つだったので、観念しました(?)。
「パパにそっくりね~」と言われると、夫は何やら得意げな様子ですが、お腹を痛めて産んだ私としてはいまいち面白くない。
「まぁまぁ、君の子供なのは間違いないんだから」・・・そりゃそうでしょう(私の腹から他のオンナの子供が出てきたら驚くわい)。
「でも何かの間違いで僕のクローンだったりして」・・・ってオイオイ!

More...おばばか?
[PR]
by penguinophile | 2007-09-13 03:37 | 子供 | Trackback | Comments(10)
その車、狂暴につき
ドイツ人にとって、車の後部ガラスに漢字シールを貼るのは、一つのファッションなんでしょうか?こんなちっぽけな町でほんの一週間のうちに2台も見かけちゃいましたので、ご報告。
c0076387_333321.jpg

・・・いえ、後ろですから。
c0076387_354039.jpg

・・・ちょっとコワイかも(とか言いつつしっかり撮ってるワタシ)。
[PR]
by penguinophile | 2007-09-10 21:00 | 言葉、亜細亜 | Trackback | Comments(6)
ライオン様ご来訪
新学期一週目の授業を無事に終えた木曜日、ブログ友達のMOMOさんが、私の住む田舎町に立ち寄ってくれました♪
すっごく可愛い出産祝いを頂いたのですが、月末月始にまた改めてご報告させて頂きますね(←思わせぶり)。

息子を乳母車に乗せ、ライオンMOMO君に子守をしてもらいながら、昼食に向かった先は、バルカン料理を中心としたお店。注文したのはこんな↓グリル盛り合わせ。
c0076387_302546.jpg

ライオンにふさわしく、見るからに肉々しい(?)お料理でボリュームも結構ありましたが、私はがっつり完食。ま、二人分だしぃ~(←妊娠および母乳育児中のみ使用可能な便利な言い訳)。サラダビュッフェが付いていたのもポイント高し。割引券を使ってのお会計は、二人分で飲み物も含め20ユーロ(約3200円)ほどでした。
短い時間ではありましたが、外食&おしゃべりで、育児と勉強のストレス(を感じるほど真面目にやっておりませぬが・・・)を忘れてリフレッシュ♪

バルカン料理と聞いた時、「えーと、バルカン半島ってどこだったっけ?」などと思ってしまったおバカな私ですが、実はドイツからだとそう遠くないんですよね。ドイツ在住撫子様方の旅行記で見たクロアチアの風景がとても綺麗だったので、いつか是非行ってみたいなぁ、と思うようになりました。
[PR]
by penguinophile | 2007-09-07 03:00 | 徒然 | Trackback(1) | Comments(8)
2007年8月のP
今日から市民学校のドイツ語講座の新学期が始まりました。最近うら若いカレにかまけて勉強はすっかりおろそかになっていた私も、授乳の合間を縫っての再スタートです。ちなみに私が学校に行っている間は、夫が出勤時間を遅らせて、息子の面倒を見てくれる事になりました。

さて、月例ペンギン報告です。
高校時代の友人がはるばる日本から送ってくれた、出産祝い(の一部)のガラガラ↓
c0076387_538125.jpg

母が日本から持参して置いていってくれた買い物袋↓
c0076387_5383232.jpg

姉が持ってきてくれたキッチンタイマー。可愛いか否かはちとビミョー?↓
c0076387_5384869.jpg

近所のスーパーで見かけた玩具。組み合わせて箱など作る物らしい↓
c0076387_5391026.jpg

アーヘンで見かけたクッション&ぬいぐるみ。思ったより高かったので買わなかったのですが、今になってとっても可愛く見えたりして・・・まぁ縁がなかったという事でしょう・・・↓
c0076387_5393032.jpg

[PR]
by penguinophile | 2007-09-04 05:39 | ペンギン | Trackback | Comments(10)
  

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。
by penguinophile
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のコメント
ちえさま: えらい長々..
by penguinophile at 05:30
5歳児でかした!美大出の..
by ちえ at 22:33
Mさま: 返信が遅くな..
by penguinophile at 05:03
安いですねえ。こちらの感..
by M at 23:38
Mさま タブレットで書..
by penguinophile at 20:40
これはPCで書いてるんで..
by M at 09:22
鍵コメさま: そう、1..
by penguinophile at 07:42
ちえさま 出来合いの黒..
by penguinophile at 07:21
おせち、すご〜い!私がア..
by ちえ at 14:07
はなはなマロンさま: ..
by penguinophile at 08:29
検索
ブログジャンル
海外生活
子育て