新宿のデパートでオムツが交換できる場所について訪ねたところ、「ベビー休憩コーナー」を案内されました。教えてもらったフロアに行ってみると、オムツ交換台のみならず、粉ミルク調整用の流し台、離乳食用の電子レンジ、赤ちゃん用の身長体重計、そして試着室のような男子禁制授乳室まで完備されたスペースが!こんな充実した設備があるなんて、私は全然知らなかったんですが、東京に住んでいた頃は縁がなかったから気付かなかっただけでしょうか?ショッピングセンターでも同じような場所を見つけて大助かり。成田空港にも、授乳室があったので覗いてみたら、流し台とベンチが置いてありました。

フランクフルト空港でも哺乳瓶マークを見かけたので覗いてみたら、こちらは単なるオムツ交換スペースでした。ドイツでは、身障者用トイレにオムツ交換台がついている事はありますが、日本の「ベビー休憩コーナー」のように充実した設備は見た事がありません。もっとも私は田舎町暮らしで行動範囲が超限定されているもので、絶対にないとは断言できませんが、少なくとも女性専用授乳室はなさそうだなぁ、と思うのには訳があります。

以前に会った夫の友達の奥さんは、レストランでも道端のベンチでも、全く躊躇する事なくオッパイをバーン!と出して堂々と授乳していました。その光景を奇異の目で見る人もいなかったので、ドイツ的にはそれでOKなのでしょう。だったらわざわざ授乳室なんて作る必要はない訳です。でもその光景を見た時にちょうど妊娠中だった私は、「赤ちゃん連れの外出ではそこまでやる覚悟が必要なんだ!?」とショックを受けたものです。しかし、いざ自分がその立場に立ってみると、何もあそこまでモロ出ししなくても授乳は十分可能である事が判明したのでありました(笑)。

ちょっと話が飛ぶようですが、ドイツのサウナは「全裸混浴」が原則です。「えぇ~っ!?」と思ったそこのあなた、ラケルさんの突撃レポートをぜひご一読下さい。ちなみに私は、混浴サウナは未体験ですが、ホテル内のプール脇にあるドアをうっかり開けたらオヤジの仰向け裸体がゴロゴロ転がっていたので硬直しちまった体験はございます。でもまぁ、全裸に抵抗がない人なら、授乳ごときに抵抗を感じなくても不思議はないでしょう。

私の義母は、湖ではトップレスで泳ぎ、庭ではすっぽんぽんでシャワーを浴びるツワモノです。ヨメの私も、夏に遊びに行くたびに「さぁトップレスで泳ぎに行きましょう!庭でシャワーを浴びなさい!ドイツではそれが普通なのよ!」と強力に勧められていますが、修行の足りない私は隣人の目が気になるので、義母の目を盗んでこそこそと室内シャワーを使う有様。
そんな天真爛漫(?)な家庭では、授乳姿を人前に晒したくないという私の乙女心自意識過剰など、理解されるはずもありません。夫の家族がうちに来た時、私が寝室でこそこそ授乳していたら、義母が「ほらほら、見て見て!おチビちゃんにオッパイあげてるのよ~♪」とか何とか言いながら、義弟を伴って入ってくる始末。

そんなドイツで日本のような男子禁制授乳室が普及する日は・・・ウォシュレットが普及する日と同じくらい遠いかも・・・
[PR]
by penguinophile | 2008-02-25 08:20 | 徒然 | Trackback | Comments(26)

冬眠直前熊報告

日本では近所のコンビニに入るだけでなんだかしみじみと嬉しかったワタクシですが、里帰りの楽しみはやはり友達とのおしゃべりと食べ物!まるで冬眠前のクマのごとき天晴れな食べっぷりを披露しておりましたが、普段なら無理な量が入ったのも、それにもかかわらず太らなかったのも、授乳中のお陰でしょうか?もっともドイツ飯を同じ量食べたらさすがに太った事でしょうが・・・。そんな訳で、撮った写真を見ると、食べ物ばかりです(^^;↓
c0076387_4202170.jpg

基本的にはずっと実家に滞在していましたが、一度だけ旅仲間の温泉旅行に便乗させて頂き、栃木県の某温泉へ♪
とても綺麗でくつろげるお部屋でした↓
c0076387_4204557.jpg

ちょっと話が飛びますが、日本の宿泊施設では、高級旅館からビジネスホテルまで、客室内にお茶セットが準備されていますよね。これは私にとってはとても嬉しいサービスです。イギリスでも、小さなBed&Breakfastでもちゃんと室内でお茶が飲めて、「さすが紅茶の国だなぁ」と思いました。残念ながら他の国ではあまりお目にかかった事がありません。

「かまくら祭り」開催中↓
c0076387_4334076.jpg

この川沿いにもミニかまくらが置いてあり、夜には点灯してとても綺麗でした↓
c0076387_4242070.jpg

こんな可愛い雪だるまも↓
c0076387_4245850.jpg

そして、幹事さんが家族用貸切露天風呂を予約して下さったお陰で、息子も温泉デビューを果たしました!↓
c0076387_4252620.jpg

普段はベビーバスばかりの息子、大きなお風呂は怖がるかなぁ~と思いきや、パパとママと一緒のお風呂に大喜び。超ご機嫌ではしゃいでいました。0歳児のくせにパスポート持って飛行機に乗って温泉デビューとは生意気な・・・いやいや、息子にしてみれば、親の都合で振り回されていい迷惑だったことでしょう。
豪華な夕食を頂いてから、再度ゆっくり温泉へ。雪見露天風呂を独り占めして、手足を思いっきり伸ばしてオヤジのように「極楽、極楽」とつぶやき、「あぁ、どうしてドイツの温泉はあんなプールもどきの代物なのだろう。“どこでもドア”が欲しいよぅ~(>_<)」と嘆息をもらしたのでありました。

そして一ヶ月の里帰りからドイツに戻った私達を待っていたもの、それは「壁に生えたカビ」でした・・・(涙)。実は以前に同じアパートの他の人の部屋で水漏れが発生し、私達の寝室の壁紙も濡れてしまったのですが、その後一ヶ月締め切っていた間に、カビが大繁殖してしまったのです。
そんな訳で今は、職人さんが出入りし、壁紙を張り替えペンキを塗る作業中です。乾燥時間を取るために何日もかかっているのですが、スペースの都合上、洋服箪笥の中身をいちいち空にしてまた入れ直さなくてはいけないのが結構面倒。今日は作業終了後、いつの間にか物置から掃除機を引っ張り出して綺麗にしてくれたおじさんに、「掃除機の中の袋を交換しなくちゃ駄目だよ」と指摘されてしまいました(恥)。明日は朝8時から作業開始だそうです。ドイツ人、朝が早い!
[PR]
by penguinophile | 2008-02-21 04:15 | お出かけ | Trackback | Comments(14)

ドイツに戻りました。

一昨日、ドイツに戻ってきてしまいました~。
一ヶ月間の里帰りは、特に何をしたという訳でもないのに、あっという間に過ぎてしまった感があります。なにぶんオッパイ星人連れでしたから、外出もなかなか思うに任せませんでしたが、「赤ちゃん連れで出かけるなんて!」と実家の母の顰蹙を買う程度にはほっつき歩いておりました。
c0076387_1315586.jpg

写真はルフトハンザ航空の機内ベビーベッド。往路は空席が多かったため座席がゆったり使えた上に、両隣も後ろも赤ちゃん連れのお客さんだったのがラッキーでした。復路は満席でしたが、息子がとても良く寝てくれたので、これまた予想外にラクができました。むしろケルン中央駅から乗ったRegional Expressの方が、サッカーファンで満員の車内で息子がぐずったため、短時間とはいえつらく感じたほどです。

たまった郵便物の中から、以前に受けたドイツ語試験Zertifikat Deutschの結果を発見しました。結果は300点満点中295点の好成績で合格!まぁなにせ超初級レベルの試験なので、自慢する程の事ではないのは重々承知していますが、それでもなかなか気分が良かったので、この場を借りてちょっと自慢 v(^^)v。残念だったのは、証書授与&祝賀会が、私が戻る3日前に終わってしまっていた事です。クラスメート達と再会して喜びを分かち合うチャンスだったのになぁ~。
中級編の授業は既に始まっており、引き続き受講したいところなのですが、子守のやり繰りが難しい日時のため、残念ながら今学期は受講できそうもありません。積極的にドイツ語に接する機会を設けるようにしないと、綺麗サッパリ忘れてしまいそうで怖いです。・・・っていうか既にかなり後退したような気も・・・(^^;;。

うちの時差ボケベビーは現在、朝は4時から活動開始、夕方は早い時間からおねむ、といった調子です。今はドイツ時間の夕方6時、日本時間の午前2時ですが、私の膝の上で妙な姿勢で爆睡しています。ドイツから日本に飛んだ時は一度深夜にぱっちり目覚めた以外は結構あっさり順応したのですが、どうやら逆周りの方が手こずっているようです。私のわがままで引きずりまわした里帰り中、ちょっと洟垂れ小僧になったもののずっと元気でご機嫌でいてくれた息子。しばらく寝不足になるくらいはこちらも我慢しなくては!
[PR]
by penguinophile | 2008-02-14 02:04 | 徒然 | Trackback | Comments(18)

2008年1月のP

今回もまずは他力本願からスタートです。
H&ROさまより、ハッピーフィートの腕時計&時計読み方学習グッズ(?)およびグリーティングカード↓
c0076387_22154776.jpg

ちゃこさまより、手作りヘアバンド、PINGUタオル&メモ帳、チョコレート↓
c0076387_2216208.jpg

HさまとUさまより、よだれかけ、ガラガラ、指人形、ぬいぐるみ。やっぱり子供がいると守備範囲が広がりますなぁ~。↓
c0076387_22164242.jpg

ご協力いただいた皆様、どうもありがとうございました。
以下自力。ケルン中央駅にて↓
c0076387_22171085.jpg

大都会東京では、三歩歩けばぺものに出会います。雑貨屋で見かけた湯のみ。荷物をあまり増やしちゃいかん、特に割れ物や重い物は・・・と自分に言い聞かせて写真だけこっそり撮ったものの、あぁ煩悩が(笑)↓
c0076387_2218246.jpg

街角の看板↓
c0076387_22183474.jpg

旅行代理店↓
c0076387_22185011.jpg

c0076387_2219734.jpg

トイレ↓
c0076387_22193572.jpg

c0076387_22195410.jpg

でもやっぱり東京(に限らないけど)と言えばコレ、Suicaのペンギンですよね~↓
c0076387_22202666.jpg

実はSuicaとPASMOの違いがわからず成田空港駅で聞いてしまったおのぼりさんなワタクシ。妊娠出産より里帰りの方がデブのモトのような気がしてきた今日この頃、あと一週間足らずでまた田舎町に戻ります。
[PR]
by penguinophile | 2008-02-05 22:22 | ペンギン | Trackback | Comments(9)